Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:慶尚北道 ( 168 ) タグの人気記事

2019年11月紅葉の旅 ⑨高霊(コリョン)へ

3日目は大邱の隣街「高霊(コリョン)」に足をのばしました。

高霊、といえば大伽耶(テガヤ)!

伽耶は3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の南部にあった国です。

一つの国かと思ったら6つの小国があわさった小国家群で、

大伽耶はその中の一つ。

高句麗、百済、新羅と戦を繰り返しながら562年に滅びるまで、独自の文化を繁栄させました。

高霊には大伽耶の古墳や遺跡がたくさん残っています。

a0140305_04044774.jpg
大邱西部バスターミルから市外バスに乗って高霊に向かいます。

ターミナルビルの中に、高霊行きの時刻表がなかったので、

一瞬ターミナルを間違えたかと焦りましたが・・・105.png
a0140305_13031328.jpg
窓口に行ったらちゃんとチケットが買えました。 

高霊行きは15分おきに出ていて

料金は3300₩、所要時間はたったの30分!
a0140305_13072537.jpg
大邱をでると田園風景が広がりました。105.png
a0140305_04054254.jpg
あっという間に高霊に到着。

さっそく大伽耶博物館に向かいます。

ターミナルの人に尋ねたら歩けば20~30分かかるとのこと。タクシーを利用しました。

料金は4000₩、わずか5分で到着しました。
a0140305_04055488.jpg
ここが大伽耶博物館です。

ところが・・・

まさかの休館!141.png

2020年の4月までリニューアルのため長期休館なんですって。

せっかく来たのに~!103.png
a0140305_04064283.jpg

中は観ることができなかったので、せめて野外展示物を。

a0140305_04061859.jpg
大伽耶時代の住居や仏教関連の石塔や仏像などをサラリと見学。
a0140305_04070987.jpg
博物館の先には「大加耶王陵展示館」があります。

外観は古墳の形をしており、

中に韓国で初めて確認された殉葬墓「池山洞第44号墳」が実物大で再現されています。
a0140305_04080932.jpg
ところで「殉葬墓」って何?

殉葬(じゅんそう)とは王様が亡くなった際、王妃や家臣を一緒に葬ること。

ぎょぎょぎょっ! ありえ~ん!149.png

伽耶では死後も生前の暮らしが続くと考えられていたようで、

王様が使う物や、お世話する人を一緒にお墓に埋めてたわけです。

生きたまま? それとも・・・

信じがたいことですが、古代では珍しいことではなく、

日本でも卑弥呼の墓に約100人の奴婢が葬られたという記録が残っています。
a0140305_13175979.jpg
第44号墳には墓の主人と32人の殉葬者が葬られており、中央に主石室と2つの副石室、

その周りに32個の殉葬のための小石棺が配置されています。
a0140305_04082082.jpg
古墳群から出土した土器や鉄器などの遺物の展示もありました。

伽耶は鉄を造る技術がとても優れていたので、日本から鉄の買い付けに来ていたそうです。

戦乱を逃れて日本に渡った人も多く、日本に鉄文化を伝えたといわれています
a0140305_04084133.jpg
祭祀(チェサ)の様子も再現されていました。
a0140305_04091983.jpg
展示館の奥は池山洞古墳群へと続いています。

大伽倻時代に作られた200基の古墳が、主山(ジュサン)の尾根に連なっています。

ゼイゼイ・・・

これはちょっとした登山ですな。

歩きやすい靴で来て正解! それでも土が乾いているのでズルッとすべる~!106.png
a0140305_04094511.jpg
下の方には小さな古墳が、上に行くにつれて古墳が大きくなっていきます。

中には直径20mを超える大型の古墳もあり、

金銅冠や首飾りなどの副葬品や殉葬者の骨が発掘されたことから

王族や身分の高い支配層のものと推定されています。
a0140305_04100449.jpg
すごいっ、この眺め!

たま~に、犬のお散歩をしている人に出逢いましたが、

ここまで来ると誰もいなくて、この景色を独り占め!

ヤッホ~~~!


でも、全部歩くとかなり時間がかかるので、適当なところできりあげました。

だって、転んで怪我してもダ~レも助けてくれないもんね。^^;
a0140305_04104461.jpg
紅葉もみごと♪
a0140305_04111280.jpg
帰りも市外バスを利用しました。
a0140305_04113715.jpg
参考までに大邱行きの時刻表を貼り付けておきます。


高霊は大邱から日帰り旅行が充分可能です。

気軽に行ける地方都市なので、興味のある方はぜひ!

