Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2018年9月RW大邱( 24 )

リマインドウエディングに挑戦!㉓大邱空港で韓方体験!

リマインドウエディングのレポはこれで最終回、

最後の最後は大邱空港です。
a0140305_02561146.jpg
韓薬広報館(한의약 홍보관)

2階フロアーにあります。

大邱に来る医療観光客のうち7%が韓方医療を受けに来ていまして、

もっともっと外国人に韓方をアピールしようと去年の夏完成しました。


ただ、できたのは知っていたんですけどね、なかなか開いておらず・・・

お~~~っ、開いてる~!と駆け寄りました。(笑)

スタッフがいたのは初めてかも。105.png 

a0140305_02562127.jpg
韓方の薬材の展示
a0140305_02563271.jpg
韓方茶の試飲もできます。
a0140305_03034558.jpg
菊花茶をいただきました。(無料です)
a0140305_02564038.jpg
パラフィンという韓方体験をしました。

液体みたいなのに手をつけるんですけど、これが熱いのなんの・・・

でも、思い切ってズボッ! アチッ!

引きあげると手にろうみたいなのがくっつきます。これを3回やります。

手がコーティングされ骨の髄まで温まって、関節にいいらしいです。

これ、むか~し、手の指を骨折した時、近所の病院でやったことある~!
a0140305_02565140.jpg
ビニールの手袋の上からミトンをはめてしばらくおきます。
a0140305_02120329.jpg
マッサージもしてくれました。

これが気持ちよくて・・・112.png


他にも四象体質の資料、足裏をマッサージ(石の上を歩くやつ)や、ビデオもあります。
a0140305_02125574.jpg
マスクシートのお土産まで!102.png

(そうとうボケちゃってますが・・・^^;)


スタッフは韓国語オンリーですが、若くてとてもかわいらしい方でした。

お茶を飲んだり、マッサージをしてもらったり、言葉が通じなくても大丈夫だと思います。



大邱空港って特に何もすることがないので 

もし、開いていたらラッキー♪

利用してみてください。102.png




これでリマインドウエディング、9月の大邱のレポを終わります。

読んでくださってありがとうございました。


次回から7月に行った清州のレポに入りま~す。



by yukiful-xmas | 2018-10-27 10:07 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!㉒旅の〆はククスをチュルン♪

ホテルをチェックアウトして空港に向かいます。
a0140305_01225640.jpg
タクシーを途中下車してたち寄ったのは!

예:손家(예손가)

北区庁の前にあります。 

大きなお店なので、タクシーの運転手さんもよくご存知のようでした。


で、なぜここに来たかといいますと、

この前日、私と同じようにコリアトラベルにコラムを書いておられるTAKANOさんから

「大邱で美味しいククスのお店を見つけたので、Yuckyさんも行ってみてください」

と連絡をいただきまして・・・

「とても美味しかったので、今度のコラムに書こうと思います!」と。

いや~~~ん、大邱のネタをとらないで~~!(笑)
a0140305_01242559.jpg
店内は広々、奥に個室もあります。
a0140305_01252178.jpg
鶏のククスと普通のククスをオーダーしました。


ご存知の方も多いかもしれませんが・・・

ククスは大邱10味のひとつで、

メニューにはカルククスと書いてありますが、大邱ではヌルンククスとも言います。

作る工程からついた名前で、ヌルンは(生地を)押す、の意味です。

通常はイワシの出汁が使われています。

a0140305_01265715.jpg
普通のククスがきました~。

あさりがタップリ!110.png

野菜からも優しい味がでています。

麺の太さは中くらいか、やや細め。
a0140305_01253227.jpg
セバがオーダーした鶏のククス(途中で交換)

鶏の出汁に溶けだした小麦粉がトロミをつけて、濃厚でまったりしたスープです。

好きなんだなぁ、このタイプのククス。

下の方にちょっとだけアサリも入っていました。


a0140305_01255271.jpg
タテギは2種類。

TAKANOさんから「ぜひタテギをいれて!」とメッセージがきましたが、

「美味しいから辛くしたらもったいない!」とセバ。^^;

最後の最後にちょこっと入れました。
a0140305_01260505.jpg
マンドゥもフワフワで美味しかったです。

でも、お腹いっぱいで3個でギブ! ザンネン!^^;


お会計の時、お店のアジュンマが「昨日も日本人が食べに来たのよ」と教えてくれました。

まさにそれがTAKANOさん!

