Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年11月紅葉の旅 ⑩ランチでいただく薬膳料理 オ・グムソンチャンバン(오금선찬방)

高霊から大邱に戻ってきました。


帰国までもうちょっと時間があるからどうしよう?

ここで大きな選択に迫られる・・・

カフェにするか? ご飯にするか? 

しぃーませんねー、くだらなくて!106.png
a0140305_00123132.jpg
3号線に乗って移動します。

必ず撮ってしまうモノレールの写真。(ホームでカメラをかまえています。)

大邱のモノレールってかっちょよくないですか!?113.png
a0140305_01533035.jpg
道路を歩いてても、見上げてパチリ!(笑)


モノレールに乗ってやってきたのはこちらのお店です。👇
a0140305_00121489.jpg
オ・グムソン チャンバン(오금선찬방)

ご飯にしました!(笑)

チャンバン=賄い部屋、食糧貯蔵部屋

オ・グムソンさんが作るオイシイものがいっぱいあるってことですね!104.png


お店に入っていくと、オ・グムソンさんは休憩に入っておられて(3時~5時までBT)

 お留守番の人が「またの機会に~!」とおっしゃったのですが、

私が残念がるのを見て電話をかけてくれました。

そして「20分で戻るから待ってて~!」とオ・グムソンさんが戻ってきてくださいました。

a0140305_01550122.jpg
なので、お客は私一人。105.png
a0140305_12391484.jpg
何を食べる? と聞かれて・・・

ホントはオッタッケジャン定食(9000₩)を食べたかったのですが、

わざわざ戻ってきてくださったので、高い方の漆参鶏湯(15000₩)にしました。(笑)

漆参鶏湯にも興味あったし。


最初に言っておきますと、

ここ、大ヒット!

a0140305_01551303.jpg
まず、カボチャのお粥が出てきました。

もう、最初からハートをズッキューンとやられた感じ。

いろんな具も入っていますよ。
a0140305_01552389.jpg
そして次から次におかずが登場!

パンチャン一つ一つの味が深くて、他のお店とどこか違う!
a0140305_01583960.jpg
そしてメインの漆参鶏湯です。

漆(うるし)の樹皮は、かぶれないように発酵熟成させたものを使ってあります。

漆の薬効が解け出した褐色のスープは、消化を助け、滋養強壮に効果有り!

身体にパワーが湧いてきそう!101.png
a0140305_01591020.jpg
ありがたくも、オさんがつきっきりでお世話をしてくださいました。

お肉を丁寧にホグホグして・・・
a0140305_01584726.jpg
ニラと一緒に食べるように!と。

う~~~~~ん! うんま~~~っ!113.png
a0140305_01591731.jpg
ご飯にも味があります。 5分づきくらいかな?


そして「マンドゥ食べる?」と。 
a0140305_01590148.jpg
エゴマ(だったと思う)に包んだマンドゥです。

これ、美味しい~♪102.png


そして「お魚好き?」と。
a0140305_01592468.jpg
好きです、と答えると赤い鯖が出てきました。

大好物! 涙が出るほど美味し~!103.png


とにかく何を食べてもオイシイ!106.png

(この2品はサービスで出してくださいました。)
a0140305_01593736.jpg
食事のあと「2階も見て行って~!」と案内してくださいました。

実はオーナーのオ・グムソンさんは薬膳料理の先生で、料理教室を開いておられます。

薬膳料理を学んだのは大邱韓医大学、

大邱の薬膳の第一人者、キム・ミリム大先生のお弟子さんなんですって!

どうりで美味しいはずですわ!112.png
a0140305_03045787.jpg
「シオモニ(姑)は両班の宗家の出だったからお料理にはうるさかったの。

実母は料理が上手だったから、母の味を思い出しながら作っているのョ。」と。

先生は日本語も話されます。 

時々おもしろくて、それがとってもチャーミングなのです。


スプーンから落ちているのは酵素の入った手作りの水飴。お料理にも使われています。

スコーンと一緒にいただきましたが奥の深~い甘さです。

a0140305_03321210.jpg
他にも薬膳や発酵の技術を活かして調味料やドレッシングなども作っておられます。

一部販売もされていたのですが。

手荷物だけの安チケットなので持って帰れず。(涙)

a0140305_02002167.jpg
あ~、いいなぁ、お料理習いたいなぁ!