でも、せっかく行くなら博物館がオープンしてからがいいと思いま~す。 105.png


174.png高霊池山里古墳群(고령지산리고분군)
慶尚北道 高霊郡 高霊邑 池山里460
(경상북도 고령군 고령읍 지산리 460)


by yukiful-xmas | 2019-12-09 01:14 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ⑦一年に400万個! 栄州の情ドーナッツ(정도너츠) 

再びV-Trainで汾川駅まで戻り、

栄州へ向かうころにはすっかり日が暮れてしまいました。


帰る途中、キョンキョンのお友だちが、

どうしても私に食べて欲しいお菓子があるらしく・・・(笑)

こちらのお店に立ち寄りました。
a0140305_01130699.jpg
ジョンドノチュ(정도너츠)

日本語で「情ドーナッツ」

1982年、ドーナッツだけでなく餃子やトッポッキもある粉食屋さんとして創業しました。

その後テレビで紹介された生姜ドーナツが大ヒット!

それを機にドーナッツの専門店になり、いまや全国に店舗を構えています。

ここがその本社です。

*「本店」は別にあります。


実はここ、韓食コラムニストの八田さんもイチオシのドーナッツです。

a0140305_01150588.jpg
カフェもありますが、この日のうちに大邱に戻る予定だったので、

テイクアウトにしました。
a0140305_01133890.jpg
閉店間近なので残りわずか・・・

料金は1個1300₩、テイクアウトは箱入りになります。

自宅用 6個 7,800ウォン  10個 12,500ウォン  12個 15,000ウォン

ギフト用 9個 12,000ウォン  12個 16,000ウォン  16個 21,000ウォン


ショーケースを覗いてみると、
a0140305_01175366.jpg
高麗人参
a0140305_01135801.jpg
補薬(トウキ、センキュウ、ナツメ)
a0140305_02253678.jpg
ニンニク

など、ドーナッツの具とは思えない味が並んでいます。

他にもエゴマ、人参、さつまいも、 緑茶、りんご、チョコ、コーヒー、ピーナッツなど種類も豊富。

a0140305_01141458.jpg
気になるものを買ってみました。

どれがどれだかわかんなくなってますが、生姜、ニンニク、エゴマ、補薬、ピーナッツだったか?
a0140305_02281759.jpg
生地は100%国内産のもち米でできています。

なぜ、もち米を使うようになったかというと、創業者の家族が小麦粉アレルギーだったから。

なるほどね。112.png

ただ私的には「ドーナッツ」という言葉に違和感、

どちらかというと中華のゴマ団子にちかい感じです。
a0140305_22433218.jpg
それにしてもこのモチモチ感!

確かにハマる!(笑)
 
人気の生姜はピリッとくる辛さの後に、餡の甘さがミックスされます。

ニンニクやエゴマもうまいことスウィーツになってるなぁ。

いろんなところに支店があります。

機会があれば食べてみてくださーい。101.png


174.png情ドーナツ本社(정도너츠 본사)
慶尚北道 栄州市 豊基邑 小白路 2000
(경상북도 영주시 풍기읍 소백로 2000)
℡ 054-636-0071
営業時間 9:00~21:00
年中無休
コネスト地図
HP





今度は私のリクエストで・・・
by yukiful-xmas | 2019-12-05 23:58 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年11月紅葉の旅 ⑤渓谷を走るトロッコ列車 V-Train

それではV-Trainに乗り込みま~す!


V-Train(白頭大幹峡谷列車)は、慶北の汾川駅と江原道の鉄岩駅を結ぶトロッコ列車です。

V-TrainのVValley(渓谷)のV

太白(テベク)山脈の渓谷を洛東江(ナクトンガン)の源流に沿って走ります。

a0140305_23430930.jpg
先頭の機関車は白に黒のストライプ、かつてここに生息していた白頭山虎をイメージしています。

虎がいたのかぁ。105.png
a0140305_23454926.jpg
あとの3両はつつじの花をイメージした鮮やかなピンク色です。
a0140305_01111540.jpg
窓は一面ガラス張りで、座席は窓と前を向いたベンチシートになっています。

座席は指定なので選ぶことはできません。

私たちは窓を向いた席でした。
a0140305_00300309.jpg
各車両にストーブが設置されています。

火をつけるとストーブの上でお菓子やお芋を焼くんだって!

いいなぁ

2号車には小さな売店もあります。
a0140305_23470325.jpg
電車がゆるやかに動き始めました。

始発から終点までは27.7㎞、1時間かけて時速30キロでゆっくりと走ります。

a0140305_23484134.jpg
汾川駅を出発したかと思うとすぐさま渓谷に入りました。
a0140305_23583888.jpg
ほら~!  やっぱりここに来て正解!

