Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2015年1月大邱( 16 )

新年★冬の大邱 東大邱駅で肥満の道へ!

東大邱(トンテグ)駅は、現在工事をしてまして・・・ 
a0140305_0365348.jpg
グル~~~っと遠回りしなきゃいけなかったりで、ちょっと不便なんですが・・・
a0140305_1435245.jpg
完成したら、こんな風になるみたい! すごいな~♪  楽しみだな~♪
a0140305_0305633.jpg
現在の東大邱(トンテグ)駅は・・・
a0140305_0304524.jpg
最初に来た時より整備されてずいぶんキレイになりました。 カフェもいろいろできてます。 その中で大邱オリジナルのカフェを紹介しますね!
a0140305_0311881.jpg
パパピンス(파파빙수) 切符売場に向かって右手、コインロッカーの前にあります。
a0140305_0314614.jpg
うふふ~♥ おデートしてる! 兵役中のナムジャ君は、冬休みなのかな? またしばらく会えないのね。。。(涙) クゥ~~~ッ、せつないね~! 
a0140305_03127100.jpg
腹ペコの私と、食事を済ませてきた丸ちゃんのチョイスは、「夕飯前なので軽く食べときましょう!」ってことでこれ! 小豆粥とトースト。 どこが軽いんじゃい!?(笑) 

きな粉はどっちにかけるのかわかんなかったので、とりあえず小豆粥にかけてみました~! てきとーてきとー!!
a0140305_0313671.jpg
パンの中身はお餅とチーズ! 炭水化物 in 炭水化物!!ヒエ~~!Σ(・∀・;)

a0140305_032548.jpg

食べながら喋りまくっているので、口からチーズを吹き、テーブルの上はコナコナ・・・^^;

食事の方がカロリー低かった!"(-""-)"

それにしても、韓国にはおもろいスウィーツがありますな~!

a0140305_03391.jpg
しょっぱなからカロリーオーバーだね! と話しているにもかかわらず・・・ 「あ、この半月堂ドーナッツ、人気があるんですよ~!」

もう、いらんこと言うな!(心の中)   「じゃ、食べよ!」 (*^^*)
a0140305_0331771.jpg
うんま~! 一軒目が甘かったので、カレードーナッツにしました!
a0140305_1335456.jpg
他にもチーズ、プルコギ、キムチ、野菜、卵などなど、種類は豊富!!




こうして、これをかわきりに、丸ちゃんと私は肥満街道まっしぐらな旅を続けたのでした!

あああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・




 
by yukiful-xmas | 2015-01-13 01:36 | 2015年1月大邱 | Comments(4)

新年★冬の大邱 ムンギョンの郷土料理@セジェムッジョパッ (새재묵조밥)

無事に帰国しています。
a0140305_129827.jpg大邱最終日は、星州の禅石寺(선석사)でお料理を教えていただいたキム先生とお食事に行きました。

大邱の精進料理の先生が連れてってくださるお店!ムフッ!ワクワク 053.gif 

どこへでも行きま~す!とメールしたら、「大邱銀行で!」って。 どこどこどこの大邱銀行?(笑)

待ち合わせの大邱銀行本店。(デカッ!)

とびっきりの笑顔で駆け寄ってきてくださいました。

「Yuckyさん、この辺はまだ来たことがないでしょう? このあたりは銀行や教育庁があるから美味しいお店がたくさんあるんですよ!」

な、なぬ~? ここらへんはノーチェックでした~!
a0140305_1292722.jpg
向こうの建物が大邱銀行本店。 手前が教育庁です。
a0140305_1293676.jpg
大通りから1本裏通りのセジェムッジョパッ (새재묵조밥)へ。
a0140305_1294796.jpg
a0140305_1295642.jpg
チャン社長さんです。

あれ? どこかで見たような・・・

・・・と思ったら、行ったばかりの大見寺の三重搭!(笑)

