Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

大邱の遠足 ④仁興村(イヌンマウル)

マピジョンの壁画村を出てバスで10分、

田園風景の中にポツンと時が止まったような村が現れました。
a0140305_22113261.jpg
仁興村(イヌンマウル/인흥마을)

嶺南地方の南平文氏一族が築いた村で、

村の後には山、前には川、

風水の背山臨水(はいざんりんすい)にピッタリな場所に位置しています。


写真は刈り入れが済んだ綿の畑 👆

文氏の祖先が、中国からこっそり綿の種を筆の中に隠し入れて持ち込み、

綿の栽培が始まった場所としても知られています。

a0140305_22125855.jpg
古い伝統村の空気を味わって欲しい!と思ってコースにいれました。
a0140305_02020564.jpg
道路は舗装されていますが、土塀や瓦は昔のまま・・・

何度来ても、きれいに清掃されていて塵一つありません。

a0140305_00231745.jpg
格式ある伝統家屋には、今でも人が住んでいます。
a0140305_00182166.jpg
コンクリートで埋められても凛として立っている木。

この木を見るたび、痛々しいって思っちゃうんですよね。
a0140305_01332576.jpg
村のはずれの畑

この村の人たちは農業で生計をたてておられます。
a0140305_00222587.jpg
仁寿文庫(インスムンゴ)

村の創始者が集めた2万冊あまりの貴重な本と文献が収められています。

今回は中は見れませんでしたので、内部の様子は過去記事で。
a0140305_00171963.jpg
寿峯精舎(スボンヂョンサ)は、1936年に寿峯先生を称えるために建てられたもの。

村のさまざまな集まりに使われています。

休憩場所として使わせていただきましたー。105.png
a0140305_02333732.jpg
大見寺、マピジョン壁画村と歩いたものだから、結構足が疲れてきました。

ぶーらぶーら・・・
a0140305_00185456.jpg
枯葉一枚落ちていない庭。

こんなところに、村の厳しい戒律を感じます。

岩に刻まれた亀は、村の守り神かなぁ?


解説士さんに詳しい村の説明をしてもらいたいところですが・・・

今回は時間の都合でお散歩のみになりました。


達城郡を出て、寿城区に向かいま~す。


174.png仁興村(イヌンマウル/인흥마을)
大邱広域市 達城郡 花園邑 本里里 401-2
(대구광역시 달성군 화원읍 본리리 401-2)
大邱広域市 達城郡 花園邑 仁興3キル16
(대구광역시 달성군 화원읍 인흥3길 16)
℡ 053-631-8686





by yukiful-xmas | 2018-05-31 02:13 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(0)

大邱の遠足 ③マピジョン壁画村をぶらぶら

お昼ご飯のあとは・・・
a0140305_00433091.jpg
馬飛亭壁画村 (マピジョンビョッカマウル/마비정벽화마을) へ。

👆このカップルが延々と写真を撮ってて・・・^^;

人が住んでいる素朴な村に、1960~1970年代の村の様子が描かれています。

馬飛亭という名前の由来などは、過去記事でどうぞ。👇

a0140305_00442174.jpg
ここに来るのは久しぶりだったのですが、

馬のオブジェができていたり、
a0140305_00444870.jpg
新しいトイレに
a0140305_00445783.jpg
喫煙所
a0140305_00464640.jpg
バス停も。

すっかりきれいになっててビックリ!
a0140305_00465462.jpg
スンちゃんが地図とこんな機械を配ってくれました。

ピッとやると日本語で壁画の説明が聞こえてきます。

でも、説明が長いので途中で飽きちゃった!122.png

自分のペースで歩く方が、だんぜん楽しい気がする・・・^^;

村に入っていきま~す!
a0140305_00435260.jpg
昔はこんな藁ぶきの家が建っていたんでしょうね~。
a0140305_00473086.jpg
ここにも村の守り神チャンスン(창순)がいます。
a0140305_00474999.jpg
村を入ってすぐのところに手作りの工芸品を売るお店ができていました。
a0140305_00505053.jpg
その先には冷蔵庫!(道端に)

ドアを開けると手づくりのスンドゥブ(おぼろ豆腐)が入っていました。
a0140305_00490925.jpg
アジュンマたちが野菜を売っていたり
a0140305_00494430.jpg
トリックアートで遊んでみたり・・・
a0140305_01282566.jpg
写真撮りまくりぃの・・・
a0140305_00512995.jpg
大邱のスタンプラリーのハンコはここ!
a0140305_00495850.jpg
壁画だけでなく、こういう古い石垣や
a0140305_00481784.jpg
生活感あふれる光景をみるのも楽し!


