Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:楊平 ( 6 ) タグの人気記事

2018年晩秋の旅 ⑪楊平で食べるべきもの それはトレチャン!

楊平の最後は・・・

楊平の名物料理をいただくことに。

麻木ちゃんがチョイスしてくれたのはこのお店です。👇
a0140305_01011343.jpg
モンシルシクタン(몽실식당)

数多くのテレビ番組でも紹介されていて、楊平の人なら知らない人はいない!

ってくらい有名みたいです。
a0140305_01031295.jpg
お客さんがビ~ッチリ!

お席がとれてラッキーでした。164.png
a0140305_02360183.jpg
楊平は京畿道なのに、なぜか全羅道式のおかずがズラリ!

基本のバンチャンはもってきてくれますが、あとはセルフになっています。

あれこれとるのが楽しくて、お皿がてんこ盛りに!
a0140305_01393101.jpg
バンチャンだけでもテンションが上がる、

韓国では野菜不足になることはありませんね~!
a0140305_02075766.jpg
右の黒っぽいナムルはコドゥルペギ(고들빼기)

和名で「イヌヤクシソウ」、「にが菜」とも言うそうです。

にが菜って初めてかも。 これがなかなか美味しいの。
a0140305_01450879.jpg
メインのお料理に移りま~す。

看板メニューを二つオーダーしました。
a0140305_01372233.jpg
まずは智異山(チリサン)で育った黒豚のサムギョプサル。

肉厚で味にコクがあります。
a0140305_01453354.jpg
そして、注目すべきはこれ!👆

トレチャン(도래창)

トレチャンとは神経細胞、毛細血管、脂肪からなる腸間膜(ちょうかんまく)、

なんじゃそれ?  147.png

日本語でもよくわかりませんが・・・119.png

豚一匹から200~300gしかとれない貴重な部位です。

そのトレチャンを野菜やキノコと炒めてあります。
a0140305_01464518.jpg
ボケボケでアップが撮れな~い!122.png 

*上手に撮る方法をご存知の方は教えてくださ~い。
a0140305_01462043.jpg
Sちゃんに手を添えてもらってやっとピントが合いました。105.png

これがトレチャン。

ちょっとひだひだになっています。

ほどよく脂がのって柔らか~い。 

ホルモン特有のクニッとした歯触りもちょこっとあります。

う~~ん、美味しい!111.png

これ、楊平に来たら絶対食べなきゃネ!
a0140305_01505932.jpg
最後に3人で記念撮影。

私(右)も166㎝あるんだけど・・・2人といると小さく見えますね。^^;


174.pngモンシル食堂(몽실식당)
京畿道 楊平郡 楊平邑 楊平チャントキル 9-1
경기도 양평군 양평읍 양평장터길 9-1
℡ 031-771-9296
営業時間 12:00 ~ 22:00
年中無休

*楊平駅から歩いてすぐで~す。


 

麻木ちゃんのおかげで、楊平を満喫することができました。

麻木ちゃんに感謝!

楊平、また行きた~い!104.png

by yukiful-xmas | 2018-12-04 00:38 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(2)

2018年晩秋の旅 ⑩楊平のおススメカフェ TERAROSA COFFEE

Sちゃんと合流した頃には、すっかり日が暮れてしまいました。
a0140305_02013710.jpg
「これからカフェに行きますね。楊平にもすごく素敵なカフェがあるんですヨ。

でも、どうしようかなぁ?

お連れしたいカフェが2つあるんですよ~。 韓屋のカフェともうひとつ。」

私とSちゃんは韓屋のカフェにピキン!と反応したのですが・・・
a0140305_12041594.jpg
「ひゃ~~、韓屋のカフェはやめま~す、ギラギラになってる~!」

ということでスルー!
a0140305_02084639.jpg
こちらのカフェへ。

TERAROSA COFFEE(테라로사커피)

本店は江原道の江陵、ソウルや釜山にも店舗を展開しているようです。

釜山のF1963は噂に聞いてたぞ。

楊平にもあったのかぁ!!101.png
a0140305_12052761.jpg
のどかな楊平に突如現れた煉瓦の建物、

他にもいろんなお店が入っています。
a0140305_12312273.jpg
建物に入って正面はワイン屋さん
a0140305_02193735.jpg
コーヒー豆の横を通って奥にカフェの入口があります。
a0140305_02131697.jpg
ひろ~~~い!147.png
a0140305_12440218.jpg
お店の真ん中でコーヒーを買って、
a0140305_12413766.jpg
a0140305_12395654.jpg
1階の奥や階段、2階のギャラリーで飲むことができます。
a0140305_13114843.jpg
気持ちのいい空閑
a0140305_13060671.jpg
どこに座ろうかなぁ?
a0140305_13065694.jpg
2階には北欧の本が置いてあります。

読んでいいみたいだけど、読めませ~ん。(笑)
a0140305_12474906.jpg
ここにしました!