(あ、ヘアスタイルね! 社長さん、ごめんなさ~い! ^^;)

a0140305_24655.jpg
こちらのお店では、聞慶(ムンギョン/문경)というところの郷土料理がいただけます。

ムンギョンは大邱から北北西に90km。

李氏朝鮮時代には、南の慶尚道とソウルを結ぶ主要な街道でした。

お店の名前セジェ(鳥嶺)は、その際必ず越えなければならない峠の名前です。
a0140305_1302350.jpg
ムンギョンの写真が飾ってありました。

うどんのように見えるのは、ムンギョン名物の「ムッ」。

ムッとはどんぐりなどのデンプン質を寒天状に固めたもので、

貧乏だった時代には、お米の代わりにムッを食べていたのだとか・・・
a0140305_1304341.jpg
それではさっそくお料理の紹介を! まずは白菜の水キムチ。 冷蔵庫には入れないそうで、やや酸味が効いています。 
a0140305_3373479.jpg
トンチミのスープから食べ始めるなんてさっすが先生! 私もマネして・・・  これって食欲増進させるよね~!
a0140305_1305385.jpg
写真ではわかりづらいですが、一番下に鶏肉、その上にシメジとお野菜。 ゴマのスープがすんごく美味しい!
a0140305_13129.jpg
緑豆のお粥。 緑豆ともち米で作ってあります。
a0140305_1311328.jpg
チェプチェ  麺に下味をつけておいて、たった30秒で仕上げる!って、すごい~! 味は控えめですが美味し~!
a0140305_1312413.jpg
緑豆チヂミ  油は薄~くひいて焼くそうです。 昔は豚の脂で焼いたそうですよ~。  
a0140305_1313555.jpg
トッカルビ 珍しい豚のトッカルビ。 ムンギョンの豚は有名なのだそうです。 でも、豚なのに牛みたいな味がするの。 不思議だぁ! 
a0140305_131455.jpg
ホタテ(下)とニンニク ソースはりんごと葡萄を煮込んだものに自家製のお酢が入っていてとてもさわやか。 
a0140305_13219.jpg
タンピョンチェ(탕평채) ナムルの下に緑豆のムッが隠れています。  通常は牛プルコギをのせるそうですが、あえてお肉を使わず、その代りにたくさんの具材を使っているそうです。 シンプルな塩とニンニクの味付けが食材の美味しさをひきたてています。
a0140305_1321412.jpg
タンピョンチェというお料理は、大皿にナムルとムッを盛り合わせたもの。朝鮮時代、英祖という王様が、両班の権力抗争をなくすため蕩平(タンピョン)策という政策を練り、それを議論する時に出されていたお料理がタンピョンチェ。 蕩平(タンピョン)とは蕩蕩平平の略で、どちらにも偏らないという意味。いろんな色の食材を和えるのは、各党派をまとめる、の意味がこめられているそうです。

社長さんが混ぜて取り分けて下さいました。  ムッは柔らかく、これまで食べたムッの中で一番美味しい! ムッって通常ひんやりしてますが、ひと肌の温度が食べやすく感じました。
a0140305_133158.jpg
〆のテンジャンチゲと小さなおかず。 真ん中のニラはきな粉をまぶして蒸したもの。 柔らかくてニラって感じがしないなぁ。 テンジャンチゲの向こうのナムルは、マンチョ(망초)といって春一番にとれる野菜で、栽培ができないそうです。 和名はヒメムカシヨモギ。 
a0140305_1343113.jpg
再びムッが登場! 右は緑豆のムッ、お出汁が入っています。 左はどんぐりのムッ、出汁は入っておらずゴマがかけてあります。
a0140305_1344675.jpg
それぞれのムッに粟ごはんとナムルを混ぜてピビンバに。濃い目のテンジャンチゲで味をつけます。

