Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2018.11ソウル・楊平・江原道・江華( 34 )

2018年晩秋の旅 ㉙絶品オリ料理 & 伝統茶のタランチェ

江華島の最後のお食事は、こちらに案内してもらいました。

「ガイドブックにも載っていない地元の人しか知らないお店ですよ!」

うきゃ~、やっぱりジモティの情報が一番!
a0140305_13103213.jpg
カンファオリ(강화오리)

オリ料理のお店です。

オリは韓国語でアヒル、日本語で合鴨。

カモ? アヒル? どっちなんだぁ?121.png

ググってみたら、合鴨とは野生のマガモと家畜用のアヒルを交配させたもの、

やっぱりアヒルが近いのかなぁ?
a0140305_00520476.jpg
お店は白い壁のカワイイおうちです。
a0140305_00521700.jpg
メニューには硫黄鴨のお料理が並んでいますが・・・

私たちがいただいたのはメニュー右上のオフンチェサムカル(오훈제쌈칼)。

う~~ん、どう訳すのかなぁ?

アヒルの燻製野菜巻きカルククス  

の略?
a0140305_00524396.jpg
これです!

でっかい蒸籠がドーンと登場。
a0140305_00525082.jpg
中にはアヒルの燻製とお野菜が敷き詰められています。
a0140305_00532532.jpg
脂がのって見るからに美味しそう♪

蒸しあがったらアヒルちゃんを野菜で包み、
a0140305_00541913.jpg
甘酸っぱいマスタードソースに漬けて食べます。

このソースが鴨の脂っぽさを消してくれて、アッサリといただけるんです。

スモークの香りもめっちゃいい!
a0140305_00564414.jpg
「オーナーさんの料理の腕がいいので、どのおかずも美味しいんですよ!」

確かに!

私は手前にある鱈のジョンが、Sちゃんはその隣の梅のキムチがたいそう気に入りまして・・・

赤かぶのスンムキムチもあるし、左下のリンゴのサラダには栗がタップリ入っています。

ホントにどれも美味しい。



そして、最後のお楽しみは・・・
a0140305_00550928.jpg
ククス(うどん)!

お出汁は干し鱈とムール貝からとった海鮮ベース。

それに、蒸籠から落ちたアヒルと野菜のエキスが加わって、

美味しくないはずないじゃない!111.png
a0140305_01004251.jpg
なかなか味わえない味ですね。

濃厚なスープで身体もポカポカ・・・102.png

ごちそうさまでした!

174.pngカンファオリ(강화 오리)
仁川広域市 江華郡 仏恩面 海岸東路 443
(인천광역시 강화군 불은면 해안동로 443)
℡ 032-937-8811
営業時間 11:00~21:00
 コネスト地図


食事の後は、伝統茶のお店へ。
a0140305_01270417.jpg
車から降りたSちゃん、思わず深呼吸!

それくらい気持ちがいーーーんです。
a0140305_01224404.jpg
タランチェ(다랑채)

江華島で1位、2位を争う人気店だそうです。
a0140305_01351302.jpg
お店の入口にはオーナーさんが集めてきた雑貨や小物が売られています。
a0140305_13342280.jpg
お席は個室になっていて・・・
a0140305_01082258.jpg
こちらはテーブルのお部屋、
a0140305_13355619.jpg
私たちはオンドルのお部屋にしました。
a0140305_13364901.jpg
くつろいでいます。(笑)
a0140305_13373146.jpg
窓から見えるのどかな田園風景!
a0140305_01450011.jpg
最初にそば茶と油菓(ユガ)が出てきました。

これはお店からのサービスです。

そして、
a0140305_01093259.jpg
Sちゃんはテチュ(なつめ)茶を。
a0140305_01093873.jpg
竹岡さんは柚子レモン茶を。
a0140305_01092765.jpg
私はサンファ茶を。 

ナツメがバラの花びらみたいでしょう!?101.png
a0140305_01115641.jpg
できたてのお餅もサービスで出してくださいました。

モチモチしてすごく美味しい。
a0140305_01143230.jpg

心の贅沢って、こういう時間を言うのでしょうか?

174.pngタランチェ(다랑채)
仁川広域市 江華郡 仙源面 仙源寺址路51番キル 24
인천광역시 강화군 선원면 仙源寺 사지로 51번길 24
℡ 032-934-8460
営業時間 12:00~23:00
年中無休
コネスト地図



江華島の旅はこれにて終了。
 
昨年のうちにレポを終わらせるつもりだったのですが、年をまたいでしまいました。

だって良いところばかりで、レポの手抜きができないんだもん!(笑)


レポは長くなりましたが、江華島で過ごしたのはたったの1日半、

ギュッと中味の濃い旅になりました。

これも全て竹岡さん👇のおかげです。

a0140305_14081549.jpg

ここで改めて紹介しますと・・・

竹岡さんは江華島の旅行コーディネーターをされています。

コースにもよりますが、一日のアテンド料は15万₩、

3~4人でお願いすれば料金もリーゾナブルです。


*人数が多い時は、マイクロバスをチャーターして対応可能(チャーター料別途)