思い思いに歩きました。


ただ、お昼にビールとドンドン酒を飲んじゃったものだから、

みんなダル~~~~~~~ン!

かわいい壁画をみながら、酔い覚まし。(笑)

a0140305_00491933.jpg
村のあちこちに真紅のバラが咲いていて・・・
a0140305_01331681.jpg
キレ~イ!
a0140305_00493174.jpg
いい季節に来ちゃったなぁ。


174.png馬飛亭壁画村 (マピジョンビョッカマウル/마비정벽화마을)
大邱広域市 達城郡 花園邑 本里里 1365
(대구광역시 달성군 화원읍 본리리 1365)
大邱広域市 達城郡 花園邑 馬飛亭道 259-7
대구광역시 달성군 화원읍 마비정길 259-7
解説予約(団体)℡ 053-633-6407

by yukiful-xmas | 2018-05-29 09:05 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(0)

ピスル山でガッツリランチ♪

お昼になりました。
a0140305_01521318.jpg
お昼ご飯はここにしました。👆

キルモッガーデン(길목가든)

ピスル山自然休養林の駐車場からすぐ。 歩いて来れます。

このあたりには何軒か食堂があるんですが、正直ここしか知りませ~ん。^^;

でも、すごく気に入ってて・・・ピスル山に来ると、ここに来たくなります。
a0140305_01583473.jpg
メニューです。

ここに来るのは3回目なんですが、食べたくても食べられなかったメニューがあり、

今回はそれを食べたくて!111.png
a0140305_02204097.jpg
まずはバンチャン

キムチはやや古めのお味かな?
a0140305_02221003.jpg
硫黄鴨の燻製(45000₩)

つつじ祭りの時にセバを連れてきたら

「鴨が美味しかった~! 鴨が美味しかった~!」

としつこく言ってた鴨です。^^;

a0140305_02023391.jpg
こんにちは、鴨ちゃ~ん♪
a0140305_02025791.jpg
サッと焙っていただきます。

生の焼肉もあるのですが、鴨は燻製の方が脂っぽくなくて好きです。

良い具合に燻されて香りもGOOD!
 
a0140305_02092184.jpg
そしてお隣のテーブルは地鶏の韓方ペクスッ(55000₩)

松茸入りにしました。102.png

松茸は秋に採れたものを冷凍してあるそうです。

調理するのに時間がかかるので、予約じゃないとこれがなかなか食べられない!

身がホロホロ・・・

やっと食べられて大満足!110.png
a0140305_02044054.jpg
ドンドン酒もオーダーして
a0140305_02044749.jpg
二ヒヒ・・・110.png
a0140305_02034470.jpg
ドンドン酒のあてには海鮮とニラのジョン(8000₩)
a0140305_02033187.jpg
それから人気メニューのチョングッチャンナムルご飯(8000₩)も。

ここのチョングッチャン、美味しいのです。
a0140305_02042158.jpg
でも、何より美味しかったのは、サービスでいただいた鶏スープのお粥。

エゴマ、ピーナッツ、そして栄養がタップリ入っています。101.png

オイシイ~!とみんなから大絶賛!


大人数なのでいろんなメニューをたのんじゃいましたが・・・

ここで何をオーダーするか? 実は結構悩みました。

スンちゃんとの長時間のやりとりも今はいい思い出だなぁ。104.png
a0140305_02050536.jpg
食事の後はお庭へ出てみました。
a0140305_02052201.jpg
こんな景色が見えます。
a0140305_02052810.jpg
 お行儀悪くてすみませ~ん。 (写真はプヨンちゃんから)

ゴロ~~ンと寝っ転がると気持ちがいいョ。

そして、空を・・・
a0140305_02053574.jpg
パチリ!
a0140305_02104817.jpg
芋虫もパチリ!
a0140305_02103477.jpg
みんなも出てきてマ~~ッタリ!