とりあえず、ここのメニューは全部食べたい~!113.png

オ・グムソン チャンバンおススメです!

174.pngオ・グムソンチャンバン(오금선찬방)
大邱広域市寿城区東大邱路55キル5-4
(대구광역시 수성구 동대구로55길 5-4)
℡ 053-759-6788
営業時間 11:30~19:00(15~17時 BT)






先日、先生がテレビに出演されました。

とてもキレイな薬膳料理が登場しますよ~。






More
# by yukiful-xmas | 2019-12-10 14:51 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ⑨高霊(コリョン)へ

3日目は大邱の隣街「高霊(コリョン)」に足をのばしました。

高霊、といえば大伽耶(テガヤ)!

伽耶は3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の南部にあった国です。

一つの国かと思ったら6つの小国があわさった小国家群で、

大伽耶はその中の一つ。

高句麗、百済、新羅と戦を繰り返しながら562年に滅びるまで、独自の文化を繁栄させました。

高霊には大伽耶の古墳や遺跡がたくさん残っています。

a0140305_04044774.jpg
大邱西部バスターミルから市外バスに乗って高霊に向かいます。

ターミナルビルの中に、高霊行きの時刻表がなかったので、

一瞬ターミナルを間違えたかと焦りましたが・・・105.png
a0140305_13031328.jpg
窓口に行ったらちゃんとチケットが買えました。 

高霊行きは15分おきに出ていて

料金は3300₩、所要時間はたったの30分!
a0140305_13072537.jpg
大邱をでると田園風景が広がりました。105.png
a0140305_04054254.jpg
あっという間に高霊に到着。

さっそく大伽耶博物館に向かいます。

ターミナルの人に尋ねたら歩けば20~30分かかるとのこと。タクシーを利用しました。

料金は4000₩、わずか5分で到着しました。
a0140305_04055488.jpg
ここが大伽耶博物館です。

ところが・・・

まさかの休館!141.png

2020年の4月までリニューアルのため長期休館なんですって。

せっかく来たのに~!103.png
a0140305_04064283.jpg

中は観ることができなかったので、せめて野外展示物を。

a0140305_04061859.jpg
大伽耶時代の住居や仏教関連の石塔や仏像などをサラリと見学。
a0140305_04070987.jpg
博物館の先には「大加耶王陵展示館」があります。

外観は古墳の形をしており、

中に韓国で初めて確認された殉葬墓「池山洞第44号墳」が実物大で再現されています。
a0140305_04080932.jpg
ところで「殉葬墓」って何?

殉葬(じゅんそう)とは王様が亡くなった際、王妃や家臣を一緒に葬ること。

ぎょぎょぎょっ! ありえ~ん!149.png

伽耶では死後も生前の暮らしが続くと考えられていたようで、

王様が使う物や、お世話する人を一緒にお墓に埋めてたわけです。

生きたまま? それとも・・・

信じがたいことですが、古代では珍しいことではなく、

日本でも卑弥呼の墓に約100人の奴婢が葬られたという記録が残っています。
a0140305_13175979.jpg
第44号墳には墓の主人と32人の殉葬者が葬られており、中央に主石室と2つの副石室、

その周りに32個の殉葬のための小石棺が配置されています。
a0140305_04082082.jpg
古墳群から出土した土器や鉄器などの遺物の展示もありました。

伽耶は鉄を造る技術がとても優れていたので、日本から鉄の買い付けに来ていたそうです。

戦乱を逃れて日本に渡った人も多く、日本に鉄文化を伝えたといわれています
a0140305_04084133.jpg
祭祀(チェサ)の様子も再現されていました。
a0140305_04091983.jpg
展示館の奥は池山洞古墳群へと続いています。

大伽倻時代に作られた200基の古墳が、主山(ジュサン)の尾根に連なっています。

ゼイゼイ・・・

これはちょっとした登山ですな。

歩きやすい靴で来て正解! それでも土が乾いているのでズルッとすべる~!106.png
a0140305_04094511.jpg
下の方には小さな古墳が、上に行くにつれて古墳が大きくなっていきます。

中には直径20mを超える大型の古墳もあり、

金銅冠や首飾りなどの副葬品や殉葬者の骨が発掘されたことから

王族や身分の高い支配層のものと推定されています。
a0140305_04100449.jpg
すごいっ、この眺め!