窓一面の紅葉がみごと!
a0140305_23511547.jpg
洛東江(ナクトンガン)もここまでさかのぼれば、水の色が違います。

窓の開閉も自由なので、山の澄んだ空気が入ってくるし・・・

気持ちい~い♪
a0140305_23551573.jpg
両元(ヤンウォン)駅に着きました。

韓国で一番小さな駅です。
a0140305_23543871.jpg
ここで10分間の停車。

ホームには地元の人が農作物を売りに来ています。
a0140305_23564672.jpg
お買い物をしたり、景色を眺めたり・・・
a0140305_23574638.jpg
私はオミジャをGET! 

粒が一回り大きい気がする。101.png
a0140305_23565147.jpg
両元(ヤンウォン)駅を過ぎると小さなトンネルがたくさん続きます。
a0140305_23510345.jpg
突然目の前が真っ暗闇になるのですが、それと同時に

天井に星が輝くんですよ~!177.png
a0140305_01300065.jpg
トンネルを出るときれいな空色。
a0140305_00001821.jpg
次の停車駅、承富(スンブ)駅に着きました。
a0140305_00033271.jpg
白雪姫と小人たちが迎えてくれます。
a0140305_23592604.jpg
ここではマッコリやチヂミ、おでんなどが売られています。

冷たく冷えたマッコリは、江原道の高麗アザミの生マッコリ。

これは買わずにいられません。
a0140305_00012255.jpg
「まもなく発車します!」のアナウンスに、あわててマッコリを持って乗り込みました。
a0140305_00065961.jpg
車内はマッコリバーに早変わり!(笑)

みんな飲んでますよ~。
a0140305_01072177.jpg
ほろ酔い気分で乗っているうちに、V-Trainは慶尚北道を抜けて江原道へ入りました。
a0140305_00031766.jpg
窓の景色が渓谷から鉱山へと変わるんですね。
a0140305_00073280.jpg
終点の鉄岩(チョラム)駅に着きました。

あ~、楽しかった!101.png

1時間があっという間。

帰りもまた乗りますよー。


最後に動画をどうぞ!

乗ってる気分になっていただけたら嬉しいです。




by yukiful-xmas | 2019-12-02 10:48 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年11月紅葉の旅 ④汾川駅はサンタがいっぱい!

美味しいユッケを食べた後は、いよいよV-Trainに乗るために汾川駅へ向かいます。

キョンキョンのお友だちが車で連れてってくれることになりました。




*栄州駅から汾川駅までのアクセスですが・・・

電車(嶺東線)で行く場合、本数はこれだけ。👇

路線バスはほとんどないようです。^^;
a0140305_01144372.jpg
また、江原道の鉄岩駅からも乗ることもできます。(表の下の部分を参考に)
a0140305_13362742.jpg

栄州から北上するにに連れ・・・
a0140305_02304997.jpg
山がだんだんと色づいてきました。
a0140305_13461591.jpg
ここまで来るとミセモンジ(PM2.5)も感じられません。 良かった~♪


栄州を出てから40分、
a0140305_13592040.jpg
汾川駅に着きました。

汾川駅の周りは「サンタビレッジ」というテーマパークになっています。
a0140305_02354738.jpg
サンタやかわいい動物たちがいっぱい!
a0140305_02433607.jpg
これが1957年にできた汾川駅です。

レトロな駅舎に萌え萌え~
a0140305_14015349.jpg
まずはV-Trainのチケットを窓口で買います。
a0140305_14015740.jpg
片道8400₩、席は全席指定です。

「帰りは普通のムグンファもありますよ。」の説明に・・・

2600₩と安いし、向こうに着いたらすぐ帰れるし、「終点の駅には何もない」と駅員さんがおっしゃるので、

最初は普通のムグンファ号のチケットを買ったのですが、

せっかくここまで来たのだから「やっぱりV-Trainに乗ろう」と買い直すことにしました。

これ、大正解!

もし、とんぼ返りしていたら悔やんでいたことでしょう。

そのわけは後ほど。112.png


さて、V-Trainの出発まで、サンタヴィレッジを散策します。
a0140305_02362035.jpg
サンタヴィレッジは12月末から2月の中旬までが本格的なオープンです。

雪が積もってきっとホワイトクリスマスですね。
a0140305_02370922.jpg
それにしても、紅葉を観にきたのになぁ。

もうクリスマスになっちゃった!105.png


ところで、汾川駅にどうしてサンタなのでしょう?

それは・・・
a0140305_02430524.jpg

2013年、韓国とスイスの国交50周年を記念して、

汾川駅とスイスのツェルマット駅が姉妹締結を結びました。

それがきっかけで、サンタヴィレッジができたのですが、

ツェルマット駅とサンタクロースの関係はよくわからないとか。105.png 

なんじゃそりゃ?



a0140305_02425052.jpg

また、ツェルマット駅はマッターホルンが一望できる山岳列車の始発駅で、

多くの観光客が訪れています。

過疎化がすすむ汾川駅もそれにならえ!とサンタヴィレッジを造り、V-Trainの運行を始めたのです。

a0140305_02424808.jpg
出店や屋台は半分くらい閉まっていますが・・・
a0140305_15504536.jpg
あっちもこっちもフォトジェニック!

