Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:韓国 ( 1623 ) タグの人気記事

平成最後の冬の大邱 ⑦半月堂の隠れ家 イェッチブ

丸ちゃんとのお夕飯はこちらへ。👇
a0140305_01071740.jpg
イェッチブ(옛집)

前から気になっていたお店です。

でも、以前行った時「一人はダメ!」とけんもほろろに断られ・・・145.png

丸ちゃんに付き合ってもらって再チャレンジ。

店名の通り「昔の家」が食堂になっていて、35年の歴史があります。
a0140305_01082178.jpg
写真では寂しげな裏路地に見えますが、

実は繁華街(半月堂)のすぐ近く、

現代百貨店の向かい側を50mくらい上ったところにあります。
a0140305_01083530.jpg
昔の韓屋って趣がありますね~。

玄関を入るとすぐ左側の厨房で、ハルモニが料理を作っていて、

その息子さん(?)らしき男性が、注文をとったり料理を運んだりしていました。

お客様も常連さんが多いみたいで

アットホームな雰囲気。
a0140305_01170568.jpg
お店の奥には、今はもう出番のなくなった道具が飾られています。
a0140305_01155086.jpg
茶の間のような座敷へ通されました。

カラフルなお座布団がカワイイ♪
a0140305_01140073.jpg
メニューです。

やっぱりどれも2人分からになっていますネ。^^;

お肉は「100%韓牛」と銘打ってあるので、

ソコプチャンジョンゴル(牛ホルモン鍋/12000₩)を2人分オーダー、

そして、大好きな焼き鯖(4000₩)も追加しました。

丸ちゃんとご飯に行く時は、何故か「焼き魚」が食べたくなるんだよね。 

不思議だ!(笑)
a0140305_13063055.jpg
家庭的なパンチャンが登場し・・・
a0140305_01165446.jpg
おうちご飯みたいな食卓になりました。
a0140305_01162586.jpg
お店の人が気にかけてくれて、ちょこちょこお席にやってきます。(笑)
a0140305_01193177.jpg
、m
ホルモンが生なので、お鍋はじ~っくり火を通します。
a0140305_01183457.jpg
お出汁の匂いがプ~~ンとしてきて、出来上がり!
a0140305_02030355.jpg
ホルモンの臭み無し! 野菜やキノコの甘味も充分!

丸ちゃんも私もホルモネーゼなので、どんどんいけちゃいます。
a0140305_02040124.jpg
焼き鯖も登場!(食べかけでごめんね!)

ジュージューと出てきた途端、写真を撮るのも忘れてつついていました。^^;


正直お味は普通に美味しい! でも、雰囲気がとっても好き♪



次回は人気メニューの健康定食(건강밥상)6000₩ を食べてみたいなぁ。

でもこれも2人前から・・・

誰か付き合って~!102.png



174.pngイェッチブ(옛집)
大邱広域市 中区 文友観キル 39-1
(대구광역시 중구 문우관길 39-1)
℡ 053-746-0785

by yukiful-xmas | 2019-07-19 14:09 | 2019年1月 大邱 | Comments(0)

平成最後の冬の大邱 ⑥カワイイシュークリームのお店 Rico.B

清道郡から大邱へ戻ってきました。


パクさんは先約有りとのことなので、私は久しぶりに丸ちゃんと。 

丸ちゃんの仕事が終わるまでカフェで待つことにしました。

a0140305_01400910.jpg
Rico.B(リコビ/리꼬비)

丸ちゃんが働いている市庁のすぐ近くにあります。

丸ちゃんも時々来ているようで、

「シュークリームがすごく美味しいんです!」と。
a0140305_02135252.jpg
1階は、カウンター席と
a0140305_02120805.jpg
小さなテーブル席が数席。

外を見ながらノンビリするのに良さそうです。
a0140305_02114986.jpg
こちらは2階席。

お友だちとお喋りしたい時はこっちかな?
a0140305_02140301.jpg
入ると正面にカウンターがあり、その上には焼き菓子が並んでいます。

インテリアはすっきりと白で統一、

店員さんも親切で、帰り際にお土産を買ったら1個おまけもくれました。
a0140305_02115828.jpg
夕方だったせいか、残念ながらタルト(4000₩)は売りきれ。

