Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:全羅北道 ( 12 ) タグの人気記事

ビョンちゃんツアー コチャン編! ⑦ 全州韓屋村  

レポの最終回は、ガイドのゲタさんをご紹介しま~す。
a0140305_3131570.jpg
日本語ペラペラ、ガイドさんにしておくにはもったいないキャラです! 年齢はフォーエバー38! (ウソつき~! 笑)  

全州北道はバスでも回れますが、本数が多くないのが難点。

ちょっと費用はかかりますが、グループで全羅北道を回るなら、ゲタさんの車だとかなり効率的に回れると思います。 ちなみに今回のガイド料は、ガソリン代込みで40万ウォンでした。 (ただし、コースや時間によって料金が変わる可能性があります。)

本名はヤンさん。 もう3回もお世話になっているのに知らんかった~!(笑) 

ゲタさんに関する詳しい情報はこちらで~す! 

a0140305_362543.jpg


そして、最後の〆は全州韓屋村。 やっぱりここまで来たら、韓屋村を歩きたい! 

二次会に突入する前、1時間ほどエスカルゴちゃんと夜の韓屋村を歩きました。

ここ数年、急速な観光地化が進み、韓屋村は大きな変貌を遂げていますが、それでもまだまだいいところがいっぱい!

全州を去る日は、朝5時に目が覚めて(私にしては珍しく)早朝のお散歩を楽しみました。

今回はスライドショーにまとめてみたので、私と一緒に韓屋村のお散歩を楽しんでください。(曲はしつこくあの歌です! 笑)

なお、ボケボケの写真が多いんですが、どうぞお許しくださいませ~!

*携帯・スマホユーザーの方で画面が欠けてしまう方はこちらからもご覧いただけます。 



以上、「ビョンちゃんツアー コチャン編!」はこれにて終了! 読んでくださってありがとうございました。 

次はソウルに戻りま~す。

  


by yukiful-xmas | 2014-08-11 02:08 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(8)

ビョンちゃんツアー コチャン編! ⑥ イイダコしゃぶしゃぶ@チョゲチョンジ 

高敞(コチャン)から全州に戻り、お夕食の時間で~す! 

出発前にビョンちゃんが送ってくれたスケジュール表を見て、キャ~、ここ行きたかったぁ!と飛び上がらんばかりに喜んだ私です。
a0140305_2111612.jpg
ワクワクしながら行ったのはチョゲチョンジ(조개천지)というお店。
a0140305_2112779.jpg
イイダコちゅわ~ん、あなたに会いに来ました! (o^^o)  
a0140305_2113812.jpg
店内の様子。 みるみるうちに満席に。
a0140305_251186.jpg
メニューはこちら。 チュックミ(イイダコ)と甲イカのシャブシャブをオーダーしました。 いずれも小で45,000ウォン。
a0140305_2115397.jpg
ズラリとバンチャン。 全州ってなぜか白いプラスティックのお皿に出てくるところが多いんですよね~。 おかずも、蒸したり、茹でたり・・・シンプルなものが多い気がする~。
a0140305_2121051.jpg
プリップリのイイダコちゃん、固くならないうちにいただきましょう!  ワホッ、これマジで美味しい~♪ お味付けはシンプルな塩ベースで素材の美味しさが引き立ちます。a0140305_213837.jpg

卵ビ~~~ッチリ!

(写真ボケボケ~!^^;)

ちょうど旬だもんね~。

(行ったのは4月です。^^;) 

a0140305_2132063.jpg
墨が溶けてだんだんお汁が黒くなっていきます。  旬のセリがこれまた美味しく・・・おかわり~!!
a0140305_2132927.jpg
a0140305_2134135.jpgこちらは甲イカのシャブシャブ。

どちらもお店の方が食べやすくカットしてくださいます。

なんとなんとお刺身まできた!