こんな山奥に、こんなかわいい駅があるなんて!

a0140305_02442221.jpg
駅の隣にあるサンタ郵便局
a0140305_02475719.jpg
中は待合い室も兼ねています。
a0140305_02480768.jpg
ポストにハガキを投函すれば、クリスマスに届けてくれるそうですが、

残念ながら日本は圏外。

東海の郵便局は届けてくれたけどなぁ。105.png
a0140305_04123019.jpg
サンタの衣装で記念撮影。
a0140305_16105514.jpg
トンネルの階段を上ったら・・・
a0140305_02384397.jpg
ホームに着きました。

ここにもサンタ。 珍しい半袖姿です。



では、そろそろV-Trainに乗り込みますね~。


つづきまーす。


by yukiful-xmas | 2019-12-01 16:23 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ③栄州のランチはユッケビビンパ!

栄州に到着する前、

ちょっとしたアクシデントがありました。

キョンキョンとの待ち合わせは、栄州バスターミナルの手前のコットンサン(꽃동산)というバス停だったのですが、

気づかぬうちに通過してしまいました。(汗)

あとで運転手さんに尋ねたら、チケットを発券する際、行先がチケットにインプットされ、

乗る時にピッとやると、バスが停まるしくみになってるそうです。

私はバスターミナルまで買っていたし、コットンサンで降りる人が他にいなかったのでバスは停まらなかったのです。

長距離バスに乗る時は、私みたいなのは、

運転手さんに行き先を言っておいた方が無難ですね。105.png

a0140305_02214160.jpg
乗り過ごしたことがわかり、キョンキョンと彼女の友だちが、

バスターミナルまで私を拾いにきてくれました。

しょっぱなからご迷惑。

<m(__)m>


写真は「オンニ、おつかれさま~!」と言って、キョンキョンがくれた生のナツメ。

生で食べるのはいつぶりかなぁ? 

甘酸っぱくて美味しかったです。102.png



汾川駅に向かう前にまずは腹ごしらえ!

栄州在住のキョンキョンのお友だちが案内してくれたのは、
a0140305_02184367.jpg
フンブガ(흥부家)

ユッケの専門店です。

栄州といえば栄州韓牛! 牛肉は栄州の特産品の一つでしたね。
a0140305_02195233.jpg
それにしても、このお店すごいわ~。 ひっきりなしにお客さんが入っていきます。
a0140305_02194607.jpg
やっぱり満席!?
a0140305_03181206.jpg
奥のお席をなんとかゲット。

壁の有名人のサインの数が半端ない・・・
a0140305_02200247.jpg
メニューです。

迷うことなく、ユッケビビンバ(13000₩)のオーダーが自動的に入りました。(笑)
a0140305_02200878.jpg
パンチャンがすごいボリューム!
a0140305_03204762.jpg
左端のトラジがすごく美味しい。
a0140305_03205348.jpg
サラダにでてきたリンゴも栄州の特産品です。
a0140305_02405643.jpg
ワカメスープはスジ肉で出汁がとってあります。 濃厚で美味しい!
a0140305_02201111.jpg
や~~ん、ユッケがキレ~~♪

さすが韓牛の本家本元! 

味がまろやか!

私はまずユッケだけゆ~っくり味わって食べました。
a0140305_02202646.jpg
一方キョンキョンは酢コチュジャンをグルグルかけて、ガ――――ッと一気にかき混ぜました。

韓国人はこうだよね。104.png


栄州に寄ってよかったなぁ!101.png

と思えるランチでした。

174.pngフンブガ(흥부家)
慶尚北道 栄州市 大学路92 
(경상북도 영주시 대학로 92)
℡ 054-638-2094
営業時間 11:30~14:30 17:00~20:30
定休日 日曜日



by yukiful-xmas | 2019-11-30 10:37 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年9月復活の旅 ㉑「あんそら的大邱から行く慶尚北道の旅」慶州を徒歩で満喫

さて、これからは慶州の素晴らしい景色が続きます。

どの写真もボツにしがたく・・・105.png

写真が多いので、どんどんスクロールしていってください。

a0140305_22382118.jpg
繁華街に入りました。
a0140305_23565142.jpg
おお、このポスターは!!

