Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:韓国 ( 1109 ) タグの人気記事

こんにちは!忠清道 ⑨現地レポ 全羅北道へ

a0140305_00333485.jpg


a0140305_00334392.jpg


a0140305_00335433.jpg

a0140305_00425523.jpg

元気に旅を続けています!


by yukiful-xmas | 2017-10-29 00:13 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

いってきまーす!

全開のレポがはじまったばかりですが、

明日から(もう今日か!)また渡韓します。

今回も忠清道です。(大邱も行きます!)

パッキングして早く寝なきゃ!と思いつつ韓ドラにハマって涙ボロボロ。(笑)

帰国してから一週間!

まだ足がはっているので靴は3足持っていくー。

バタバタですがいってきまーす!



by yukiful-xmas | 2017-10-26 01:49 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ⑦唐津編 挿橋湖でお魚三昧! 

唐津(タンジン)でのお夕飯は、挿橋湖(サプキョホ)のほとりにあるレストランへ。
a0140305_17122024.jpg
ヘグムガンフェッチッ(해금강횟집)

唐津(タンジン)市の北側は海に面していて、お隣の牙山(アサン)市との間には牙山湾があります。

そりゃあ、夕飯は魚ですわな~!

a0140305_18274996.jpg
店頭の水槽では鯛やエビちゃんが元気に泳いでいます。

うふふ~、エビは今ちょうど旬なんですって!
a0140305_17162795.jpg
中に入ると、そのままこちらへ、と外のテラスに通されました。

うわ~~っ!101.png

海が一望、遠くに西海大橋の灯り、そして左手には船が見えます。

よ~く見ると軍艦なので、一瞬エッ!と思いましたが、

艦上公園にある展示用の退役艦船だそうです。

う~~ん、ステキ♪

こんなところでご飯がいただけるなんて!113.png

a0140305_17170174.jpg

ここでいただいたのはチョゲグイ(貝焼き)です。

食べる前にジャヨンミさんからこんなお達しがありました。

「貝焼きは少しだけにしてくださいね!

このあと2階のお座敷に移動して本番のご飯を食べますからー!101.png



と言われましても・・・ 119.png
a0140305_17174913.jpg

無理エヨ~!143.png

隣に来たアジュンマが「社長のサービスだよ~!」ってどんどん焼いてくれるから

(いかん、いかんと思いつつ)ラッコのように食べてしまったではないですか!(笑)

a0140305_17184486.jpg
お腹いっぱいでも、本チャンは予定通りです。105.png

2階に上がるとズラ~~~っと。(ウップ!)

まぁ、ご覧のようにいろいろあるので、ご紹介は一部にします。
a0140305_19103050.jpg
シンプルな塩焼きはコノシロ。

九州ではあまり塩焼きでは食べませんが、塩焼きも美味しいのね!
a0140305_17192173.jpg
メインのお刺身の盛り合わせは鯛とヒラメとクロソイ。   

日本の刺身よりぶ厚く切ってあります。
a0140305_17202371.jpg

そしてさっきまで元気に泳いでいたであろうエビちゃん。

カラッと塩焼きになっていました。(単品でオーダー)

ごめんよ~!144.png

これまたプリップリ!

この時はお店の人に焼いてもらいましたが、普通は生きたまま焼いて食べるんですって。
a0140305_17185827.jpg
私の口の中でくっつきまくったタコ刺し!(生きてます)
a0140305_17190553.jpg

向かい側に座っていたNさんと私が一番気に入ったのは貝汁。

この時はみょうにNさんとウマがあいました!(笑)
a0140305_17201458.jpg

濃厚なお出汁のメウンタン。

贅沢にもお刺身をシャブシャブして。

お魚三昧で幸せ~♪
a0140305_01160210.jpg

参考までに・・・

私たちが食べたコースは左側にあるモドゥンフェ(刺身の盛り合わせ)

小(2人前)90000₩、中(3人前)120000₩、大(4人前)150000₩ となっています。 
a0140305_19171535.jpg

このあたり(挿橋湖観光地)、刺身や貝焼きのお店がたくさん並んでまして

春には貝焼き祭りも開かれています。


さて、帰り際、挿橋湖(サプキョホ)って湖? それとも海?って話になりまして・・・

調べてみたら農業開発のために牙山湾に挿橋川防湖堤を作って人口湖にしたんだそうです。

つまり 昔は海、今は湖 ってことですね。154.png
a0140305_02095755.jpg
貝焼きの美味しいヘグムガンフェッチはちょうど防波堤の横(魚市場と警察署の間)にありまーす。

