Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:忠清道 ( 40 ) タグの人気記事

こんにちは!忠清道 ㊴扶余編 百済窯(백제요)

扶余を去る前、「百済窯」という工房にお邪魔しました。
a0140305_02564093.jpg
ここでは遺蹟から出土した百済時代の土器を再現したものを作っています。

1500年前の土器は、材料は粘土、うわぐずりは塗っていないそうです。
a0140305_03134204.jpg
工房では職人さんがろくろを回しておられました。
a0140305_02115334.jpg
みんながじ~っと見てるから、緊張されたかも・・・105.png
a0140305_02095644.jpg
メンバーがろくろに挑戦!

いや~、なかなか難しそう。 このあと一瞬でぺちゃっと。105.png
a0140305_02133829.jpg
できたものは40日間乾かします。
a0140305_02175343.jpg
登り窯も見せてもらうことになりました。
a0140305_03134949.jpg
ちょうど火入れの最中でした。
a0140305_02212804.jpg
窯の温度は最高で1500℃、少しずつ薪をくべていくそうです。

長いものは10日くらい焼くのだとか。

寝ずの作業になるのでしょうね。
a0140305_02223984.jpg
販売所にもお邪魔しました。

a0140305_03140916.jpg
この黒が百済の色。

長期間乾燥させて窯に入れると、深みのある黒が出るのだそうです。
a0140305_02333763.jpg
目ぼしいものはないかと店内を物色!
a0140305_02365550.jpg
百済時代のお人形、愛らしいですね。
a0140305_02313984.jpg
あ、博物館でみた男性用のオマルだ!(笑)

まさか、本当にこれで用を足すわけじゃないよね~。106.png

ディスプレイ用かな? 扶余のお店にはよく飾ってあります。
a0140305_02335946.jpg
これはカラカラと音の鳴るグラス。

(25000₩ だったと思います。^^;)

中のお酒がなくなったら音がでるそうで、これを鳴らしておかわりをたのむんですって。

どんな音がするのでしょう?
a0140305_03394686.jpg
セバに買ってかえろうかと悩みましたが・・・

お酒が空になくなるたびに呼ばれるのは面倒なのでやめました。105.png



ここでは土器作りの体験もできます。

(個人20000₩、団体11000₩、所要時間120~150分)

takatoroちゃんが体験してました~!👇

百済の土器は日本に伝わり、備前焼きができたそうです。

そういえば、風合いが似てますよね。
a0140305_00332919.jpg
これはネットから備前焼のお写真をお借りしました。

ほらね、くりそつ~!154.png

174.png百済窯(ペッチェヨ/백제요)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 三忠路 99
(충청남도 부여군 부여읍 삼충로 99)
℡  041-836-0300
HP





扶余のレポはこれで終わりです。

(やっと終わった~♪106.png

最後は忠清道から全羅北道の益山に行きまーす。101.png



by yukiful-xmas | 2017-12-15 14:55 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㊳扶余編 扶余のグルメ

今回は扶余のグルメをご紹介します。

FAMツアーって、現地の方がお店を厳選して連れてってくださるので、

どのお店も美味しいのです。

扶余に行かれる方の参考になれば!

まずは・・・
a0140305_23422327.jpg
エントランスがチカチカしてます!(笑) 

ここはいったい何なんだ~?と入って行くと・・・
a0140305_23423180.jpg
レストランのオーナーさん所有の博物館(百済園/백제원)でした。

膨大な数のコレクションで、見て回るのに20分くらいかかったかなぁ?

早くご飯が食べたいよ~!(心の叫び)
a0140305_02494530.jpg
百済宮 水刺間(ペクチェクン スラカン)

博物館の隣にあります。
a0140305_02505028.jpg
いただいたのは百済宮三食定食18000₩(オーダーは2人~)

メインはプルコギです。
a0140305_02513281.jpg
そしてカラフルな三食ご飯のビビンバ。

食事も美味しかったのですが、骨董品の記憶が強く残っています。^^;

174.png百済宮 水刺間(백제궁 수라간)
忠清南道 扶余郡 窺岩面 百済門路 555
(충청남도 부여군 규암면 백제문로 555)
℡ 041-837-1255
営業時間 10:30~20:30
年中無休 *祝日休業はHPでご確認ください。



2軒目は・・・
a0140305_00280768.jpg
郷友亭(ヒャンウジョン/향우정)
a0140305_00285993.jpg
入ってすぐの冷蔵庫には、栗や蓮の葉のマッコリがズラリ!
a0140305_02572550.jpg
いろんな有名人が来てますね~。
a0140305_03154469.jpg
メインはプルコギ。定評があるみたいです。

歩き回った後なので、プルコギの甘さが身体に嬉しい~♪
a0140305_02583122.jpg
そしてポッサムも。
a0140305_03032926.jpg
こういうお料理はみんなで食べるとさらに美味しいですね~♪

こちらのお店は要予約になっていますので、ご注意くださいね!