旅はのんびり、スローペースがいいよね!101.png

a0140305_02110003.jpg
社長さんが見送ってくださいました。

ここでは空気もおご馳走。

また、来たいなぁ。112.png

174.pngキルモッガーデン(길목가든)
大邱広域市 達城郡 瑜伽面 龍里 22
(대구광역시 달설군 유가면 용리22)
大邱広域市 達城郡 瑜伽面 休養林キル 207
(대구광역시 달설군 유가면 휴양림 길 207)
℡ 053-615-7400
営業時間 10:00〜20:00
年中無休





by yukiful-xmas | 2018-05-27 10:39 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(0)

大邱の遠足 ②天空の寺 大見寺(テギョンサ)へ

私がみんなに見て欲しかったのはこの景色 👇
a0140305_01324048.jpg
標高1000mの岩盤の上に建つ大見寺(テギョンサ)の三重塔。

もうね~、ここは空気がちがう。

神々しくて・・・神聖な気持ちになれるのです。

「天国に行く時に立ち寄ろうと思っているところ」と説明しました。
a0140305_01374322.jpg
この石塔は中国(唐)の皇帝が建てたもので、9世紀統一新羅時代のものと推定されています。

中国は自分の国を「大国」と呼んでいて、

大国が見つけて建てたお寺だから大見寺と言うそうです。

それにしても、お寺を建てる場所を探してここを見つけたって話だけど・・・

よく見つけたもんだなぁと感心しちゃいます。 だって・・・
a0140305_02385444.jpg
こんなところにあるんですよ~。144.png👆(2015年1月 撮影)
a0140305_01561773.jpg
なんて気持ちがいいんでしょう!

再びここに来れたことを大邱の神様に感謝したい!
a0140305_03003796.jpg
石塔の横から撮った写真 右と
a0140305_01590905.jpg
a0140305_01594096.jpg
こんな感じで。(笑) 

立つと怖いので正座してます。^^; (写真はメンバー提供)
a0140305_02220213.jpg
しばらく山の空気を堪能して
a0140305_01530704.jpg
記念撮影

みんなのステキな笑顔が見れてよかった!

ここまで来た甲斐があった~。102.png
a0140305_01354357.jpg
石塔の後ろに大見寺の本堂があります。

壬申の乱で燃えてしまい、その後何回か再建されましたが、

日帝時代(1917年)に再び撤去され(涙)2014年に再建されました。

お寺に関しての詳しい文献はほとんど残っていません。


トラクターが入って何やら工事中。お釈迦様の誕生祭の準備かな?
a0140305_01531929.jpg
本堂の横にある岩穴に入ってみました。
a0140305_01364556.jpg
岩にもお釈迦様の姿が
a0140305_01362215.jpg
春にはつつじで赤紫に染まる山の反対斜面
a0140305_01423825.jpg
そろそろ戻りまーす。
a0140305_01533494.jpg
朝一番の電気バスが到着したようで、初めて他の観光客とすれ違いました。
a0140305_01415656.jpg
あまりにも風が強いので、東屋の中でバスを待つことにしました。

良い具合にお互いの顔が見渡せるので、ここで初めて自己紹介。
a0140305_01424680.jpg
電気バスで下りま~す。
a0140305_01535492.jpg
遊園地のバスみたいで楽し~♪102.png
a0140305_01541191.jpg
けど、途中で降りて、琵瑟(ピスル)山自然休養村の中を歩くことにしました。
a0140305_01541737.jpg
ここにも湧水  澄んでる~。
a0140305_01543381.jpg
なんかステキだな~と撮った一枚。
a0140305_01545961.jpg
消災寺 (ソチェサ/소재사)というお寺にも立ち寄りました。
a0140305_01550545.jpg
なんのお花かなぁ? 白いお花が満開です。
a0140305_01551990.jpg
村の守り神チャンスン(창순)にご挨拶をして・・・
a0140305_01554980.jpg
駐車場まで戻ってきました。




 あ~~、気持ち良かった♪ 102.png

by yukiful-xmas | 2018-05-26 10:30 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(4)

大邱の遠足 ①ピスル山へ

お祭りの翌日は、みなさんを大邱の遠足へお誘いしました。

せっかく日本各地から集まってくださるのですから、

みんなでおでかけしたいじゃない?101.png

嬉しいことに20名以上の方が参加表明してくださったので、

思い切って大型バスをチャーターしました。
a0140305_13451020.jpg
スケジュールを組む際、スンちゃんに私の希望を伝えたら、

即行こんな返事が返ってきました!