*竹岡さんの食費、入場料などはお客様の負担になります。

*仁川空港、金浦空港でのピックアップ可能、私たちは金浦空港まで送っていただきました。


江華島は、バスはあるのですが本数が少なく、また流しのタクシーも走っていないので、

時間を無駄なく満喫するには、個人のガイドさんと回るのがいいかなぁと思います。

竹岡さんへのガイドの依頼、ご質問などはLINEでできます。

ID ako8827

お友だちなので回し者みたいですけど、^^; 

でも、とってもおススメです。

江華島に興味のある方はお気軽にお問合せくださいね!



これにて2018年11月のソウル・楊平・江原道・江華島のレポは全て終了です。

読んでくださりありがとうございました。


by yukiful-xmas | 2019-01-11 14:31 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉘韓屋の大聖堂 江華聖堂

市場を見た後「ちょっと時間があるので、もう一ヶ所行きましょう!」
 
と竹岡さんが案内してくれたのは・・・
a0140305_00450598.jpg
江華聖堂(강화성당)

韓国で最初に建てられた韓屋式の大聖堂です。
a0140305_12562800.jpg
階段にアーティスティックな影を落としている手すり。

これだけまだ新しいぞ、と思ったら・・・

なんとなんと、太平洋戦争の頃、物資調達のため、日本軍が手すりを押収しちゃったんですね。

それを知った日本聖堂会が2010年に手すりを復元したそうです。
a0140305_01182131.jpg
階段の上の門をくぐります。
a0140305_13023504.jpg
門を入って左手にはお寺のような釣鐘、

教会の鐘にしては、ちとイメージが違いますが・・・

彫られている柄は十字架っぽいですね。
a0140305_00475831.jpg
その奥が本堂です。

韓国に宣教師が入ってきたのは1860年、

聖公会が韓国に初めて伝わってきたのが1890年、

*聖公会・・・イングランド国教会の系統に属するキリスト教の教派。

聖公会のイギリス人神父が、韓屋を自宅兼教会として買い取り布教を始めたのが1893年。

現在の建物ができたのは1900年に入ってからです。

ご覧のように外観は完全な韓屋ですが・・・
a0140305_00481305.jpg
中に入るとガラリと雰囲気が変わります。

「聖堂」は「世界を救う箱舟」の意味があることから、船の形をまねているとか。

そう言われれば船っぽいかな?
a0140305_00505585.jpg
華やかさはありませんが、なんとも厳かな雰囲気。
a0140305_00483927.jpg
形は西洋式ですが、韓国の伝統技法で造られています。
a0140305_00572943.jpg
古いオルガン、今も使われているのかなぁ?

吹き抜けのガラス窓から入ってくる陽の光に温かさを感じます。
a0140305_00510145.jpg
現在は、椅子が置かれていますが、以前は床に直に座っていたそうです。
a0140305_00483208.jpg
壁際には昔の写真が展示してありました。
a0140305_01420376.jpg

もう一度外に出てみました。
a0140305_01315644.jpg
アーチ型のドアは西洋のテイスト。
a0140305_00494160.jpg
韓屋に十字架、
a0140305_01085981.jpg
屋根の垂木にも十字架が描かれています。
a0140305_01431506.jpg
お庭からは別の教会も見えます。


江華聖堂、

印象に残る韓洋折衷の美しい建物でした。

174.png大韓聖公会江華聖堂(대한성공회 강화성당)
仁川広域市 江華郡 江華邑 官庁キル 27番キル 10
( 인천광역시 강화군 강화읍 관청길27번길 10)
℡ 032-930-3627
観覧時間 10:00~18:00  

by yukiful-xmas | 2019-01-08 10:01 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉗江華島の市場巡り

続いては江華島の市場巡りです。

まずは・・・
a0140305_00100090.jpg
江華高麗人参センター(강화 인삼센터)

江華島は高麗人参の産地として知られています。

江華島で高麗人参が初めて栽培されたのは1232年頃、長い歴史があるんですね。

そして朝鮮戦争の後、北朝鮮の開城(ケソン)から避難してきた人たちが、

栽培するようになって「6年根」が定着しました。

海に囲まれた江華島の気候と土質が高麗人参の栽培に適しているのだそうです。
a0140305_00103383.jpg
これが江華島の6年根、

ずっしりデカい!

見るからに栄養がありそうです。
a0140305_00101028.jpg
高麗人参センターには53店舗のお店が入っていて、加工品も豊富に揃っていました。

私は体質的に高麗人参はNGなので、お値段を見るのを忘れちゃったのですが・・・105.png

日本では高価な高麗人参、江華島のお土産にもってこいだと思います。101.png

174.png江華高麗人参センター(강화 인삼센터)
仁川広域市 江華郡 江華邑 江華大路335
(인천광역시 강화군 강화읍 강화대로 335)
 ℡ 032-933-5001~4
営業時間 7:00~19:30
年中無休


高麗人参センターの外には露店が出ています。 
a0140305_11560485.jpg
ちょっと覗いてみると・・・
a0140305_00122756.jpg
江華島の特産物、赤かぶ(スンム/순무)が山積み!