174.pngヒャンウジョン(향우정)
忠清南道扶余郡扶余邑ナルト路33
(충남 부여군 부여읍 나루터로 33)
℡ 041-835-0085
営業時間 月~金 10:00~22:00


そして3軒目

宮南池の近くにあります。
a0140305_03091251.jpg
うふ、カワイイ~♥ 
a0140305_03170559.jpg
ドーム型の天井になっています。

窓から蓮の畑が見えるんです。
a0140305_00535656.jpg
メニューです。
a0140305_00584546.jpg
蓮の葉ご飯13000₩(オーダーは2人分から)

高麗人参の天ぷら、焼きサバに香りのいい鴨もついてて、とっても豪華!
a0140305_01011424.jpg
蓮の葉ご飯は、あちあち言いながら、葉っぱをひらく瞬間が楽しいのです。

蓮の香りがプ~ンとして、もちもちしたご飯の美味しいことといったら・・・
a0140305_03110542.jpg
蓮の葉のマッコリもいただきました。

器がステキでしょう? (売店で売ってました。)
a0140305_03100904.jpg
お店の向こうには蓮の畑が広がっていて

お庭でくつろいでおられる方もいらっしゃいました。

ここはぜひ再訪したい!

174.png 蓮花イヤギ(연꽃이야기)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 軍守里 351-5
충청남도 부여군 부여읍 군수리 351-5
営業時間 11:45 ~ 20:00
年中無休


お店の名前をクリックしたらコネスト地図にとびま〜す。

だいたいの場所は👇の地図で。

a0140305_01292242.jpg


by yukiful-xmas | 2017-12-15 00:42 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㊲扶余編 扶蘇山城(プソサンソン/부소산성)

扶余の最後は・・・

扶蘇山城(プソサンソン/부소산성)

ここも世界遺産「百済歴史遺跡地区」の一つ。

扶余観光では、はずすことができない場所です。
a0140305_21230130.jpg
扶蘇山城(プソサンソン)は王宮の後ろに築かれた山城で、

百済が滅亡する際、多くの人が逃げ込み、最後の砦となったところです。

百済を知る貴重な資料が発掘されて、歴史をたどるお散歩道になっています。
a0140305_23281749.jpg
扶蘇山城に入るルートは2つあります。

1つは遊覧船で白馬江を渡り、北側から入る方法。
a0140305_23334419.jpg
この船に乗ります。(往復6000₩、片道4000₩)

普通の船もありますが、せっかくなら王様の船の方が。

お天気のいい日はとても気持ちがいいのです。
a0140305_23355833.jpg
もう一つは南側から歩くルート。
a0140305_23412536.jpg
2回目のツアーの時、歩いて登ると聞いて、正直「船がよかった~」と思いましたが・・・

歩いてよかった!101.png

・・・というか、歩く方が断然おススメ!
a0140305_23455408.jpg
なんてキレイ!113.png

最高の日に来ちゃったかも!
a0140305_23593262.jpg
そして解説士のおがやさんが再びガイドに来てくださいました。

もう、すっかり彼女の大ファンです。

では、扶蘇山城に入っていきまーす。
a0140305_00035398.jpg
三忠祠(サムチュンサ)
a0140305_00054283.jpg
義慈王時代の三大忠臣、成忠(ソンチュン)、興首(フンス)、階伯(ケベク)が祀られています。

歴史ドラマにも登場する有名な方たちです。

でも、王様に忠誠を尽くすも、悲運な最期をとげています。
a0140305_00113081.jpg
しばらくはなだらかな道が続き、お散歩するのにピッタリ!