麻木ちゃんとSちゃん。 2人とも白がとってもお似合い。
a0140305_02190181.jpg
コーヒーも美味しい。 

ゆったりとくつろげました。112.png
a0140305_13322554.jpg
174.pngTERAROSA COFFEE(테라로사커피)
京畿道 楊平郡 西宗面 北漢江路 992
경기도 양평군 서종면 북한강로 992
℡ 031-773-6966
営業時間 9:00~21:00
コネスト地図

a0140305_13310723.jpg
TERAROSAの隣にはイ・ヨンエさんがプロジュースするコスメのお店がありました。
a0140305_13314551.jpg
品揃えも豊富。

お値段は普通の韓国コスメよりちょっと高めです。105.png
a0140305_13370380.jpg
イ・ヨンエさんもいまや双子ちゃんのお母さん。
a0140305_13350645.jpg
イ・ヨンエさんは楊平に家を建てて住んでおられるそうで、

麻木ちゃん、スーパーで会ったんですって!

それはもうキレイだったと。

こんな顔になれるんだったら、ここのコスメ使うけどなぁ。(笑)

by yukiful-xmas | 2018-12-02 13:44 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ⑨廃線跡のサイクリングロード 南漢江自転車道

楊平のプチトリップは麻木ちゃんが自家用車で案内してくれました。

そして運転しながら楊平のことをいろいろ話してくれました。



北朝鮮から来た人がたくさん住んでいること。

北の人が開いた美味しい冷麺のお店があること。

そして、水がキレイなこと!
a0140305_01154885.jpg
部隊が何個もあるので、戦車を見かけたり、防弾の音が聞こえたりすることもあるそうです。

ここ👆も部隊かな?



そんな話を聞きながら、ソウルに留学中のSちゃんと合流するために両水駅へ。

「Sちゃんが来るまでまだちょっと時間があるので歩きましょう!」
a0140305_01182233.jpg
駅の駐車場に車を停めると、麻木ちゃんはてくてくと歩きだしました。

いったいどこに行くのかな?147.png
a0140305_03392097.jpg
一つ目の橋を渡りま~す。
a0140305_01184102.jpg
空のグラデーションが美しい~!
a0140305_01150064.jpg
さらに進むと・・・
a0140305_01205877.jpg
二つ目の橋がありました。

そして、平行してさらにもう一つ!146.png
a0140305_01201271.jpg
私たちがいる橋(北漢江橋)は、旧中央線の線路の址です。

隣に新しい橋ができた後、古い鉄道址はサイクリングロードになりました。
a0140305_01280496.jpg
このサイクリングロードはソウル、いやその先の仁川から繋がっていて、

南漢江自転車道(남한강 자전거길)と呼ばれています。

なので自転車に乗った人がた~くさん楊平にやって来るんですって!
a0140305_01204863.jpg
楊平の街中では、このように自転車に乗っている人を本当によく見かけます。
a0140305_01214838.jpg
橋の中央にかかる古い鉄橋。 錆びた感じがいいでしょう?

a0140305_02115308.jpg
ここにいるとしょっちゅう電車が通っていきます。
a0140305_01253906.jpg
自転車の絵が描いてある電車、
a0140305_01251711.jpg
びゅーーんとKTX
a0140305_01224032.jpg
ぜんぜん飽きることがありませ~ん。
a0140305_01273608.jpg
電車を眺めているうちに、漢江が赤く染まってきました。

陽が落ちるまで眺めていたいところですが・・・

「そろそろSちゃんが駅に着きますよ~!」

ということであたふたと両水駅へ戻りました。



さて、先ほどの南漢江自転車道(남한강 자전거길)ですが・・・

高低差が少なく、路面の状態、周囲の観光スポット等が整っていて、

韓国でナンバーワンのサイクリングロードと言われています。
a0140305_03142537.jpg
(写真お借りしました。 <m(__)m>)