ちょうど旬をむかえていました。
a0140305_00123244.jpg
まだ土がついてて掘りたてのホヤホヤです。

1日目の韓定食で、この赤かぶのキムチ(スンムキムチ)をいただきましたが、

かぶ独特のほろ苦さと香りが美味しくて、ついついご飯がすすんでしまいました。

カリッとした歯ざわりもいいんです。

ビタミン豊富で消化を促すだけでなく、肌に良いということで「畑の化粧品」とも呼ばれているとか。

何故か他のところで栽培しても、江華島ほど美味しく育たないそうですよ。


そして露店の先には・・・
a0140305_12012559.jpg
江華風物市場(カンファプンムルシジャン / 강화풍물시장)

という伝統市場があります。
a0140305_00223200.jpg
海の幸が豊富なことはもう言うまでもありません。
a0140305_00223621.jpg
おーーーーっ、エビ祭り!

ここは江華島の自然の恵みの宝庫ですネ~。
a0140305_00221466.jpg
カ~~~ッと豪快にかき混ぜてキムチを漬けているお店も。
a0140305_00224650.jpg
全部連れて帰りたいなぁ。
a0140305_12054613.jpg
寒いから持ち帰れるかな?ってことで、赤かぶのキムチ(スンムキムチ)を買いました。

帰国後、すぐになくなっちゃいましたが・・・

少しは美肌になったかなぁ?112.png
a0140305_12082329.jpg
果物も豊富にありました。

日当たりが良く、寒暖の差が激しく、雪山では凍ったり溶けたり・・・

そんな江華島の気候が、フルーツや野菜を美味しくするんですって!
a0140305_00293164.jpg
2階は食堂街になっていて、江華島の郷土料理がいただけます。
a0140305_00240780.jpg
花ござのお店や(ここなら買えそう!)
a0140305_00295120.jpg
韓方の薬材屋さんも
a0140305_12121718.jpg

バスターミナルのすぐ近くなので、帰り際のお買い物に便利!

2と7の付く日には五日市も開かれています。

江華島ならではのお土産をGETするには、やっぱり市場ですね。

174.png江華風物市場(カンファプンムルシジャン / 강화풍물시장)
仁川広域市 江華郡 江華邑 中央路 17-9
(인천광역시 강화군 강화읍 중앙로 17-9)
℡ 032-934-1318
営業時間 9:00~20:00
休業日 第3月曜

by yukiful-xmas | 2019-01-07 09:12 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉖韓国最大のパワースポット摩尼山 そして干潟

2019年のレポを始めま~す。

前回のレポ2018年晩秋の旅 ㉕江華島の超絶品カンジャンケジャンの続きです。


カンジャンケジャンに舌鼓をうち、塩水の温泉につかってぐっすり休みました。



そして2日目の朝、

早起きをして 摩尼山 (マニサン / 마니산)に向かいました。

韓国で最も「気」が強い場所と言われています。

「韓国の人にとって摩尼山 はとても大切な場所なんです。」

という竹岡さんの言葉を聞いて、私もSちゃんも行ってみたくなり・・・

急なリクエストに応じてくださって竹岡さんに感謝!
a0140305_00045632.jpg
朝もやの江華島、なんて幻想的なんでしょう!
a0140305_00352156.jpg
約1時間ほどで摩尼山に到着しました。

入山料2000₩を支払い、山に入っていきます。
a0140305_00353785.jpg
最初はなだらかな坂が続きます。

この時、11月にもかかわらず気温はマイナス一度。

キーーーンと冷たい!
a0140305_00355145.jpg
しばらく行くと、竹岡さんがおもむろにコーヒーとおやつを出してくれました。

朝ご飯がまだだったので嬉しい~♪

こうした竹岡さんの心配りが、江華島をいっそう好きにさせてくれるんですよね。
a0140305_00360578.jpg
ふ~~~~っ!

あったまる~!
a0140305_00364039.jpg
さらに進むとだんだん険しくなってきました。

標高約470m、登山口から山頂までは約1時間半ほどの道のりです。
a0140305_03422924.jpg

山頂には、伝説上の古朝鮮の王、檀君(ダンクン)が天を祀ったとされる祭壇(塹星壇)があります。

「聖なる場所」ということで、毎年行われる韓国国民体育大会の聖火リレーの点火式は
ここで行なわれています。

できればここまで行きたかったのですが・・・
a0140305_00380209.jpg
残念ながら時間の都合でここまで!
a0140305_00363576.jpg
ほんの少ししか登りませんでしたが、

気持ち良かった~♪

摩尼山の「気」をたくさんいただいて、パワーをチャージ!

