Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

虹の向こうに

今週の月曜日、父が亡くなりました。

享年91歳。

90歳まで会社に通い、

一年間で完璧に身辺整理をし、

4ヶ月の闘病生活を経て旅立ちました。




父が体調不良を訴えたのは、私がランタンフェスティバルから帰ってきて3日後のことでした。

もしあと一週間早かったら、ツアーはできなかったかもしれません。

私の帰りを待っていてくれたのかなぁ?

そう思えてなりません。
a0140305_23374165.jpg
父が最初に入院したのは、唐人屋敷跡の近くにある病院で、

検査の結果は、末期がんという信じがたいものでした。


でも、見舞いの帰りに病院の周りをウロつく余裕はありました。

それくらい父は元気だったから。
a0140305_23215045.jpg
父は模範的な患者でした。

何一つ愚痴や文句を言わなかったし、

看護師さんやリハビリのスタッフさんともにこやかに談笑し、

父の病室からは笑い声が絶えませんでした。

a0140305_23154778.jpg
病状が落ち着くとリハビリがはじまりました。

自転車こぎ20分!

でも先生の診断は余命数ヶ月・・・

おーい、もうそんな状況じゃないと思うんだけど。

そんな父を、母は涙を浮かべながら見ていました。


しばらくすると、家族にとって大きな壁にぶちあたりました。

父に告知するか否か?

でも、今はどんなに深刻な病状でも告知は普通のことなんですね。

先生から父に説明があり、それを聞いて父は涙をこぼしたそうです。

(母だけが立ち合いました。)

告知の翌日、病院に向かう足がどれほど重かったことか・・・

しかしミラクル!

父は前日の先生の話をすっかり忘れていたのです。

痴ほうはありませんでしたし、頭はしっかりしてたのですが・・・

なぜか先生の話だけが父の頭から消えちゃったという。

そして母は二度目の告知はしない、と決めました。


父は身体が回復したと思い、先生や看護師さんたちににこやかに挨拶をして病院を去りました。


a0140305_23154991.jpg
退院後は、主治医をペインクリニックの先生にお願いしました。

週3回の往診を受けながら、父はいつもの生活に戻りました。

ペインクリニックの先生は、何かあれば24時間電話一本でかけつけてくださいます。

ありがたい!


父にとって(いえ誰でもそうでしょうけど・・・)「自宅」は何よりの薬です。

父の顔色はみるみる良くなり、時にはお酒も飲むようになりました。

そして、遠くにすむ親族が、かわるがわる見舞いにくるので

実家はいつも賑やかでした。

a0140305_23362082.jpg
父の最後の幸せな時間は、ちょうど紫陽花の季節だったと思います。
a0140305_23155500.jpg
7月には父の91歳の誕生日を祝うことができました。

でも、だんだん疲れやすくなったようで、横になっている時間が長くなってきました。

大阪からきた弟に「今度会う時はもっと元気になってお酒ばいっぱい飲みたかばい」と話したそうです。
a0140305_23173267.jpg
父を桃渓(ももたに)橋の近くにあるペインクリニックに連れていったのは8月の始めでした。

父を家で看取りたいという気持ちはやまやまでしたが、

看病している母の体力が続かなくなってきたのです。

母は自分の体調のことを父に話し「パパ、ごめんね」と言ってホスピスに行く父を着替えさせました。

でも、父の頭には母の話が入っておらず、なぜ介護タクシーに乗せられたのか?

理解できないようでした。

a0140305_23270405.jpg

父がお世話になったのは「ホームホスピス」というところで

看護師さんや介護士さんがおられますが、病室ではなく貸し部屋で

家族が泊まってもいいし、外出も自由、お酒もOK、というところです。

でも、家が大好きだった父は、ここにきてガクンと体力が落ちていきました。

家に帰りたい!

父の悲痛な思いがひしひしと伝わってくるので、父を置いて帰る時は本当に気が重く・・・

父が眠ってからこそっと帰るようになりました。


何よりありがたかったのは、父が苦しまなかったことです。

ペインクリニックですから、痛みに関しては専門です。

素人なのでよくわかりませんが、麻薬シールを身体にはって痛みを和らいでいたそうです。

そして点滴などの延命治療はいっさい無し。

癌なので最期は痩せ細っていきましたが、

人は枯れ枝のように散っていくのが、

一番自然な死に方だそうです。

先生の話を聞くと「父は最期まで生き抜いて散った」という気がします。



5月、6月は福岡と長崎を行ったり来たり、

そして7月に入ってからはほとんど長崎で過ごし、週末だけ福岡に戻るという生活が続いていました。

でも、先週の金曜日、とうとう帰れなくなりました。

「ご主人を家に連れて帰るなら今ですよ」と先生から告げられ、

母は「連れて帰ります」とキッパリ即答しました。
a0140305_23290371.jpg
ここで2つ目のミラクル!