ピビンバといえば全州ですが、全州のピビンバは一年中同じ材料で作るのに対し、ムンギョンのは季節ごとに材料を変えるのが特徴。 次に来る時は4月以降に来てね!って言われました。(笑)
a0140305_1351298.jpg
私のためにワカメ抜きのワカメスープを。 ワカメ無しでも濃い出汁がでていてうまっ!
a0140305_235975.jpg
全部撮ったつもりだったんですが・・・^^; (見えづらくてごめんなさ~い!)  赤い矢印はファンテクイ。 スケトウダラの干物に薬味タレを塗って焼いたもの。
a0140305_272467.jpg
撮り忘れがもう一つ。 白い矢印はウォルタンというワラビのスープ。 エゴマとテンジャンを混ぜて作った伝統的なスープです。 これ、すんごく美味しかった~! だから撮り忘れたのかも・・・ ちなみにぐい吞みに入っているのはお酒じゃないよ!
a0140305_210164.jpg
おこげが登場! ソウルで袋入りを買いましたが、そのまま食べるには固くて・・・(>_<) これはちょうどいい固さ。 芳ばしいお米の香りがぷーんとします。 キム先生が食べるポリポリポリポリって音が・・・(笑)
a0140305_213912.jpg
デザートのヨーグルト フルーツのソースがgood! ヨーグルトはあんまり得意じゃないんですが、これは美味しくいただきました。
a0140305_1352469.jpg
a0140305_1355687.jpg社長さんの奥様がご挨拶にきて下さいました。

美味しいお料理をありがとうございま~す。

やっぱりね~、お料理にも人柄がでちゃうのね。


社長さんが抱えているのは、チョトゥルミ(초두루미)と呼ばれるお酢を作る壺。

昔はオンドルのお部屋に置いておき、おばあさんやお母さんが何回も混ぜてお酢を熟成させたのだそうです。

空気を含むことでお酢にいい菌が湧くんだって。

そのために壺は女性が持てるサイズになっています。
a0140305_136940.jpg
自家製のお酢を飲ませてもらいました。 ムンギョンの特産物、りんごのお酢と2年物の松のお酢。 え? 松? って思ったんですが、これがとてもいい香り。 確かにあの松なんですが、とても美味しいんですよ~! 松のお酢は血をキレイにしてくれて、ストレス解消、疲労回復にいいのだそうです。 持ち帰って毎日薄めて飲んでます。 (お酢は売ってくださいます。)
a0140305_1363589.jpg
お店に入るとまず目に飛び込んでくるお酢の壺。 
a0140305_137529.jpg
リンゴや松だけでなく、トマトや玉ねぎなどでもお酢を作っておられました。
a0140305_1371998.jpg
ムンギョンの田舎の味を大切に! ひとつひとつがとても丁寧に作られていて大満足です! キム先生のおかげで、美味しいお料理を堪能することができました。 ごちそうさま~! 

あ、ちなみにお値段ですが、この内容で17,000₩、タンペンチェがなければ12,000₩です。  絶対リピる~!
a0140305_1373434.jpg

-------- セジェムッジョパッ (새재묵조밥) --------

大邱広域市 寿城区 寿城洞2街 122-1
053-753-6969
営業時間 10:00〜22:00
価格帯 10000〜20000ウォン
年中無休



by yukiful-xmas | 2015-01-12 01:10 | 2015年1月大邱 | Comments(6)

新年★冬の大邱 琵瑟(ピスル)山自然休養村の氷祭り

大見寺から少し下りると琵瑟(ピスル)山休養村があります。

そこが本来の目的地。  

ピスル山氷祭り(비슬산 얼음축제)が開催中です!

スプリンクラーで水を撒くと自然の冷気が氷の芸術を作るんですね。

a0140305_147058.jpg

a0140305_202715.jpg

a0140305_1473488.jpg
a0140305_164425.jpg

a0140305_1474189.jpg

a0140305_1481197.jpg
a0140305_165484.jpg

a0140305_1482944.jpg

a0140305_149664.jpg

a0140305_1492458.jpg

a0140305_1495972.jpg

a0140305_1502073.jpg
a0140305_163316.jpg

a0140305_151046.jpg

a0140305_1512810.jpg

a0140305_101614.jpg
氷、食べてみたけど美味しくないよ!(笑)

写真だけの手抜き更新でごめんなさ~い!^^;  