174.png摩尼山(マニサン / 마니산)
仁川広域市 江華郡 華道面 磨尼山路675番キル 18, 一帯
(인천광역시 강화군 화도면 마니산로675번길 18, 일대)
a0140305_00062458.jpg
再び竹岡号に乗り込んで、次の場所へと向かいます。

信号がないのでスイスイと快適!

そうそう江華島の景色って、なんとなく日本と似てるんですよね。
a0140305_00070848.jpg
走り出してわすが5分、竹岡さんが車を停めました。

「ちょっと降りてみましょう!」

そこには広大な干潟が広がっていました。

ひろ~~~い!146.png

それもそのはず、江華の干潟は世界5大干潟の一つ、なのです。
a0140305_03440255.jpg
「海の幸も豊富なのでしょうネ?」

「ハイ、車エビの養殖もおこなわれているんですよ。」

あ”~~~、車エビ、食べそこなった~!135.png


数年前に海岸沿いの道路が整備され、夏には海水浴に訪れる人も多いとか。
a0140305_00074777.jpg
江華島の山と海にバンザーイ!!


174.png江華島干潟
仁川広域市 江華郡 華道面 海岸南路, 一帯
(인천광역시 강화군 화도면 해안남로, 일대)
江華島の南側にあります。
a0140305_03383968.jpg

by yukiful-xmas | 2019-01-06 10:38 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(4)

2018年晩秋の旅 ㉕江華島の超絶品カンジャンケジャン

どっぷりと日が暮れました。


竹岡さんがお夕飯にチョイスくれたのは、

カンジャンケジャン!

ヤッタ~~~!!113.png
a0140305_01203189.jpg
プルンオンドッ (푸른언덕)

ポツンポツンと灯りは見えますが、これといって目印になる物もなく、車も時々通るくらい。

地元の人に連れて来てもらわなければ、とても来れそうにありません。
a0140305_01205163.jpg
入りま~す!
a0140305_01262527.jpg
中は地元のお客さんで賑わっています。
a0140305_02242502.jpg
竹岡さんが予約してくださっていたようで、奥の座敷に通されました。
a0140305_01331263.jpg

ケジャンペッパンを2人分(左上)と焼き魚定食を1人分(右上)をオーダーしました。

ケジャンペッパンはカンジャンケジャン定食みたいな感じ。

22000ウォン!

安いっ!!
a0140305_01352050.jpg
まず最初にカンジャンケジャンが登場!

うわ~~っ、めちゃキレイ! 新鮮なのが見ただけでわかる!
a0140305_01355939.jpg
甘~~~~い!

生臭さは全くありません。 

お醤油もしょっぱくなくて、ちょうどいい!
a0140305_01320258.jpg
卵もタップリ!

う~~~~~ん!

なんて幸せ!113.png

a0140305_02295836.jpg
パリッと焼けた焼き鯖。

韓国に来ると3日目くらいに、どうしても焼き魚が食べたくなるのです。

a0140305_01313024.jpg
そしてこのシレギクッ(乾した大根葉のスープ)の美味しいことといったら!
a0140305_01315078.jpg
他のバンチャンも全部手づくり。 どのおかずも美味し~!

カンジャンケジャンが22000₩だなんて、江華島ならでは!

これを食べるためだけに江華島へ行きたいくらい!

174.pngプルンオンドッ (푸른언덕)
仁川広域市 江華郡 松海面 江華大路 671
(인천광역시 강화군 송해면 강화대로 671)
℡ 032-934-2151
営業時間 11:00~21:00
店休日 旧正月と秋夕とその前後
コネスト地図

a0140305_01445333.jpg
食事の後は、江華島に温泉があると聞いて、急遽行ってみることにしました。
a0140305_01374888.jpg
その途中で立ち寄った江華山城の南門。 コネスト地図
a0140305_01453158.jpg
しばらく夜のドライブを楽しんで到着しました。

小さな食堂街の奥にスパがあります。
a0140305_01392024.jpg
カンファヘスレンド(강화해수랜드)

竹岡さんは常にお風呂セットを車に積んでおられるようで「私も一緒に入りま~す!」と。
a0140305_01450932.jpg
a0140305_01190355.jpg
写真はここまで!

店名の해수(海水)どおり、お湯は地下560mからくみ上げられた海水を使ってあります。

なのでお湯がしょっぱいの。122.png

水質はミネラルが豊富で、デトックスや解毒効果があり、血液の循環を良くし、お肌にいいとか。

何よりお風呂は旅の疲れがとれますね。

あ、そうそう、持って来たリンスがなくなってしまい、隣の人にリンスを借りたんですけど、

どうぞどうぞたくさん使って~!と快く貸してくれました。

裸の付き合い? 