「Yuckyさぁ~ん!105.png  そこは~~~119.png たいへんですよ~~ 103.png

わかってますがな~、大見寺がガイドさん泣かせだってこと!

乗り換えがあるから時間が読めないし、お天気にも左右されるからね。

でもね、大見寺はバスをチャーターした時にしか行きづらいのよ~!105.png


大見寺(テギョンサ/대견사)は大邱の南にそびえる琵瑟山(ピスルサン)にあるお寺です。

個人で行くには地下鉄1号線の大谷駅まで行って、バスかタクシーに乗り換えになるのですが、

バス(600番・達城5番)は週末しか運行しておらず、タクシーで行ったとしても(料金は約25000₩)

帰りのタクシーは拾えないし、呼んでもらうとそこまでの空運賃を払わなければなりません。

しかも、バスやタクシーで行けるのは、山の中腹の琵瑟山自然休養林(비슬산자연휴양림)まで。

お寺のある頂上までは
さらに電気バスかマイクロバスに乗り換えます。

つつじのシーズンには電気バスに乗るのに1~2時間待ち・・・


ガイドとしてはヤダよね~? 絶対ヤダよね~? 大見寺、入れたくないよね~?105.png

あまりにも不便なところにあるから、ガイドブックにも載ってないしね~。119.png

でも、どうしてもここにみんなを案内したいの。

ピスル山は昔から霊験あらたかな山で、仙人が棲むといわれているところだよ。

パワースポットだよ~!101.png



とうとうスンちゃんは私の気持ちを汲んでくれてました。

そして、施設管理課に交渉して電気バスをチャーターしてくれたのです。

スンちゃん、サランヘ~

ただし・・・

「一般客が来る前に来てね!」

という条件付き!

ということは、8時半にはピスル山に到着ってこと?147.png

逆算して、遠足は朝の7時半に出発することになりました。

(メンバーの皆様、早起きのご協力、ありがとうございました~!)


日曜日の朝とあって道路はスカスカ、バスは順調に走り、8時半にはピスル山の中腹の琵瑟山自然休養林に到着しました。

そして、電気バスではなくマイクロバスに乗り込みました。
a0140305_01430794.jpg
ちょっとカーブが続きますが・・・
a0140305_01435209.jpg
空気も澄んでるし、緑の中を走るので、気持ちいいのです。

天空の寺「大見寺」にもうすぐ行けるかと思うとワクワクします。
a0140305_01533657.jpg
着きました!

ここから大見寺までは徒歩10分の道のりです。

道路は舗装してあるので歩きやすいのですが・・・

か、風がぁ。。。

吹き飛ばされそうなくらい強い風が吹いています。

このあたりは風の通り道なのかなぁ?
a0140305_03484767.jpg
途中にあった千泉水(천천수)

海抜1000mの自然湧水です。

冷たくて美味しい~。
a0140305_03522589.jpg
仏岩(부처바위)
 
確かに仏様に見えますね。

a0140305_03523630.jpg
小さい亀岩(작은 거북바위)

う~~ん、これは撮る角度がちがってたかな?


このようにピスル山は、大きな花こう岩がゴロゴロしてる岩山です。

これらの岩は氷河期後期のものと言われています。

a0140305_04062161.jpg
そして、やっと私が見たかったあの光景が見えてきました。


でも、長くなるのでつづきは次回。106.png

by yukiful-xmas | 2018-05-25 09:25 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(0)

ランタンの打ち上げはマクチャン焼き!