まさか大邱におられたとは! お目にかかりたかったなぁ。


先月号でこのお店を紹介されました。👇

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊼ 天高く馬肥ゆる秋の空に祈る~大邱広域市


大邱には他にも美味しいククスのお店がいっぱいあって・・・

ククスの食べ歩きもいいなぁ。104.png

174.png예:손家(예손가)
大邱広域市 北区 玉山路 62
대구 광역시 북구 옥산로 62
℡ 053-354-9090
24時間営業
店休日 第一、第三日曜日


by yukiful-xmas | 2018-10-26 11:44 | 2018年9月RW大邱 | Comments(2)

リマインドウエディングに挑戦!㉑近代路地をちょこっと歩く

一休みした後はお散歩再開です!
a0140305_01411307.jpg
桂山聖堂の中に入りました。

いつ来ても厳かな雰囲気。
a0140305_01142720.jpg
韓服を着た信者さんのステンドグラスを見て・・・
a0140305_02384034.jpg
外に出て眺める大好きな光景。

白い第一教会と赤い桂山聖堂
a0140305_02372541.jpg
桂山聖堂の裏には壁画があります。

信じがたいことですが、昔、このあたり(桂山洞一帯)は桑畑だったんですね。

桑畑を作ったのは壬辰倭乱(文禄の役)の時、朝鮮に帰化した明の将軍杜師忠(두사충)。

隣に住む女性との愛の物語も伝えられています。
a0140305_01412458.jpg
その先には、韓国を代表する民族詩人李相和(イ・サンファ/이상화 1901~1943)の古宅
a0140305_01413565.jpg
大邱で独立運動を起こした人です。

詳しくはこちら  
a0140305_01414282.jpg
その向かいにある徐相敦(ソ・サンドン/서상돈 1851〜1913)の古宅
a0140305_01422509.jpg
ソ・サンドンは朝鮮時代末期の企業家で、官僚でもあり民族独立運動家で、
a0140305_01420597.jpg
日本に多額の負債を返すために国債報償運動を起こした人です。
a0140305_03293447.jpg
ぷ~らぷ~らと歩いて・・・

そろそろ街歩き終了です。
a0140305_01423222.jpg
ホテルに戻る前に餅通りへ寄りました。

話題のクルトック(はちみつ餅)を買おうと思って来たのですが、

あんなにあったお餅屋さんがカフェになってるやん!(涙)

数軒あるお餅屋さんも、なぜか月曜日はお休み。119.png

餅通りでお餅が一個も買えないなんて~!145.png

a0140305_01430481.jpg
よく買いにきていた陶器屋さんもなくなって、
a0140305_01431679.jpg
ひゃ~こっちも!
a0140305_01432897.jpg
MADIUも消えちゃったか・・・


今度来る時はまたすっかり変わってしまっているのかなぁ?105.png

a0140305_03440562.jpg



by yukiful-xmas | 2018-10-26 00:03 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑳青蘿の丘へ

西門市場で朝ご飯を食べた後、青蘿(あおつた)の丘を抜けて薬令市へ。

いつもとは違う道を歩いてみることにしました。

小さな発見がいっぱいあって・・・いろんなことがわかってきました。
a0140305_00480848.jpg

西門市場を出て、3号線(モノレール)の下の道路を渡ろうとしたら・・・

横断歩道がないのよね~!141.png

歩道橋かモノレールの駅を通って渡らなければなりません。ふ~~~=3


煉瓦の建物👆は啓明大学 東山医療院旧館

1931年、大邱に初めてできた西洋医学の病院です。
a0140305_01172260.jpg
3号線に沿って進み、一つ目の角(CU)を左に曲がって青蘿の丘へと向かいます。