そうそう、韓国ドラマ「本当に良い時代」は慶州が舞台でしたね。

イ・ソジンさん、けっこうファンです。113.png

でも、ドラマは脱落しちゃった・・・106.png
a0140305_22392562.jpg
ここ鳳凰路(ボンファンノ)は、日本統治時代には本町と呼ばれ、

とても栄えていたエリアです。

古いお店も多く、当時の面影が残っています。
a0140305_22405693.jpg
これは古墳の埋蔵物かな?

ところどころに観光客を楽しませてくれるオブジェがあります。
a0140305_00272241.jpg
鳳凰路(ボンファンノ)を抜けると古墳が現れました。

右を見ても、
a0140305_22393361.jpg
左を見ても、

古墳!

これぞ慶州!という景色ですね。

以前は車の中から見たけれど、歩く方がだんぜんおススメ!

古墳が迫ってくる迫力があります。
a0140305_22411199.jpg
そして、その先には古墳公園の大陵苑(대릉원)があります。

通りを挟んで、右が大陵苑、左が皇理団キル(カフェ通り)、

どっちも人気の観光スポットです。

どちらを通るのかなぁ?と思ったら、あんそらさんは迷わず大陵苑へ。
a0140305_00343764.jpg
やっぱりこっちが王道ですね!
a0140305_22464772.jpg
大陵苑(テヌンウォン)には古墳が23基ありますが、

唯一中に入れるのが天馬塚 (チョンマチョン / 천마총)。
a0140305_22470350.jpg
再現されたお墓や国宝級の埋蔵物(レプリカ)が展示してあります。

中がキレイに整備されていました。
a0140305_22481362.jpg
お喋りしながら公園の中をテクテク・・・

なんて気持ちがいいんでしょう!
a0140305_22482602.jpg
a0140305_22514988.jpg
a0140305_22540175.jpg
松林を抜けて・・・
a0140305_22532384.jpg
大陵苑(대릉원)の正門に出ました。
a0140305_22545993.jpg
このモニュメントの前の大通りを渡ると、
a0140305_01121700.jpg
ひろ~~い!!101.png
a0140305_22572981.jpg
ちょうど菊祭りが行われていました。

ここだけの話ですけど・・・

菊は本物だけど、ピンクや赤のお花は造花です。106.png
a0140305_23043851.jpg
瞻星台(チョムソンデ / 첨성대)

東洋最古の天文台です。(国宝第31号)

人が多くて写真がなかなか撮れません。 

粘りに粘って撮った一枚!


その奥の花団地には、色とりどりの花が咲いていました。
a0140305_23044692.jpg
桔梗に

a0140305_23045731.jpg
ひまわり

a0140305_00575494.jpg
これなんだ?
a0140305_00584880.jpg
ヤッホー!
a0140305_23075458.jpg
ピンクミューリー(핑크 뮬리)の畑も。

ピンクのススキと呼ばれています。

これ、ずっと見たかったんです!
a0140305_23101197.jpg
ホワホワっとしているようにみえますが、触るとツンツンしています。
a0140305_23141058.jpg
夕陽にはえて、ピンクが鮮やか~!
a0140305_23083571.jpg
慶州に来てよかった!
a0140305_23124853.jpg
a0140305_23153640.jpg
瞻星台(チョムソンデ / 첨성대)をあとにして、お夕飯を食べに向かいま~す。

a0140305_01345245.jpg
青いラインが歩いたコースです。



by yukiful-xmas | 2019-11-05 13:43 | 2019年9月大邱・蔚珍・慶州 | Comments(2)

2019年9月復活の旅 ⑳「あんそら的大邱から行く慶尚北道の旅」慶州邑城周辺

慶州駅から城東市場を抜け、しばらく行くと
a0140305_02233916.jpg
城壁が見えてきました。
a0140305_02225357.jpg
慶州邑城(경주읍성)

高麗時代(1012年)に築かれたお城です。

文禄の役やモンゴルに侵略などで崩壊、復元を繰り返し、

東側の城郭が一部残っているだけでしたが、

復元工事がすすめられています。

スカッとキレイになりましたね!


写真一枚目の芝生に並べられているのは、元の城壁に使われていた石、

やっぱり、新と旧では趣が違いますね。
a0140305_02244437.jpg
城壁の上をお散歩
a0140305_17404489.jpg
そしてここで

a0140305_02240114.jpg
一休み。102.png

あんそらさんによると、夜はライトアップされてとてもきれいなのだそうです。
a0140305_13435421.jpg
城壁から下を見下ろすと新しいカフェができています。

どんどん開発されて、このへんも第二の皇理団キルみたいになっちゃうのかな?