ランタン祭りは打ち上げ花火で終了しました。
a0140305_01423077.jpg
この後、打ち上げのお店へと移動するのですが・・・
a0140305_01342183.jpg
これがまた大変で。

会場いっぱいの人が一斉に帰るわけですから。

ガイドのスンちゃんとキョンキョンが、折りたたみの傘を頭上に高く上げて歩いてくれたので、

傘を見失なわないように必死でついて行きました。

手をあげっぱなしで腕がだるかっただろうに・・・2人に感謝です。
a0140305_01343661.jpg
頭流公園から半月堂まではパレードが行われます。

車の上で太鼓をたたくお坊様、かっこいい~!
a0140305_01345851.jpg
あれこれ見ながら・・・
a0140305_01351478.jpg
写真を撮りながら・・・
a0140305_01352056.jpg
時々走ってみんなに追い付きながら・・・
a0140305_01353326.jpg
こんな状態です。


そして、2人のガイドちゃんが再び機転をきかせてくれました。

最寄の頭流駅からだと全員一度に地下鉄に乗るのは無理!と判断し

ひとつ先の駅まで歩いて、そこから地下鉄に乗ったのです。

これが大大大正解!

地下鉄が頭流駅に着いた時、すでに車両がギチギチで乗り込むのは不可能な状況でした。

頭流駅に行っていたら、何本も地下鉄を見送っていたことでしょう。
a0140305_01355790.jpg
ひと駅歩き、地下鉄は立ったまま・・・体力いるなぁ。

やっとのことで打ち上げ場所のウヤジマクチャン泛魚店へ。

本来予約はとってくれないのですが、スンちゃんのうま~い交渉で、席を確保してくれました。
a0140305_02212417.jpg
 ポテサラさんの司会でガイドさんの紹介、そしてカンパイへとうつります。
a0140305_02220946.jpg
乾杯の音頭は私。ちゃんと挨拶しなければならないところでしょうけどね。

「早く飲みたーい! カンパーイ!」(一瞬で終了)

もう、どれだけ喉が乾いていたか!

一気にクビ〜〜ッ!!126.png
a0140305_01372046.jpg
メンバーの中にはマクチャン焼きは初体験という人が何人もいました。

さーさー、食べて! これが大邱の名物マクチャン焼きだよ!
a0140305_01380256.jpg
ウヤジのマクチャンは一度下焼きしてあるので、ホルモン特有の臭みが全くありません。

カリッとなるまでじっくり焼いて。

あ~、写真を見てるだけでヨダレが出る~。111.png

「ホルモンは苦手」と言ってたさおちゃんも「これなら食べられる~!」と。

でしょ、でしょ!?106.png


以下は大騒ぎの様子です。👇
a0140305_02323073.jpg
a0140305_02330020.jpg
a0140305_02331345.jpg
a0140305_02331985.jpg
a0140305_02332458.jpg
a0140305_02332933.jpg
a0140305_02333559.jpg
(顔をオープンにしているブロガーさんはモザイクをかけていません。)
a0140305_02560123.jpg
最後のお会計もみんなが計算を手伝ってくれました。

ん?

誰だ? 旧札で払ったのは!!144.png

答えは温泉ちゃん!

両替するより、メルカリで旧札を買う方がレートが良かったんだって!

お会計に持って行ったら、お店の人にビックリされました!106.png
a0140305_02482713.jpg
最後にみんなで記念撮影

なんだけど・・・  あれ? 何人か足りない!!

(この時は気づかず・・・)

お~~~い、くみょんさんたち、どこへいったの~!?(笑)


174.pngウヤジマクチャン 泛漁店 (우야지막창 범어점)
大邱広域市 寿城区 泛漁川路 147-8
(대구광역시 수성구 범어천로 147-8)
℡ 053-743-8816
営業時間 17:00~1:00



この記事を書いている時にスンちゃんが動画を送ってきてくれました。

楽しかったランタンフェスティバル 

そして打ち上げ 

この動画を見ながら、もう一度感動に浸りたいと思います。

by yukiful-xmas | 2018-05-24 09:04 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(2)

大邱ランタンフェスティバルに行ってきました~!

ただいま~!