しばらくはゆるやかな登り坂。

途中、壁一面に昔の写真がありました。

済生院(제생원)といって宣教師が医療を行っていた建物で、

さっき見た東山医療院の前身です。


これから行く青蘿の丘には、1890年代にアメリカから来た宣教師の家があるのですが、

宣教師たちは布教活動だけではなく、医療と子どもたちの教育も行っていました。

そのころの医療機関はほとんどがソウルに集中しており、治療には高額な費用がかかったため、

地方に住む人たちは、なかなか病院で治療を受けることができなかったのです。


宣教師が来たことによって、大邱の人々の生活はずいぶん変わったのですね。

a0140305_01174505.jpg
大邱のモンマルトル、青蘿の丘(청라 언덕)に着きました。

へ~~~っ! 反対側から登るとこんな門があったんだぁ。146.png

青蘿の丘は俗称で、正式には東山洞、

大邱邑城の東の丘にあったことから東山と呼ばれるようになりました。

a0140305_01182023.jpg
1910年に建てられた宣教師チャムネスの家

「医療博物館」になっています。 


他にもあと2軒の洋館があり、

宣教師スウィッツの家は 「宣教博物館」に、

宣教師ブレアの家は「教育歴史博物館」になっています。

a0140305_01190752.jpg

取り壊された大邱邑城の石垣が、洋館の礎石として使われています。
a0140305_03344334.jpg
こんなところに城壁が残っていたとは!
a0140305_01194545.jpg
東山医療院旧館の中央玄関。

3号線(モノレール)ができる時に、玄関だけお引っ越ししちゃったのね。
a0140305_01200283.jpg
そして90階段。

独立運動の時に学生たちが日本の警察の目をそらし駆け下りたという・・・

独立運動の舞台となった場所です。
a0140305_01303120.jpg
階段の両脇には当時の写真が展示されています。
a0140305_01402345.jpg
昔の西門市場

西門市場が今の場所にできたのは1923年、日本の植民地時代です。

天王堂池(천왕당지)という貯水池だったところで、

日本人が市内にあった古墳を崩し、その土で池を埋めて市場を造りました。

だから、大邱には不老古墳群しか残っていないのです。


サラッと書きましたが・・・これを知った時、めまいがしそうでした。140.png
a0140305_03463698.jpg
階段を下りて、第一教会を見上げ、
a0140305_01405306.jpg
桂山聖堂の隣にある珈琲明家で一休み。

*これまで、珈琲名家って書いていたのですが、社長さんがおっしゃるには正しくは「明家」だそうです。^^;
a0140305_01405967.jpg
抹茶フラペチーノ(だったかな?)

あら、美味しい!  ふ~~~っ、落ち着く~!
a0140305_04003003.jpg
老夫婦、しばらく休憩です!(笑)


こんなコースで歩きました。
a0140305_04013129.jpg
さっさか歩けば20~30分のコースです。101.png




by yukiful-xmas | 2018-10-24 10:16 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑲朝ビーはチムカルビで @ナムヤンカルビチム

朝ご飯は西門市場へ
a0140305_01022780.jpg
大好きなスラカン(食堂)を目指します。
a0140305_01042159.jpg
西門市場は(お店によって違いますが)動き出すのは9時くらいから。

まだ、人もまばらです。
a0140305_01273073.jpg
食堂通りに入っていきま~す。

(*食堂通りは4地区の北側のブロック、入口がわかりにくいのでMASS COFFEEの看板を目印にするといいですよ~。)

ところが・・・

ガ~~~~ン!149.png

スラカンがなーーーーい!135.png

大好きな食堂だったのに。148.png

どうやら移転したらしい。

近くのお店のアジュンマに尋ねたら、移転先はわからないと。

あ~~~ん、アジョッシ~、どこへ行ったの~!?145.png

a0140305_01434579.jpg
困ったなぁ~とウロウロしているとチムカルビのお店がありました。
a0140305_01433101.jpg
創業1982年!

30年以上続いているお店なら美味しいかなぁ?

そこに女社長さんが出て来られて、

「うちは西門市場で一番美味しいチムカルビのお店なのよ!」

(ホントかなぁ?144.png

どりゃどりゃ入ってみよう!

そうそう、看板はカルビチムになっていますが、正真正銘のチムカルビのお店です!

カルビチムとチムカルビはぜんぜん違うお料理ですけどね。

韓国人はそんなこと気にしな~い!(笑)

a0140305_02192122.jpg
中に入ると、アジュンマたちが仕込みをしてました。

左端の女性が社長さん。

ちょっと前に増改築したみたいで店内はすきっとキレイです。

a0140305_02192835.jpg
メニューはチムカルビオンリーです。

牛と豚の2種類、ご飯は別料金。

牛は苦手なオーストリア産だったので、ちょっと迷ったんですが・・・

味が濃いから大丈夫かな?とセバと相談して牛に決定!