空気が澄んで清々しい~♪
a0140305_00164925.jpg
突然「これが土城ですよ~!」 

え? これが? 146.png 確かに土が盛り上がってますが・・・

言われないとわかんない。105.png
a0140305_00202447.jpg
竪穴建物址資料館
a0140305_00231274.jpg
百済の竪穴住居は、地面を掘り下げて造ってあるのが特徴です。

兵営として使用されていたもので、3ヶ所で発見されています。
a0140305_00255386.jpg
半月楼(パノルル)
a0140305_00323668.jpg
ここからは白馬江や扶余の町を一望に見渡せます。
a0140305_00590828.jpg
みんなで記念撮影。 ニコニコ笑って写ってますが・・・

ここが悲劇の場所、落花石(ナッカアム)です。
a0140305_01232799.jpg
新羅と唐の連合軍に追われ、逃げ込んだ百済の女官たちが、ここから次々に身を投げました。

敵から屈辱を受けながら生きのびるより、死という選択肢を選んだのです。

その数なんと3000人!

a0140305_01055026.jpg
女官が飛び込む姿が、ヒラヒラと舞い落ちる花のようだったから「落花石」と呼ばれています。(船の上から撮影)

でも、女官だけで3000人もいるはずがなく、一般人も入っていたのでは?

と説明がありました。
a0140305_00374514.jpg
百花亭(ペッカジョン)

亡くなった女官を追慕するために立てられた東屋です。



落花岩からぐぐぐ~っと階段を降りて・・・
a0140305_01284352.jpg
皐蘭寺(ゴランサ)へ

ここで有名なのが・・・
a0140305_01441001.jpg
裏手の岩の隙間から湧き出る薬水、皐蘭(ゴラン)水。

一杯飲むと3歳若返るらしいので、ゴクゴク飲みます。

あんまり美味しくないけどね~。105.png
a0140305_01453505.jpg
そして、岩場に咲くめずらしい皐蘭草(コランチョ)

古くから薬草として珍重されています。

a0140305_01553218.jpg
せっかく来たので一発鐘もついてきました。(笑)
a0140305_01572585.jpg
帰りは王様の遊覧船に乗りましたが・・・

週末なのですごい混雑。106.png
a0140305_01592132.jpg
すごくのどかな光景ですが・・・

ここは教科書にも登場する「白村江(はくすきえ)の戦い」があった場所です。

663年に百済を復興させるための最後の戦いで、

これには2万7千人の日本兵が百済を救うために参戦しています。

この時代だから海を渡るのも手漕ぎの船ですよね?

想像を絶するなぁ。

とにもかくにも、日本と百済は深い関わりがあることがよ~くわかりました。

見どころがいっぱいの扶余。

奥が深いぞ!

174.png扶蘇山城(プソサンソン/부소산성)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 官北里 山1
(충청남도 부여군 부여읍 관북리 산1)
忠清南道 扶余郡 扶蘇路 31
(충청남도 부여군 부소로 31)
℡ 041-830-2888(正門券売所)
日本語ガイド(要予約)041-830-2330(日本語可)


by yukiful-xmas | 2017-12-14 09:55 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㊱扶余編 百済文化団地

「百済」を知るには、ここに行くとよ~くわかるかもしれません。

百済文化団地(백제문화단지)

百済の文化を世界に広めるために、2010年歴史テーマパークがオープンしました。

6000億₩の費用を投じ、17年の歳月をかけたっていうからスゴイ!146.png
a0140305_15061805.jpg
場所はロッテ扶余リゾートのすぐ目の前。(奥の建物がロッテ)
a0140305_15501815.jpg
案内図です。

内部はいくつかのブロックに分かれて百済が再現されています。

①歴史文化館 ②泗沘城(百済の王宮) ➂陵寺(百済の古典的寺院) ④古墳公園 

⑤済香楼(展望台)⑥生活文化村 ⑦慰礼城(開国初期の宮城)

全部見て回るには半日かかりそう。105.png
a0140305_15213233.jpg
百済歴史文化館は歴史専門の博物館です。

ここは今回パスでした~!
a0140305_15090128.jpg
百済といえば、なんといっても王宮でしょう!

百済が絶頂期だった頃の「泗沘(サビ)宮」が現れました。
a0140305_15095264.jpg
ひろ~~~っ!150.png
a0140305_15103629.jpg
てくてく歩いて天政門に進みます。

お天気で良かったー♪
a0140305_15105747.jpg
門をくぐるとそこは王宮。

時代劇の世界です。

正面の天政殿(チョンジョンジョン)は王宮内で最も重要な建物です。
a0140305_01090118.jpg
どこからともなく現れた解説士さんのお話によると、

瓦屋根の両端のクルっとした部分は、空高く飛ぶ鳥のしっぽを表し

王様や仏様の建物につけるものだそうです。
a0140305_16184583.jpg
足元には龍の柄のタイル。
a0140305_00591031.jpg
お値段を言うのもなんですが、^^;

