Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 01月 21日 ( 1 )

2014 冬の大邱 ② 北城路(プッソンノ)を歩く 

今回は、ゆっくり気ままに街歩きをしたいな~と思ってました。 

これまでは観光地に行くことが多かったので、「普段着の大邱」、「大邱の素顔」みたいなものを感じたいな~と。  

・・・ということで、大邱駅の南側にある北城路(북성로/プクソンノ)へ向かいました。 大邱駅から徒歩数分。 
a0140305_1814873.jpg
大邱産業工具通りとも呼ばれていて、工具屋さんがズラリと並んでいます。
a0140305_1821368.jpg
今は人もまばらですが・・・大邱駅が開業(1905年)した後、大邱の一番の繁華街として賑わっていたところ。 
a0140305_1822991.jpg
統治時代に建てられた日本家屋がところどころに残っています。
a0140305_1824710.jpg
なんか懐かしかぁ。。。
a0140305_1825711.jpg
キャンディ? ビーズ? って思いながら近づくと、紫色の小さな工具部品でした。 
a0140305_183760.jpg
食堂も味があるなぁ。。。
a0140305_1832644.jpg
裏通りはさらにディープ!
a0140305_1834255.jpg
奥をのぞいてみたくなりますね。  (あ、私だけ?^^;)
a0140305_184474.jpg
丸ちゃんや観光課のビン係長は、工具通りを私たちが喜ぶのかしら?ってちょっと不安だったようですが・・・

ビョンちゃんも私もテンション上がりまくり! だって、私たちカロスキルより工具通りが好きやもん!(笑)   
先を歩いているのがビョンちゃん、足取り軽やか~♪
a0140305_184177.jpg
おっ! 廃材でできた怪獣君発見!  なんか・・・なんか楽しい~ここ! (^^)  


a0140305_1843873.jpg

タイムリーなことに、

最終日に訪れた大邱近代歴史館「100年前の北城路を歩く」という展示コーナーができていました。

(展示は2013年10月15日~2014年2月28日まで)

ちょっとだけご紹介しますね~。

a0140305_18517100.jpg
朝鮮王朝時代、今の大邱駅周辺には大邱の主要機関が集まっていて、その周りには城壁が巡らされていました。 その城壁の北門の跡にできたのが北城路です。
a0140305_18193256.jpg
開業当時(1905年)の大邱駅
a0140305_1845779.jpg
お金持ちが多く住んでいたそうです。 和服の人と韓服の人が見えますね。
a0140305_185877.jpg
こちらは夜の風景  
a0140305_1854051.jpg
大邱の商業の中心だった頃の街図。  明治時代は一番町、昭和になって元町と呼ばれていました。
a0140305_1854841.jpg
日本人が多く住んでいたのがわかりますね。
a0140305_1855866.jpg
看板も日本語だらけ。 手前にある帽子は「三越デパート」で売っていたもの。 
a0140305_2225953.jpg
三中井百貨店(みなかいひゃっかてん)という、日本人が経営するデパートもあったようです。 朝鮮・満州に18店舗を展開する繁栄ぶりだったのですが、太平洋戦争の終戦と共に消滅してしまいます。

a0140305_18688.jpg
こういうところって興味の有る無しがハッキリ分かれるところでしょうが・・・^^;  

古き時代の日本が残っていました。 子どもの頃にタイムスリップしたような・・・昭和な感じのお散歩でした。 




by yukiful-xmas | 2014-01-21 10:35 | 2014年1月大邱 | Comments(10)