スコーン(3000₩)はかろうじて残っていました。
a0140305_02120458.jpg
a0140305_02431108.jpg
ショーケースの中には丸ちゃんおススメのシュークリーム。(2500₩)

チョコ、クッキー&クリームなどいろんな種類があります。

珍しいところでワサビクリームなんてのも。

a0140305_02114225.jpg
オリジナルのシュークリームとアメリカンを。
a0140305_02112707.jpg
ちっちゃくてカワイイです。
a0140305_02290708.jpg
クリームが美味しい♪ 

サワークリームが入っているのかな? 爽やかな味です。


まどろんでいるうちに丸ちゃんがやってきました。

「(お味は)いかがでしたか?」

「うん、丸ちゃんの言う通り!」

「うふふ・・・このお店、落ち着くんですよね!」


好きなカフェがまたひとつ増えました。101.png


174.pngRico.B(리꼬비)公平店
大邱広域市 中区 公平路101
(대구광역시 중구 공평로 101)
℡ 053-424-1010
営業時間 11:30~21:00
定休日 月曜日

達西区にもう一店舗ありまーす。

RiCo.B (리꼬비)龍山店
大邱広域市 達西区 坪里路 42


by yukiful-xmas | 2019-07-18 13:32 | 2019年1月 大邱 | Comments(0)

平成最後の冬の大邱 ⑤雲門寺(ウンムンサ)へ 後編

食事の後は雲門寺(운문사)へ。


慶尚北道清道郡にある雲門寺は、西暦557年、新羅の眞興王の時代に開かれたお寺です。

大邱にある曹渓宗「桐華寺」の末寺で、尼僧を含む約200人の僧侶が修行しており、

境内には慶尚北道の有形文化財や宝物などの文化財も多く見られます。



食堂街からお寺までは1.7km、パクさんの車で移動しました。
a0140305_01522252.jpg
道沿いの松林のシルエットが神秘的です。

俗世から仏の世界に入っていく準備段階のような・・・
a0140305_01525870.jpg
視界が明るくなり駐車場に到着!

車から一歩踏み出した時、冷たくて清らかな空気を感じました。
a0140305_23541032.jpg
お寺に続く参道は紅葉が美しいことでも知られています。
a0140305_01555428.jpg
キレイでしょ~!? ドラマ「ラブレイン」のロケも行われています。

写真はヒロイン役の少女時代のウナちゃん。

スケッチ大会のシーンで使われたようですが、もう忘れちゃったなぁ。^^;
a0140305_23525696.jpg
「虎踞山(ホゴサン)雲門寺」と書かれた門をくぐってお寺の中へ入ります。

(拝観料2000₩)
a0140305_02015968.jpg
虎踞山という山は今の地図には載っていないそうですが、

雲門寺は雲の門の寺というくらいですから、雲がたなびく高い山なのでしょうか?
a0140305_02093658.jpg

お寺に入ってまず目に飛び込んできたのは、寺を取り囲む勇壮な山々。

圧倒されるなぁ。
a0140305_02343946.jpg
雲門寺は太白山脈の最も南側にあり、

いくつもの山が連なって、蓮の花びらのように寺を囲んでいます。
a0140305_01504729.jpg
その中心にある雲門寺は「蓮の花の花芯」にたとえられています。
a0140305_02282731.jpg
宝物第835号の大雄殿

ターコイズブルーが鮮やか!
a0140305_02284661.jpg
a0140305_02265656.jpg
慶尚北道の有形文化財である萬歳楼(マンセル)
a0140305_02181168.jpg
大きな法会の時に、大雄殿に入りきれなかった人たちが集まる場所です。
a0140305_02184061.jpg
宝物第678号の東西三層石塔
a0140305_02292794.jpg
そして、有名なのが樹齢500年といわれるしだれ松