たま~に、犬のお散歩をしている人に出逢いましたが、

ここまで来ると誰もいなくて、この景色を独り占め!

ヤッホ~~~!


でも、全部歩くとかなり時間がかかるので、適当なところできりあげました。

だって、転んで怪我してもダ~レも助けてくれないもんね。^^;
a0140305_04104461.jpg
紅葉もみごと♪
a0140305_04111280.jpg
帰りも市外バスを利用しました。
a0140305_04113715.jpg
参考までに大邱行きの時刻表を貼り付けておきます。


高霊は大邱から日帰り旅行が充分可能です。

気軽に行ける地方都市なので、興味のある方はぜひ!

でも、せっかく行くなら博物館がオープンしてからがいいと思いま~す。 105.png


174.png高霊池山里古墳群(고령지산리고분군)
慶尚北道 高霊郡 高霊邑 池山里460
(경상북도 고령군 고령읍 지산리 460)


# by yukiful-xmas | 2019-12-09 01:14 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ⑧栄州でもマクチャン♪

栄州を去る時刻が迫ってきました。

でも、ちゃちゃちゃ~とご飯を食べに!
a0140305_21054584.jpg
本当はここ👆で食べたかったのですが・・・

まさかの休み。145.png


最近キョンキョンがハマっているというマクチャン焼きのお店へ行きました。
a0140305_01191721.jpg
ボントセンマクチャン(본토생막창)

2週間に一度は来ているらしい。105.png
a0140305_01193901.jpg
豚のマクチャン(一人分10000₩)を3人分と

牛のマクチャン(一人分14000₩)を2人分オーダーしました。

どちらもアメリカ産です。105.png
a0140305_01202295.jpg
コンべ~! 

今日一日お付き合いありがとう!102.png
a0140305_01210141.jpg
こちらのマクチャンは大量の玉ねぎと炒めます。

玉ねぎはお肉の臭み消しにもなるし、シャリシャリした歯ざわりもよく、いい仕事をしています。
a0140305_01234319.jpg
ソ(牛)マクチャンは初めて食べるかも。

これも玉ねぎと炒めます。

コリッとした歯ざわり、牛もいけるなぁ。
a0140305_19564217.jpg
マッコリは栄州醸造場の「栄州小白酒(영주 소백주)」

さっぱりとした味わいです。

マクチャンにつけてたべるタレは大邱のタレに似てるなぁと思ったら、

オーナーさんは大邱出身の方でした。  

やっぱり。105.png
a0140305_01222865.jpg
ケランチムもキョンキョンのお気に入りです。

「オンニ、ここのケランチムが美味しいわけ知ってる?」

147.png ❓ 

「味の素が入っているんだって!」

にゃんと!153.png
a0140305_20553271.jpg
なかなか人気のようで賑わっておりました~!

174.png ボントセンマクチャン(본토생막창)
慶尚北道 栄州市 大同路31番キル 20
(경상북도 영주시 대동로31번길 20)
℡ 054-633-9295



お腹いっぱいになったところで、栄州総合ターミナルへ。
a0140305_20085140.jpg
マッコリでいい気持110.png

ウトウトしながら大邱へ帰りました。
a0140305_23105558.jpg
参考までにバスの時刻表を貼り付けておきまーす。



念願のV-Trainに乗れて、良い一日だったなぁ。102.png


# by yukiful-xmas | 2019-12-06 23:17 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ⑦一年に400万個! 栄州の情ドーナッツ(정도너츠) 

再びV-Trainで汾川駅まで戻り、

栄州へ向かうころにはすっかり日が暮れてしまいました。


帰る途中、キョンキョンのお友だちが、

どうしても私に食べて欲しいお菓子があるらしく・・・(笑)

こちらのお店に立ち寄りました。
a0140305_01130699.jpg
ジョンドノチュ(정도너츠)

日本語で「情ドーナッツ」

1982年、ドーナッツだけでなく餃子やトッポッキもある粉食屋さんとして創業しました。

その後テレビで紹介された生姜ドーナツが大ヒット!