ビョンちゃんのレポを指をくわえて見てたから、来れてシアワセ~♪  (*゚∀゚*)


☆ チョゲチョンジ(조개천지) ☆
全州市完山区中華山洞2街615-11
(전주시 완산구 중화산동2가 615-11)
☎ 063-223-9070


そして・・・
by yukiful-xmas | 2014-08-09 01:07 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(4)

ビョンちゃんツアー コチャン編! ⑤ 高敞邑城(고창읍성)

a0140305_1444290.jpgビョンちゃんツアー、最後に訪れたのは・・・

高敞邑城(コチャンウプソン/고창읍성)

朝鮮時代初期に建てられたもので、周囲約1,400m、広さ43,847坪。

・・・と聞いてもピンときませんが、とにかく広いんだな~!

ゲタさん、熱く解説中! 
a0140305_1341716.jpg
自然石でできた城壁は保存状態がよく、原型がとどめられています。 倭寇からの侵略を防ぐために造られた・・・つまり秀吉はこんなところまで攻めて来たってこと?
a0140305_134055.jpg
北門をくぐって中へ・・・
a0140305_1385282.jpg
a0140305_139356.jpg(↑ 中から北門を見たところ)

脚(柱)の下の部分は石で固めてあり、頑丈なつくりになっています。

そのまま奥に進むのかと思ったら、城壁の上を歩くことに・・・

急やし~! 登り始めたばかりなのに
(;´д`)=3 ゼイゼイ ...

a0140305_1423858.jpg
へんりーちゃん、お先にどうぞ~!

あれっ? !!Σ(;゚ω゚ノ)ノ

ない、ない、な~い! 

へんりーちゃんの左足はどこ~!?(笑)


今度は下り・・・

へ?  ここを歩くの?
a0140305_1351510.jpg
a0140305_135671.jpg
本当は下の歩道を歩く予定だったらしいのですが、工事中で通行不可!・・・ってことで、城壁の上をおそるおそる・・・

こ、怖いよ~!(((( ;゚Д゚)))

つんのめったら、落ちるやん!

ビョンちゃん、余裕で撮影中!→
a0140305_1354946.jpg
道幅はそこそこあるので、この辺まで来たら慣れてきました。(笑) 正面に見えるのは東門。
a0140305_1434649.jpg
城郭に沿って咲いているのはクロフネツツジ。 七分咲きってところでしょうか? 満開をねらってビョンちゃんが日程を組んでくれたのですが、今年は開花が遅いのだそう・・・ 石の城郭にピンクがはえます。 
a0140305_331029.jpg
a0140305_1363376.jpg
a0140305_204673.jpg
客舎(昔のゲストハウス)として使われていた建物でちょっと休憩!

ずいぶん歩きましたぞ!

a0140305_205911.jpg
ごろ~んと寝っ転がって天井を撮影。

 ・  ・  ・  ・  ・

「Yuckyさん、今の話、また聞いてなかったでしょ!?」 とビョンちゃんの突っ込み!

うん、別の世界に行ってました。 ^^;

a0140305_1372750.jpg

湧水で喉を潤し・・・


しばらく行くと・・・
a0140305_1452894.jpg
孟宗竹(モウソウチク)の林がありました。 ス――――ッと伸びた美しさ。  差し込む夕日がキレイです!

高敞邑城では、「王の男」 「ソドンヨ」 「ファンジニ」 「イ・サン」 「チュノ」 「チャングムの誓い」などたくさんの名作ドラマが撮影されているとか・・・ そういえば、どこも絵になる! 

a0140305_3251590.jpg
美しいアーチを描く高敞邑城の城郭。

なんと、女性が頭に石を乗せて運んだのだそうです。 

「首が痛くなりませんでしたか?」

(デルモはへんりーちゃん。)
a0140305_3313630.jpg
最後に、もう一度見上げる。  見ごたえありでした! ビョンちゃん、連れてきてくれてありがとう!