(天然記念物第180号
a0140305_02205901.jpg
毎年旧暦の桃の節句にはマッコリ12升を水で薄めて撒かれるそうです。
a0140305_02202145.jpg
私の写真ではその迫力を充分に伝えることができませんが・・・

神々しさを感じるほど。
a0140305_01514802.jpg
売店の尼僧
a0140305_02360975.jpg
積み石
a0140305_02361750.jpg
そして、寺の近くを流れる雲門川


心が浄化されたような・・・

パクさんがここに連れてきてくれたわけがわかった気がします。101.png

174.png雲門寺(운문사
慶尚北道 清道郡 雲門面 雲門寺キル 264
경상북도 청도군 운문면 운문사길 264
℡ 054-372-8800
拝観時間 月~金曜 8:30~17:00、土・日・祝日 8:30~18:00
*東大邱複合乗り換えセンターから雲門寺行きのバスがでています。(1日4本)


by yukiful-xmas | 2019-07-13 01:17 | 2019年1月 大邱 | Comments(0)

平成最後の冬の大邱 ④雲門寺(ウンムンサ)へ 前編

今回から、またちょいと過去に遡りまして・・・

1月の旅行記を書いていきたいと思います。

平成最後の冬大邱 ①冬はサンファ茶でのりきろう!

平成最後の冬大邱 ②一日目は奈佳先生と

平成最後の冬大邱 ③西門市場でジョバンナッチ 

この続きで~す。

a0140305_23143963.jpg

1月の大邱、2日目はブックカフェ「大邱ハル」のパクさんがお付き合いくださいました。

年が明けてすぐだったので「初詣に行きたいなぁ」と言うと、

「お寺ではダメですか?(笑) 

雲門寺(운문사)という尼寺があるので行ってみませんか?」

ということで、行き先は雲門寺(ウンムンサ)に決定!

パクさんが車を出してくださいました。
a0140305_01372191.jpg
大邱の中心部を抜けると、がぜん道路が広くなってきました。

空も広いなぁ~!


a0140305_00411132.jpg
しばらく行くと煉瓦の長~い塀がありました。

塀の中は軍隊の訓練所だそうです。
a0140305_01093811.jpg
ペちゃぺちゃと話がはずむうちに

大邱の隣街、慶山市(경산시)へ入りました。

パクさんが教鞭をとっておられる嶺南大学にたち寄り・・・
a0140305_01270831.jpg
さらに進むと、景色が田園風景に変わってきました。
a0140305_19544650.jpg
清道に入ったのかな?

清道の特産品の「柿」の形をしたバス停があります。
a0140305_02582681.jpg
左手に湖が見えてきました。
a0140305_01584111.jpg
雲門湖 (ウンムンホ/운문호)

1966年に雲門ダムが完成してできた湖です。

清道郡、慶山市、氷川市、そして大邱の東区や寿城区の水道水の水源になっています。
a0140305_01361220.jpg
春は桜、秋は紅葉の名所だそうですが、

冬もいいですネ。 葉っぱがないので向こうの山がよ~く見える。^^;
a0140305_00073872.jpg
大邱を出発して1時間半、雲門寺(ウンムンサ)の参道にあるレストラン街に着きました。

まずは腹ごしらえ!

お腹空いた~!106.png(この時すでに午後3時)


実はここにパクさんおススメのレストランがあったのですが・・・

なんと店休日!145.png

a0140305_00172001.jpg
周りを見渡すと、ユラユラと煙が出ているお店がありました。

山有花 (サニュファ/산유화)

ここにしましょう!102.png
a0140305_01563879.jpg
お店に入ると、お店のアジョッシがストーブに薪をくべているところでした。
a0140305_00224970.jpg
あったか~い!

(たぶんこの時の温度は氷点下だったと思います。)
a0140305_00332944.jpg
メニューはこんな感じで、
a0140305_03001418.jpg
トゥルケカルククス(7000₩)をオーダーしました。

干しダラの入った出汁にクリーミ―なエゴマ。 
a0140305_00462878.jpg
もうたまらんっ!