トンネルがあったり、一部線路が残っていたり、

使われなくなった駅が休憩所になっていたり・・・

おもしろそう!104.png



楊平は観光するにはアクセスが問題だなぁ?と思っていたのですが、

自転車でまわる手がありますね。

雲吉山(ウンギルサン)駅には貸自転車があるとのこと。
a0140305_03230785.jpg
ちなみに北漢江橋から両水駅までは徒歩十数分だったので、

今まで行ったところは自転車でもまわれそうですよ~!101.png

でも、暖かくなってからね。109.png




by yukiful-xmas | 2018-12-01 11:30 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ⑧楊平の絶景ポイント トゥムルモリ(두물머리) 

美味しいランチを食べた後、再び車に乗り込みました。
a0140305_01100653.jpg
着いたところは橋の下!

ここは?150.png  

案内板がありました。👇
a0140305_01352227.jpg
「今から行くところはトゥムルモリ(두물머리)といって、

北朝鮮の金剛山から流れてくる北漢江 太白山から流れてく南漢江の2つの川が合流しているところです。

1つになった漢江はここからソウルへと流れているんです。

ここの地名は両水里(ヤンスリ)で、トゥムルモリは「二つの水の頭」という意味です。

景色が美しいのでドラマや映画のロケに使われて、有名にになったんですよ。」

なるほど!
a0140305_01355117.jpg
しばらく行くと洌水舟橋(ヨルスチュギョ)というステキな橋が見えてきました。

写真ではわかりづらいですが、船を組み合わせて作ってあります。

「ねーねー、この橋渡るんでしょう?」
a0140305_01361367.jpg
「渡りませ~ん!」 

(ガクッ!130.png

「トゥムルモリの見どころはこっち側にあるんですよ~!」
a0140305_01395166.jpg
麻木ちゃんの言う通り!

だんだんとステキな景色がひろがってきました。
a0140305_01401321.jpg
あら! これ、蓮だよね~?
a0140305_01402277.jpg
こっちも蓮池!

夏になったら、この辺り一面、蓮の花畑になるってこと?

次は絶対夏に来たいなぁ。
a0140305_01403127.jpg
うわ~ん、なにこの景色!!146.png

映画のワンシーンのようではないですか!?

この日は曇っていて、ちょっと残念な気がしていたのですが・・・

なんてステキな曇り空♪102.png

川に浮かぶ帆掛け船は、かつてここがとても栄えた渡船場だったことをあらわしています。

a0140305_01571482.jpg
「楊平観光大使」の韓麻木ちゃん、モデルさんみたいでしょ?

楊平の観光大使は自称なんですが ^^; 慶尚北道の(本物の)観光大使です。

改めて紹介しますと・・・

韓麻木ちゃんは、韓国雑誌の「スッカラ」の編集部を経て、

2008年より編集デュオ「おいしいしごと」として活動を開始、

現在、雑誌やWEBで韓国関連の執筆・編集で活躍中です。

八田さんやジャヨンミさんが書かれたStoryシリーズも執筆と編集を担当しています。



雑誌「スッカラ」は、当ブログの読者さんなら、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 

まだ、韓国を知らない頃、韓国へのあこがれを胸に読んでいた雑誌です。

その本を作っていた人とこうして一緒にいるなんて・・・

人生、いろんなことがあって楽しいネ!102.png
a0140305_01413959.jpg
「Yuckyさんも撮ってあげますよ~!」

「は~い、お願いしまスミダ~!」とポーズ!

景観を汚すといけないので後姿で!
a0140305_01535867.jpg
でもフォトスポットでは前向きで。^^;
a0140305_02001828.jpg
麻木ちゃんとあれやこれや話が弾みました。 

それにしても・・・

あ~~~、ここ気持ちいい~♪
a0140305_02183419.jpg
トゥムルモリの先っちょにきました。 はい、ここです。👆

ここで、北漢江と南漢江が交わっているのです。
a0140305_02010548.jpg
なかなかどいてくれないご一行様。105.png

石碑の写真を撮らせてくれ~~!!(笑)
a0140305_02011643.jpg
ステキなカフェもありました。

「入りたいなぁ」という私の心を見透かしたように、

「カフェは別のところに行きましょうネ。109.png」 


ということで、次の場所へ移動しました。

ここで私の大失態!