父を乗せた車がペインクリニックを出た瞬間、

晴れているにもかかわらずサーッと雨が降りだしたのです。

父が通る道を洗いきよめるかのごとく降り、父を乗せた車が家に到着するやいなや雨はピタリとやみました。

この時、空に虹がかかりました。

虹の橋は天まで伸びているのかなぁと。

a0140305_01303355.jpg
父の最後の帰宅を聞いて家族が次々と帰ってきました。

寝ている父のそばでみんなでお酒も飲みました。

不謹慎と思われるかもしれませんが、

メソメソ泣いているよりも明るく送り出す方が、父の最期に似合っている気がしました。

父の顔を時々のぞきながら、心の準備をする時間でした。
a0140305_01303522.jpg
お夕飯は皿うどんです。

これで5人分! これを二皿!

こんなにたくさん身内が集まる機会はそうそうありません。
a0140305_03274210.jpg
そして最後のミラクル!

「休めるうちに休んでおくように」と弟にさとされ、早めに休んでいた母でしたが、

夜の11時半を過ぎた頃、

突然寝室から出てきて父の元へ駆け寄りました。

そして「パパ、パパ・・・」と何度も父を呼びました。

父が息をひきとったのはそれからまもなく。

静かな静かな最期でした。

母はなぜ最期の時がわかったのか?

とても不思議でなりません。
a0140305_23303668.jpg
父は、母と4人の子どもと11人の孫と4人の曾孫をおいて逝ってしまいました。

明るくて、お酒が大好きで、研究熱心だった父。

時間のある時はいつも何かを書いていました。

私がブログを書いているのは父の遺伝子かなぁ?


青春時代は志願兵として戦地に赴き、辛い時代を過ごしました。

晩年は戦争で亡くなった戦友たちを弔うために、何度も旅行に行きました。

最後の旅行は今年の3月、つい数か月前のことなのに・・・

出棺の時は「同期の桜」で見送りました。

a0140305_23303818.jpg
父はとてもオシャレでした。

父のクローゼットは「すばらしい!」くらい片付いています。

残念ながら、私はあの几帳面さを受け継いでいませんが・・・


葬儀の前、母は父のネクタイピンを7人の男の子の孫に形見分けし、
a0140305_02512237.jpg
父のネクタイピンを胸に7人の孫とうちの娘婿で父の棺を運びました。
a0140305_23324986.jpg
告別式ではいっぱい泣いたけど、御斎の席ではみんなの笑顔が戻りました。

(父の遺影と同じポーズをしています。)
a0140305_02502292.jpg
おとうさんも一緒に飲んでいるよね?
a0140305_23344546.jpg
父が好きだったニュー長崎ホテルの桃林からの夜景
a0140305_23404974.jpg
そして、何度見たかわからない高速道路から見える大村湾の夕陽


寂しさはこれからじわじわと湧いてくるのかな?

父の娘で幸せだったと思います。

今日は初七日です。




by yukiful-xmas | 2019-09-15 07:37 | 長崎 | Comments(14)
Commented by mickimchi at 2019-09-15 09:25
お父様のご冥福をお祈りいたします。
素敵なお父様ですね。素敵なお母様に素敵なご家族。
そしてYuckyさんはなんて素敵な娘さんなんでしょう。

お父様、Yuckyさんに看病の合間に長崎の街をさるく時間を少し下さってありがとうございます。
おかげで私も、一緒に長崎をさるいてる気持ちにさせていただきました。

これからのお母様のお身体やお気持ちがご心配でしょうが、Yuckyさんもお疲れが出ませんように。
Commented by ringoko_mama at 2019-09-15 09:40
素敵なお父様ですね。
親を亡くすのってこんなに寂しいんだと思いました。
今年で亡くなって5年になりますが、頭のどこかでずっと父のこと考えてて、心の中にもずっといます。
寂しくなられたお母様を支えてあげてくださいね。
yuckyさんもお疲れが出ませんように。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by ビョン at 2019-09-15 13:05 x
心よりお悔やみとお父様のご冥福をお祈りいたします。晩年までお仕事をされ、大勢のご家族に恵まれたお父様は、本当に幸せな人生を送られましたね。
看病にあたられたお母様をはじめとしたご家族の皆さん、本当にお疲れさまでした。
虹の橋を渡ったお父様は、いつも天国から仲のよいご家族を見守っていることでしょう。
Yuckyさん、どうかお疲れが出ませんように。
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-15 23:14
☆ mickimchiさま
mickimchiさん、ありがとうございます。 父にも語りかけてくださって・・・
父や母とこんなに長い時間一緒に過ごしたのは、赤ん坊の時以来かもしれません。
実家に帰るより韓国に行く方が多いなんて、まったくもって親不孝な娘ですから。
最後の最後、いくら親孝行の真似事をしたって足りませんね。
これからは、母のところにももっと通って、長崎シリーズも続けたいなと思っています。
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-15 23:26
☆ ringoko_mamaさま
ありがとうございます。
5年経ってもそんなものなのですね。 
本当の寂しさはこれからなのかもしれませんね。
私はいつものように「ねぇ、お父さん!」と遺影に話しかけていますが、
母はまだ現実を受け入れることができず、まだお線香をあげることができないようです。
これからの人生は、受けた恩を返す時間なのかもしれませんね。