こんなに美味しいのに、どうして日本にはないのでしょう?
a0140305_00464892.jpg
そしてもう一品、海鮮パジョン!(10000₩)
a0140305_03000809.jpg
冷蔵庫に柿のマッコリを見つけてしまい、

パクさんに「ごめんなさい」してオーダー。105.png
a0140305_00521037.jpg
パクさんは味見だけ。

「チョコレートみたいな味ですね?125.png
a0140305_01184286.jpg
(私の撮影を待ってくださっているパクさん👆)

トゥルケカルククスもパジョンも美味し過ぎてお腹いっぱいになっちゃった!

そろそろお寺へ移動しまーす!102.png


174.png 山有花 (サニュファ/산유화)
慶尚北道 清道郡 雲門面 雲門寺キル 125
(경상북도 청도군 운문면 운문사길 125)
℡ 054-373-6030
営業時間 8:00 ~ 22:00
年中無休
コネスト地図




by yukiful-xmas | 2019-07-09 01:27 | 2019年1月 大邱 | Comments(6)

清州旅行特別編 淡水魚の王様「高麗ケツギョ」をいただきました~!

八田さんと忠清道・・・

いただいたのはニジマスだけではありません。

ヒョウ柄の珍しいお魚も。👇

a0140305_00582365.jpg
高麗桂魚(コウライケツギョ)

韓国語でソガリ(쏘가리)


韓国や中国の川に住む淡水魚です。

日本では、在来生物への影響を及ぼすおそれがあることから

「特定外来生物」に指定されており、

輸送、保管、もちろん飼育も禁止! つまり日本にはいないってことですネ。
a0140305_01050705.jpg
八田さんのお話では「淡水魚の王様」と呼ばれていて

韓国では高級な食材だそうです。
a0140305_16033426.jpg
メニューを見たら、う~~ん確かに!👀

お刺身だと ニジマスは30000₩、コウライケツギョは 130000₩!(1㎏当たり)

メウンタンは他のお魚の約2倍!144.png


では、さっそくメウンタンを!
a0140305_01363543.jpg
あれ、いない!!153.png
a0140305_12594212.jpg
と思ったら、野菜が煮えて、やっとヒョウ柄が見えてきました!105.png
a0140305_00425318.jpg
歯ごたえのあるクセのない白身です。

甘鯛のようなイサキのような・・・

小骨が少ないので食べやすく、

ソガリからでたスープが最高にウマイ!102.png

a0140305_00430571.jpg
しかも、3~7月は産卵期とあって卵がタップリ!

何という贅沢なお鍋でしょう。

本当に貴重なお魚を食べることができました。八田さんに感謝!

a0140305_00402992.jpg
最後にパンチャンをちょっとだけ。 充実してますよ!
a0140305_00483510.jpg
最初は「こんなのいらない」と思ったコーンの入りのフルーツポンチ。

刺身やメウンタンを食べてるうちに、この甘さが妙に美味しく感じられ・・・

予想外の良いわき役!
a0140305_00485708.jpg
何かのジョンとヤンニョムケジャン

ケジャンはおかわりしたような・・・^^;
a0140305_01135484.jpg
江原道の郷土料理 カムジャソンピョン(감자송편)も出てきました。

ジャガイモのお餅です。

これなんだろう?と思ったら、八田さんが絶妙のタイミングで教えてくださるという幸せ

a0140305_00462576.jpg
清州最後は、超豪華版のお食事になりました。

というより、八田さんとご一緒できたことがなによりの贅沢でした。

八田さん、ありがとうございました~!

174.pngオガリ食堂(오가리식당)
忠清北道清州市西原区賢都面大清湖畔路4
충청북도 청주시 서원구 현도면 대청호반로 4
℡ 042-932-2885
営業時間 9:00~21:00
コネスト地図
*清州バスターミナルからタクシーで約25000₩



そして・・・
by yukiful-xmas | 2019-07-04 16:10 | 2018年7月 清州 | Comments(2)

清州旅行 特別編

一日遅れてしまいましたが・・・^^;