豚と牛と一つずつと言ってみたんですが、どうもそれはダメみたい。。。105.png
a0140305_02291030.jpg
テレビの取材も多数。
a0140305_02305865.jpg
バンチャン登場! 

浅漬けっぽいキムチが美味しかったです。101.png
a0140305_02324635.jpg
そして、久しぶりのチムカルビ!

もう、ご存知だと思いますが大邱の名物料理です。

洗面器を見ただけでテンション上がるなぁ!(笑)

日本人だから「味はまろやかにしましょうか?」と聞いてくれましたが、

普通で!とお願いしました。

甘さは控え目、もちろんニンニクと唐辛子はガッツリきいてます。

でも、そんなに辛く感じないのね。

うんうん、これだ!

大邱のチムカルビ!!
a0140305_02353825.jpg
こりゃあビールがすすみますわヨ。104.png
a0140305_02361136.jpg
そして、テンジャンチゲがめっちゃ美味しい~♪
a0140305_02370265.jpg
最後は残ったタレでビビンバに! 

飯泥棒め!106.png
a0140305_02411500.jpg
お昼時は混み合うみたいですが、朝はそんなに混んでません。

旅先の朝ビー167.pngにピッタリのお店です。(笑)

a0140305_03040422.jpg

174.pngナムヤンカルビチム(남양갈비찜)
大邱広域市 中区 クンジャン路28キル 25
대구광역시 중구 큰장로 28 길 25
℡ 053-255-4600
営業時間 9:00~21:00
年中無休
*ただし、西門市場は第一、第三日曜日はお休みです。




by yukiful-xmas | 2018-10-22 09:53 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑱ムクゲの並木道 大邱3・8万歳運動行進路

大邱の最終日は、朝から「飲みの体制」でホテルを出発しました。105.png

a0140305_01121995.jpg
「写真は苦手!」と言いながらリマインドウエディングに付き合ってくれたセバへの

感謝の日!

(一応かたちだけでもね。^^;)
a0140305_01131357.jpg
薬令西門を通りすぎて西門市場に向かいます。

その途中・・・

あれ?150.png
a0140305_01132249.jpg
ムクゲの花が咲いている通りがありました。

こんな通りあったっけ?147.png



地図で確認したら、ここは私が「大邱の第一歩目」を踏んだ道路でした。

(この通りの奥にあった亀岩書院が最初の訪問地)

その時サクッ!と落ち葉の音がしたのを覚えています。
a0140305_03254416.jpg
当時(2012年)は道の両側に大きな街路樹が植わっていて、家や看板を覆うばかりでした。

その時の写真は前のパソコンが壊れたため残っておらず(涙)、

この写真はGoogleマップからお借りしました。ちょうど秋の写真ですね。^^


この通りが、いつの間にかムクゲの並木道になっていたのです。

a0140305_03483327.jpg

調べてみたら、整備されたのはもう2年前。

ここで独立運動(1919年)の時に万歳デモ行進が行われたことを記念して、

大邱3・8万歳運動行進路(대구 3·8만세운동 행진로)

という名前がつけられています。

地図では国債報償路102キル(국채보상로 102길)


国花のムクゲが植えられたのはその歴史を象徴するため、だったのですネ。



大邱で見かけたムクゲの花・・・

そういう時代があったことを忘れてはならないなぁと思います。




あ、セバがほったらかしになっていました。

次回の更新でご飯行きま~す!^^;


by yukiful-xmas | 2018-10-21 08:55 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑰自分らしさを見つけるカフェ BITWIN BOOKS

*前回の記事で訂正がありました。また、説明の足りない部分があったので、だいぶ手を加えています。


まだまだ北城路を歩きたいところですが、そろそろ夜もふけてきました。

最後にパクさんが入っていったのはカフェです。

以前コルモクカフェ だったところが、

新たにブックカフェとしてオープンしていました。
a0140305_00552484.jpg
BITWIN BOOKS(비트윈북스) THE LIVERARY

a0140305_00573531.jpg

オーナーさんが目指しているのは、

「自分らしく生きていくために学ぶ書斎」

だから、LIBRARY ではなくて LIVERARY なのかな?

a0140305_00553175.jpg
本屋 兼 地域の人たちのためのコミュニティカフェを目指しています。
a0140305_00575567.jpg
マーケティング、デザイン、ブランド、文学などに関連した本がズラリ!
a0140305_01021080.jpg
居心地がよくて・・・近所なら通いつめるのに。112.png
a0140305_00591198.jpg
後ろのポスターは京都のイノダコーヒー

ここで修業してこられたとか。
a0140305_03081429.jpg
とても丁寧に煎れてくださいました。
a0140305_03092342.jpg
美味しい♪101.png

で、なぜかBGMは玉置浩二!(笑)
a0140305_01025897.jpg
本業はコンサルティングのお仕事をされています。

オーナーさんご自身が、誰よりも自分らしく生きておられる!