Commented by yukiful-xmas at 2019-09-15 23:47
☆ビョンさま
ビョンちゃん、ありがとう。
私も父の人生は幸せだったのではないかなぁ?と思っています。
戦争をのぞいてですが・・・
父の心の中には、いつも若くして命を落とした戦友たちがいて、
それを弔うことが、父の晩年のライフワークでした。
きっと今頃、そういう戦友たちとの再会を喜んでいるかなぁ?と。
そしてきっと空の上から私たちを見守ってくれるよね。
Commented by hue2010 at 2019-09-16 01:01
お父様のご冥福をお祈りいたします。
花がはじめてみたあの日の虹は、ゆっきーさんのお父さんが連れてきてくれた虹だったんですね。幼稚園で習った虹の歌をよく歌っていますが、♪雨が上がったよ、青空がでてきたよ、青い空の向こうには虹がかかったよ〜〜、という歌詞で何だか元気がでる歌です。
家族があつまるときのじゅんの皿うどん、うちでも定番です。ご家族の食卓を囲む声をきいて、虹の道もできて、きっとお父様も微笑んでいらしたのではないでしょうか。
とはいえ、両親がいなくなると考えただけて苦しいので、ゆっきーさんお体大事にしてくださいね。運転も気をつけてくださいね。
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-16 01:18
☆ hue2010さま
近くにいるのに、なかなか会いに行けなくてごめんね。
最近実家から長与の家に帰る時、以前hueと待ち合わせした裏道を通っているので
いつもhueちゃんがいないかなぁ?とキョロキョロしています。
双子ちゃんにも早く会いたいなぁ。
花ちゃんの歌う虹の歌、聞いてみたいなぁ。
落ち着いたら連絡しますね。

じゅん食堂! (あれ、同じ名前だ!笑)
明日もお客様がみえるので、お昼はじゅんの皿うどんです。(予約済み)
この夏、何回皿うどんの出前をとったことか!?
でも、毎日でもいいくらい好きです~♪
Commented by miekichi1014 at 2019-09-16 09:03
Yuckyさん、心よりお悔やみ申し上げます。
まさに「生ききった」
皆さんに愛され見送られ、お父様の人生は
充実したお幸せなものでしたね。
ご冥福をお祈りいたします。
Yuckyさんも元気を出してくださいね。
Commented by rinrin-world at 2019-09-16 22:42
Yuckyさん

ご冥福をお祈りいたします
素敵なご家族の様子が綴られてて、お父様は幸せな人生でしたね
長崎~福岡の往復もまだまだ続いていくと思いますので
無理せず、息抜きしながらお過ごしください
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-17 00:31
☆ miekichi1014さま
ありがとうございます。
今年のお正月「105歳まで生きることにした」と宣言した父でしたが、
さすがにそれはかないませんでしたね。
でも、きっと悔いのない人生だったと思います。
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-17 00:34
☆ rinrin-worldさま
初七日をすませ、そろそろ福岡に帰ろうと思っているのですが、
残された母のことを思うと長崎を去りがたく・・・
これからは、ちょくちょく来ると思いますので、そのうち
中華街でおデートしましょ!
Commented by Ree at 2019-09-17 18:10 x
おくればせながら・・・
お父様のご冥福をお祈りします。
91歳!!大往生でしたね。素晴らしいお父様。

私の父は10年前、68歳で亡くなりましたが
やはり癌でした。
ユッキーさんのお父様の闘病日記を読ませていただいて
父の時のことを思い出しました。
告知のこと、麻薬湿布のこと、点滴のこと、、、
最期はご自宅に帰られて、本当に良かったですね。
ウチは病院で亡くなったので。
いま考えればあの時ああしてあげればよかった…とか
いろいろ後悔もありますが
「父の娘に生まれて幸せ」これにつきますね。

ユッキーさんもお疲れ様でした。
お母様のことご心配でしょうが、
ユッキーさんもゆっくり休んでくださいね。
Commented by yukiful-xmas at 2019-09-18 00:00
☆ Ree さま
コメントありがとう。
そうか、りーちゃんのお父様も同じ病気だったのね。
68歳なら、治療も受けてがんばられたことでしょう。
父は高齢なうえに、お腹に水がたまっていて精密検査すらできなくて。
だんだん弱っていく父をただ見守るだけしかできませんでした。
最期に家で過ごせたのはわずか3日。
父の好きな音楽を聞かせたり、大好きな日本酒で口の中をふいてあげたり・・・
みんなであれやこれや。
ある意味貴重な経験でした。(^^)