------ 琵瑟山自然休養林(비슬산자연휴양림) -----
大邱広域市達城郡瑜伽面ヤン里山10
(대구광역시 달성군 유가면 양리 산10)
053-614-5481





お腹すいた~!
by yukiful-xmas | 2015-01-09 22:14 | 2015年1月大邱 | Comments(0)

新年★冬の大邱 琵瑟(ピスル)山の大見寺(대견사/テギョンサ)

大邱2日目は達城郡の琵瑟(ピスル)山へ。

山の中腹からシャトルバスがあるというので予定変更! 本当の目的は別の場所なんだけどね~。^^; 山頂にある大見寺まで行ってみることにしました。

a0140305_2311532.jpg
下から見上げる大見寺。(大邱有形文化財第42号)
a0140305_1334660.jpg
くねくねの山道をシャトルバスがドンドン上がって行きます。こんな道、私はとても運転できない!!(>o<")
a0140305_23124161.jpg
頂上近くから見たところ。  おおっ!! まさに天空の寺!!
a0140305_23594080.jpg
着いた瞬間、下界とは違う空気を感じました。 言葉で言えないパワーを感じる!
a0140305_0253488.jpg
断崖絶壁の一枚岩の上に立つ三重塔。
a0140305_026197.jpg
標高約1000m! 足がすくむ~! 丸ちゃん、気をつけて~!(>o<")
a0140305_135410.jpg
 
a0140305_011594.jpg
見下ろすと岩がゴロゴロ・・・琵瑟(ピスル)山の岩は氷河期後期のもので天然記念物になっているそうです。
a0140305_136253.jpg
お寺は巨大な岩に囲まれていて、
a0140305_1364124.jpg
岩のあいだを上りつめると・・・
a0140305_0405189.jpg
この絶景!  別世界に来たみたい!
a0140305_02522.jpg
反対側を見下ろすと、ツツジ野原になっていて、春には山が濃いピンク色に染まるのだそうです。 見たい!見たい!絶対見たい!
a0140305_031563.jpg
大見寺は唐の皇帝が作った寺で、「大きな国(中国)から見たお寺」という意味だそうです。
a0140305_034171.jpg
新羅時代に建てられ、二度の火災にみまわれ三重塔だけが残っていましたが、昨年3月、お寺が再建されました。
a0140305_1385786.jpg
丸ちゃん、何を祈っているのかなぁ?
a0140305_093856.jpg
琵瑟(ピスル)山には仙人が棲むと言われています。「きっとここには本当に仙人がいますね~。」by 丸ちゃん。
a0140305_224576.jpg
「ここに来たということは、あなたはここに縁があるのですよ!」と運転手さんが言って下さいました。

ありがとう! ここに来れて本当に良かった!!
a0140305_235962.jpg
おっぱいに似た山を眺めながら下山しました。オモニの山と呼ばれるそうです。
a0140305_0563977.jpg
最後に、運転手さんが送って下さった美しい夕暮れの写真を。

天空の寺、大見寺! 一見の価値有り!


車の行けるところからお寺までは、もちろん歩くこともできます。一時間はかかるかなぁ?現在は一日に数本のシャトルバスしかありませんが、今年の2月か3月には電気自動車が走る予定だそうです。

a0140305_165342.jpg


----------- 大見寺(대견사/テギョンサ) ----------
大邱広域市 逹城郡 瑜伽面 竜鳳里 山1

*私たちは地下鉄1号線の終点大谷駅まで行き、タクシーでピスル山休養林入口まで移動しました。
 タクシー料金は17000ウォンほど。 ただし、帰りが空車になるため、値段交渉が必要な場合があります。
by yukiful-xmas | 2015-01-08 23:09 | 2015年1月大邱 | Comments(2)