ブログを再開しま~す。


しばらくの間「まだ完結していなかった旅行記」を書いていこうと思います。

レポを書き終える前に次の旅行にでかけたり、

FAMツアーが入ると、その記事を先に書かなければならなかったり、

書きそびれていることがいっぱいあるのです。



まずは清州にいた時のこと。

この記事👇の続きになるのですが・・・

清州にチェックイン! ⑩絶品! キノコチゲと納豆サムギョプサル


ちょうど一年前の今日、

韓食コラムニストの八田靖史さんからメッセージが届きました。

「ツアーの下見で清州に行くので、明日のお昼、一緒にご飯でもいかがですか?」と。


うわ~~~~~~い!106.png



この数日前まで八田さんのグルメツアーに参加させていただいていたのですが、

清州でもご一緒できるとは!
a0140305_12102537.jpg
その翌朝、清州市外バスターミナルで八田さんと再会し、

タクシーに乗り込みました。
a0140305_00364562.jpg
「ちょっと郊外まで行きますね。

ところで、Yuckyさんは川魚は大丈夫ですか?」


「はい、何でも食べますよ~!」 パクチー以外・・・
a0140305_00484880.jpg
バスターミナルから南へ約26km、約30分で目的地に到着しました。

お店の前を流れているのは錦江(금강)です。


そして八田さんが連れていって下さったお店はここ。👇
a0140305_02234048.jpg
オガリ食堂 (오가리식당)

大きな食堂です。
a0140305_01391558.jpg
송어회(ソンオフェ)매운탕(メウンタン)の専門店 と書いてありますが、


メウンタンがお魚のピリ辛鍋ってことはわかるんだけど、

ソンオって何だ? (‥ )?
a0140305_00394037.jpg
メニューです。

ソガリ(쏘가리)?  ソンオ(송어)? 154.png

どちらもまだ韓国で食べた事のないお魚ばかり。

a0140305_00404999.jpg
まずは、看板メニューのソンオフェが出てきました。

ニジマスです。

なんて鮮やかなピンク色!

ニジマスってサケ科なんですね。


まずはワサビ醬油でいただきました。

ふ~~~~~~む。 116.png
a0140305_01173420.jpg
次は地元の食べ方でいただきます。

生野菜の上にニジマスをのっけて、

ゴマ油チョジャン(唐辛子酢味噌)で和えて、トビコきな粉をトッピング!

この組み合わせ、日本人は絶対思いつきませんよね!

でも、この食べ方の方がだんぜん美味しいのです!

郷に入っては郷に従え!

地元でとれるものは、地元の人が一番美味しい食べ方を知ってるんですよね。

a0140305_00412862.jpg
天ぷらも出てきました。

胡椒のような黒い点はニンニク、骨がないので食べやすい!

ただ、塩気がもうちょっと欲しいかなぁ。^^;

a0140305_00473634.jpg
「ニジマスは平昌の名物なんですよ~」

八田さんのお話は全部メモしたいくらい、

でも、食べるのが忙しくてメモが追っつかな~い!105.png

a0140305_22425498.jpg
いくら良いお店でも、ツアーでお客様をお連れするとなると、

考えなければならないことがいっぱいあるのですね。

たとえば、

「生のお魚が苦手な人がいても、天ぷらがあれば大丈夫かなぁ?

苦手な食材ばかりで食べるものがなかった、なんてことになったら

ツアーのお客様に申し訳ないですから。」

本当にいろんなことに気を遣いながらツアーを組んでおられるんですね。



帰りに、調理場の横にある水槽を見せてもらいました。
a0140305_02582325.jpg
これがニジマス

体側部に赤くて太い縦縞があるのが特徴です。
a0140305_03304785.jpg
こっちはナマズ

ナマズはもちろん食べたことありま~す。 大邱10味のひとつですから。
a0140305_03285362.jpg

そして、これ👆

これ、な~んだ?

実は日本では食べることのできない珍しいお魚なのです!