1枚25000₩もするんですって! 龍は2000匹います! タイルだけでいくらだっけ?
a0140305_15173880.jpg
天政殿の王座

これもドラマでよく見る光景ですね。

王様の即位式や重要な国家儀式が行われていた場所です。
a0140305_16211519.jpg
天井には鳳凰、がいるはずなんですが・・・^^;
a0140305_15181787.jpg
王様のお召し物も数点飾ってありました。

豪華に見えますが、普段着なんですって。
a0140305_01192901.jpg
東側の東宮正殿

王様や重臣が執務を行った場所です。
a0140305_15184218.jpg
a0140305_15193328.jpg
宮殿の奥には陵寺(ヌンサ)というお寺も再現されています。

でも、残念ながらここでタイムアウト!106.png
a0140305_15303176.jpg
広々として気持ち良かった~!
a0140305_01314995.jpg
そうそう、ここではドラマのロケもたくさん行われています。

写真はイ・ジュンギとIU主演の韓・中ドラマ「歩歩驚心:麗」の一場面

他にも「ランニングマン」「階伯(ケベク)」「六龍が飛ぶ」なども撮影されていますよ。

174.png百済文化団地(백제문화단지)
忠清南道 扶余郡 窺岩面 百済門路374
충청남도 부여군 규암면 백제문로 374
℡ 百済文化団地管理事業所 041-635-7740
休業日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、1月1日
利用時間 3月~10月 9:00~18:00(入場17:00まで)
    11月~2月 9:00~17:00(入場16:00まで)
観覧料 大人 4000ウォン (百済歴史文化館を含む)
HP


by yukiful-xmas | 2017-12-13 00:27 | 2017年10月忠清道 | Comments(2)

こんにちは!忠清道 ㉟扶余編 ロッテ扶余リゾート

扶余のお宿のご紹介でーす。

1回目も2回目も・・・
a0140305_00414390.jpg
ロッテ扶余リゾート

ロッテは初めて! 嬉しい~♪

重厚な木とカラフルなタイル造り、こんなオシャレなロッテは初めてみました。
a0140305_00435288.jpg
入口のロータリー

「百済」をイメージしているようですね。
a0140305_00440158.jpg
木の廊下を通って中に入ります。

ワクワク♪
a0140305_00440798.jpg
フロント
a0140305_00443726.jpg
ワンフロアーはこんな造りになっていて・・・
a0140305_00443158.jpg
廊下はゆるやかなカーブを描いています。
a0140305_00484596.jpg
1回目のFAMのお部屋はこちら!👆

スジョンちゃんとシェアしました。

ドアを開けると・・・
a0140305_00444546.jpg
ワォ~~ッ! ホテルというよりマンションみたい!

なんとスウィートのお部屋でございます。113.png
a0140305_00503081.jpg
入ってすぐのオンドルのお部屋

スジョンちゃんが「私ここでいいよ~」と言ってくれたので、お言葉に甘えました。

窓のないお部屋は苦手なので助かった!^^;
a0140305_00510804.jpg
その奥にキッチン&ダイニング
a0140305_00492309.jpg
その奥のリビングルーム

でも、ここで過ごす時間はほとんどなく・・・

もったいないネ!105.png
a0140305_00500824.jpg
リビングの横の洋室を私が使わせていただきました。 
a0140305_00501700.jpg
それぞれのお部屋にトイレとシャワーがついています。

バスタブはありません。
a0140305_00493606.jpg
ベランダからはゴルフ場が見えます。

緑がいっぱいなので清々しく、夜は鳥がホーホーと鳴いていました。



そして2回目は、コンドミニアムタイプ、ファミリー向けのお部屋です。

ベッドが2つにオンドルのお部屋が1つ。

それを4人でシェアすることになりました。

ここは公平にジャンケンポン! で、一番最初に負けちゃった。103.png
a0140305_00520915.jpg
窓側のベッドのお部屋。
a0140305_00523538.jpg
入ってすぐのオンドルのお部屋。

ここにお布団を2つ敷くのはちょっと狭いなぁ。
a0140305_00554652.jpg
なので、2つの部屋の間のダイニングスペースに布団を敷いて寝ることにしました。 

冷蔵庫の横ネ。^^;

 中にはミネラルウォーターが数本。
a0140305_00560963.jpg
玄関にミニキッチン、その奥にシャワーとトイレ(写真撮り忘れ ^^;)

