Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

リマインドウエディングに挑戦!⑳青蘿の丘へ

西門市場で朝ご飯を食べた後、青蘿(あおつた)の丘を抜けて薬令市へ。

いつもとは違う道を歩いてみることにしました。

小さな発見がいっぱいあって・・・いろんなことがわかってきました。
a0140305_00480848.jpg

西門市場を出て、3号線(モノレール)の下の道路を渡ろうとしたら・・・

横断歩道がないのよね~!141.png

歩道橋かモノレールの駅を通って渡らなければなりません。ふ~~~=3


煉瓦の建物👆は啓明大学 東山医療院旧館

1931年、大邱に初めてできた西洋医学の病院です。
a0140305_01172260.jpg
3号線に沿って進み、一つ目の角(CU)を左に曲がって青蘿の丘へと向かいます。

しばらくはゆるやかな登り坂。

途中、壁一面に昔の写真がありました。

済生院(제생원)といって宣教師が医療を行っていた建物で、

さっき見た東山医療院の前身です。


これから行く青蘿の丘には、1890年代にアメリカから来た宣教師の家があるのですが、

宣教師たちは布教活動だけではなく、医療と子どもたちの教育も行っていました。

そのころの医療機関はほとんどがソウルに集中しており、治療には高額な費用がかかったため、

地方に住む人たちは、なかなか病院で治療を受けることができなかったのです。


宣教師が来たことによって、大邱の人々の生活はずいぶん変わったのですね。

a0140305_01174505.jpg
大邱のモンマルトル、青蘿の丘(청라 언덕)に着きました。

へ~~~っ! 反対側から登るとこんな門があったんだぁ。146.png

青蘿の丘は俗称で、正式には東山洞、

大邱邑城の東の丘にあったことから東山と呼ばれるようになりました。

a0140305_01182023.jpg
1910年に建てられた宣教師チャムネスの家

「医療博物館」になっています。 


他にもあと2軒の洋館があり、

宣教師スウィッツの家は 「宣教博物館」に、

宣教師ブレアの家は「教育歴史博物館」になっています。

a0140305_01190752.jpg

取り壊された大邱邑城の石垣が、洋館の礎石として使われています。
a0140305_03344334.jpg
こんなところに城壁が残っていたとは!
a0140305_01194545.jpg
東山医療院旧館の中央玄関。

3号線(モノレール)ができる時に、玄関だけお引っ越ししちゃったのね。
a0140305_01200283.jpg
そして90階段。

独立運動の時に学生たちが日本の警察の目をそらし駆け下りたという・・・

独立運動の舞台となった場所です。
a0140305_01303120.jpg
階段の両脇には当時の写真が展示されています。
a0140305_01402345.jpg
昔の西門市場

西門市場が今の場所にできたのは1923年、日本の植民地時代です。

天王堂池(천왕당지)という貯水池だったところで、

日本人が市内にあった古墳を崩し、その土で池を埋めて市場を造りました。

だから、大邱には不老古墳群しか残っていないのです。


サラッと書きましたが・・・これを知った時、めまいがしそうでした。140.png
a0140305_03463698.jpg
階段を下りて、第一教会を見上げ、
a0140305_01405306.jpg
桂山聖堂の隣にある珈琲明家で一休み。

*これまで、珈琲名家って書いていたのですが、社長さんがおっしゃるには正しくは「明家」だそうです。^^;
a0140305_01405967.jpg
抹茶フラペチーノ(だったかな?)

あら、美味しい!  ふ~~~っ、落ち着く~!
a0140305_04003003.jpg
老夫婦、しばらく休憩です!(笑)


こんなコースで歩きました。
a0140305_04013129.jpg
さっさか歩けば20~30分のコースです。101.png




by yukiful-xmas | 2018-10-24 10:16 | 2018年9月RW大邱 | Comments(0)