大邱のランタンフェスティバルから帰ってきました。

滞在中は夜遅くまで仲間と盛り上がり、ホテルの部屋に戻ってからも

翌日の打ち合わせをしたり、会計をしたりで、

現地からの投稿ができませんでした。 ごめんなさ~い。


今年は、なんと 総勢36名 でお祭りに参加しました。

ブロガー仲間、何年も前から大邱に行くお約束をしていた人、

そしてFBやブログで応募して下さった方など、

日本各地から大邱に集まってきてくれました。



ただ、なにせ人数が多いので、

お祭り当日に入るメンバーの飛行機が遅れないかヒヤヒヤ 119.png

みんなをちゃんと会場まで誘導できるかヒヤヒヤ 119.png

とにかくヒヤヒヤの連続でした。105.png

a0140305_00503117.jpg
会場までは道路が混みあうため地下鉄を利用しました。 

民族の大移動状態!(笑)

点呼の仕方を考えておくべきだった~!135.png
a0140305_00514667.jpg
会場の頭流野球場に入ります。

かなり広いのですが人人人でビッチリ!

チケットの入手が困難なため、高値のついたチケットが出回り、

急遽当日券を出すなどの対策がとられたそうです。
a0140305_00522793.jpg
外国人席は一般席の後方にとってありました。

ツアーを組んでるビョンちゃんやuccaちゃん、そしてあんそらさんとも再会。

(写真を撮ってなかった!^^;)
a0140305_00531410.jpg
大邱の市長さんと

(右はuccaちゃん、めんべいの袋を持っているのが私)
a0140305_00534365.jpg
丸ちゃんも顔を見せてくれました。

開会宣言のあと、関係者の挨拶や歌謡ショーが始まり・・・



のってるね~!(笑)

Yuckyチームが躍っていたのがよかった!とあとで市役所で話題になったそうです。
a0140305_00555529.jpg
いよいよランタンの準備に入ります。

マジックで願い事を書いて・・・

でもネ、まだ空が暗くならない!! 早く早く日が暮れて~~~!

と思っていたら・・・
a0140305_01013348.jpg
でた~~~~っ、フライング!

まだGOの合図は出てないんだけどなぁ。^^;
a0140305_01120082.jpg
そのうち、え~~い、もうあげちゃえ~!

と、どんどんランタンが空に舞い上がりはじめました。
a0140305_01130517.jpg
風が強かったため、ランタンに火が着きそうになり上げるのも一苦労。
a0140305_01161862.jpg
昨年はゆ~らゆ~らと優雅に舞い上がっていきましたが、

今年はびゅ~~んとすごいスピードで上がっていきます。
a0140305_01092469.jpg
a0140305_01390191.jpg
a0140305_01111964.jpg
空が明るいのが惜しい!145.png

それでも次々にランタンが舞い上がっていくさまはなんとも幻想的。

動画でどうぞ!




私たちの願いがかないますように!112.png

by yukiful-xmas | 2018-05-23 00:43 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(12)

忠清南道花便り ⑳テファシクタンの山の幸

これまで忠清南道は百済の遺跡はいっぱいあれど、

正直、グルメはインパクトが薄いなぁと思っていました。


でも、今回のツアーで、忠清南道には美味しいものがいっぱいあることがわかりました。

最後のご飯もそれはそれは美味しくて。(♥Ü♥)↑↑


a0140305_16085386.jpg
麻谷寺から降りてくると食堂や土産品店がたち並ぶエリアに出ました。
a0140305_16154089.jpg
近くの山で採れたものかな?
a0140305_03104096.jpg
テファシクタン(태화식당)

お土産屋さんをウロウロしてたら

「お買い物が済んだら、このお店の2階に上がってくださ~い!」と声がかかりました。

a0140305_03113902.jpg
公州市や韓国観光公社の「美味しい店」に認定されています。
a0140305_16214396.jpg
中から背の高いお坊様が出て来られました。

・・・ということは精進料理? 125.png
a0140305_03112952.jpg
メニューです。

やっぱり山で採れた山菜やキノコを使ったお料理が多いですね。

そして、席につくなり次から次にお料理が運ばれてきました。

a0140305_03055285.jpg
ジャジャ―ン! 