洗面所を4人で使うのは、朝はちょっと混み合います。

あとで聞いたら、この日は「ウォーキングフェスタin百済」というイベントが開催されるため、

お部屋がとれなかったそうです。119.png それで4人・・・


それから、ロッテ扶余リゾートは敷地も広く、お店や食堂も周りにはなかったような・・・

なので、一旦ホテルに入ったら、ホテルの中で過ごすことになると思います。

そのかわりに、地下が充実!!
a0140305_00563612.jpg
ゲームセンター
a0140305_00564512.jpg
セブンイレブンがあるのは助かる~!
a0140305_00570355.jpg
キャンディ屋さん
a0140305_00573638.jpg
チキン屋さん
a0140305_01170366.jpg
ホテルなのに料金は街中のお店とトントンくらい。
a0140305_01250117.jpg
フライドチキン山盛りで17000₩也!
a0140305_01260114.jpg
夜は遅くまでチメクで盛り上がりました!

酔っぱらってもすぐにベッドに行けるのは嬉しい~♪
a0140305_01015539.jpg
朝食はお楽しみのバイキング、大人15000₩です。
a0140305_01350117.jpg
さすがロッテ! 品数も豊富で充実してますネ。
a0140305_01355006.jpg
キムチも各種取り揃ってるし
a0140305_01365015.jpg
お粥や汁物が充実しているのは嬉しい。

でも、ここだけの話、カレーはイマイチ!105.png
a0140305_01373119.jpg
卵は焼きたてがいただけます。
a0140305_01060617.jpg
おでんもある~!
a0140305_01390174.jpg
お庭を見ながら朝から優雅に!110.png
a0140305_01565679.jpg
また、フロントにはスマホの充電器
a0140305_02001900.jpg
売店も、陶器や民芸品が充実してました。
a0140305_01042449.jpg
客室数322。

ゴルフ場、遊園地、アウトレット、百済の街を再現した「百済文化団地」が隣接していて、

ロッテの周りだけで1日過ごせそう。

a0140305_01034435.jpg
そして、これだけ豪華なのに、ホテルの予約サイトで料金をみたら意外に安いんです。

私がみた予約サイトでは👆のお部屋が17000~23000円。
a0140305_01570450.jpg
ただ・・・

なかなか予約がとれないようです。119.png

宿泊をお考えの方は、かなり早めの予約を!


174.pngロッテ扶余リゾート(롯데부여리조트)
忠清南道 扶余郡 窺岩面 百済門路 400
(충청남도 부여군 규암면 백제문로 400)
℡ 041-939-1000



by yukiful-xmas | 2017-12-12 01:01 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㉞扶余編 宮南池(궁남지)

蓮のお茶を飲んだ後は、近くにある宮南池(クンナムチ/궁남지)へ。
a0140305_01500195.jpg
宮南池はその名の通り王側に造られたで、韓国最古の人工池です。

この池を造ったのは百済第30代の武王(ムワン)。

韓国ドラマ「薯童謠(ソドンヨ)」のモデルとなった人です。
a0140305_01504853.jpg
蓮の畑は枯れていますが・・・
a0140305_02043155.jpg
枯れた蓮池もいいなぁ。
a0140305_02004198.jpg
種類が違うのでしょうか? ポツポツと咲いてるお花もありました。
a0140305_02011150.jpg
菊祭りが始まるのがこの翌日からと聞いて、ガッカリしていたのですが、

もうお祭りの準備は整っていて、数えきれないくらいの菊の花が飾られていました。

ヤタッ!
a0140305_04121148.jpg
a0140305_02015076.jpg
a0140305_02012630.jpg
昼間見たばかりの菊の定林寺五層石塔。
a0140305_04262747.jpg
あまりのかわいさに、おもわずパチリ!
a0140305_02020680.jpg
だんだん日が暮れてきました。

宮南池は夕暮れが美しいと聞いていましたが、ほんとだぁ!
a0140305_02022977.jpg
ライトアップも始まりましたよ!
a0140305_02025824.jpg
宮南池には「王と王妃が池に船を浮かべて楽しんだ」という話も伝わっています。

なんてロマンチック!
a0140305_02114211.jpg
池の中央ある抱龍亭という東屋
a0140305_02091338.jpg
あまりの美しさにうっとりでした。

みなさん、サランヘ~


174.png宮南池(クンナムチ/궁남지)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 宮南路52
충청남도 부여군 부여읍 궁남로 52
年中無休
扶余市外バスターミナルから徒歩約10~15分