174.pngヘグムガンフェッチッ(해금강횟집)
忠清南道唐津市新平面挿橋川3キル87
(충청남도 당진시 신평면 삽교천3길87)
℡ 041-363-9000
営業時間 9:00~22:00


唐津(タンジン)市のレポはこれでおしまい、牙山(アサン)市の温陽温泉に移動しまーす。



by yukiful-xmas | 2017-10-25 00:27 | 2017年10月 忠清道 | Comments(2)

こんにちは!忠清道 ⑥唐津編 新平醸造場でマッコリ作り

新平醸造場の白蓮醸造文化院

まずはマッコリのお勉強から。
a0140305_04511099.jpg
まず、3代目の韓国のお酒の話から始まりました。

 庶民が飲むマッコリ、それを寝かして透明になったものが貴族が飲む薬酒、

蒙古のジンギスカンが来た時に伝わったのが焼酎だそうです。

そしてこの醸造場の歴史やこれまでの輝かしい功績などうかがいまして・・・
a0140305_03433436.jpg
2代目のお話。

昔はお酒を造るところには人が集まりコミュニティができていたそうです。

でも、都市化が進み、農家が減り、マッコリを作る醸造場も減っていったとか。

そんななか、お寺に伝わる蓮葉酒からヒントを得て、マッコリに蓮を入れることを思いついたそうです。

2代目が、初代から醸造場を引き継ぎ、いかに苦労してマッコリを作りつづけてきたかは

前回訪問した時に伺いました。
a0140305_02011157.jpg
つづいては試飲。(キャッホー♪)

177.png生産して1カ月未満の生マッコリ(やっぱり生は違う!)

177.png手作業で作るので生産量が限られるというプレミアムマッコリ

177.png熱を通して殺菌したマッコリ

と試飲させていただきましたが・・・

なんといってもプレミアムが断トツ好き

喉越しが良くて身体にす~~っと入っていきます。

そして最後に飲んだ殺菌マッコリですが、熱を通すとガクンと発酵した感がなくなる感じ。

でも、こっちの方が好きって人もいるんですって。
a0140305_01355369.jpg
話を聞きながら窓際の蒸し器が気になってしょうがない!

だって、お米を蒸す匂いがプ~~~ンとしているんですもの。
a0140305_01370100.jpg
ひゃ~、おいしそ~! そのまま食べたい! 

輸入米にたよるところもあるそうですが、新平醸造場では地元産の

しかもとれてから1年未満の新しいお米のみを使用してます。
a0140305_01371617.jpg
モッチモチでうんま~♪
a0140305_01412238.jpg
これで、お米をつぶさないようにほぐします。 かわいいでしょ!
a0140305_01454657.jpg
お米をはかったらお水の入った容器に入れます。

水と米の割合は昔から1:1。
a0140305_03452077.jpg

それに麹と酵母を加えて
a0140305_01390518.jpg
まぜまぜ~!
a0140305_03453275.jpg
できあがり!

あとは発酵を待つのみです。

バスの中に置いていたら、甘酒のような甘い匂いがプ~ンと漂っていました。

自分で作ったマッコリを飲みたいのはやまやまだけど、飛行機の中で爆発したら大変!

持ち帰るのは断念しました!145.png
a0140305_01420571.jpg
昔はヤカンに入れたり、こんな容器に入れてたそうですよ。
a0140305_01501164.jpg
つづいてはマッコリを使ったカクテル作り
a0140305_01503967.jpg

テーブルの上にリキュールがつぎ分けてあるので、マッコリと混ぜるだけ。
a0140305_01531910.jpg

そ~っと瓶に沿わせて入れていきます。

でも、さっき飲んだマッコリが美味し過ぎて、カクテルの印象は薄く・・・105.png

マッコリは美容にも良いということで、カクテルも人気が出て

3代目はソウルの江南でマッコリバーを開かれました。

Chez Maak(셰막 /シェマッ) 

実は行ったことあるのだ!102.png

ここでーす!!