高敞共用バスターミナルからタクシーで3分、3000ウォン。 徒歩16分。

☆全州から高敞への行き方☆
全州市外バスターミナルから高敞共用バスターミナルまで
所要時間 約90分
料金 6,400ウォン(2014年5月現在)
ビョンちゃんのブログを参考にさせてもらいました。




by yukiful-xmas | 2014-08-06 01:17 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(6)

ビョンちゃんツアー コチャン編! ④ 高敞支石墓群(コインドル)

うなぎの後は・・・
a0140305_0582435.jpg韓国の世界遺産コインドルを見学に。

タイトルには支石墓(지석묘)って書いてますが、韓国語でコインドル(고인돌)と呼ばれています。

ガイドのゲタさんが、

「さぁ行くぜい! あっちだかんね。」 ・・・と言ってる感じ。^^;

ビョンちゃんは地図を撮影中。
a0140305_0585670.jpg
まだ4月だというのに、この日は真夏日!

うなぎの後で喉がカラカラ・・・

歩き出す前にペットボトルの水を買って飲み干しちゃってます。

さっ、行くで~!!
a0140305_059811.jpg
あっちもこっちも岩がコロコロ。  コインドルのことがまだよくわかってないもんで、ただの岩にしかみえません。 ^^;  
a0140305_0591918.jpg
a0140305_0593633.jpgそばに寄ってもただの岩!

でも、世界遺産!(@_@;)

こっちよりあっちの方がいいみたい、とコース変更。

右手には川が流れていて、のどかなお散歩コースです。
a0140305_0593145.jpg
あ、お花キレイ! 

って遅れをとりながらテクテク・・・

あ、でもね、今回は楽! 

だって、前回のビョンちゃんのツアーは魔の500階段でしたから。(笑)

a0140305_101989.jpg
向こうの方を、コインドル見学のトローリーバスが走って行きます。

「あら~、あれいいね!」って言ったら予約がとれなかったとか・・・

修学旅行かな?小学生で満席でした。

でも、あんなに遠くを走って、見えるんかい? ^^;
a0140305_104182.jpg
りっぱなコインドルが目の前に。 ここで、ちゃんとお勉強しましょうネ! コインドルとは青銅器時代に造られた石のお墓のことです。 青銅器時代って人々は服ではなくまだ体に布を巻きつけて暮らしていた時代。 かな? 機械もない時代、どうやってこの巨大な石を運んだのでしょう?
a0140305_105117.jpg
こっちは石の下を掘ってあります。 
a0140305_11448.jpg
Wikipediaによると足の長い石柱に石を載せテーブル状に石を組んだ「北方式」と短い石柱に石を載せた碁盤状に石を組んだ「南方式」の2種類があるそうで・・・  ゲタさんの説明を聞きながら見学中! 

高敞(コチャン)の支石墓は世界で最も規模が大きく、高敞郡全体に約2千個の支石墓があるとも言われてるそう。

ふ~~ん。。。記事を書いて改めてすごいものを見せてもらったんだな~って!今更だけど。emoticon-0111-blush.gif

----高敞支石墓群(コインドル)----
全羅北道 高敞郡 雅山面 上甲里

高敞共用バスターミナルから7.7km
タクシーで約18分、料金は7000~8000₩
by yukiful-xmas | 2014-07-24 01:32 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(4)

ビョンちゃんツアー コチャン編! ③ たらふくうなぎ! @チャンオハッキョ (장어학교)  

a0140305_1532447.jpgマッコリの蔵元を見学した後は、高敞(コチャン)へ移動。

車窓にのどかな田園風景が広がりました。

ビョンちゃんがお昼ご飯にチョイスしてくれたのは、うなぎ!

チャンオハッキョというお店へ。「うなぎの学校」って名前のとおり学校みたいな建物です。emoticon-0136-giggle.gif
a0140305_1533668.jpg
店内は私たちの貸し切り状態!