長くなるので、このお魚は次回にもちこしま~す!



by yukiful-xmas | 2019-07-03 23:48 | 2018年7月 清州 | Comments(0)

慶州がおもしろい!⑦皇理団キル 最終章

皇理団キルをさらに歩きま~す。
a0140305_01134804.jpg
こちらはカフェではなくオシャレな韓医院
a0140305_01135481.jpg
「白蛇」と言う名の漆喰壁のカフェ。
a0140305_02351431.jpg
これまでの慶州のイメージとは違ってきてますね。
a0140305_01104810.jpg
そして、この箱に目が釘付け!

テゲタッカンジョン!?

ズワイガニのタッカンジョンとな?144.png

*テゲ・・・ズワイガニ  タッカンジョン・・・甘辛ソースの鶏の唐揚げ
a0140305_01125864.jpg
店舗はパッと目を引く新しい韓屋、

2階にはピッカピカのイートインのスペースもあります。
a0140305_01105741.jpg
スマホのアプリで接客してくれた店員さん。

便利な時代ですね!
a0140305_01125095.jpg
ジャジャン!! これがテゲタッカンジョンです。 

たしかこれで6000₩。

う~~ん、普通のタッカンジョンとどこが違うんだ~!?

「プヨンちゃん、カニ、いた?」

「いませんね~! ^^;」

ズワイガニは味付けに使われているそうです。105.png
a0140305_02455634.jpg
水槽のカニを見て・・・

カニの唐揚げ、と勘違いした私がバカ! 103.png


174.png慶州テゲタッカンジョン(경주대게닭강정)
慶尚北道 慶州市 鮑石路 1072
(경상북도 경주시 포석로 1072)
℡ 054-777-2616
営業時間 9:30 ~ 22:00

a0140305_01132795.jpg
道路が交差している角っこに、古いお餅屋さんを発見!

斬新なカフェが乱立する中、こんなお店にもガンバって欲しいなぁ。

a0140305_03072263.jpg
カフェ Le Choi は「小さな喫茶店」という言葉がピッタリ!
a0140305_03093820.jpg
のぞき見したら、店内はアンティークでまとめたステキな空閑でした。


a0140305_03105688.jpg
Rencontre はかわいいベーカリーカフェです♪

フランス語で「出逢い」の意
a0140305_03141932.jpg
メルヘンチックでしょ!?110.png

a0140305_03071796.jpg
あんそらさんが教えてくれたCafe Ohi (카페 오하이)

日本語の堪能なオーナーさんがいらっしゃるというのは、ここだったかな? ^^;

a0140305_03114246.jpg
Cafe Neung(카페능)

素通りするのが残念過ぎる・・・ ^^;
a0140305_01151162.jpg
ド~ンと目を引く黒い韓屋は CAFE THE KLAMP

ネットでみたら、コーヒーやケーキの味も抜群!と書いてある~!106.png

a0140305_01170290.jpg
脇道に入ると、新しい韓屋がいくつもできています。
a0140305_01180939.jpg
そして一寸先は普通の路地、皇理団キルはここで終わりかぁ。 ^^;

a0140305_01191777.jpg
慶州の新しい魅力、

皇理団キル、楽しかった!102.png




そして、ちょこっと宣伝しちゃいま~す。
by yukiful-xmas | 2019-06-25 00:25 | 2019年4月ランタン祭&慶州 | Comments(2)

慶州がおもしろい!⑥皇理団キルを歩く つづき

路地から大きな通りへ出てきました。
a0140305_01200987.jpg
ここが皇理団キルのメインストリート? 
a0140305_01213923.jpg
ただ、道路は広いのですが、車もジャンジャン通りまして・・・

舗道がないので歩きにくい。 特に傘がある時は車に要注意です。 

これから改善されていくのかもしれません。
a0140305_00570075.jpg

韓服のレンタルショップや写真館が数軒並んでいました。

最近は、伝統的な韓服より現代風にアレンジされた「生活韓服」が人気のようです。

カワイイ~♪

a0140305_00571787.jpg

その並びにあるのがベリサムヌン公園(배리삼릉공원)という小さな雑貨屋さん。
a0140305_00572909.jpg

作家さんの手作りの小物や、オリジナルグッズが揃っています。
a0140305_00593748.jpg
しおりや絵ハガキ
a0140305_00594380.jpg
マスキングテープに
a0140305_00595663.jpg
ヘアピン
a0140305_01382318.jpg
これ似合う?(笑)
a0140305_00595104.jpg
慶州法酒のワンカップもあります。
a0140305_01001093.jpg

