Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 09月 05日 ( 1 )

長崎をさるく ②館内町の唐人屋敷跡

ちょっと前まで、韓国に行ってないからブログが書けな~い!103.pngとショゲておりまして、

一時はブログを一旦閉じようかとも思いましたが、

そうだ、今いる私の故郷、長崎を書こう!と思ったとたん俄然元気がわいてきました。

ブログはもう生活の一部になっています。


さて、長崎編。

タイトルを「ぶらぶら節」から「さるく」に変えました。

「さるく」とは長崎弁で街をぶらぶら歩きまわるという意味です。

ここ数カ月、長崎をウロチョロウロチョロしてますが、

新しい発見がいろいろとありました。


館内(かんない)町もそのひとつ。

ランタン祭りのメイン会場、中華街の山手に位置しているのですが、

歩いてみると本当におもしろい!

a0140305_01294308.jpg
まず、館内町の入り口に「唐人屋敷跡」と書かれた立派な門ができていました。

いつの間に?


この門の向こう側は、かつての中国人の居留地です。(1689~1859)

鎖国時代(1639年~1854年)、「出島」にオランダ人が住んでいたのは有名ですが、

中国(唐)から来た貿易商は、オランダ人とは別に、館内町に住まわされていました。
a0140305_01342554.jpg
門をくぐると古い住宅地。(後姿は弟)

その先にかつての商店街かな?というエリアがありました。
a0140305_01294676.jpg
うふっ! タイルや色彩がどこか中国っぽいでしょう?
a0140305_01294996.jpg
この看板も。
a0140305_01295126.jpg
ほとんどのお店がシャッターを下ろしています。
a0140305_01295340.jpg
唯一営業していたのが金魚屋さん。
a0140305_02341697.jpg
いろんな金魚がいて楽しい。

(店頭をのぞいただけですが・・・)
a0140305_01323995.jpg
道端の石鉢の中でも金魚が元気に泳いでいました。

ジャガとレンを連れてきたら、石鉢にはりついて動こうとせず・・・

「レン、金魚をつかまないで!」(笑)

a0140305_02352345.jpg
う~~ん、このベンチ!
a0140305_02352511.jpg
唐人屋敷は、周囲を掘と塀で囲まれ、さらに竹垣をつくって外の世界と遮断されていました。

これは堀の跡。
a0140305_02532224.jpg
でも、中国の文化はここから長崎の街に流れていきました。

その役割を果たしたのが遊女。

資料館の絵の中にも、遊女が描かれています。

a0140305_01335470.jpg
このクリーニング屋さん、胸キュン
a0140305_01335872.jpg
歩いたのは紫陽花の季節・・・
a0140305_01343022.jpg
マンホールの蓋も長崎の市花である紫陽花です。
a0140305_02352844.jpg
館内町には唐人屋敷にあった貴重な遺産も残っています。



それは次回の更新で。102.png



by yukiful-xmas | 2019-09-05 10:39 | 長崎 | Comments(4)