Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 07月 30日 ( 1 )

平成最後の冬の大邱 ⑩国立大邱博物館 久しぶり~!

朝ご飯の後は、国立大邱博物館へ向かいます。


この日は朝からスーツケースを持ち歩いておりまして、

(空港に向かう途中、荷物をピックアップするのが面倒という理由で・・・)

モーテルに預けてくればよかった!と、ここにきて後悔しきり。106.png

やっぱり荷物を持って歩くのってしんどいね。

タクシーーーー!


a0140305_01462496.jpg
国立大邱博物館 (국립대구박물관)

ここへ来た目的はこれ。👇
a0140305_01433677.jpg
特別展『女性の韓服、近代と出会う(여성한복 근대를 만나다)』

3月10日までの展示だったで、もうとっくに終わっていますが・・・^^;

とてもいい内容だったので少しだけご紹介しま~す。

(というか、旅ネタが尽きてきたので、こうなったら何でも書いちゃう。119.png )



この特別展では、1900年から1970年代の韓国の女性が日常来ていた韓服が展示されています。

a0140305_02071400.jpg
100年前、独立運動当時の女学生の制服。

韓服ですね~。
a0140305_02273542.jpg
伝統的な韓服は本当にエレガント!
a0140305_02162326.jpg
1950年代はベルベット、1960〜1970年代はレースのチョゴリが流行したようです。
a0140305_02214128.jpg
「母の工房」というコーナーでは、1960年代の家庭での作業空間が再現。
a0140305_02253515.jpg
当時流行したファッション誌や化粧品
a0140305_02275972.jpg
大邱を舞台に活躍した女性たちの人生劇場、

ここでも韓服が名わき役をつとめています。
a0140305_02294817.jpg
大邱出身の世界的な韓服デザイナー、イ・ヨンヒ(이영희)が制作した1950〜1960年代の韓服のウェディング



そして、来て得した~!と思ったのが、
a0140305_02400493.jpg
朝鮮時代の天才画家 申潤福(シン・ユンボク)と金弘道(キム・ホンド)の絵画の展示。

(上2枚がシンユンボクの作品)
a0140305_02400986.jpg
a0140305_02425899.jpg
a0140305_13240345.jpg
本物だよ~!(笑)

ここで観れるなんて・・・ラッキー!



そして、現代のアーティスト、キム・ヒョンジョンの版画作品も。

これがなかなかおもしろくて・・・一番眺めている時間が長かったかも。

a0140305_02453767.jpg
韓服を着た現代の女性像
a0140305_02455856.jpg
ククク・・・
a0140305_02454456.jpg
a0140305_02531056.jpg
韓服でラーメン食べてるし・・・(笑)


韓服の変遷だけでなく、韓服を通して時代の世相なども伝わってきました。




国立大邱博物館は常設展示も好きなんですが、

こうした特別展示もおもしろいですね。

現在は上👆でご紹介した、大邱出身の世界的な韓服デザイナー、

故イ・ヨンヒの特別展が開催されています。
a0140305_13335685.jpg
彼女の人生は「韓服の人生」とも言われ、パリコレでも大活躍、

伝統的は宮廷衣装や平昌オリンピックで使われた舞台衣装など8000点が展示されています。

観たい~~!!


行かれる際はぜひHPをチェックしてみてください。



174.png国立大邱博物館 (국립대구박물관)
大邱広域市 寿城区 青湖路 321
대구광역시 수성구 청호로 321
℡ 053-670-6114
観覧時間 平日 09:00~18:00
土、日、祝日 09:00~19:00
休館日 月曜日と1月1日、秋夕 
(但し、月曜日が祝日・振替休日の場合、祝日・振替休日の翌日)




by yukiful-xmas | 2019-07-30 13:48 | 2019年1月 大邱 | Comments(2)