慶州のお土産を見つけるにはピッタリなお店です。102.png

174.pngベリサムヌン公園(배리삼릉공원)
慶尚北道 慶州市 鮑石路1083
(경상북도 경주시 포석로 1083)
営業時間 10:00~19:00
年中無休
a0140305_01051299.jpg
その向かい側で、ひときわ目を引く青いお店は、

英国製菓(영국제과)

慶州市内に本店をかまえるベーカリーショップです。


パンの種類が豊富なうえに、どれも本当に美味しそう。106.png

以下は目をつけたけど口にしなかったパンの数々・・・
a0140305_01075418.jpg
サクサクしていそうなサンタルギ(くまいちご)のパイ
a0140305_01080072.jpg
「翌日の朝食用に買って帰ればよかった!」と後悔したイタリアンコロッケ!
a0140305_01080627.jpg
ジャガのお土産に買ってかえりたかったパン!(かわゆい!110.png
a0140305_01491851.jpg
そして食べたのがコレ👆

看板商品のパンドール!  イタリア発祥のパンです。
a0140305_01072329.jpg
チョモランマみたいなオリジナルパンドール(6000₩)。
a0140305_01083922.jpg
フワッフワの生地に粉砂糖がタップリ!
a0140305_01074184.jpg
芙蓉ちゃんと中庭を見ながらペロッと食べてしまいました。

いちご入りにすればよかったかなぁ?

(後ろ姿は先客のお二人 ^^;)

174.png英国製菓(영국제과)
慶尚北道 慶州市 鮑石路1084
(경상북도 경주시 포석로 1084)
営業時間 10:00~21:00
定休日 水曜日


皇理団通り、もうちょこっとつづきます。




by yukiful-xmas | 2019-06-23 12:26 | 2019年4月ランタン祭&慶州 | Comments(0)

慶州がおもしろい!⑤皇理団キルを歩く

時間はちょっと前後しますが・・・

朝食の後、大陵苑(テヌンウォン)へ行きました。
a0140305_01194534.jpg
新羅王朝の王や貴族の古墳が23基点在する広~い歴史公園です。(入場料2000₩)
a0140305_02074575.jpg
雨がシトシト降っていたので人もまばら、公園を独占!
a0140305_01210189.jpg
あいにくの雨・・・と思ったら、雨のおかげで緑が鮮やか!

雨も悪くないなぁ。
a0140305_01211279.jpg
でも、写真を撮る時は傘をおいて。^^;
a0140305_01215555.jpg
大陵苑の裏門を出て、左手に進むと

目的地の皇理団キル(ファンニダンキル / 황리단길)が見えてきます。

a0140305_01230370.jpg
さびれかけていた古い商店街が、若い起業家たちによって蘇りました。

伝統的な街並みに新しいテイストが加わり、オシャレな街に変貌したのです。 



以前来た時はFAMツアーだったので、ちょっとしか見れなくて。^^;

思いのままに歩きたいなぁと思っての再訪です。



a0140305_01240048.jpg
皇理団キル(ファンニダンキル / 황리단길)という名前は、

ソウルでブレイクしたカフェ通り「経理団通り」からとったもので、

ここの地名である皇南洞の「皇」がついて皇理団キル。


ソウルにつづけ!と再開発がすすめられています。

a0140305_02160655.jpg
こちらは古い韓屋をリノベーションしたレストラン、

次から次に若い女の子たちが入っていきます。
a0140305_01245500.jpg
その隣にはお菓子屋さん。

慶州といえばファンナム(皇南)パンが有名ですが、

皇南洞で生まれたお菓子だから「皇南パン」なんですね。 


こちらの「チェヨンファパン(최영화빵)」は、

このお菓子の発案者(チェ・ヨンファさん)のご長男のお店で、

次男さんが経営するのが「皇南パン」、お弟子さんが出したのが「慶州パン」 

食べ比べてみたいなぁ。

a0140305_01260246.jpg
お菓子屋さんの先から裏路地へ入って行きます。

やっぱり以前よりお店が増えていますネ。
a0140305_01360879.jpg
壁画がありました。

ここはフォトスポット!
a0140305_01361519.jpg
語尾に ~노? がつくのは慶尚道の方言だそうで・・・

경주 어디까지 가봤? 