いいね~!102.png

チムチルバンもありまーす。

174.pngカンファヘスレンド(강화해수랜드)
仁川広域市 江華郡 吉祥面 海岸南路 13-11
(인천광역시 강화군 길상면 해안남로 13-12)
℡ 032-937-9721
24時間営業 
年中無休
a0140305_02061380.jpg
お宿はリーゾナブルなところを、と竹岡さんにお願いしたら、

こちらを紹介してくださいました。
a0140305_02062129.jpg
ヒューモーテル(휴 모텔)
a0140305_01550902.jpg
仁川市から「優秀」と認定を受けてますね。
a0140305_01460320.jpg
外観よりも中はキレイ。 廊下も明るいし、
a0140305_01463562.jpg
お部屋もベッドも広くて快適!
a0140305_01464327.jpg
窓の向こうには畑が広がっていて、大きな病院が見えました。
a0140305_01470005.jpg
アメニティはモーテル仕様。
a0140305_01465171.jpg
バスタブも付いてます。

でも、翌朝話したら、Sちゃんのお部屋にはバスタブがついてなかったらしく・・・

同じ料金なのにね。

フロントでバスタブ付き!とリクエストしたらいいかもしれません。

a0140305_01534258.jpg
一般室は4万₩から。

申し分のないお宿でした。

バスターミナルから近いし、江華島に行く時はまた利用したいと思いま~す。

174.pngヒューモーテル(휴모텔)
 仁川広域市 江華郡 江華邑 忠烈祠路 11 
(인천광역시 강화군 강화읍 충렬사로 11)
℡ 032-933-0710
コネスト地図

a0140305_02035044.jpg

by yukiful-xmas | 2018-12-30 10:05 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(3)

2018年晩秋の旅 ㉔江華山城と人気カフェ109ハウス

江華島のレポを再開しま~す。

花紋席文化館、江華島コインドルを観たあとは・・・

こちらへ 👇
a0140305_02222856.jpg
江華山城(カンファサンソン/강화산성)

13世紀前半、元が朝鮮半島に侵攻してきたため(モンゴルの高麗侵攻)

1232年、首都の開城を放棄し、江華島への遷都が行われました。

この時、モンゴルの侵入に備えるべく築かれたのが江華山城です。 

ここはその北門になります。

a0140305_00524557.jpg
残念ながらお城は残っていませんが、復元された東西南北の城門と

非常用の暗門4ヶ所、水門2ヶ所が残っています。


門の前のアジョッシ!

ここから動きません。どいて、どいて~、写真を撮らせて~!(心の叫び)119.png

どうやら布教活動をしているらしく・・・

なんでここで~? 143.png

それはさておき・・・
a0140305_00532986.jpg
まぁ、なんとなんと真っ赤な絨毯!
a0140305_00525589.jpg
江華島の紅葉はもうほとんど終わっていたのですが、

不思議とここだけ残っていました。

なんて美しい♪
a0140305_00533867.jpg
さっそく山城を登っていきま~す。

息が切れる・・・=3=3
a0140305_01034556.jpg
ここまで登ると、遠くにうっすら北朝鮮が見えます。

a0140305_01035465.jpg
山城は全長約7㎞
a0140305_01041193.jpg
ここに都があった時代、江華島はどんな姿だったのか?

そんなことを想像しながら記念撮影。101.png

174.png江華山城北門(강화산성 북문)
仁川広域市 江華郡 江華邑 菊花里
(인천광역시 강화군 강화읍 국화리)
コネスト地図

a0140305_01071375.jpg
再び竹岡さんの車に乗り込み、次の場所へ向かいます。

江華島のエキスパートがアテンドしてくれるので、コースはすべてお任せです。

次はどこへ行くのかなぁ?と後部座席でワクワク 
a0140305_01112284.jpg
途中、学校を通りがかりました。

江華島の子どもたちって自然の中でのびのびと遊んでいるんだろうなぁ、

なんて思っていたのですが、

とんでもなかった!122.png

朝は0時限目から授業があり、放課後は夜10時まで授業、夜も学校で給食を食べ、

そして、学校が終わったらそのまま塾・・・

私立も公立も、それが普通なんですって!

江華島の学校事情、正直驚いてしまいました。


そんな話を聞きながら・・・
a0140305_01120485.jpg
着きました~!

109ハウス(109하우스)
a0140305_01124942.jpg
江華島で人気ナンバーワンのカフェだそうです。
a0140305_01131617.jpg
そりゃあそうだわ、この景色!
a0140305_02495566.jpg
この日は平日だったので、お客は私たちともう一人だけでしたが、

週末はものすごく混み合うそうです。
a0140305_01141568.jpg
テレビに映っているのは暖炉の火・・・
a0140305_01142771.jpg
暖かくないけどね。(笑)

でも、火を見るだけでホッコリします。
a0140305_01132488.jpg
オーダーはアメリカン、

お菓子はソウルでヘカコねーさまにいただいた鎌倉のお菓子。

(ここのお菓子、すご~く美味しかった!111.png
a0140305_01133611.jpg
だんだんと陽が落ちてきました。
a0140305_02470050.jpg
コーヒーをいただきながら、静かに太陽を見守ります。
a0140305_01154713.jpg
今日一日に感謝! 