それを機にドーナッツの専門店になり、いまや全国に店舗を構えています。

ここがその本社です。

*「本店」は別にあります。


実はここ、韓食コラムニストの八田さんもイチオシのドーナッツです。

a0140305_01150588.jpg
カフェもありますが、この日のうちに大邱に戻る予定だったので、

テイクアウトにしました。
a0140305_01133890.jpg
閉店間近なので残りわずか・・・

料金は1個1300₩、テイクアウトは箱入りになります。

自宅用 6個 7,800ウォン  10個 12,500ウォン  12個 15,000ウォン

ギフト用 9個 12,000ウォン  12個 16,000ウォン  16個 21,000ウォン


ショーケースを覗いてみると、
a0140305_01175366.jpg
高麗人参
a0140305_01135801.jpg
補薬(トウキ、センキュウ、ナツメ)
a0140305_02253678.jpg
ニンニク

など、ドーナッツの具とは思えない味が並んでいます。

他にもエゴマ、人参、さつまいも、 緑茶、りんご、チョコ、コーヒー、ピーナッツなど種類も豊富。

a0140305_01141458.jpg
気になるものを買ってみました。

どれがどれだかわかんなくなってますが、生姜、ニンニク、エゴマ、補薬、ピーナッツだったか?
a0140305_02281759.jpg
生地は100%国内産のもち米でできています。

なぜ、もち米を使うようになったかというと、創業者の家族が小麦粉アレルギーだったから。

なるほどね。112.png

ただ私的には「ドーナッツ」という言葉に違和感、

どちらかというと中華のゴマ団子にちかい感じです。
a0140305_22433218.jpg
それにしてもこのモチモチ感!

確かにハマる!(笑)
 
人気の生姜はピリッとくる辛さの後に、餡の甘さがミックスされます。

ニンニクやエゴマもうまいことスウィーツになってるなぁ。

いろんなところに支店があります。

機会があれば食べてみてくださーい。101.png


174.png情ドーナツ本社(정도너츠 본사)
慶尚北道 栄州市 豊基邑 小白路 2000
(경상북도 영주시 풍기읍 소백로 2000)
℡ 054-636-0071
営業時間 9:00~21:00
年中無休
コネスト地図
HP





今度は私のリクエストで・・・
# by yukiful-xmas | 2019-12-05 23:58 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年11月紅葉の旅 ⑥鉄岩炭鉱駅歴史村(철암탄광역사촌)

渓谷を走るトロッコ列車 V-Train、
a0140305_02025411.jpg
終点の鉄岩駅に着きました。
a0140305_02032018.jpg
これまで停まった駅の中で、一番立派な駅です。
a0140305_02350994.jpg
ホームから黒い山肌と工場のようなものが見えました。


鉄岩は1960~1970年に炭鉱の町として栄えたところで、今も稼動しています。

白い建物は、鉄岩駅頭選炭施設(철암역두선탄시설)。

採掘された無煙炭を選別、加工、運搬するために設置された統治時代の産業施設です。

(国家登録文化財第21号)

a0140305_02303531.jpg
駅の構内のど真ん中に大きな石炭が飾られていました。

石炭はまさにこの街のシンボルなのでしょう。
a0140305_02310028.jpg
売店では、蒸したてのもちきびやソンピョン(松餅)が売られていました。

嬉しいことに試食させてくれます。

これが美味しいのなんの。111.png

腰をすえて食べたいところですが、ここでの滞在時間は約1時間。

モグモグと頬張りながら駅の外に出ました。

a0140305_02324813.jpg
鉄岩駅の外観
a0140305_02390161.jpg
駅の壁画も「炭鉱」。
a0140305_02391143.jpg
a0140305_02332880.jpg
電車を降りた人たちが同じ方向に向かっているので、それにつられて歩いていくと・・・

「鉄岩炭鉱駅歴史村(철암탄광역사촌)」の看板がありました。

これ、トロッコですね。
a0140305_02342889.jpg
案内図があり、その先には・・・
a0140305_02362704.jpg
鉄岩が一番栄えていた頃(1960~80年)の駅前商店街が、そのままの姿で残っていました。

