Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 09月 16日 ( 1 )

長崎食べんば ①寿々屋(すずや)

父が療養していた4か月間、

お夕飯は私が作り、お昼は母と外で食べるのが日課になっていました。

母にとってランチタイムはいい気分転換です。

でも、徐々に痩せていく父のたかわらで、まるまる太っていく母と私。^^;

お父さん、ごめんなさ~い!(汗)




まず、長崎と言えば、ちゃんぽん、皿うどんははずせません!

私が行くお店はほぼ決まっていて、

永楽苑群来軒共楽園の3パターン。


中華街に食べに行く人も多いですが、

中華街のちゃんぽんは観光客向け。

街中にある食堂の方が、料金も安いし、だんぜん美味しい気がします。

今回は久しぶりに新規開拓、噂のお店に突撃しました。


まずは、
a0140305_00183495.jpg
寿々屋(すずや)

中華街から徒歩5分、唐人屋敷跡地にあります。

父が最初に入院した病院の近くだったこともあり何回も行きました。

地元では「知る人ぞ知る!」のお店です。

こんなところに食堂が?という場所にありますので、行く時は地図を見ながら行ってくださいネ。

暖簾をくぐると・・・

a0140305_00123456.jpg
昭和だぁ!(笑)

長崎出身のスーパーヒーロー福山雅治さんの龍馬がいます。
a0140305_02153506.jpg

お客様は地元のお馴染みさんが多いようですが、芸能人や有名人もお忍びで訪れています。


この店をしきっておられるのは80代半ばのおばぁちゃま、

白髪の巻き毛がかわいくて、笑顔がとてもチャーミングです。

娘さんご夫婦が店を手伝っておられますが、厨房に立つのはこのおばあちゃまお一人だそうです。

一度息子家族と行って4人分オーダーしたら、

「今日は忙しかったけんもう閉めんば!」と休憩に入られました。(笑)

a0140305_02133891.jpg
ハイ、これがちゃんぽんです。 700円也!

錦糸卵と鳴門が入ってカラフル。

おなますはサービスで出して下さいました。
a0140305_00123707.jpg
懐かしい~♪

子どものころに食べていたちゃんぽんの味です。

ただ、何回か行ったなかで、

日によってはツーンと鼻にぬける匂いがすることがありました。

私は平気だったけど息子は苦手だったみたい。

a0140305_00123960.jpg
おにぎりはとろろ昆布
a0140305_00181061.jpg

サイドメニューには、巻き寿司やいなり寿司、煮豆やごま豆腐、おからなどのお惣菜もあります。

一皿200円とお手頃なので、病院の帰りに買って帰ったこともありました。

味付けは長崎らしくどれも甘い味付け。

「島原の出身だから私の料理は甘いんですよ」と。

a0140305_00162168.jpg
一度皿うどんもテイクアウトしました。

 一皿でドカンと二人前はあります。 

これで700円!
a0140305_00161840.jpg
うどんもありま~す。

母と卵とじうどん(450円)を。 

麺は太くて柔らかめ、出汁はやはり甘口です。

これもどこか懐かしい味なんだよなぁ。 


地元で50年以上愛されている長崎の隠れ家的ちゃんぽん屋さん、

唐人屋敷跡を散策する際に立ち寄ってみてください。




174.png寿々屋(すずや)
長崎県長崎市十人町10-15
℡ 095-822-0996
営業時間 10:00〜19:00
(暖簾をおろして休んでおられることもあります。^^;)
定休日 日曜日、祝日、第2・第4月曜日


by yukiful-xmas | 2019-09-16 10:38 | 長崎 | Comments(0)