江華島に来られたことに感謝!

そして、この美しい夕陽を見せてくれた竹岡さんに感謝です♪


174.png109ハウス(109하우스)
仁川広域市 江華郡 良道面 海岸西路 540
(인천광역시 강화군 양도면 해안서로 540)
℡ 032-9378-109
営業時間 10:00~23:00(冬季 ~21:00)
年中無休
*営業時間は変更になることもあります。
コネスト地図

a0140305_03112493.jpg



by yukiful-xmas | 2018-12-28 13:41 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉓江華島の伝統工芸「花紋席」と世界遺産「コインドル」

美味しいランチでお腹を満たし、江華島の旅は続きます。

竹岡さんの車に乗り込んで、いざ出発!

その途中・・・
a0140305_00111708.jpg
「ここは江華島の繁華街ですョ~。」

江華島で建物が密集して建っているのはこの辺だけかな?
a0140305_00113320.jpg
次の目的地に着きました~!

花紋席文化館(ファムンソッムナグァン / 화문석문화관)


花紋席(ファムンソッ)とは、高麗時代から受け継がれてきた江華島の伝統工芸で、

日本でいう「花ござ」です。

江華島でとれる莞草(ワンチョ)という草で編まれています。
a0140305_02240202.jpg
花紋席は、古くから家内手工業として作られていましたが、

高麗時代の39年間(1232~1270)、江華島が首都だった時に

江華島に移り住んできた王族や官僚のために高級品が作られるようになり、

その技術が発達しました。
a0140305_02080276.jpg
これが材料になる莞草(ワンチョ)、

イ草より太いのが特徴です。
a0140305_00173846.jpg
製造過程をジオラマで再現してあります。
a0140305_02092214.jpg
展示室には大小さまざまな作品が展示してありました。
a0140305_00302754.jpg
敷物だけどタペストリーみたいですね。
a0140305_00305669.jpg
ズ~~~~~ム!👀

確かに日本のござより目が大きいかも。
a0140305_00322613.jpg
江華島の特産物、高麗人参やスンム(赤かぶ)、よくできていますね~。
a0140305_00322114.jpg
染色の技術は、日本から学んだそうです。
a0140305_02083909.jpg
以前は嫁入り道具のひとつでもありました。 

でも、今は需要が減ってしまったようです。
a0140305_02591227.jpg
作品の一部は販売されています。

記念にひとつ買って帰ろうかな?と思いましたがお値段が・・・^^;

一番小さな小物入れで120000₩!!
a0140305_00364164.jpg
でも、製作日数を見れば納得。

お土産に良さそうなストラップやアクセサリーもあったのですが・・・

係りの人がどこにもいにゃい。105.png
a0140305_03023494.jpg
現代風な作品も。 

今はコンピューターで図案を作るそうですよ。
a0140305_02093538.jpg
予約をすれば、花ござ作りの体験もできます。
a0140305_02081178.jpg
海に沈む夕陽、

ござとは思えない美しさでした。

174.png花紋席文化館(화문석문화관)
仁川広域市 江華郡 松海面 長井陽五キル 413
(인천광역시 강화군 송해면 장정양오길 413)
℡ 032-930-7060~7061
営業時間 3~11月 9:00~18:00、12~2月 9:00~17:00
休業日 1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の当日
コネスト地図
博物館の入場料は1000₩、日本語のパンフレットがありま~す。


伝統工芸品の後は、江華島の世界遺産です。
a0140305_01345857.jpg
ひろ~い公園に着きました。

その中央に・・・
a0140305_01401160.jpg
コインドル(도고인)

日本語で書くと支石墓、つまりお墓です。 

祭祀の時の祭壇にも使われていました。

斜めってますけどネ、れっきとした世界遺産です!

2000年11月に韓国全土のコインドルがユネスコの世界遺産に登録されました。

a0140305_01354676.jpg
それにしても、江華島のはでかいわ~っ!150.png

韓国一の大きさですって!

約3000年前(人は住んでいたけれど記録がない時代)のもので、

人口約3000人規模の村の村長の墓で、成人500人を動員して作られた、と言われています。
a0140305_01355670.jpg
コインドルの作り方が書いてありました。

う~ん、なるほど!! 土を盛って蓋石をのせるのか!

コインドルを見るたびに、上の石はどうやって乗せたんだろう?

って思っていたのです。

だって、どう見たって重さの単位はトンですよトン!

ここにきて謎が解けました。

a0140305_01394685.jpg
江華島では高麗山を中心になんと120基のコインドルが見つかっています。

・・・ってことで、

江華島に行ったらコインドルは必見ですネ!