これは映画の撮影所!?と目を疑うほど。
a0140305_02452004.jpg
a0140305_02374816.jpg
かつては、働き盛りの炭鉱夫たちで溢れていたのでしょうね。
a0140305_02560706.jpg

a0140305_02562132.jpg
a0140305_02561224.jpg
最盛期には5万人の人が住んでいました。

スーパーも賑わっていたことでしょう。
a0140305_02583974.jpg

a0140305_03015714.jpg
一部の建物は中が整備されギャラリーになっています。
a0140305_03025176.jpg
a0140305_02581309.jpg
a0140305_02581738.jpg
a0140305_02582555.jpg
炭鉱夫や子どもたちがとてもリアルに再現され、

当時の暮らしぶりがうかがえます。
a0140305_03021410.jpg

a0140305_03011587.jpg
この建物の屋上からは選炭場を
a0140305_03035593.jpg
a0140305_03043484.jpg

そしてこれらの建物を裏から見ると・・・
a0140305_03242362.jpg
川にせり出すように建物が建っています。

全国から多くの人たちが炭鉱夫になろうとやってきたため、住居が不足し、

このような支柱をたてて、床面積を広げたのだそうです。

この細い柱はカササギ(カチバル/까치발)の足にたとえられ、

「カチバル建物」と呼ばれています。

こちらに手を振っているお母さんと子どもが見えますね。

a0140305_03460267.jpg
川の向こうは紅葉がとてもキレイだったのですが、ここで時間切れ!

帰りのV-Trainに乗り込みました。



V-Trainの始発駅はメルヘンチックなサンタの村、

そして、終点はリアルなさびれた炭鉱の街、

このギャップもおもしろいですよね。




# by yukiful-xmas | 2019-12-04 10:11 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ⑤渓谷を走るトロッコ列車 V-Train

それではV-Trainに乗り込みま~す!


V-Train(白頭大幹峡谷列車)は、慶北の汾川駅と江原道の鉄岩駅を結ぶトロッコ列車です。

V-TrainのVValley(渓谷)のV

太白(テベク)山脈の渓谷を洛東江(ナクトンガン)の源流に沿って走ります。

a0140305_23430930.jpg
先頭の機関車は白に黒のストライプ、かつてここに生息していた白頭山虎をイメージしています。

虎がいたのかぁ。105.png
a0140305_23454926.jpg
あとの3両はつつじの花をイメージした鮮やかなピンク色です。
a0140305_01111540.jpg
窓は一面ガラス張りで、座席は窓と前を向いたベンチシートになっています。

座席は指定なので選ぶことはできません。

私たちは窓を向いた席でした。
a0140305_00300309.jpg
各車両にストーブが設置されています。

火をつけるとストーブの上でお菓子やお芋を焼くんだって!

いいなぁ

2号車には小さな売店もあります。
a0140305_23470325.jpg
電車がゆるやかに動き始めました。

始発から終点までは27.7㎞、1時間かけて時速30キロでゆっくりと走ります。

a0140305_23484134.jpg
汾川駅を出発したかと思うとすぐさま渓谷に入りました。
a0140305_23583888.jpg
ほら~!  やっぱりここに来て正解!

窓一面の紅葉がみごと!
a0140305_23511547.jpg
洛東江(ナクトンガン)もここまでさかのぼれば、水の色が違います。

窓の開閉も自由なので、山の澄んだ空気が入ってくるし・・・

気持ちい~い♪
a0140305_23551573.jpg
両元(ヤンウォン)駅に着きました。

韓国で一番小さな駅です。
a0140305_23543871.jpg
ここで10分間の停車。

ホームには地元の人が農作物を売りに来ています。
a0140305_23564672.jpg
お買い物をしたり、景色を眺めたり・・・
a0140305_23574638.jpg
私はオミジャをGET! 