テーブルはすでにセットしてある~!

a0140305_1541051.jpg
ビョンちゃんがこのお店を選んだ理由は、炭火焼きだから。

パチパチと火の粉も飛ばず、いい炭を使ってあるようです。 

うなぎのサイズは日本のより一回り大きめ。

1kg(3尾)8万₩ と、ちょっといいお値段!^^;
a0140305_1543571.jpg
どれくらい注文したらいいかなぁ? ・・・ってビョンちゃん、ず~っと悩んでまして。。。

3匹じゃ足りないよね~? 思いきって2kgいっちゃう?  emoticon-0144-nod.gif


社長さんがもくもくと焼いてくれるのを14の目玉がジ~~ッとガン見!!

すみません、ブログ用にちょっと顔を上げていただけますか? で撮った一枚!
a0140305_154491.jpg
ハサミでチョキチョキきったあとは、縦にズラリ!
a0140305_1545960.jpg
(あ~~、書きながらヨダレが出る~~~!!)表と・・・
a0140305_155831.jpg
裏! 皮もしっかり焼きましょね。 まだ?  まだぁ?  まだぁ~~!?
a0140305_1554777.jpg
焼けたっ! 焼け過ぎないように、網の端に寄せてくれます。  カイキ~ン! さぁ、食べよ―――!!
a0140305_155231.jpg

お野菜もたっぷり!

細切りのショウガやお味噌、生にんにくを添えて葉野菜で巻き巻きしていただきます。

a0140305_1553682.jpg

ふっくら焼けたうなぎちゃん!


オイシィ~! emoticon-0140-rofl.gifemoticon-0140-rofl.gifemoticon-0140-rofl.gif


a0140305_1555958.jpg
自家製の覆盆子酒(ポップンジャジュ)も。

覆盆子はとっくりいちごと訳されますが、ラズベリーみたいな野イチゴのこと。 韓国では韓方の薬剤としても使われています。 ちょっと甘口で、ワインみたい。 でも、度数が高いので、たしなむ程度でガマン、ガマン!

a0140305_1561291.jpg
ほろ酔いのビョンちゃんとK田さん。 

♥ の下はご満悦の顔。

どうだ!? (って言われたわけじゃないけど) 参りました!(笑)

ビョンちゃん、連れてきてくれてありがと~!




---チャンオハッキョ (장어학교)---
全羅北道 高敞郡 心元面 月山里 468
063-562-9291
営業時間 10~21時 (週末は22時まで)
第2・第4水曜定休

a0140305_150899.jpg
地図を載せたものの、場所はとても説明でき~ん。^^;  もし行きたい方は、お店のカード(上の写真)をタクシーの運転手さんに見せてくださいませ!

高敞バスターミナルからタクシーで40分、約2万₩ ほどだそうです。(ビョンちゃんのブログより)



by yukiful-xmas | 2014-07-19 18:10 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(6)

ビョンちゃんツアー コチャン編! ② マッコリ名人の蔵元 泰仁(テイン)醸造所 

いよいよツアーに出発です。 でも、その前に腹ごしらえネ。(^^) 
a0140305_17111759.jpg
ビョンちゃんおススメの食堂、南部市場にあるチャントパッチッ(장터밥집)。 チョングッチャン(納豆汁)定食、どのバンチャンも好みの味。 お母さんが作ってくれた朝ご飯みたいで大好き♥

私にとって、「釜山のソエ」、「大邱の百年食堂」、そして「全州のチャントパッチッ」は心がホッコリする三大食堂


a0140305_0363631.jpg
ガイド兼ドライバーのゲタさんのワンボックスカーに乗り込んでいよいよ出発! 