*皇理団キル・・・慶州で今人気のカフェ通り

a0140305_16024346.jpg
さー、次に行きましょう!
a0140305_03021046.jpg
旧山口病院

1938年、日帝時代にできた慶州初の洋風建築物です。

現在は警察署の所有になっています。
a0140305_16442118.jpg
その慶州警察署が斜め前。

a0140305_03035543.jpg
その先にあるのが、慶州文化院(경주문화원) 

郷土資料館になっています。
a0140305_14420317.jpg
見て行きたいところですが・・・ぴったんこカンカンの休館日。

月曜日はお休みですよ~!105.png

*もちろんあんそらさんはご存知でしたが、スケジュールの都合上仕方なかったようです。

174.png慶州文化院(경주문화원) 
慶尚北道 慶州市 中央路 67-12
(경북 경주시 중앙로 67-12)
℡ 054-743-7182
開館時間 10:00~17:00
休館日 月曜日

a0140305_03050198.jpg
塔がステキな慶州バプティスト教会の前を通って・・・

あんそらさんイチオシのカフェへ向かいます。
a0140305_03160566.jpg
イ・ジェウォンの菓子工房(ジェウォネクァジャコンバン/이재원의 과자공방)
a0140305_03172946.jpg
白い帽子がパティシエのイ・ジェウォンさん。

あんそらさんとはもうすっかり顔なじみのようです。
a0140305_16003255.jpg
う~~ん、悩む。。。

オーダーはあんそらさんにおまかせ!
a0140305_14520829.jpg
お店の向かいにイートインのスペースがあるので、

そちらでいただくことにしました。
a0140305_03175365.jpg
なかなか出てこないなぁと思っていたら・・・
a0140305_03063015.jpg
ヒャ~~~!113.png  

フルーツやパンケーキを大サービスしてくださいました。

みなさんが喜んでくださったら!と。

最初はお代もいらないとおっしゃったそうです。106.png


素材にこだわった無添加のケーキ!

スポンジも生クリームもまろやかで美味しい♪


「実はこのお店の営業日にあわせて、月曜日に慶州に来ることにしたの。」と。

あんそらさん惚れこんでますね~!102.png

181.pngイジェウォネクァジャコンバン(이재원의 과자공방)
慶尚北道 慶州市 鳳凰路 89
(경상북도 경주시 봉황로 89)
℡ 054-624-4124
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
a0140305_16034070.jpg
この味のある建物はミナ文房具(미나문방구)

桂林小学校の前で40年以上も続いている現役の文房具店です。

看板があったそうですが、3年前の台風で落ちてしまったとか。
a0140305_16090202.jpg
2013年に公開された映画「幸せを呼ぶミナの文房具店」の撮影が行われ、

有名になりました。

主人公の名前「ミナ」が店名になったんですね。

元の名前は桂林文具店です。

a0140305_03193416.jpg
よ~く見ると、ガラスやタイルなどひとつひとつがとても味があるんです。
a0140305_17184034.jpg
今ではもう作ることができない貴重な物もあるかな?と。
a0140305_03254425.jpg
中にはお菓子やおもちゃやいろんな物がありまして、

ベースが文房具、

かな? ^^;
a0140305_17251812.jpg
いろいろと話をしているうちに
a0140305_16201785.jpg
冷たいインスタントコーヒーをごちそうしてくれました。

何も買ってないのに・・・

コマウォヨ~!105.png
a0140305_16404027.jpg
記念写真も一緒に!


そらさんツアー、楽しい~!102.png

a0140305_17573697.jpg




by yukiful-xmas | 2019-11-04 03:36 | 2019年9月大邱・蔚珍・慶州 | Comments(2)

2019年9月復活の旅 ⑲「あんそら的大邱から行く慶尚北道の旅」慶州城東市場

一瞬ひやっとしましたが(笑)

ムグンファ1621号は慶州に向かって順調に走りだしました。

花本駅を出たのが12:08分、慶州までは1時間15分の列車の旅です。
a0140305_02101323.jpg
そうそう、電車の中でこんなことがありました。

ムグンファは座席が決まっているのですが、

メンバーの席に見知らぬハルモニが座っていたのです。(よくある話!)

あんそらさんが切符を見せて「ここはこの人の席なので譲っていただけませんか?」

と言ってみたのですが、いっこうに動こうとしません。
a0140305_02133606.jpg
(私たちが乗ったムグンファ号)

その様子を見ていた一人の青年が、ハルモニのところにやってきて、

「ハルモニ、ここはこの人の席ですよ。よかったら僕の隣にきて座りませんか?」

と言って、ハルモニの手をひいて自分の隣に座らせたのです。

不機嫌な顔をしていたハルモニも、今度は素直に青年のあとについて行きました。

う~~~ん!

日本にも良い青年はいっぱいいるけど、ここまではなかなかできないよね。

こんなところに韓国の良さを感じるんだなぁ。


あんそらさん、すかさず「たけのこの里」の小袋をお礼にあげてました。(笑)
a0140305_04060890.jpg
慶州駅に着きました!