山菜定食(12000₩)です。
a0140305_16285033.jpg
山菜のナムルがすごく美味しい!
a0140305_16381289.jpg
ムッ(どんぐりの寒天)とトラジ(キキョウ)のサラダも。

ナムルの味付けもどれひとつ同じではなく、素材にあわせて工夫してあります。

野菜が豊富で本当にヘルシーですよね。
a0140305_16355126.jpg
黒っぽいのはタニシです。
a0140305_16301662.jpg
テンジャンチゲに右はツルニンジンを叩いて照り焼き風にしたもの。
a0140305_16302132.jpg
精進かと思ったらお肉も出てきました。

そして店頭で焼いておられたチヂミの美味しいこと!

追加をオーダーしちゃいました。
a0140305_16303275.jpg
もう、みんなお箸が止まりません!
a0140305_16314904.jpg
マッコリは栗マッコリ

公州ですから!102.png

まったり甘口で女性向きです。
a0140305_16320647.jpg

最後の食事はお世話になった忠清南道のみなさんと。

忠南の魅力を見せていただいて感謝です。

そして、この美味しいご飯を持ってツアーの全行程を終了し、仁川空港に向かいました。

皆さん、お疲れ様でしたー!101.png

a0140305_16130165.jpg
174.pngテファシクタン(태화식당)
忠清南道 公州市 寺谷面 雲岩里 728-5
충청남도 공주시 사곡면 운암리 728-5
忠清南道 公州市 麻谷商街キル 10番地
(충청남도 공주시 마곡상가길 10번지)
℡ 041-841-8020
営業時間 8:30~20:00
年中無休

これで忠清南道花便りのレポは終わりです。

読んでくださってありがとうございました〜。101.png



by yukiful-xmas | 2018-05-18 09:12 | 2018年4月忠清南道 | Comments(0)

忠清南道花便り ⑲公州の美しい古刹 麻谷寺(マコクサ)

忠清南道FAMツアーも終盤戦!
a0140305_02185575.jpg
最後に大好きな麻谷寺(マコクサ/마곡사)へ。

実は麻谷寺は予定になかったのですが、初日の雨でスケジュールが変わったため

急遽行くことになりました。

公州の中心部からバスで約30分。

泰華山(テファサン/태화산)という山の麓にあります。

またここに来れるなんて・・・

雨も悪くありませんね。102.png
a0140305_02181680.jpg
麻谷寺は643年に新羅の高僧・慈蔵律師が創建し、高麗中期に普照国師が再建しました。

1000年を超える古刹で、パワースポットとしても知られています。


私自身、ここに来ると、気持ちがシャキッとして元気をもらえる気がするのですが・・・
a0140305_02231671.jpg
この人も。👆

「Yuckyさん、ここってホントにパワースポットですよ! だって前回来た時、

極楽橋を渡ったら二日酔いが治りましたもん!」

106.png

あっちゃ~~~ん!!(笑)
a0140305_02415486.jpg
お寺を取り巻くように川が流れています。

麻谷寺は、山と川が曲線を描くように囲んでいるため

朝鮮時代の大きな戦乱に巻き込まれることがなかったそうです。

a0140305_02215404.jpg
本堂の大光宝殿
a0140305_02504143.jpg
色褪せた感じがなんともステキ
a0140305_03005107.jpg
珍しいことに東の方角を向いておられます。
a0140305_02222820.jpg
通常仏様は南を向いておられるのですが・・・なんでだろう?151.png
a0140305_02485558.jpg
五重石塔は高麗時代末期にチベット仏教の影響を受けてつくられたもの。
a0140305_03072424.jpg
四方を見守る「四方仏」が彫られています。
a0140305_03392074.jpg
足元にはカニちゃん。
a0140305_02521030.jpg
提灯の下をくぐって階段を上ると・・・
a0140305_02530752.jpg
本堂の真後ろに大雄宝殿
a0140305_03084186.jpg
中はひんやりとしていて、釈迦、薬師、阿弥陀如来の三世仏が奉安されています。
a0140305_02233507.jpg
お庭には赤紫の木蓮。