蓮の花が満開となる7月には「扶余薯童蓮祭り」も行われています。
ただしお花を見る時は、午後2時までに行ってくださいね~。
咲いていた蓮の花が閉じちゃいます。105.png
a0140305_04471753.jpg



by yukiful-xmas | 2017-12-09 15:31 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㉝扶余編 百済香の蓮花茶

遺跡巡りが続いたので、ここらでちょっと一休み。
a0140305_01313146.jpg
百済香(ペクチェヒャン/백제향)

扶余は蓮を使ったお菓子やお料理が有名なんですが、

ここでは蓮花茶(연꽃차)がいただけます。

うわ~~い、飲んでみたかった!

以前飲んだことがあるのですが、あまり香りがなく・・・^^;
a0140305_01314375.jpg
店内はアンティークなインテリア

奥に屋根が見えるのは・・・
a0140305_01320731.jpg
なんと井戸でした。150.png

ここで汲んだお水が使われているのかなぁ?



2階のお席に通されまして・・・
a0140305_01323036.jpg
デカッ!

40~50cmもあろうかという大輪の花のお茶が出てきました。

肥料を使っていない蓮を、花が開く前に摘んで冷凍保存してあるそうです。

蓮の花が咲くのは夏ですからね。

お湯をそそぐとパ~~~ッと花が開くそうですが、

もう満開に咲いていました。^^;

できればそこを見たかった!
a0140305_01331693.jpg
それを片口の陶器についで
a0140305_01333798.jpg
湯呑にそそいでいただきます。
a0140305_02440108.jpg
フワ~~~っと香りがひろがりました。

花の甘さと青々しさと・・・神秘的な香りです。 言葉ではうまく表現できな~い!

昔、貴族が飲んでいたお茶なので、しいていえば高貴な香り?


蓮花茶にはデトックス、老化防止、それに精神を整える作用があるそうです。
a0140305_02515573.jpg
蓮の花の形をした蓮花パンもいただきました。
a0140305_01340698.jpg
蓮の花と葉を煮出した汁に葉の粉末ともち米粉、小麦粉を混ぜて作られているので、

生地が緑色をしています。

おいしい!とパクパク食べていたら、サービスしてくださいました。うふっ!102.png


料金は上の大きな器で3人分15000₩、蓮花パンがついてきます。

一人分で5000₩もあります。

蓮花パンは12個で11000₩、20個で20000₩です。(賞味期限は4日間)

とても珍しいお茶とお菓子なので、扶余に行ったらぜひ召し上がってみてくださいネ!101.png

174.png百済香(백제향)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 泗沘路30番キル 17
충청남도 부여군 부여읍 사비로30번길 17
℡ 041-837-0110
営業時間 11:00~21:00
年中無休


by yukiful-xmas | 2017-12-09 09:38 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㉜扶余編 定林寺址

世界遺産 百済歴史遺跡地区の3つ目は・・・

百済の重要な寺院の址、

定林寺址(ジョンリムサジ/정림사지)

です。
a0140305_01125255.jpg
中国から伝わった仏教は、百済の時代に発展し、

扶余にはたくさんのお寺が建てられました。

その中でも街の中心部にある「定林寺」は、とても重要な寺院でした。
a0140305_01132539.jpg
これは定林寺址博物館にある定林寺の模型です。

発掘調査を元に1/12の大きさで再現されています。
a0140305_01142416.jpg
門の奥を覗くと五層石塔(오층석탑)が見えますネ。
a0140305_01333726.jpg
これが本物。

百済が滅びる時、扶余の街は延々7日間も燃え続け、石塔だけが残りました。

a0140305_01344079.jpg
すすけたように見えるのは、戦火の痕かなぁ?

大きな水害の時も、ここは高台になっているので、水に浸かることはなかったそうです。
a0140305_01351483.jpg
石に文字が彫ってあるのが見えますか?