粒が一回り大きい気がする。101.png
a0140305_23565147.jpg
両元(ヤンウォン)駅を過ぎると小さなトンネルがたくさん続きます。
a0140305_23510345.jpg
突然目の前が真っ暗闇になるのですが、それと同時に

天井に星が輝くんですよ~!177.png
a0140305_01300065.jpg
トンネルを出るときれいな空色。
a0140305_00001821.jpg
次の停車駅、承富(スンブ)駅に着きました。
a0140305_00033271.jpg
白雪姫と小人たちが迎えてくれます。
a0140305_23592604.jpg
ここではマッコリやチヂミ、おでんなどが売られています。

冷たく冷えたマッコリは、江原道の高麗アザミの生マッコリ。

これは買わずにいられません。
a0140305_00012255.jpg
「まもなく発車します!」のアナウンスに、あわててマッコリを持って乗り込みました。
a0140305_00065961.jpg
車内はマッコリバーに早変わり!(笑)

みんな飲んでますよ~。
a0140305_01072177.jpg
ほろ酔い気分で乗っているうちに、V-Trainは慶尚北道を抜けて江原道へ入りました。
a0140305_00031766.jpg
窓の景色が渓谷から鉱山へと変わるんですね。
a0140305_00073280.jpg
終点の鉄岩(チョラム)駅に着きました。

あ~、楽しかった!101.png

1時間があっという間。

帰りもまた乗りますよー。


最後に動画をどうぞ!

乗ってる気分になっていただけたら嬉しいです。




# by yukiful-xmas | 2019-12-02 10:48 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年11月紅葉の旅 ④汾川駅はサンタがいっぱい!

美味しいユッケを食べた後は、いよいよV-Trainに乗るために汾川駅へ向かいます。

キョンキョンのお友だちが車で連れてってくれることになりました。




*栄州駅から汾川駅までのアクセスですが・・・

電車(嶺東線)で行く場合、本数はこれだけ。👇

路線バスはほとんどないようです。^^;
a0140305_01144372.jpg
また、江原道の鉄岩駅からも乗ることもできます。(表の下の部分を参考に)
a0140305_13362742.jpg

栄州から北上するにに連れ・・・
a0140305_02304997.jpg
山がだんだんと色づいてきました。
a0140305_13461591.jpg
ここまで来るとミセモンジ(PM2.5)も感じられません。 良かった~♪


栄州を出てから40分、
a0140305_13592040.jpg
汾川駅に着きました。

汾川駅の周りは「サンタビレッジ」というテーマパークになっています。
a0140305_02354738.jpg
サンタやかわいい動物たちがいっぱい!
a0140305_02433607.jpg
これが1957年にできた汾川駅です。

レトロな駅舎に萌え萌え~
a0140305_14015349.jpg
まずはV-Trainのチケットを窓口で買います。
a0140305_14015740.jpg
片道8400₩、席は全席指定です。

「帰りは普通のムグンファもありますよ。」の説明に・・・

2600₩と安いし、向こうに着いたらすぐ帰れるし、「終点の駅には何もない」と駅員さんがおっしゃるので、

最初は普通のムグンファ号のチケットを買ったのですが、

せっかくここまで来たのだから「やっぱりV-Trainに乗ろう」と買い直すことにしました。

これ、大正解!

もし、とんぼ返りしていたら悔やんでいたことでしょう。

そのわけは後ほど。112.png


さて、V-Trainの出発まで、サンタヴィレッジを散策します。
a0140305_02362035.jpg
サンタヴィレッジは12月末から2月の中旬までが本格的なオープンです。

雪が積もってきっとホワイトクリスマスですね。
a0140305_02370922.jpg
それにしても、紅葉を観にきたのになぁ。

もうクリスマスになっちゃった!105.png


ところで、汾川駅にどうしてサンタなのでしょう?

それは・・・
a0140305_02430524.jpg

2013年、韓国とスイスの国交50周年を記念して、

汾川駅とスイスのツェルマット駅が姉妹締結を結びました。

それがきっかけで、サンタヴィレッジができたのですが、

ツェルマット駅とサンタクロースの関係はよくわからないとか。105.png 

なんじゃそりゃ?



a0140305_02425052.jpg

また、ツェルマット駅はマッターホルンが一望できる山岳列車の始発駅で、

多くの観光客が訪れています。

過疎化がすすむ汾川駅もそれにならえ!とサンタヴィレッジを造り、V-Trainの運行を始めたのです。

a0140305_02424808.jpg
出店や屋台は半分くらい閉まっていますが・・・
a0140305_15504536.jpg
あっちもこっちもフォトジェニック!