*リンクがうまくできていませんでした、すみません。(10月31日訂正)

a0140305_03111804.jpg
帰りのバスの中から。

ピンクの建物がマッコリ作りの体験所、青い屋根が工場、

裏庭にはマッコリに入れる蓮が栽培されています。

~ 米を洗う朝が100年続く醸造場 ~

新平醸造場は、いまや唐津の名所のひとつですネ。




なお、私たちが体験したマッコリ&カクテル作り(試飲付き)は2時間で25000₩、

15人以上で予約可能です。

他にもマッコリソムリエコースや蒸留酒体験などもあります。

予約はHPから、または電話(041-362-6080)で。

また商品の試飲や展示施設の見学は無料、平日10時~4時までとなってまーす。101.png




by yukiful-xmas | 2017-10-23 10:15 | 2017年10月 忠清道 | Comments(2)

こんにちは!忠清道 ⑤唐津編 新平醸造場

それではレポをスタートしまーす。

今回は旅行社さん向けのFAMツアーに参加させてもらいました。

旅の舞台は忠清道。
a0140305_01512308.gif
ここでーす。

👆の地図では一つになっていますが、忠清南道と忠清北道に分かれています。

ソウルから交通の便がいいので、地方都市の中でもアクセスのいいエリアです。

a0140305_03314294.jpg
各地から参加者が集まり、ツアーは仁川空港からスタートしました。

今回のバスは触角付き!(笑) 

ミラーなんですけどね、何回見ても触角に見えるのだ。^^;

a0140305_03131813.jpg
現地レポでも書きましたが、ガイド兼通訳は韓国コスメライターのジャヨンミさん。

ずっと前から会ってみたいな~と思っていたので、めちゃ嬉しい~♪

ジャヨンミさんのブログはこちらでーす! ➡ 韓国コスメイヤギ

それからジャヨンミさんの手元に注目!

手にもっておられるのはCN-Story 

忠清南道のトラベル応援マガジンです。
a0140305_01012956.jpg
このStoryシリーズ、ジャヨンミさんや韓食コラムニストの八田靖史さんが

地方都市の魅力を紹介しておられるんですが、

すごく読み応えがあっておもしろいのです。

地方都市のガイドブックってなかなかありませんからネ。

地方都市がお好きな方はぜひGETしてください! 

韓国観光公社や空港などで無料配布されています。

大邱版も出てますよ~!(笑)



さて話がそれましたが、レポに戻ります。
a0140305_03244806.jpg
第一の訪問地は唐津(タンジン/당진)市。

仁川空港から約1時間半の道のりでした。

人口約15万人、特産物はなんといってもお米です。(生産量は国内№1)

そして唐津市で有名なのがこちら 👇
a0140305_03393528.jpg
新平醸造場(신평양조장)

創業1933年の老舗の醸造場です。

ここで作られる白蓮というマッコリは、地元産のヘナル米を使い、

デトックス効果や抗酸化作用のある蓮の葉を入れて作られています。

大統領府晩餐酒に選ばれたり、政府から「訪ねゆく醸造場」に選定されたり

韓国を代表するマッコリです。


実は3年前のマッコリツアーで来たことがありまして、

その時はこちら👆の工場を見学させてもらいました。 その時の様子
a0140305_03220267.jpg
バスを降りたら、まぁビックリ!150.png

白蓮醸造文化院という立派な建物ができているではありませんか!

韓国の伝統酒マッコリは「年寄りや労働者のお酒」というイメージがあり

飲まれなくなってきた時期もあったそうで・・・

それじゃあいかん!

と、マッコリの認識を変えるために、2015年にこの文化院をオープンしたんだそうです。


出迎えてくださっているのは2代目(右)と3代目(中央)の蔵元です。

a0140305_03403069.jpg
中に入るとキレイな売店ができていて、さらに奥には
a0140305_03421853.jpg
こんな研修室ができていました。
a0140305_04013881.jpg
研修室の半分は展示コーナーになっています。
a0140305_04015763.jpg
ちょっとしたマッコリ博物館ですね。
a0140305_02534863.jpg

次回は、ここで体験したマッコリ作りやマッコリを使ったカクテル作りの様子をお伝えしたいと思います。

174.png新平醸造場(신평양조장)
忠清南道唐津市新平面金川里350-1
(충청남도 당진시 신평면 금천리 350-1)
忠清南道唐津市新平面新平路 813
(충청남도 당진시 신평면 신평로 813)
℡ 041-362-6080
HP



by yukiful-xmas | 2017-10-22 01:03 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ④一旦帰国!

ただいま~!