慶州駅のホームが好きなんだなぁ。
a0140305_02134896.jpg
レトロな駅舎も 
a0140305_02582591.jpg
駅で慶州文化公社の2人の若いスタッフが、私たちを出迎えてくれました。

2人とも日本語が堪能で、これから半日、私たちをアテンドしてくれることになっています。
a0140305_03143653.jpg
まずは、駅の前の横断歩道を渡って・・・
a0140305_02152700.jpg
慶州城東市場(경주성동시장)へ。
a0140305_03181934.jpg
お買い物中の若いお坊さまを発見!

お寺の多い慶州らしい光景ですネ。

それにしても、美味しそうなものがいっぱい! 
a0140305_02192198.jpg
城東市場といえば、こぼうキンパ!

八田靖史さんがテレビ番組で紹介されてから、日本人の間でもすっかり有名になりました。

a0140305_03473443.jpg
一パック2本入りで5000₩
a0140305_04223719.jpg
立ったままパクパク・・・

ごぼうにしっかり甘辛い味がついているのでけっこう食べ応えがあります。

福岡に住んでいた頃に食べていた「きんぴらごぼう」をヒントにつくったのが始まりだそうですよ。

お店を開いて40年!

他にもごぼうキンパを出しているお店はありますが、このアジュンマが火付け役のようです。

a0140305_02171594.jpg
そしてこの市場でよく見かけるのが、タコ!
a0140305_04242687.jpg
以前来た時、どうしてこんなにタコが多いんだろう?と疑問に思っていたのですが、

八田さんの話を聞いて謎が解けました。

タコは祭祀用だそうです。
a0140305_04243592.jpg
こっちはイイダコ
a0140305_02182475.jpg
松茸も出ていました。

ああ、食べたいっ!
a0140305_04202786.jpg

キンパの他にも何か食べる予定でしたが、ごぼうキンパでお腹がいっぱい!

次に移動しま~す。


174.png慶州城東市場(경주성동시장)
慶尚北道 慶州市 源花路281番キル 11
(경상북도 경주시 원화로281번길 11)





by yukiful-xmas | 2019-11-03 11:05 | 2019年9月大邱・蔚珍・慶州 | Comments(0)

2019年9月復活の旅 ⑱「あんそら的大邱から行く慶尚北道の旅」想い出の学校と派出所

壁画を見ながら歩いて行くと、廃校になった中学校((旧・山城中学校)がありました。
a0140305_01203374.jpg
校門のところに「엄마아빠어릴적에」というプレートがみえます。

「お母さんお父さんが幼い頃に」という意味です。
a0140305_02073398.jpg
ここで入場料を払います。

中学生以上は一人2000₩、団体(20人以上)は1000₩。
a0140305_01032550.jpg
さぁ、入って行きますよ~!

校舎には1960~1970年代のものが展示してあって、

親世代の人たちが子どもの頃にタイムスリップできます。
a0140305_01591654.jpg
懐かしい~!
a0140305_02524323.jpg
足踏みオルガンや五つ玉のそろばん

黒板の上の国旗が日の丸になっても違和感がないかも。
a0140305_02050233.jpg
街の様子が再現してあったり
a0140305_02043516.jpg
裏庭にはお店屋さんや工芸などの体験館もあります。

週末には賑わうそうですよ。
a0140305_02121759.jpg
学校をブラブラ歩いていると童心にかえってしまいました。

楽しかったので、記念にネームプレート(500₩)を。

a0140305_02103931.jpg
学校を出て駅の方に戻りま~す。

とても静かな田舎街です。
a0140305_02101695.jpg
賑やかなのはこの御一行様!(笑)

電車の時間までもう少しあるので、今度は駅の反対側を歩いてみることにしました。
a0140305_02114059.jpg
 
警察署の前を歩いていると、小さな食堂のアジュンマが

私たちに何やら話しかけています。

???

「そこに行ってごらん!って言ってるみたい。」
a0140305_02130109.jpg
「軍威警察署山城支署 軍威郡想い出の派出所」

あんそらさんもここのことはご存知なかったので、

新しくできたのかな?
a0140305_02240697.jpg
入ってみると映画やドラマでみるような昔の警察署が再現されていました。
a0140305_02223615.jpg
a0140305_02224666.jpg
韓国の警察署の足跡をたどることができます。(韓国語が読めればね。^^;)
a0140305_02161141.jpg
牢屋にも入れるし、手錠もはめれるし、
a0140305_02170419.jpg
牢屋の中で用もたせます。106.png
a0140305_02212383.jpg
管理の人が誰もいらっしゃらなかったので、やりたい放題!(笑)
a0140305_02262404.jpg
花本駅に戻って電車を待ちながら撮影タイム

とにかく電車が一日に上り2本、下り2本しかないので乗り遅れては大変!