こんな山奥に、こんなかわいい駅があるなんて!

a0140305_02442221.jpg
駅の隣にあるサンタ郵便局
a0140305_02475719.jpg
中は待合い室も兼ねています。
a0140305_02480768.jpg
ポストにハガキを投函すれば、クリスマスに届けてくれるそうですが、

残念ながら日本は圏外。

東海の郵便局は届けてくれたけどなぁ。105.png
a0140305_04123019.jpg
サンタの衣装で記念撮影。
a0140305_16105514.jpg
トンネルの階段を上ったら・・・
a0140305_02384397.jpg
ホームに着きました。

ここにもサンタ。 珍しい半袖姿です。



では、そろそろV-Trainに乗り込みますね~。


つづきまーす。


# by yukiful-xmas | 2019-12-01 16:23 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ③栄州のランチはユッケビビンパ!

栄州に到着する前、

ちょっとしたアクシデントがありました。

キョンキョンとの待ち合わせは、栄州バスターミナルの手前のコットンサン(꽃동산)というバス停だったのですが、

気づかぬうちに通過してしまいました。(汗)

あとで運転手さんに尋ねたら、チケットを発券する際、行先がチケットにインプットされ、

乗る時にピッとやると、バスが停まるしくみになってるそうです。

私はバスターミナルまで買っていたし、コットンサンで降りる人が他にいなかったのでバスは停まらなかったのです。

長距離バスに乗る時は、私みたいなのは、

運転手さんに行き先を言っておいた方が無難ですね。105.png

a0140305_02214160.jpg
乗り過ごしたことがわかり、キョンキョンと彼女の友だちが、

バスターミナルまで私を拾いにきてくれました。

しょっぱなからご迷惑。

<m(__)m>


写真は「オンニ、おつかれさま~!」と言って、キョンキョンがくれた生のナツメ。

生で食べるのはいつぶりかなぁ? 

甘酸っぱくて美味しかったです。102.png



汾川駅に向かう前にまずは腹ごしらえ!

栄州在住のキョンキョンのお友だちが案内してくれたのは、
a0140305_02184367.jpg
フンブガ(흥부家)

ユッケの専門店です。

栄州といえば栄州韓牛! 牛肉は栄州の特産品の一つでしたね。
a0140305_02195233.jpg
それにしても、このお店すごいわ~。 ひっきりなしにお客さんが入っていきます。
a0140305_02194607.jpg
やっぱり満席!?
a0140305_03181206.jpg
奥のお席をなんとかゲット。

壁の有名人のサインの数が半端ない・・・
a0140305_02200247.jpg
メニューです。

迷うことなく、ユッケビビンバ(13000₩)のオーダーが自動的に入りました。(笑)
a0140305_02200878.jpg
パンチャンがすごいボリューム!
a0140305_03204762.jpg
左端のトラジがすごく美味しい。
a0140305_03205348.jpg
サラダにでてきたリンゴも栄州の特産品です。
a0140305_02405643.jpg
ワカメスープはスジ肉で出汁がとってあります。 濃厚で美味しい!
a0140305_02201111.jpg
や~~ん、ユッケがキレ~~♪

さすが韓牛の本家本元! 

味がまろやか!

私はまずユッケだけゆ~っくり味わって食べました。
a0140305_02202646.jpg
一方キョンキョンは酢コチュジャンをグルグルかけて、ガ――――ッと一気にかき混ぜました。

韓国人はこうだよね。104.png


栄州に寄ってよかったなぁ!101.png

と思えるランチでした。

174.pngフンブガ(흥부家)
慶尚北道 栄州市 大学路92 
(경상북도 영주시 대학로 92)
℡ 054-638-2094
営業時間 11:30~14:30 17:00~20:30
定休日 日曜日



# by yukiful-xmas | 2019-11-30 10:37 | 2019年11月大邱 | Comments(2)

2019年11月紅葉の旅 ②V-Trainに乗りに行こう!

今回の旅はタイトルにも付けたように「紅葉を観るため!」だったのですが・・・

温暖化の影響で今年は色づくのが遅く、120.png

大邱は紅葉が始まったばかりでした。

これくらい。👇
a0140305_01512583.jpg
そこで、もう紅葉が真っ盛りの北の方へ行こうかなぁ?と考え・・・そうだ!


V-Trainに乗りに行こう!