韓国の忠清道(チュンチョンド/충청도)から帰国しました。

またしても、足がパンパン・・・^^;  

いや~、よく歩きました。

そして、今回のツアーは「はじめまして!」の方が多かったのですが、

とてもいい刺激を受けて帰ってきました。

楽しかったです。101.png



で、タイトルに「一旦帰国」と書いているように来週も忠清道に行く予定になっています。

同じ月に、同じところに2回も行くなんて(大邱以外では)滅多にないことなんですが、

年末から忙しくなりそうなので行けるうちに行ってこ~!と思っています。


それから、レポの前にひとつ前置きを。

この3日間、現地からのレポを書いていますが、

行ったり来たりで記事がごちゃごちゃになりそう。119.png

それで、わかりやすいように記事のタイトルを変更しました。

現地から投稿するときは「現地レポ」、

帰国後のレポートは場所別(市別)に書いて行こうと思います。(なるべく時系列に)

本当は次の渡韓までに今回のレポを仕上げたいところなんですが、

明日から一週間、あまり時間がとれそうにないのと、ツアーの訪問先がダブっているので、

イレギュラーな書き方になるかもしれません。

どうぞご了承くださいませ。


それではさっそく・・・と言いたいところですが、

今日のところは、旅の疲れをとるべくゆっくりやすみまーす。

おやすみなさーい。






by yukiful-xmas | 2017-10-20 02:59 | 2017年10月 忠清道 | Comments(2)

こんにちは!忠清道 ③現地レポ 3日目

ツアー3日目は扶余(プヨ)からスタートです。

扶余といえば百済王朝の都だったところ。

百済の遺跡がたくさん残っています。
a0140305_01430116.jpg
王様が乗っていた船(復元されたもの)に乗って、
a0140305_01430495.jpg
扶蘇山城へ。
a0140305_01430727.jpg
ここで百済王朝は最後を遂げます。(詳細は後日)

お昼をはさんで忠清南道から忠清北道へ。
a0140305_02182402.jpg
文義文化財団地

ダム建設のために沈む村を移築してあるところです。
a0140305_01441563.jpg
そして、大統領の別荘地だった青南台。
a0140305_01441848.jpg
さらに清州に移動して・・・
a0140305_01442890.jpg
お夕飯はサムギョプサル!

なぜサムギョプサルを食べたのかは、また後日報告しますね!

明日は最終日。

めっちゃ楽しみなところへ行きます!



by yukiful-xmas | 2017-10-19 01:41 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ②現地レポ 2日目

忠清南道ツアー2日目

朝風呂に入る!が朝のミッション!(笑)
a0140305_01285153.jpg
風呂上がりホヤホヤでロビーに集合です。
a0140305_01285626.jpg
温陽温泉市場を見学。

さすが温泉の街、市場には足湯もあります。
a0140305_01290022.jpg
お昼ご飯は市場のククスを。

大邱のククスとはちょっと違う味です。
a0140305_01290655.jpg
牙山(アサン)に移動して貢税里聖堂(コンセリソンダン)へ。

ドラマのロケ地としても有名です。
a0140305_01291225.jpg
そして、

牙山にもステキな伝統村がありましたー!

外岩(ウエアム)民族村。

歩くだけで気持ち良い!
a0140305_01311549.jpg
夕方、扶余(プヨ)に移動して国立扶余博物館へ。

解説士さんの説明がおもしろくて

歴史に疎い私も話に引き込まれてしまいました。
a0140305_01312279.jpg

今夜はこんなステキなホテルに泊まってまーす。101.png

by yukiful-xmas | 2017-10-18 01:25 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

こんにちは!忠清道 ①現地レポ 1日目

朝一でビューンと仁川に飛んで忠清南道の旅が始まりました。

a0140305_01002100.jpg
フライトは珍しくLCCではなく久しぶりの大韓!
a0140305_01002493.jpg
機内食が出たー!

おにぎり一個ですが、いつもは空に上がって下りるだけなので嬉しい〜!102.png

でも、おかずはおかきです。(笑)
a0140305_01002626.jpg

平日にもかかわらず入国審査は激混み!

バッゲージクレームはすでに止まってスーツケースはクレームから下ろされていました。
a0140305_01003194.jpg
空港で韓国コスメライターのジャヨンミさんを見かけ

わわわっ! と思っていたら、

なんと同じツアーでした。ヤッタ!104.png

通訳をしながらアテンドしてくださっています。

a0140305_01122138.jpg
仁川から唐津に移動して新平マッコリ醸造所を見学。
a0140305_01122349.jpg
さらに移動して挿橋湖でお魚三昧!
a0140305_01123254.jpg
今夜は六百年の歴史を持つ温陽(オニャン)温泉に泊まっています。

部屋風呂のお湯は温泉の湯。

ホカホカでおやすみなさーい!112.png

by yukiful-xmas | 2017-10-17 00:58 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)

薬令市の韓屋レストラン  山(サン/산)

9月は慶北と金木犀の2つのツアーの参加したんですが、

ツアーの前後にいろいろと行ってきたので、少しずつ書いていきたいと思いまーす。

と言っても、明後日からまた渡韓するのでしばらくお預けになるかもしれませんが・・・^^;