とお見受けしましたヨ。101.png


174.pngBITWIN BOOKS(비트윈북스)
大邱広域市 中区 慶尚監営1キル 62-5
대구광역시 중구 경상감영1길62-5
℡ 010-2824-1981
営業時間 19:00~24:00
不定休

a0140305_04355988.jpg



最後に・・・

パクさんのおかげで北城路のことがだいぶわかってきました。

そしてますます魅力を感じるようになりました。


書くにあたって調べものをしていたら、いろんな記事にぶち当たり、

読みふけってしまうので、思いのほか時間がかかってしまいました。

やっぱり大邱のおもしろさは街歩きにあるなぁ!

と思います。


パクさんのお話を全部伝えきれなかったと思うので

もっと勉強しま~す!



by yukiful-xmas | 2018-10-19 11:28 | 2018年9月RW大邱 | Comments(4)

リマインドウエディングに挑戦!⑯北城路を歩く つづき

北城路の続きです。

歴史が多いのでおもしろくない人も多いかな?105.png

でも、大邱を語る上で北城路ってとても重要な場所なのです。



1907年、大邱の城壁(大邱邑城)が解体され、大邱は大きく変わりました。

まず新しい大きな道路ができました。

それが北城路です。

a0140305_00460067.jpg
城壁がなくなると北城路には多くの日本人が移り住み、

デパート、金物店、洋服店、穀物店などさまざまなお店が建ちはじめ、

大邱で最大の繁華街になりました。

100軒以上ある店舗の中で、韓国人が経営するのは3軒の穀物店だけでした。
a0140305_00473840.jpg
路地に入ると今だに古い日本家屋がひっそりと残っています。

(そのちょっと先にはロッテデパート。)
a0140305_03084579.jpg
これもかなぁ? 1階部分はまだ人が住んでいる気配。
a0140305_00532274.jpg
一部セメントが上塗りされていますが、
a0140305_00462643.jpg
なかなか手の込んだ重厚な建物です。
a0140305_00480136.jpg
何の変哲もない建物に見えますが・・・

日本の居留民団の実力者、岩瀬静香が造った遊郭だった建物。

なぜ、遊郭をつくったかというと・・・

大邱に入ってきた日本人(約1000人)の多くは、京釜線鉄道工事の労働者でした。

そしてそのほとんどが単身赴任者だったから。105.png

*日本人の数を間違えてアップしてました。訂正しています。<m(__)m>


終戦後、日本人がいなくなった北城路には、文化人や芸術家が集まってくるようになりました。

a0140305_00540930.jpg

北城路の南側にある香村洞(ヒャンチョンドン/향촌동)

今も昔も歓楽街です。

だんだん新しいお店が増えて、街が明るくなってきました。

ちょっと前までは、夜歩きはとても怖かったんですけどね。^^;


華やかりし時代の面影はこんな形(プレート)で残っています。
a0140305_00541745.jpg

白鹿喫茶店(백록다방)

国民的画家、李仲燮(イ・ジュンソプ)にゆかりのあるお店です。
a0140305_03471069.jpg
拾ったタバコのアルミ箔に絵を描いたのは、ここだったんですね。

*現住所 大邱広域市 中区 香村洞 17-7

a0140305_00543781.jpg
さらに進むと

a0140305_00545795.jpg
ファウォル旅館(화월여관)

大邱の貴公子と呼ばれた詩人マ・ヘソンが滞在した高級ホテルです。

一泊の宿宿費は一般人のひと月分のお給料くらいしたそうです
a0140305_03054614.jpg
70年代になってキャバレーになっています。

(写真はネットから拝借しました。)


a0140305_00550604.jpg
ファウォル旅館の横の路地を入っていくと、正面に質屋。

その手前にあるのが、
a0140305_03332783.jpg
ルネサンス(르네상스)