最初の目的地は、前夜飲んだソン・ミョンソプマッコリの蔵元、泰仁醸造所(태인양조장/テインヤンチョジャン)
 
記事のタイトルはコチャン編にしちゃいましたが、蔵元は、高敞(コチャン)の隣井邑市(チョンウッシ)というところにあります。^^;
a0140305_037892.jpg
のどか~! 時がゆったり流れてる感じ。 
a0140305_037222.jpg
門を入るとズラリと甕。 中身はマッコリ?
a0140305_037373.jpg
無形文化財であり食品名人のソン・ミョンソプ先生と奥様。 笑顔も素敵ならばお召し物もステキ! 肌に馴染んだ草木染め、着心地よさそう。 思わず聞いちゃった! やっぱりね、奥様の手作りだそうです。
a0140305_040118.jpg
あら~こっちもステキ♥  ポジャギの暖簾! 無形文化財と名人のプレートをメインに撮った写真なんだけどネ。^^;
a0140305_0402114.jpg
テレビ出演された時の写真や、額がズラリ!

とても気さくな方なんですが、すごい方なんですね~。

記事を書いてる最中に、こちらの蔵元が韓国農水省から、名品マッコリを造る醸造所の一つに選定されたというお知らせが入ってきました。(ビョンちゃんのFBより) 
おめでとうございま~す!


a0140305_0483181.jpg
まずは、マッコリを作る工程の説明から。

蒸したお米をもってこられました。

へ~、マッコリってお米からできてるのかぁ!

(・・・って今ごろ知る! ^^;)
a0140305_0415083.jpg
a0140305_042083.jpg
甘味は少なく、弾力があってもち米みたいな食感でした。

名人のご指導で、麦の麹と混ぜる作業をビョンちゃんがやってるところ。

ちなみに、原料となるお米も名人自ら作っておられます。 すごいなぁ。
a0140305_0412550.jpg
ビョンちゃんの質問に笑顔でお答え中。 
a0140305_0424548.jpg
ではではさっそくマッコリをいただきます! 名人自ら注いでくださるなんて、ぜいたく~!
a0140305_043254.jpg
グビッ、グビッ、グビッ・・・( ´~)◇y  マッコリ音痴の私でもこの美味しさはわかる! ス―――っと喉を通っていきます。 身体の髄までしみわたる~! 奥様お手製の乾燥野菜チップをつまみに!
a0140305_0423168.jpg
トロ~リとしたこれもマッコリ。 

梨の花の酒と書いてイファチュ

梨の花の咲く頃の麹が一番美味しいのだそうです。

「女性がマッコリをグビグビ飲むのは下品だから、昔はこれを少しずつ舐めていたんですよ。」

あらっ、下品だったかしら? (笑)
a0140305_0445399.jpg
そしてこちらは「竹瀝膏(チュクリョクコ)」という朝鮮三大銘酒の一つ。 マッコリを竹をいっぱい詰めこんだ甕で3日以上焚き続け、蜂蜜、ショウガなどを入れて蒸溜したもの。 
a0140305_2244167.jpg
ビデオで作る様子も見せていただきました。 病気や傷まで治すと言われた薬酒でもあり、昔ひどい拷問にあった義士がこのお酒で身体を持ち直したというエピソードもあるとか。

「お店で飲むと20万ウォンはするよ!」とビョンちゃんが言うので、セバのお土産に1本購入。 ここで買ったら4万ウォンだったと思います。(たぶん ^^;)

しかし、お土産に買った!はずなんですが、セバが帰ってくる前に私がぜ~んぶ飲んじゃった!(笑) ブランデー、というよりは泡盛っぽいお味で、とても強いお酒なんですが、朝はスッキリ! いいお酒の証拠ですね。
a0140305_0432121.jpg
お話を聞いた後は工場の見学。 
a0140305_0433779.jpg
圧力釜でお米を蒸しているところ。 薪で炊くんですね。
a0140305_0434668.jpg
外部からの菌をシャットアウトするため工場内は立ち入り禁止。 
a0140305_0473360.jpg
マッコリは発酵食品ですから細心の管理は不可欠ですよね。 写真だけ撮らせていただきました。
a0140305_0442482.jpg
工場の向いにある、ご自宅かな? 足踏みオルガン、懐かしい・・・けど、もう使わないのかな~?a0140305_0451936.jpg