トゥルモリのもう一つの見どころ、肝心な樹齢400年のケヤキの写真を撮り忘れた~!(汗)

a0140305_03210428.jpg
この写真はお借りしてます!<m(__)m>

174.pngトゥムルモリ(두물머리)
京畿道 楊平郡 楊西面 両水里 711-1, 一帯
(경기도 양평군 양서면 양수리 711-1, 일대)
コネスト地図


by yukiful-xmas | 2018-12-01 00:23 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ⑦楊平の絶品スンドゥブ!

やっとのことで麻木ちゃんと再会し、楊平のドライブスタート!

走り出して数分で、すばらしい景色がひろがりました!
a0140305_18093922.jpg
右手に見えているのは漢江(ハンガン)です。

水鳥がたくさんいる~!
a0140305_01491733.jpg
その先に八堂ダム、

ダムの向こうは人工湖の八堂湖(팔당호)、ソウルと京畿道の水道水の供給源です。
a0140305_18103324.jpg

八堂湖沿いの道路は、人気のドライブコースだそうです。

麻木ちゃんが車を停めて八堂湖の景色を見せてくれました。

う~~ん、なんていいところ!101.png
a0140305_18113739.jpg
5分ほど走って、キワチッスンドゥブ 鳥安本店 (기와집순두부 조안본점)へやって来ました。

広い駐車場はほぼ満車、最後の一台でやっと停めることができました。
a0140305_02174992.jpg

麻木ちゃんがランチに選んでくれたのはスンドゥブです。

私が豆腐好きだと麻木ちゃんは知らないはず・・・

麻木ちゃんナイス!102.png

a0140305_18104113.jpg
お店は、築60年の瓦ぶきの韓屋です。

(白いコートが麻木ちゃん)

入口付近にお客さんがウヨウヨいたので、しばらく待たされるかな?と思ったら、
a0140305_18112801.jpg
すぐにこちらに通されました。

韓屋の中庭に増築された建物のようです。

韓屋のお部屋の方が趣はあったかもしれませんが、椅子席なので足が楽チン!

a0140305_18130876.jpg
一番人気のスンドゥブ白飯(순두부백반)8000₩をオーダーしました。

まずはバンチャン、

もやしの隣は豆腐にかけるタレ、ワカメは甘酢味でいい箸休めになりました。
a0140305_18131684.jpg

浅漬けのキムチ、コッチョリ(겉절이)も美味しい~!

サラダ感覚でバリバリ・・・
a0140305_13311160.jpg
そして、スンドゥブがド~~ンと登場しました! 丼サイズ!!

フワッとして・・・豆腐なのに美しい!
a0140305_13303120.jpg
な~んて滑らかなんでしょう!

初めに大豆の甘さがきて、後で大豆の深~い香りがひろがります。

うんま~~~~!113.png
a0140305_18170793.jpg
ネギと唐辛子の入ったタレは味見程度にして・・・

シンプルに豆腐そのものの味を楽しみました。


喉越しが良くてスルスル~と入っていきます。


美味しさの秘訣は、楊口(江原道)と坡州から仕入れたブランドの大豆と、

昔ながらの伝統的な作り方だとか。
a0140305_18180166.jpg
麻木ちゃんがオーダーしたのは、コンタン(콩탕)

コンタンは初めて食べます。

キムチ味のおからスープって感じかな?

キムチ味と大豆味の調和が絶妙ですんごく美味しい!
a0140305_04011857.jpg
おからのスープといえばコンビジチゲ(콩비지찌개)を思い出しますが、

どう違うのか? をググってみたら、

コンビジチゲは、豆腐を作った残りのおからで煮込むもの

コンタンは、柔らかく煮た大豆を挽いた状態で煮込むもの


コンタンの方がだんぜん大豆の旨味が活きてる気がします。

なかなか食べられない味ですね。
a0140305_18111057.jpg
近くに南楊州総合撮影所があるので、有名人もよく来るそうです。


ここは楊平に来たら外せないお店ですね!101.png


お店の住所は南楊州市(ナムヤンジュシ)になっていますが、

楊平(ヤンピョン)と言う時は、楊平郡と南楊州市のことを指すそうです。

174.png キワチッスンドゥブ 鳥安本店 (기와집순두부 조안본점)
京畿道 南楊州市 鳥安面 北漢江路 133)
(경기도 남양주시 조안면 북한강로 133)
℡ 031-576-9009
営業時間 3月~10月 10:00 ~ 21:00 11月~2月 10:30~21:00
店休日 秋夕、旧正月当日とその前後
中央本線両水(양수)駅からタクシーで約10分
コネスト地図



by yukiful-xmas | 2018-11-29 13:34 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(6)