トラック一台分のアルバムを持って避難してきた湖南省の富豪の息子が開業しました。

クラッシック音楽が流れていた音楽鑑賞室です。

a0140305_00551272.jpg

「ナクトンガンの戦い」の真っ最中にクラッシック音楽が流れてきたので、

「廃墟からバッハの音楽が聞こえる」と外電が打たれた、という逸話が残っています。


*現住所 大邱広域市 中区 香村洞 24-3


北城路にはまだまだいろんなSTORYがありそう。

つづきま~す。
a0140305_04355988.jpg


by yukiful-xmas | 2018-10-17 10:37 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑮北城路を歩く

そろそろお腹が空いてきて・・・

ウロウロしてたら、mixcafe BOOKSUNGROの隣に新しいお店ができていました。
a0140305_01212131.jpg
施,コンガン(시공간)

北城路の名物といえば練炭プルコギ&うどんのセットですが、

こちらはスタンダードな焼肉みたい。102.png

2週間前にオープンしたばかりだそうで・・・

入ってみることにしました。
a0140305_23165138.jpg
メニューはこんな感じで・・・
a0140305_01243721.jpg
真ん中の3つをオーダー

サムギョプサルが分厚い!!
a0140305_23230774.jpg
炭火の左にあるのは自家製のケール

ケールってあの青汁の材料? 

苦味があるかな?って思いましたが意外に食べやすいです。^^;
a0140305_01244596.jpg
ジュワッと焼いて、お肉の質がいいのかな~?

パクパクいけました。
a0140305_01245970.jpg
テンジャンチゲも美味しかったですよん♪

オープンしたてなので、しばらくはお休みなしでガンバルそうです!

174.png施,コンガン(시공간)
大邱広域市 中区 北城路86-1
대구광역시 중구 북성로86-1
℡ 053-356-5677
営業時間 16:00~23:00


食事の後はパクさんのアテンドで北城路をプラプラと歩きました。
a0140305_01153574.jpg
北城路といえば、統治時代は大邱最大の繁華街で元町とも呼ばれ、多くの日本人が住んでいました。

当時の日本式家屋がまだまだ残っており、繁栄期が去った後の寂れた感もあるのですが、

なんとも味のあるところなんですよね。

a0140305_02074234.jpg
歩き出してすぐに「ここは三中井(みなかい)百貨店だったところですよ」とパクさんが教えてくれました。

ここかぁ。。。146.png

三中井百貨店とは、統治時代、近江商人の中江勝次郎ら4兄弟が立ち上げた百貨店です。
a0140305_01175737.jpg
大邱に住む日本人が増え、急成長した三中井百貨店は、朝鮮、満州、中国へと支店を展開します。

が、1945年の太平洋戦争終戦と同時に一夜にして倒産。


つまり、彗星のように現れ一瞬にして消えてしまった「幻の百貨店」です。

*検索したらいっぱい出てくるので、興味のある方は調べてみてくださいネ。


さ~、ぐんぐん進みま~す
a0140305_01184228.jpg
カフェの背後にある建物、このアーチ型の窓は・・・

ホテルだったのかなぁ? 

それともキャバレー?

<追記>

ちがいました~!(汗)

自由党政権の実力者、李起鵬(後の副大統領)の妻パク・マリアが新婚当時住んでいた家。^^;

パク・マリアって人のことを調べてみたら、これまたすごい話がでてきて・・・

李承晩(イ・スンマン)大統領に養子にいった自分の長男に殺害されています。

こんな感じで・・・

北城路の記事を書いているといろんな話がでてきてぜんぜんすすみませ~ん。^^;
a0140305_01201987.jpg
朝鮮戦争の頃、大邱に避難してきた芸術家たちのたまり場だったコッチャリタバン

リノベーションされてステキなカフェになっています。

あれ? 舗道が光ってる!147.png

覗き込んでみると・・・
a0140305_01242410.jpg
大邱邑城の土台ですね~。

大邱邑城(대구읍성)とは日本の侵略に備えて造られた城壁で、

できた当時(1590年)は土城でしたが、1年後に文禄の役で破壊され、

1736年に石を使って再建されました。
a0140305_01261622.jpg
その石でできた城壁が、道路の向こうに再現されています。
a0140305_01283227.jpg
このように大邱は、朝鮮時代まで高さ3間(約5m)の城壁で囲まれた城壁の街でした。