まずは、薬令市のレストラン「山」から。
a0140305_03175744.jpg
2年前に一度行ったことがあるのですが

「シェフが変わって、お料理の内容が変わりました~!」とご連絡をいただきまして・・・

それならば!とちょっくら食べに行って来ました。
a0140305_03191901.jpg
前回は裏口から入ったので(たまたまなんですけどね ^^;)今回は堂々と表から。

間口は狭いんですが、中はひろびろ。

重厚な木の造りのステキな韓屋です。
a0140305_03182442.jpg
通訳のアキちゃん(後ろ姿)が付き合ってくれました。 

子の廊下の右側が調理場、左側は客室があります。
a0140305_03201780.jpg
廊下の突き当りのお部屋に通されました。

障子の向こうにはアジュンマたちのグループがいてとっても賑やか。^^;
a0140305_03322372.jpg
ちなみに、以前行った時はお庭の見えるテーブル席でした。
a0140305_03320869.jpg
こんな感じの個室もあります。
a0140305_03323249.jpg
a0140305_03204097.jpg
メニューです。

夜は29000₩~ですが、お昼のメニューは15000₩からとお手頃。

ユッケビビンパ定食とムルフェ定食はお一人様でもOKになっています。

(あとのメニューは2人前から)

*山に行かれた方からの情報でお一人様では注文できなかったそうです。
この記事を見て行ってくださった方には申し訳ありません。
今、お店に確認中ですので、しばらくお待ちくださいませ!(2017.11.16)

*お店に確認したところ・・・
基本的に一人では食事ができないようです。
二人なら同じメニューをオーダーしなければならず、
メニューに「一人以上」と書いてあるのは、三人以上で行った場合に、
ユッケビビンバやムルフェを一人分オーダーするのは可能、という意味だそうです。
「誤解が生じたことについては心から謝りたい」とお店からのメッセージがきました。

う~~~ん、上の表記では、そこまではわからないですね。
一人旅をする日本人は多いし、お一人様でも受け入れて下さるといいのになぁと思います。(2017.11.17)

上から3番目のツルニンジンのトッカルビ定食(20000₩)をオーダーしました。
a0140305_03204888.jpg
アーモンドがトッピングされたサラダ
a0140305_03205800.jpg
えのき茸のサラダは柚子茶を使った甘いソースで。

エノキは生です。
a0140305_03211087.jpg
生椎茸の甘酢餡
a0140305_03211697.jpg
チャプチェ
a0140305_03212230.jpg
コダリチム
a0140305_03274690.jpg
ハサミとトングで食べやすくほぐしてくれました。
a0140305_03213313.jpg
ポッサム からし菜のキムチ 明月草のたまり漬け
a0140305_03214077.jpg
メインのトッカルビ

ちょっと甘目の味付けです。

人参のようなものはツルニンジン

梅の香りのするたまり漬けのような下味がつけてあってほとんど生です。
a0140305_03220095.jpg
水キムチ
a0140305_03215460.jpg
う~ん、これは何だったか? 思い出せない・・・(ミアネ!)
a0140305_01282074.jpg
テンジャンチゲにナムルやキムチが出てきました。
a0140305_03254614.jpg
最近はこのようにつぎ分け式が増えてきたそうです。

私はトッペギからそのままスプーンで飲む方が好きだなぁ。
a0140305_03225670.jpg
石窯ご飯にはカボチャや豆が入っています。

青い葉っぱはポッサムの付け合わせにもついていた明月草(명월초)

テーブルマットに明月草の効用が書いてあったんですが

更年期、糖尿、高血圧、骨の健康、心欠陥の改善、皮膚、美容、老化防止、ダイエット・・・

すごい葉っぱだ!

お店が直接栽培しているそうです。
a0140305_03233429.jpg
石窯にはお湯をそそいで
a0140305_03234492.jpg
おこげ粥に。 

いつもこれで食べ過ぎちゃうんだよね~。105.png

いや~、お腹いっぱいになりました。


お店の雰囲気もいいし、薬令市にあって場所も便利。

ゆっくりランチが楽しめますよ♪

a0140305_02072977.jpg
174.png山(サン/산)
  大邱広域市 中区 鍾路2街 81
  (대구광역시 중구 종로2가 81)
  053-257-9994/9998
 営業時間 11:50~22:00
ランチ 11:50~14:30
年中無休



by yukiful-xmas | 2017-10-15 00:34 | 2017年秋の大邱 | Comments(2)