Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

大邱の貴重な文化財 慶北大学病院 ②

慶北大学病院の院長室からレポを再開します。^^;

もうね、この時キム先生からいろんなことを教えてもらったので、

どうまとめていいのやら・・・105.png
a0140305_01243798.jpg
院長室から車止めの上に出てみました。

向こうに見えているのは慶北大学医学部です。
a0140305_01244726.jpg
間近で見る煉瓦の壁にクラッシックな窓。

う~~ん、萌え萌え~!113.png

できた当時はさぞかし注目を集めたことでしょう。


さてここで、病院のなりたちをちょっとだけ。

慶北大学病院は1907年「大邱同仁病院」として開業しました。

この同仁という名前、実は日本の医学団体の「同仁会」からきています。

1902年に東京で発足し、中国における医学と技術の普及を目的として、

中国に医師を派遣し、病院や医学学校を作るなどの活動をしていました。

*時代が時代だけに、後に日本政府がからみ、アジアにおける勢力拡大の意図もあった、という見方もあるようですが・・・

そして、中国だけでなく韓国にも3つの病院が造られました。 

その一つが大邱同仁病院です。


つまり、

慶北大学病院は日本人が造った病院だったのかぁ。101.png
a0140305_01245248.jpg

 (KNUH・・・Kyungpook National University Hospital の略。)


この前も書きましたが、

病院ができるまで、大邱の医療ってアメリカ人の宣教師が行っていたんですよね。


それを知った藤縄文順という京釜鉄道の嘱託医が、

「大邱にちゃんとした病院と医師が必要!」

と同仁会に要請し、病院建設の運びとなりました。(1904年)

当時の同仁会の会長は、早稲田大学の創始者でもある大隈重信。

大隈重信さんって、外務大臣だったころ、

爆弾を投げられて、足を切断するという大怪我をされています。

医療の大切さは、身をもって感じておられたに違いありません。

a0140305_04212972.jpg

院長室に昔の写真がありました。

車止めの前に停まっているのは当時の救急車で、

「車の向きが今とは逆なんだよ!」と。

そうか、統治時代だからネ。^^;

また先生が指をさしておられる場所には、カイコの養蚕場があったそうです。

a0140305_02233333.jpg
院長室を出て、再び廊下へ。

階段の踊り場から新館への渡り廊下ができています。
a0140305_01260220.jpg
院長室の反対側の廊下には、つぶされて壁になった扉が・・・

昔の姿に復元するために、一部ドアに戻したそうです。
a0140305_01321818.jpg
こちらの部屋は医療博物館になっています。

キム先生はこの博物館を作る際に、とても貢献されています。
a0140305_01330547.jpg
中には昔の医療器具が展示してあります。
a0140305_01331282.jpg
a0140305_02110231.jpg
a0140305_02134909.jpg
お~っ、すごく手のゴージャスなライト!
a0140305_02122173.jpg
博物館の中にさらに階段があり
a0140305_01351250.jpg
階段の上にも展示室があります。
a0140305_01350385.jpg

昭和3年(1928年)、この建物を造る際の上棟式の記録です。

道知事、神職、工事監督、工事請負人、全て日本人の名前ですね。

また、今は国立病院ですが、建てられた当時は道立病院でした。

a0140305_02474025.jpg
1階の廊下に戻ってきました。
a0140305_01434162.jpg
ここにも昔の写真が展示してあります。
a0140305_01435191.jpg
開院当時、西洋医学の最先端の病院として期待されていました。
a0140305_02491756.jpg
韓国人は薬代は半額、治療費は無料だったそうです。
a0140305_04141278.jpg
韓国人医師の養成も行っていました。
a0140305_02085633.jpg

キム先生の話を元に慶北大学病院のことを書いてきましたが・・・

掘り下げれば掘り下げるほど日本との深い関わりがでてきました。

調べながら書いていると、時間がいくらあっても足りません。



病院が開いている時間帯は、見学OKだそうなので、

興味のある方はぜひ観にいってみてください。

東城路からすぐで~す。

174.png慶北大学病院 (경북대학교병원)
大邱広域市 中区 東徳路 130
대구광역시 중구 동덕로 130



by yukiful-xmas | 2018-11-04 09:20 | 2018年4月・5月大邱 | Comments(0)