V-Trainとは、慶尚北道の汾川駅から江原道の鉄岩駅までを走るトロッコ電車です。

太白山脈の渓谷の中を走るので、おそらく紅葉は見ごろなはず!


実は慶北のトラベルマガジンGB-Storyの👇の記事を読んで以来、

ず~っと乗りたかったのです。

*青い文字をクリックするとGB-Storyが読めます。
a0140305_02253263.jpg

ただね、V-Trainの駅って遠いのですよ~。^^;

ここ。👇

a0140305_01192865.gif


奉化郡(봉화군)の汾川駅(분천역)というところまで行かなくてはなりません。


でも、東大邱駅から汾川駅までは乗り換えなしで行けることがわかりました。

V-Trainとの連結もバッチリ!

a0140305_01144372.jpg
時刻表です。

朝6時のムグンファ号に乗れば、9時32分に汾川駅に着くので、10時発のV-Trainに、

9時10分のムグンファ号に乗れば、13時40分に汾川駅に着くので、13時52分発のV-Trainに

乗ることができます!102.png

また、

午前のV-Trainは始発が栄州駅なので、汾川まで行かず、栄州駅から乗ることもできます。(8時50分発)




私も最初は👆のコースで行く予定だったのですが、

たまたまキョンキョンが仕事で栄州にいることがわかり、

栄州でキョンキョンと合流して、汾川駅に行くことにしました。



東大邱から栄州までは高速バスで移動しまーす。
a0140305_01380144.jpg

キョンキョンが「栄州へ行くには電車よりバスの方が断然便利だよ~」と。

本数も多いし(45~50分毎)、所要時間も2時間と電車より短いのです。
a0140305_01572842.jpg
優等バスだったので座席もゆったりで快適、快適♪


しかし走り始めて40分後・・・

どの辺にいるのかはよくわかりませんでしたが、窓の外を観てビックリ!

a0140305_01590425.jpg
a0140305_01592822.jpg
a0140305_01594025.jpg
ぎゃー! もしかしてミセモンジ(미세먼지)!?

PM2.5がひどいとは聞いていましたが、これほどとは!


韓国旅行にはやはりマスクが要りますね~!119.png





# by yukiful-xmas | 2019-11-29 10:09 | 2019年11月大邱 | Comments(0)

2019年11月紅葉の旅 ①着いたら夜食  ヘンボッカンカルビ

今日からは11月の旅レポを書いていきたいと思いまーす。


その前に・・・

日韓の関係が悪くなり、エアプサンの大邱便はほぼ全滅したようです。145.png

大邱の直行便が増えて喜んでいた矢先・・・


となると、たのみの綱はT'WAY航空。

応援してるからねっ!106.png

a0140305_02460864.jpg

でも、T'WAYさんも苦しいのでしょうか?

片道500円だったのにまだ空席が・・・105.png


福岡便は到着が夜の8時半なのですが500円なら御の字!

a0140305_02561139.jpg
チェックインをすませたら、9時半をまわってしまいました。

でも、何も食べないで寝てしまうのはもったいなくて。144.png

(お夕飯は抜いていきましたから~。^^;)

ヘンボッカンカルビ(행복한 갈비)

区庁や市庁の近くには美味しいお店が多いから、区庁の辺をウロウロして見つけました。

地下鉄1号線東区庁駅②出口の前にあります。

a0140305_04090439.jpg
夜遅い割りにはお客さんが多いです。
a0140305_04093048.jpg
焼肉がメインですが、一人でも食べられるメニューが数種類。

これは助かる!
a0140305_04094597.jpg
カルビタンにしてはパンチャンが多い気がします。
a0140305_04102652.jpg
栄養カルビタン(영양 갈비탕)9000₩
a0140305_04104113.jpg
柔らかいお肉がゴロゴロ・・・

お肉はアメリカ産でしたけど、そのわりには美味しかったです。

ここは私的には有り!

ランチタイムは7000₩になりますよ~!


174.pngヘンボッカンカルビ(행복한 갈비)
大邱広域市 東区 新岩南路166
(대구광역시 동구 신암남로 166)
℡ 053-958-8592
営業時間 11:00~24:00
年中無休

一日目はこれにて終了!

早過ぎる。103.png


# by yukiful-xmas | 2019-11-27 08:14 | 2019年11月大邱 | Comments(2)