「電車が来たら教えてあげるから!」

と駅員さんが言うので
a0140305_03534043.jpg
ノンビリしていたら・・・
a0140305_02263787.jpg
ギャー!電車がきてる~!とあわててホームに。

ごめんごめんと追いかけてくる駅員さん。

こらっ!
a0140305_02273575.jpg
無事に乗れてホッとしたのは束の間。 

あわてて乗ったので・・・

「あれ? 反対車線にも電車がいる!!

こっちの電車でよかったかしら? もしかして反対方向に行く電車じゃ・・・」

と不安がるあんそらさん。


「もし、そうなら慶州はあきらめて栄州にいっちゃう?」

と無責任な私。


でも、この電車でOKでした。

めでたしめでたし。(笑)

a0140305_03483277.jpg
中学校も派出所も駅から数分、徒歩でらくらくまわれます。

174.png花本駅 (화본역)
慶尚北道 軍威郡 山城面 山城佳音路 711-9
(경상북도 군위군 산성면 산성가음로 711-9)
コネスト地図





by yukiful-xmas | 2019-11-02 10:38 | 2019年9月大邱・蔚珍・慶州 | Comments(0)

2019年9月復活の旅 ⑱「あんそら的大邱から行く慶尚北道の旅」花本駅(화본역)

永川駅で中央線のムグンファ1622号に乗り換え、電車に揺られること30分!
a0140305_01044881.jpg
花本駅(ファボンヨッ/화본역)に着きました。 
a0140305_01054063.jpg
わ~っ、ステキ!

韓国の中で最も美しいといわれている簡易駅です。
a0140305_01062795.jpg
早く入りたいなぁと思っていたら「こっちですよ~!」とあんそらさんが駅とは反対方向へ

歩き始めました。

「駅の前に、給水塔を見てくださいね!」

a0140305_01075559.jpg
キャ~、これもステキ!

蒸気機関車に補給する水をためる給水塔で、1936年に造られたものです。

韓国の古い駅には、このような給水塔がわずかながら残っていますね。

若い頃ならふ~ん!と思ったかもしれませんが、

こういうものにロマンを感じるようになってきました。
a0140305_01083284.jpg
中はキレイに整備されていて・・・
a0140305_02000614.jpg
馬かなぁ? 頭は龍?
a0140305_01085925.jpg
天井を見上げてみました。 高さは25mもあります。
a0140305_01094008.jpg
このかわいい後姿は・・・
a0140305_01113352.jpg
この子!101.png


さあ、もう一度線路を渡って駅に向かいます。
a0140305_01443255.jpg
線路はつづくよどこまでも~♪ と写真をパシャパシャ。

危ない!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

大丈夫! めったに電車は来ませんから!102.png
a0140305_01071787.jpg
それにしてもいい時に来たなぁ、コスモスが満開です!
a0140305_01231094.jpg
花本駅に入りま~す。 

1938年に開かれた駅で、韓国鉄道公社(KORAIL)によって鉄道文化財に指定されています。

それでかぁ? 

車で来た人は、駅に入るのに入場料(1000₩)がかかります。^^;
a0140305_01130186.jpg
昔の写真や駅員さんの帽子の展示
a0140305_01131559.jpg
切符売場

左の時刻表を見てもわかるように、電車は1日に4本だけです。
a0140305_01162746.jpg
駅の反対側の広場に出て見ました。

なんて立派な柳の木!

小さな食堂やお店が数軒あるだけで本当にのどかです。
a0140305_01155974.jpg
あんそらさんの話では、花本駅はあと3年で廃駅になってしまうそうです。

でも、この駅舎はいつまでも残っていて欲しいなぁ。

174.png花本駅(화본역)
慶尚北道 軍威郡 山城面 山城佳音路 711-9
(경상북도 군위군 산성면 산성가음로 711-9)


帰りの電車が来るまでまだ1時間以上あるので、駅の周辺を散策することになりました。

駅の前のメインストリートを左手の方に進むと・・・
a0140305_01165242.jpg
壁画が見えてきました。
a0140305_01235839.jpg
花本駅のある軍威郡は、「三国遺事」という歴史書が書かれた場所として有名で、
a0140305_03321438.jpg
それに関連した絵が描かれています。
a0140305_03332842.jpg
a0140305_01185020.jpg
定番の天使の羽根もありました。

自転車バージョン!

あんそらさん(カワイイ~♪👆)のツアーはまだまだ続きまーす。



by yukiful-xmas | 2019-11-01 10:41 | 2019年9月大邱・蔚珍・慶州 | Comments(2)