これは、百済に勝った唐と新羅の連合軍の唐の大将が

勝利の言葉を残したものです。

つるもとさん曰く「唐の自慢が書いてあります!」105.png
a0140305_02543200.jpg
(博物館の資料)

肉眼では大きな文字しか見えませんが、もっといろいろ書いてあるんですね~。

この文献から当時の百済の人口が620万人だとわかったそうです。

なぬっ? 百済人ってそんなにいたのか~!!147.png
a0140305_01393556.jpg
石塔の比率の解説図

均等のとれた八頭身をしています。

ちなみに調べたのは日本人だそうな・・・
a0140305_03505174.jpg
この石塔は、百済の華やかな時代と滅んでいくさまをじっと見てきたのですね。



石塔のちょっと先には・・・
a0140305_01391304.jpg
定林寺址石仏坐像(정림사지석불좌상)

高麗時代に造られたものです。

ユーモラスなお顔立ちで、うす笑いを浮かべたような・・・
a0140305_01391993.jpg
でね~、この方絶壁ちゃんなの。

こらっ! 絶壁って言うなー!

と言ってるように見えるのは私だけ? ^^;

174.png定林寺址(정림사지)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 定林路83
(충청남도 부여군 부여읍 정림로 83)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 東南里379
(충청남도 부여군 부여읍 동남리 379 )
観光案内所 +82-41-830-2330

定林寺址博物館
℡ 041-832-2721
利用時間 夏季(3月~10月)9:00~18:00
    冬季(11月~2月)9:00~17:00
入場料 大人1,500ウォン
休館日 1月1日、旧正月、秋夕

by yukiful-xmas | 2017-12-08 09:23 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㉛扶余編 国立扶余博物館

扶余で最も印象に残っているのは、二人の日本人の解説士さんです。
a0140305_01411008.jpg
つるもと しおりさん
a0140305_01413543.jpg
おがや まさこさん

このお二人の解説がめちゃんこおもしろい~

どんどん話にひきこまれちゃいました。

*お二人への解説の依頼は、扶余郡庁の文化観光課か案内所にお問い合わせくださいませ。
   文化観光課  041-830-2255   
総合案内所  041-830-2880

a0140305_23545230.jpg
国立扶余博物館 (クンニップヨパンムルグァン / 국립부여박물관)では

1回目がおがやさん、2回目はつるもとさんが解説をしてくださいました。
a0140305_01555928.jpg
ロビーにデーーーンと鎮座している石槽の横を通って展示室に入ります。
a0140305_01471868.jpg
展示室は4つのコーナーに分かれています。

国宝級のものは第2展示室にあるので、初めての方はここから見るといいと思います。

まずはこれ、これは絶対見なくちゃです!👇
a0140305_02352266.jpg
国宝287号 百済金銅大香炉

香炉とは香を焚いて悪い気運をなくすための道具です。

高さ61.8cm、重さ11.85kg、真ん中部分に煙のでる12個の穴が開いています。

陵山里寺址の泥水の中からこの香炉が見つかったのは24年前、

1400年間も土の中で眠っていたのに完全な姿で見つかったのは奇跡です。
a0140305_02355010.jpg
「よ~く見るといろんな動物がいるんですよ!」

てっぺんには天から舞い降りた鳳凰、その下に楽器をもった五楽士、

動物や想像上の生き物もいます。

「翼のある魚がいるのがわかりますか~?」

どこ? どこ? どこ?
a0140305_02542921.jpg
そして台部には天に上ろうとする龍がいます。

この足の部分は、レプリカを作ろうとしても足が全部ついてしまって、

100%復元することができないそうです。

百済の技術のすごさですね。

a0140305_03100682.jpg
国宝288 百済昌王銘石造舎利龕

仏舎利を入れるものですが、中の舎利は盗難にあってありません。
a0140305_03510892.jpg
でも、これによって陵山里寺址の創健年度が明確になりました。
a0140305_03084866.jpg
ネックレス
a0140305_03083587.jpg
これはオマルですね~。

どっちが男性用か? わかりますよね!
a0140305_03243214.jpg
とにかく32000点の遺物があって1200点あまり展示してあるので、

時間がいくらあっても足りません。

a0140305_03105963.jpg
a0140305_03091422.jpg
a0140305_03374222.jpg
第3展示室
a0140305_03383465.jpg
a0140305_03115006.jpg
 金銅観音菩薩立像

なんと
a0140305_03092392.jpg
2回目に行った時には出張中でした。

こんなこともあるんだね。105.png


174.png国立扶余博物館 국립부여박물관
忠清南道 扶余郡 扶余邑 東南里 山16-1
(충청남도 부여군 부여읍 동남리 산16-1)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 金城路 5
(충청남도 부여군 부여읍 금성로 5)
℡ 041-833-8562~3
利用時間 平日10:00~18:00/土日・祝日10:00~19:00
夜間開場 4月~10月の土曜日21:00まで開館
文化のある日 毎月最終水曜日21:00まで開館
休館日 月曜、1月1日、旧正月・秋夕

by yukiful-xmas | 2017-12-07 10:04 | 2017年10月忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ㉚扶余編 羅漢(ナソン)