今回のツアーは木蓮ツアーといってもいいくらい、たくさんの木蓮を見ました。

a0140305_02242551.jpg
お寺の横を流れる川を渡りま~す。
a0140305_02291089.jpg
マイナスイオンがいっぱい!
a0140305_02394392.jpg
ちなみにこれは秋 👆 (2017年10月撮影)
a0140305_02422077.jpg
そして冬(2015年12月撮影)
a0140305_02192628.jpg
そして今回は春の可憐な花が咲いていました。

四季折々の美しさがありますね。101.png


174.png麻谷寺(マコクサ/마곡사)
忠清南道 公州市 寺谷面 雲岩里567番地
(충청남도 공주시사 곡면운암리 567번지)
忠清南道 公州市 寺谷面 麻谷寺路966
(충청남도 공주시 사곡면 마곡사로 966 )
拝観料 大人 2000₩ こども 1000₩



by yukiful-xmas | 2018-05-17 08:56 | 2018年4月忠清南道 | Comments(0)

忠清南道花便り ⑱百済の武寧王をご存知ですか?

百済の衣装で盛り上がった後は、武寧王陵へと向かいます。

バスの中から撮った公州の街。👇
a0140305_03015077.jpg
公州は、のどかで、こじんまりとしていて、住みやすそう、というのが私の印象なんですが・・・

百済の都があった頃(475~538年)はどんな景色だったのでしょう?
a0140305_03013932.jpg
まずは公州観光のいろはの「い」

武寧王陵 (ムリョンワンルン/무령왕릉)へ。

ここには百済第25代王、武寧王をはじめとした百済の王族の古墳があります。
a0140305_03015605.jpg
古墳の前に

①宋山里古墳群模型展示館 (송산리고분군모형전시관)

ここで発見された古墳の内部が再現してあります。
a0140305_03021526.jpg
百済第25代王 武寧王(ムリョンワン/무령왕

都をソウルから公州に移した百済は、武寧王の時代になって安定期を向かえます。

日本との外交も活発だったようですね。

以前も書きましたが・・・

この武寧王さん、佐賀県の加唐島で生まれた可能性が極めて高いのです。

そして、

桓武天皇の生母は百済の武寧王の子孫である、と日本書紀にも書かれています。

つまり、日本にゆかりのある王様です。
a0140305_03023128.jpg
古墳の内部(模型)について話をうかがいました。

(本物の古墳には入ることができません。^^;)
a0140305_03025105.jpg
古墳が発見された時の様子を確認して・・・
a0140305_03040176.jpg
実際の古墳を観にいきます。

②宋山里古墳群(송산리고분군)
a0140305_03040745.jpg
ここが武寧王が眠っていた古墳です。

他の古墳はすべて盗難にあっていて、誰のものなのか?全くわからないのですが、

武寧王の古墳だけは盗難にあわず、当時のままで残っていました。

奇跡ですネ~。147.png



そして、古墳で発掘された財宝を観に、博物館へ向かいま~す。
a0140305_03042032.jpg
③国立公州博物館 (국립공주박물관)
a0140305_03052936.jpg
模型館で観たレプリカが、ぜ~んぶ本物になって現れました。113.png
a0140305_03045696.jpg
a0140305_03050907.jpg
a0140305_23511449.jpg
a0140305_23530609.jpg
見応え有ります!



さて、私的には・・・

今回レポった古墳、模型館、博物館の3か所は、ぜひセットで観ていただきたい!

より理解が深まっておもしろいと思います。

徒歩で移動できま~す。
a0140305_03195156.jpg

今回はサクサクサク~っと書いちゃいましたが、過去記事はもう少し詳しく書いています。

参考までに。

百済の歴史が残る街 公州へ ⑧宋山里古墳群(송산리고분군)

百済の歴史が残る街 公州へ ⑨ 国立公州博物館(국립공주박물관)

2016年5月 ソウル&忠清南道 ②出発~ 宋山里古墳群

こんにちは!忠清道 ㉓公州編 宋山里古墳群(송산리 고분군)

こんにちは!忠清道 ㉔公州編 宋山里古墳群模型館






おまけ
by yukiful-xmas | 2018-05-16 01:09 | 2018年4月忠清南道 | Comments(0)