城壁の中には、慶尚北道を支配する観察府、刑務所、商家などがあり、

大きな4つの門と小さな2つの門からのみ出入りできました。


大邱で商売を広げたい日本の商人にとって、この城壁は邪魔でしかなく、

日本居留民団は城壁の撤去を求めるようになりました。

そして、とうとう
朴重陽(パク・チュンヤン/박중양)という政治家が行動を起こします。

体は韓国人でも心は日本人、と言われるほどの親日家で、

1907年4月、大韓帝国政府の許可なしに大邱邑城を解体してしまったのです。


しかし、勝手に塀を壊したにも拘わらず、その後も税務間や観察使などの要職についています。

それには、朴重陽を弟のようにかわいがっていた伊藤博文の陰の存在があったとか・・・



いや~~ん、パクさんのお話、おもしろすぎる~!


長くなるので、ここらで一旦きりま~す。

a0140305_04355988.jpg


by yukiful-xmas | 2018-10-16 08:34 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)

リマインドウエディングに挑戦!⑭塩倉庫(소금창고) @北城路

モルを出て、プラプラと歩いているうちに・・・
a0140305_01545790.jpg

塩倉庫(ソグムチャンコ)というお店を通りかかりました。

いつか行かなくては!と思いつつ・・・

しばらく休業されていたので、行きそびれていたところ。105.png


「どうやら営業を再開したみたいですよ! しかも今日から!」 

おおっ! なんてラッキー104.png
a0140305_01304279.jpg
入ってすぐのテーブル席のあるところは

1907年にできた建物で、補助倉庫として使われていました。

100年以上経っているとは思えませんネ。

*オープン当初は食事もできたようですが、今はワインのみになっています。
a0140305_01384797.jpg
その奥に煉瓦の塩倉庫。

1937年に造られたもので、改造されて大型パブになっています。
a0140305_01474303.jpg
いや~、倉庫のまんまですね~!

2014年に改築を始めるまで、しばらく使われていませんでした。

この広い空間を利用して、コンサートやイベントも行われます。
a0140305_01401372.jpg
倉庫の2階は、ゆったり座れるソファ席。
a0140305_01410528.jpg
昔の上海をイメージしたインテリアになっています。
a0140305_01513486.jpg
窓の外に北城路の街並み

木枠が良いなぁ!
a0140305_01463637.jpg
剥き出しの梁と天窓のある天井
a0140305_01443243.jpg
二つの建物が繋がっているので、ちょこっと段差あり!
a0140305_01453744.jpg
木造家屋の2階はまた違った雰囲気です。
a0140305_01460768.jpg
キム・ホンドン社長

西洋画の画家でもいらっしゃいます。

「はじめまして!」とご挨拶したら、パクさんが

「Yuckyさん、たぶん社長とは会ってますヨ! 彼はミックスカフェ北城路のオーナーです!」

ぎゃ~~~っ! 149.png 

「大変失礼いたしました。 焼き芋までいただいたのに。119.png


182.pngmixcafe BOOKSUNGRO

a0140305_01482170.jpg
長期発酵させた特別なプーアル茶を煎れてくださいました。

キム社長は以前中国に住んでおられたそうで、お茶のお話、詳しいです!


ところで・・・

さっきから気になっているのですが・・・
a0140305_01525711.jpg
「蚊がお好きなんですか?(笑)」
a0140305_03104713.jpg
あっちこっちに蚊のオブジェ!
a0140305_01532858.jpg
社長さんのお知り合いの蚊の作家さんの作品だそうです。105.png
a0140305_01281618.jpg
大邱にはオシャレなカフェもあるけれど・・・

北城路は独特の雰囲気があって、やっぱり好きだなぁ。

174.png塩倉庫(ソグムチャンコ/소금창고)
大邱広域市中区慶尚監営1キル81
(대구광역시 중구 경상감영1길81)
℡ 053-252-9623
営業時間 15:00~1:00
定休日 月曜日

「お天気のいい日にはあけてますよ~!」とおっしゃっています。^^;
a0140305_03500934.jpg


by yukiful-xmas | 2018-10-14 10:45 | 2018年9月RW大邱 | Comments(2)