全羅北道国際交流諮問官のビョンちゃんのお陰で貴重な体験ができました。

詳しくはビョンちゃんのレポでどうぞ~。

★泰仁醸造所(태인양조장)
全羅北道井邑市泰仁面泰興里392-1
(전라북도 정읍시 태인면 태흥리392-1


お問い合わせは・・・
井邑市庁文化観光課まで。
+82-63-539-7114 


って書いてあっても~! 井邑なんて遠いし~! どうやって行けばいいの? ・・・って声が聞こえてきそうな・・・ 

ですよね~!^^;

しかし、ここで朗報です!  ソウル発着の全州スペシャルモニターツアーがでました。 期間限定!
(注:これに合わせて記事を書いてわけではありません、たまたまです! たまたま!)
a0140305_16581441.jpg
しかもこのコースに泰仁醸造所が入っているではありませんか!?
a0140305_16582421.jpg
この機会に、ソン・ミョンソプ先生のマッコリを飲みに行ってみませんか? レアなマッコリですよ~ん♪

詳しくはこちら



by yukiful-xmas | 2014-07-16 00:23 | 2014年4月 全羅北道 | Comments(12)

秋の韓国第1弾 ⑭ ビョンちゃんツアー3日目 日暮れ~深夜

ツアー最後のお食事は、これまた楽しみにしていた桑の実定食!! 

食事の準備ができるまで、お店の周りをお散歩することにしました。
a0140305_212669.jpg
扶安(プアン)郡庁舎の近くには、日本式の家屋が残っていて、初めて来たのに懐かしい・・・
a0140305_2121217.jpg
この壁、「オロナミンC」大村崑さん「ボンカレー」の松山容子さん「ハイアース」の水原弘さん「アース渦巻」の由美かおるさんの看板がピッタリ!って感じでしょ? (あ〰、わからない人はスルーして~! 若いってことだから~!^^;)
a0140305_2121999.jpg
かわいい三輪バイクのおじいちゃんが低スピードで通りがかりました。 のどかだなぁ。 (^^)  
a0140305_15301716.jpg
統治時代のものだけに、楽しかった!と言うと語弊があるかもしれませんが、子どもの頃にタイムスリップしたようで、ワクワクしながら歩きました。 
a0140305_2123289.jpg
さて、桑の実ご飯をいただけるのは、タンサンマル(당산마루)というお店。 築150年だそうです。a0140305_215629.jpg

ビョンちゃんは、以前にも取材に来ていて、社長さんとは顔見知り!

なので、ちょっと心配ごとがあるらしく・・・

延々と続く(であろう)社長さんの話を、どうやったら切り上げることができるか!?

が、最大の課題なんだって!(笑)
a0140305_2313922.jpg
まずは、お茶から。

いやいや、お茶ではなくて、もうビールemoticon-0167-beer.gifの時間なんですけど~!(ALL MEMBER の心の叫び!)

モゾモゾ・・・ 

     モゾモゾ・・・

          モゾモゾ・・・ 

                         ~ 40分経過 ~
a0140305_2273699.jpg
や~っと食事にありつけました~!ε=( ̄。 ̄;)フゥ;   すごい、すごい、出てくる、出てくる~! (@_@) 
(4人で10万₩のお料理です。)
a0140305_2275089.jpg
品数が多いので、私が好きなおかずをダイジェスト版で! 扶安のハマグリおいすぃ~! 

a0140305_2301721.jpg正直、(ご飯以外)桑の実がどこに入っているのかわかりませんで・・・ってか、元々桑の実がどんなものかわかってない、私! ^^;

とにかく、いろんな料理に入っていたみたいです! ^^;

食事の途中で社長さんが再び登場、そしてカンパ~イ!

私(手前)が持っているのは、桑の実のお酒。(これはわかった!)
a0140305_229558.jpg
帰り際、奥様がかわいい手作りのアアクセサリーをプレゼントして下さいました。

頭に飾って、記念撮影!