174.png江華島支石墓(강화도고인돌)
仁川広域市 江華郡 河岾面 江華大路 994-12
(인천광역시 강화군 하점면 강화대로 994-12)
コネスト地図

a0140305_01273931.jpg

by yukiful-xmas | 2018-12-19 00:26 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉒江華島の絶品アザミご飯

燕尾亭を後にして、ランチを食べに向かいまーす。

江華島のグルメ、楽しみ~♪104.png
a0140305_02302571.jpg
レストランに向かう途中、漢江沿いの道路には有刺鉄線が張り巡らされていました。

これがなければ本当にのどかな田園風景なんですが・・・

「真夜中に数十台の戦車が走ることもあるんですよ。」

そんな話を聞くと「国境という緊張感」を感じますが、

もちろん観光するのになんの支障もありませ~ん!
a0140305_00025674.jpg
竹岡さんがランチに選んでくれたのは、ここです。👆

メチュコッチラン(메주꽃이랑)
a0140305_00033014.jpg
店内にはテーブル席と小上がりの席があります。

奥のお部屋でゆっくり座っていただくことにしました。
a0140305_00062519.jpg
迷う間もなく、竹岡さんがアザミご飯(10000₩)をオーダーしてくださいました。

(オーダーは2人前以上)
a0140305_00051610.jpg
まず登場したのがヨモギのチヂミ!

さっすが江華島! 江華島といえばヨモギです!

ヨモギの爽やかな香りが口の中いっぱいにひろがりました。
a0140305_03140769.jpg
赤カブと大根葉のキムチ

赤かぶは江華島の特産物で、ちょうど旬を迎えていました。

キムチにする時は、白菜のように塩漬けにはせず、直接ヤンニョムをつけて作るそうです。

口に入れると、まずカブの香りがプーンときて、その後にツーンと辛さがきます。

美味しい♪
a0140305_15200442.jpg
大好きなクルビ(イシモチ)も。
a0140305_00053364.jpg
次々におかずが出てきました。

ごぼうとシレギはテンジャン味、細切りの大根は柚子味、どれも家庭的なお味です。

ここのおかず、ぜ~~んぶ美味しい~!

a0140305_00082394.jpg
特にテンジャンチゲは絶品!
a0140305_00094065.jpg
そして、湯気に包まれたアザミご飯。

今までいろんなところでアザミご飯をいただきましたが、断トツの一位!

こんなに香りのいいアザミは初めて!
a0140305_00102755.jpg
好みでタレをかけてもよし! 海苔に包んでもよし!

江華島のアザミご飯にすっかりやられてしまいました。
a0140305_00044079.jpg
レジの横でアミの塩辛が売られていました。(小1㎏15000₩、大2㎏30000₩)

見るからにキレイ! 

江華島のアミの生産高は、国内第2位を誇ります。

ちなみに、さっき燕尾亭から見た漢江の下流の水は、塩分を含んでいて

アミの材料にする小さいエビがたくさんいるのだそうです。

ううう~~、買って帰りたい!!106.png




江華島の一食目、本当に美味しかったです。

顔がほころんでいたと思いま~す。102.png

174.pngメチュコッチラン(메주꽃이랑)
仁川広域市 江華郡 江華邑 海岸東路 1381
(인천광역시 강화군 강화읍 해안동로 1381)
℡ 032-933-1237
営業時間 10:30~21:00
コネスト地図



by yukiful-xmas | 2018-12-17 23:32 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ㉑初めて見る北朝鮮! 燕尾亭より

竹岡さんの車に乗り込んで「江華島ツアー」に出発でーす!

a0140305_02360483.jpg
走り出してまず最初に見たものは・・・

ダイソー! 144.png

江華島にもあるんですね!
a0140305_02311701.jpg
10分ほどで最初の目的地に到着しました。
a0140305_01590164.jpg
古い石の城壁が張り巡らされています。

この先には何があるのだろう? とワクワクしながら登って行くと・・・
a0140305_02010932.jpg
小高い丘に古い東屋が建っていました。

燕尾亭(ヨンミジョン/연미정)(仁川広域市有形文化財第24号)

高麗時代、高宗という王様が、九斎(私塾)の学生を集め、学問をさせた場所だそうです。

軍事保護区域に指定されているため、長い間一般の立ち入りが制限されていましたが、

今は自由に入れるようになっています。
a0140305_03331967.jpg
東屋のわきには樹齢500年のケヤキの木、のびのびと枝を広げています。


そして、なんとここからは北朝鮮が見えるんです。

城壁の向こう側を望みま~す。
a0140305_02283622.jpg
見えているのは漢江の下流、江華海峡とも呼ばれています。

川を挟んだ対岸は、京畿道の金浦市です。


そして、こんなにのどかな景色の中に有刺鉄線が見えます。

そうだ! ここは国境なんだ!