新年★冬の大邱 安心湿地②

昨日の続き。

タクシーを降りて歩き出すと、レンコン畑が広がりました。
a0140305_1173825.jpg
大邱のレンコン農家は、達城郡とこの安心地区に集中しており、全国のレンコン栽培面積の44%、市場占有率の34%をしめています。以前、レンコン料理の専門店をご紹介しましたが、いまやレンコンはりんごを抜く大邱の特産物です。
a0140305_120211.jpg
蓮根畑の先に池がありました。
a0140305_121175.jpg
水面の色が2層になっているのは半分凍っているから。穏やかなお天気だけど気温は低いんだ。。。
a0140305_122237.jpg
道路に沿って線路があり、時おり電車が通って行きます。
a0140305_123613.jpg
散歩中の老夫婦以外、ほとんど人影はありません。
a0140305_124315.jpg
池の向こうに川が流れていました。
a0140305_1253558.jpg
川の中州には雁の群れが・・・川岸から離れているので写真はうまく撮れてませんが。
a0140305_127506.jpg
だんだんと日が落ちて、美しい湿地の夕暮れになりました。
a0140305_1284020.jpg
何もないなんて・・・こんなにキレイな景色があるじゃない!!
a0140305_1364340.jpg
帰り道にみた廃墟。
a0140305_1371176.jpg
あ~~~~っ白鳥だぁ!!  とシャッター押したが間に合わず・・・(>o<") 宝くじが当たったら望遠レンズ買う~~♪



ここでちょっと説明を。

安心湿地はかつて韓国の5大湿地のひとつだった達城湿地とともに大邱を代表する湿地帯です。

氷河期には巨大な湖で、年月が流れ達城と安心が沼地になったそうです。

いまや、自然の宝庫! カワウソやいろんな野鳥に出逢えるそうです。一日ゆっくりカメラをかまえて撮りたいな~♪
a0140305_1295295.jpg
今まで知らなかった大邱を見ることができました。

a0140305_0405441.jpg
-------- 安心湿地(안심습지) ---------
地下鉄1号線 安心駅(終点)より徒歩20分
私たちは安心駅からタクシーを利用しましたが、帰りは大きな道路まで歩かないとタクシーを拾うのは難しいかもしれません。 ^^;

*韓国の方がキレイな写真を載せておられますので、こちらもご覧になってみてくださ~い。 こちら




帰り道
by yukiful-xmas | 2015-01-07 23:01 | 2015年1月大邱 | Comments(4)

新年★冬の大邱 安心湿地①

「Yuckyさんおかえりなさ~い!」って丸ちゃんが迎えてくれました。 ただいま~♪(^^)
a0140305_23182999.jpg
新年明けて再び大邱に来ています。


秋の同窓会、年末の忘年会など去年のレポが残っていますが、とりあえずリアルタイムで!^^; 徐々にアップしていきますね~!


a0140305_2327255.jpg
大邱は雲ひとつない青空! 気温は2~3℃くらいかな? ヒヤリとしてますが空気がカラリとして気持ちいい~♪

東大邱駅の工事もずいぶん進んでいるようです。
a0140305_23302977.jpg
丸ちゃんとの待ち合わせは東大邱駅。釜山からの移動でお昼を食べ損なったので、駅であれこれ食べているうちに、日がだいぶ傾いてきました。・・・ってか、食べてばかりで駅から進まん!(笑)
a0140305_23402499.jpg
「いいかげんに行きましょう!」と地下鉄の駅へ向いました。行き先は地下鉄1号線の終点「安心駅」。

この「安心」という地名の由来ですが、高麗を建てた王建(ワンゴン)が敵の追撃から逃走し、この地に到達して安心したことから付いた、と言われています。(丸ちゃん情報)

駅の名前が安心!ってだけでホッとするのは何故!?(^^)
a0140305_0494681.jpg
ここからタクシーで目的地の安心湿地へ。 目的地を告げると、運転手さんがこう言いました。「あそこには何もないぞ!」
a0140305_054683.jpg
ホントだ、何もない!(笑)
a0140305_0545415.jpg
「あの~、Yuckyさん、こんなところに連れて来られて騙された~!って思ってませんか?」と丸ちゃんが心配そうに言いましたが・・・



ふふふ・・・続きは次の更新で!!(#^.^#)
by yukiful-xmas | 2015-01-06 01:11 | 2015年1月大邱 | Comments(4)