(もちろん男性メンバーも! 決してふざけているのではありません。^^;)

不思議な気持ちを抱きつつ(笑)、全州へ帰りま~す。
a0140305_2315957.jpg
ツアーの〆はマッコリ! 貴人集宙(귀인집주)というお店へ。 本当は店休日なのに、ビョンちゃんので、社長さんが待っていて下さいました。 スゲ!
a0140305_2321221.jpg
ソンミョンソプ・マッコリという名人が作ったマッコリをいただきました。 甘ったるくなく、さっぱりしてて結構好み! 珍しくマッコリでほろ酔いに。 普段、マッコリはあまり飲まず、ビール2~3杯で終わりです。^^;
a0140305_2322616.jpg
冷蔵庫にズラ~リ! マッコリソムリエの友人によると、好き嫌いが分かれる味なのだそうです。 私は好き派!
a0140305_2323835.jpg
このメンバーで飲むのもこれが最後! いや~、この3日間、ホントによく飲みました! (お仕事の都合で先に帰った方が数名います。)
a0140305_2325283.jpg
これにて、ビョンちゃんツアーは終了です!

どれだけ入念に下調べをし、計画を練ってくれていたことか・・・

(後ろ姿を盗み撮りしながら)ホッとして歩いているんだろうなぁ。

こんな経験はなかなかできない! 

貴重な旅をありがとう!



(・・・で、ビョンちゃん、次はいつ? (笑) )



最後の最後までビョンちゃんのブログのお世話になります! 

☆タンサンマル(당산마루)

☆貴人集宙(귀인집주)



by yukiful-xmas | 2013-11-12 18:31 | 2013年10月 大邱・全羅北道 | Comments(12)

秋の韓国第1弾 ⑬ ビョンちゃんツアー3日目 昼の部つづき

a0140305_257408.jpg
ハマグリを満喫したあとは、赤碧江(적백강)という海の見える丘へ。 コスモスと白い蕎麦の花が満開で、めちゃめちゃキレイ~♪  みんなシャッター押しまくり~!Σ【◎】ω ̄*)パシャ パシャ
a0140305_1295434.jpg
奥に進むと、水聖堂(수성당)という祠(ほこら)がありました。 海の守り神と言われたケヤンばあさんを祭ってあるのだそうです。
a0140305_2575868.jpg
海で働く漁師たちの、海の平穏を願う気持ちが伝わってくるような・・・神聖な気持ちになりました。
a0140305_2581518.jpg
そこからさらに車で50分ほど。 来蘇寺(내소사/ネソサ)というお寺に到着しました。 ビョンちゃん、今まで行ったお寺の中で一番好き!なんだって。  大きな大木が古~い歴史を感じさせます。(633年に創建)
a0140305_2583182.jpg
伽耶山来蘇寺と書かれた一柱門をくぐると・・・
a0140305_2584665.jpg
モミの木に囲まれた参道が続いています。 長さ約600メートルもあるとても素敵な参道なのですが・・・週末とあって人・人・人!  ああ、ここ、静かに歩きたい!!
a0140305_2132174.jpg

参道の途中に立札がありました。

「大長今(チャングムの誓い)」のロケ地だったようですネ。

キャ~、私が理想とするミン・ジョンホ様がここに立っておられたのね!

 ↓ ここがそのロケ地
a0140305_211164.jpg
a0140305_212925.jpg
境内に入ると、樹齢数1000年ともいわれるケヤキの木が。 圧倒されるなぁ。 
a0140305_221876.jpg
正面には朝鮮時代に建てられた大雄宝殿。 色あせた感じがいかにも古寺らしくていいワ~。
a0140305_18135811.jpg
ねえ、ねえ、あれ見たぁ? とビョンちゃんが念を押したのは、大雄宝殿の扉にある蓮や菊などの花紋様。 これかぁ!! ビョンちゃんのブログで読んで、見てみたいと思ってたのよね~。
a0140305_2593021.jpg
人が多過ぎて、来蘇寺の良さが伝わらなかったなぁ・・・とビョンちゃんは残念がっていましたが、帰り際には人も減り、とてもいい気を感じました。 ここは再訪したいなぁ! 
a0140305_2594336.jpg
帰り道、売店で扶安郡でしか買えないお塩を発見!