視線を左に移すと・・・
a0140305_03480857.jpg
島が見えます。

韓国にも北朝鮮にも属さない島だそうです。

それを挟んで右が韓国、そして左が北朝鮮!
a0140305_02015580.jpg
ひゃ~っ、北朝鮮がこんなに近いとは!?144.png

「一番近いところは1.8㎞しか離れていないんです。

水害の時に、北から牛や人が流れてきたこともあるんですよ。

江華島には北に帰れなくなった人や脱北者がたくさん住んでいるんです。」
a0140305_21472557.jpg

竹岡さんが指さしているところが、私たちがいる燕尾亭(ヨンミジョン)、

この上流で漢江(ハンガン)と臨津江(イムジンガン)が合流し、

西海へと流れています。

潮の流れがいいので魚がたくさんいるそうですが、

国境があるため漁業は禁止!
a0140305_17110464.jpg

なので、魚を求めてたくさんの水鳥が集まってきています。(見えるかな~?)

鳥のさえずりがチュンチュン聞こえています。


ところで、臨津江、イムジンガン、イムジン河!?

どこか聞き覚えのある名前だなぁ?と思ったら、

 そうだこれだ!



フォーク・クルセダーズの「イムジン河」(1968年ごろ)

分断された朝鮮半島のことを歌ったため、発売禁止、放送禁止になりました。

当時、まだ子どもだったので、何もわかっていませんでしたが、

リバイバルで歌われたのを覚えています。


「水鳥は自由に飛んでいるのに、なぜ人は自由に行くことができないのか?

なぜ祖国は二つに分かれてしまったのか?」

あの歌は、こんな景色を眺めながら、祖国の平和を願ってつくられたのかもしれません。



江華島から話がちょっとそれましたが・・・


初めて見る北朝鮮!

テレビの報道を思い出すと複雑な思いですが・・・

北と南の国境はこんな美しいところにあるんだなぁと思いながら、ここを後にしました。

174.png燕尾亭(ヨンミジョン/연미정)
仁川広域市 江華郡 江華邑 月串里
(인천광역시 강화군 강화읍 월곳리 242)
コネスト地図

a0140305_01583831.jpg
燕尾亭にはバスターミナルからバスが出ています。


by yukiful-xmas | 2018-12-16 17:12 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(0)

2018年晩秋の旅 ⑳江華島へカジャー!

韓国滞在5日目と6日目は江華島(カンファド/강화도)へ行ってきました。

ず~っと行ってみたかったんです、カンファ!113.png

でも、個人で行くには不便と聞いて、なかなか踏み出せないでいたのです。

しかし、願えば叶うもの!101.png
a0140305_02404859.jpg

今年の春、江華島旅行コーディネーターの竹岡章子さんをご紹介いただきまして・・・

そして、竹岡さんが来福された時に江華島の話を聞いて、ますますカンファ熱が高まっていったのです。

そこにチャンス到来!



「江原道のFAMに一緒に行きませんか?」と竹岡さんをお誘いしたら、

「それならついでに江華島にも来ませんか?」と返事がきて、

「じゃ行きまーす!」と。

ものの1分でカンファ行きが決定しました!106.png

a0140305_03064930.jpg
まずは江華島の概要から。

江華島(カンファド)はソウルから北西へ約50km、

漢江の河口に位置する韓国で4番目に大きな島で、

江華大橋で本土と繋がっています。



海の中にある点々のラインは北朝鮮との国境です。

江華島からは北朝鮮がすぐ目の前に見えるんです。
a0140305_03372026.jpg
みてみて~! 

翌朝撮ったものですが、本当にのどかでしょう?

人口は約7万人、

名産品は高麗人参、カブ、ヨモギなどがあります。

高麗時代には一時期都が置かれ、諸外国からの侵攻を多く受けたところで

歴史的な遺跡もたくさん残っています。

a0140305_02345460.jpg
江華島のレポに入る前にソウルからのアクセス(私が行った方法)を書いておきますね。

カンファまでは地下鉄2号線の新村駅からバスが出ています。

a0140305_01183569.jpg
バス停の場所はここです。👆
a0140305_01220799.jpg
バス停の前にスタバとCGV(映画館)があります。
a0140305_01240167.jpg
ちと斜めってますネ。^^;
a0140305_01241649.jpg
ここから3000番のバスに乗ります。

バスは15分おきに出ています。 

料金は2600₩、交通カードだと2400₩、

降車駅は終点の江華ターミナルです。
a0140305_01332245.jpg
普通の路線バスですネ。

平日でしたが、途中ほとんど席がうまりました。
a0140305_01411821.jpg
車窓から漢江が見えます。

寝ててもOK! 終点まで行きますから~。
a0140305_01581882.jpg
そして長~~い橋を渡ると、
a0140305_01590833.jpg
江華島に入りました。

のどかな景色がひろがっています。
a0140305_01561719.jpg
高麗人参の市場が見えてきたら下りる準備を!
a0140305_01352485.jpg
江華市外ターミナルに到着!

所要時間は1時間45分ほどでした。
a0140305_01354384.jpg
はるばる来たぜ江華島!

ターミナルの中で竹岡さんが待っててくださいました。

さぁ、いよいよカンファの旅のスタートです。101.png



by yukiful-xmas | 2018-12-15 01:01 | 2018.11ソウル・楊平・江原道・江華 | Comments(2)