2018年晩秋の旅 ⑥楊平(ヤンピョン)へ

ソウル2日目の朝、

まずは宿のある仁寺洞から明洞に向かいました。

とりあえず両替しないとお金がな~い!105.png
a0140305_17484496.jpg
その途中の清渓川には何やら巨大なロボット!150.png

どうやらランタンフェスティバルが行われていたようです。(11月2日~18日)


明洞で両替をすませ・・・

あ、ちなみに安いと評判の大使館前の両替所より、数軒手前の両替所の方がちょっとレートがよかったです。

大使館前は9.90、私が両替したところは9.92、

15.00の時代はどこいった~!(といつも思う。120.png
a0140305_17513812.jpg
朝ご飯は、またライトバンのトーストを食べよう!と思っていたのですが、

トースト屋さんがなーーーーーい!103.png 

途中にオシャレなカフェはあったのですが、あの安っぽいトーストが食べたい!145.png
a0140305_17514674.jpg

しかたないので乙支路入口駅の地下街のパン屋さんで朝食をとりました。105.png


そして、そのまま2号線に乗り込んで、往十里駅(ワンシムニヨッ/왕십리역)へ。

この日は、楊平(ヤンピョン / 양평)へ行くことになっていたのです。

ヤンピョンはここで~す。👇
a0140305_17155091.png
ソウルの東側にあります。 

人口は約11万6千人、

大部分が森林地帯なので、登山、キャンプ、アウトドアスポーツなどが盛んです。

また、ソウルから気軽に行けるリゾート地としても人気があります。

近年では「定年退職後は楊平に庭園住宅を買って移り住む」

というのがソウルのお金持ちのステイタスになってるそうです。


ところで、そもそもなぜ楊平に行くことになったのか? 

なのですが・・・
a0140305_17231521.jpg
今年の5月、公社のセミナーに、楊平在住のライター韓麻木ちゃん(右)がやってきまして、

「楊平ってとてもいいところなんですよ!」と熱~く語ってくれたのです。

(この時のセミナーのテーマは慶尚北道で、楊平の話が出たのは飲んでる時。^^;)

その時から「いつかは楊平!」と思うようになりまして・・・

半年後に実現できて嬉しい♪



楊平へは中央線で約40分。

「清涼里駅(청량리역)か、往十里駅(왕십리역)からが便利ですよ」

という麻木ちゃんのアドバイス通り、往十里駅へと来たわけです。


そして、往十里駅で地下鉄2号線から中央線に乗り換えます。

この時、駅のロッカーにスーツケースを預けるつもりが・・・
a0140305_17550732.jpg
エレベーターに乗ったら、そのまま中央線のホームに出てしまいました。

あやや・・・105.png 
a0140305_02214164.jpg
ホームにロッカーがあるはずもなく、仕方ないのでスーツケース持参で乗り込みました。

待ち合わせは八堂(パルタン)駅。

そこまで彼女が迎えに来てくれることになっています。

乗り過ごさないように、注意、注意!144.png
a0140305_17584159.jpg
ところが、途中の駅でダレもいなくなった・・・と思ったら、

なんと電車がひきかえし始めたではありませんか?149.png

ギャ~~~ッ、なんで戻っちゃうの~? あと2駅なのに!
a0140305_17594273.jpg
どうやら電車は龍門駅 (용문역)行き徳沼駅 (덕소역)行きの2種類あって、

龍門駅 (용문역)行きに乗らなければ、目的地の八堂駅 (팔당역)に行けないのです。

しまった~!135.png

あわててひきかえそうと次の電車に乗ったら、またまた徳沼駅でストップ!
a0140305_18000714.jpg
龍門駅行きの電車は本数が少ないのか、次の電車は20分後とわかり、

とうとう麻木ちゃんが車で徳沼駅まで来てくれました。

(写真は、麻木ちゃんを待つ間に撮った徳沼教会)



と、このように、楊平の旅はてんやわんやでスタート!

でも、このあとは全てスムーズでしたよ。 

へへへ・・・ 109.png


by yukiful-xmas | 2018-11-28 11:14 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(8)