陵山里古墳群の周りには、もうひとつの世界遺産

羅城(ナソン/나성)があります。
a0140305_03504858.jpg
向こう側の盛り上がった部分が羅城です。

羅城は首都を守るために築かれた外郭で、首都の中と外を分ける境界にもなっていました。

私が立っている場所、陵山里古墳郡も首都の外側になります。

これは「京外埋葬」という原理に基づいているそうで、

王族のお墓はあえて都の外に造ったようです。



公州に都があった時は、川や山などの自然環境を利用して防衛体制を固めていましたが、

扶余の時代になってはじめてこのような新たな防衛施設(城郭)が造られました。

a0140305_01440748.jpg
白い点々が羅城です。

(推定約8.4㎞、現在確認されているのは約6㎞)

熊津(公州)から泗沘(扶余)に都が遷った538年ごろに造られたとみられています。

半月型に造られていて、錦江(川)も敵から都を守る役目をしています。

羅城と錦江(川)に囲まれた部分が首都で、

この中に宮殿、寺院、官庁、民家などが建っていました。
a0140305_01435773.jpg
百済は中国から伝わった高度な技術でこの城郭を造りました。

そしてその後、その技術が日本にも伝わっています。


と、固い話が続いたので、ここらでちょっと息抜きを!102.png

百済から日本に伝わったという城郭が、うちから車で40分くらいのところにあるとわかり

見に行って来ました~!
a0140305_02592693.jpg
水城(みずき)という城郭です。

これねー、なんで百済式の城郭が福岡に造られたかというと・・・

百済が滅びた後、百済を復興させるために日本(倭国)軍は2万7千人もの兵をあげて扶余に行ったのです。

でも、663年の白村江の戦いに破れ、日本は撤退したのですが、

さぁ、その後が大変!

もしかしたら新羅が日本にも攻めてくるかもしれない!と心配になり、

大野城、基肄城、水城などの城郭を築いたのです。

なにせ、九州は朝鮮半島から近いですから。
a0140305_03030286.jpg
水城はこのように太宰府を守るために造られています。

城郭の作り方の技術を教えたのは、百済から亡命してきた人たちでした。

それで百済式の城郭になったのですね。
a0140305_03031812.jpg
水城はこんな形で残っていて
a0140305_03033268.jpg
これが実際の城郭です。

たまたま👆の絵と同じ角度で写真を撮っていました。

一番向こうの山が背振山です。
a0140305_03003689.jpg
博多側からみた水城

木がうっそうと生えているので、パッと見、城郭だとわかりません。
a0140305_03011023.jpg
古いお社が立っていました。(お参りしているのはジャガ)
a0140305_03335971.jpg
反対側からみたところ
a0140305_03342178.jpg
一ヶ所だけ入れるところがあったので、城郭に登っていったら
a0140305_04061579.jpg
中に古~いお墓がありました。
a0140305_03350162.jpg
長さ1.2km、幅80m、高さ9m

上から見下ろすと、結構高いことがわかります。

これなら敵はやすやすと攻めてこられないかも。

でも、結局、新羅は来ませんでしたけどね~。105.png
a0140305_04552308.jpg
城郭があって平地、そしてさらにガクッと下がっているのは水路だったところのようです。
a0140305_03401088.jpg
近くに高速道路や新幹線が通っているので、城郭はここでバサッと切れています。^^;

道路や線路を造る際に取り壊しちゃったんですね。
a0140305_04114885.jpg
ジャガは「なんでバァバは楽しそうにしているんだろ?」って

思っていたかもしれません!106.png

お嫁ちゃんは「テレビでチュモンを観ていたんです~」とまんざら興味なくもなさそう。

ま、ちょっと時代がズレていますが・・・105.png


公州や扶余に行かなかったら、地元の貴重な遺跡を見ることもなかったでしょう。

韓国に行って、日本を知る!ですね。

a0140305_04193465.jpg

今年の春、水城館という資料館もオープンしてました。

いろいろと説明もしてくださいます。

興味のある方は行ってみてくださいネ。


174.png水城館
福岡県太宰府市国分二丁目17-10
TEL/FAX:092-555-8455
開館時間 9:00〜16:30
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、 年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料 無料



by yukiful-xmas | 2017-12-05 09:31 | 2017年10月忠清道 | Comments(2)