博多弁に訳すと「どこまで行ってきたと~?」  
a0140305_01362343.jpg
その先には、韓屋をリノベしたがカフェが数軒並んでいます。
a0140305_01365315.jpg
表札がついたままのカフェ。
a0140305_01375614.jpg
こちらも開店ホヤホヤ・・・お祝いの花が飾ってあります。

竹林の奥は涼し気ですね。
a0140305_01380670.jpg
雨に濡れながら撮影しているカップルを発見!
a0140305_01383582.jpg
キメのポーズ!

銃をこっちに向けないでね。(笑)

写真を撮らせて、とお願いしたら快く応じてくれました。  
a0140305_01384565.jpg
衣装のレンタルは1時間半で15000₩~

a0140305_01385236.jpg
立派な韓屋が多いのでお店もひろびろ・・・

お金持ちが多いエリアなのかなぁ?
a0140305_01385809.jpg
東京と言う名のカフェもゆったりとした造り。 ^^;

a0140305_02465089.jpg
その先に突然お花畑があらわれました。
a0140305_01411388.jpg
そしてお花畑の先はなにもナッシング、

カフェもいいけれど、普通の路地も好きだったりします。105.png


お店がなくなったので表通りに出てみま~す。

つづく



by yukiful-xmas | 2019-06-22 11:41 | 2019年4月ランタン祭&慶州 | Comments(0)

慶州がおもしろい!④慶州は大豆パラダイス!

朝食に食べたコングッがあまりにも美味しかったので・・・
a0140305_02042420.jpg
お昼も食べに行きました。(笑)
a0140305_01555385.jpg
朝、お会計の時にチラ見した定食がすご~く美味しそうで・・・

同じお店に1日に2回も行くなんて、めったにないことですが、

それくらい美味しかったってこと!


オーダーしたのは、おススメメニューのセンコンウゴジタンとスンドゥブチゲ、

どちらも9000₩です。

センコンウゴジタンはお店の看板(1枚目の写真)にもなっています。
a0140305_02004365.jpg
まずはパンチャン

やっぱり、良いお店はパンチャンから違いますね。

サンマが出たのも嬉しいなぁ!


手前にある卵はスンドゥブチゲにチャポンと落とします。
a0140305_02021405.jpg
ホロホロのおぼろ豆腐が喉の奥にスルスル~ッと落ちていきます。

スープは赤いけれどマイルドな辛さ。

うんま~っ!113.png

今まで食べたスンドゥブチゲの中でナンバーワン!
a0140305_02030235.jpg
そして、こちらがセンコンウゴジタン(생콩우거지탕)

センコンは生の大豆、ウゴジは白菜の外側の葉を干したもの、

スープは豚の背骨を長時間かけてとってあります。

豚の濃厚なスープと豆乳のハーモニーがすばらしい♪

ゴツッとしたビジュアルとはうってちがって、深~い深~いお味です。



大邱に戻って、慶北を取材中のあんそらさんにこの話をしたら、

あんそらさんもこの店には一目おいていたそうで、

コングッの話で盛り上がりました。

もうすぐ出版される慶北のガイドブックにも紹介されていると思いま~す。

おススメです!102.png

174.png慶州元祖コンクッ(경주원조콩국)
慶尚北道 慶州市 瞻星路113
(경상북도 경주시 첨성로 113)
℡ 054-743-9644
営業時間 6:00~20:00
店休日 日曜日、旧正月・秋夕の連休
コネスト地図

*なお、夏場はセンコンウゴジタンの代りにコンククスが登場するようです。


by yukiful-xmas | 2019-06-18 00:59 | 2019年4月ランタン祭&慶州 | Comments(6)