ぴよぴよさん(仮名)が「欲しい~!」と一ビン購入。

後でみんなで分けましょう!嬉しい、私も欲しかった!(^^)

なら、ついでに塩田も見に行く?ってことで・・・急きょ、コムソ塩田(곰소염전) へ。  
a0140305_2595659.jpg
海の水をひいて、天日干しで作る天然のお塩。  ・・・の田んぼです。
a0140305_30896.jpg
水分が蒸発して濃くなった海水が、雨が降ると薄くなってしまうので、海水を小屋に入れる作業をしているところ。a0140305_302112.jpg

出来上がったお塩は小屋の中に貯蔵されています。

どんな味か舐めてみたいなぁ! 

・・・とA子さんがポツリ!

だよね、だよね~、舐めてみたいよね~!

!!゜∀゜!!
a0140305_3042100.jpgしゃがんで、床に指を押し付け・・・

指についた塩を10粒ほど・・・

(一人一粒配り・・・)

すみません!

ごめんなさい!

(๑´ڡ`๑) ペロッ!

う~~~~ん、しょっぱい!(>_<)

a0140305_18281022.jpg

ミネラル豊富な扶安のお塩は・・・


我が家のキッチンで活躍中です!


こちらは、ビョンちゃんの過去記事になりますが、それぞれ詳しい説明がのっています。 参考になさって下さ~い!
 
☆赤碧江(적백강)・水聖堂(수성당)

☆来蘇寺(내소사)

☆コムソ塩田(곰소염전)



by yukiful-xmas | 2013-11-11 18:29 | 2013年10月 大邱・全羅北道 | Comments(2)

秋の韓国第1弾 ⑫ ビョンちゃんツアー3日目 昼の部

ビョンちゃんツアーの続きです。 (秋大邱第2弾はもうしばらくお待ちくださいませ~!)
a0140305_233137.jpg
全州3日目はビョンちゃんおすすめのチャントパッチッへ。  「市場の食堂」って名前通りの店構え。
a0140305_2331166.jpg
a0140305_2332345.jpg朝ご飯の定食は5000₩。

酔い覚ましの干し鱈のスープが身にしみる~! どのおかずもおふくろの味で嬉しいな。(^^)

お店の方もとても親切。 一日の始まりがこんな朝ご飯だとパワーがでる~!

壁のボードに、私の足跡も残してきました。(字が幼稚でお恥ずかしい。。。^^;)
a0140305_2324099.jpg
ツアー3日目は扶安を巡る旅です。

全州から車に揺られること約1時間。(相変わらず車内はにぎやか~)

アッという間に故沙浦(コサポヘビョン)海水浴場に到着!

車から降りると・・・
a0140305_233369.jpg
           海が割れてる~! 
a0140305_2575054.jpg
満潮時は海ですが、陰暦の1日と15日の大潮の頃、各々3日程の干潮の時に海が割れて、向こうに見える蝦島(ハソム=하섬)まで歩い行けます。 ビョンちゃん、これを見せるために、この日を選んでくれたのネ。
a0140305_335567.jpg
干潟を歩くと波が描いた砂の絵が。 干潟は海の幸の宝庫、家族連れが潮干狩りを楽しんでいます。 
a0140305_2334551.jpg
海の上を走る車。 すごい、すご~い! 

砂浜を歩く間、天童よしみの「珍島物語」が頭の中をリフレイン。 

海が割れるのよ~ ・・・ 海の神様 カムサハムニダ~♪
a0140305_2344412.jpg
a0140305_2345445.jpg続いてはガラリと違う海岸へ。 車で5分の彩石江(チェソッガン)

ゴッツゴツの海の芸術! 

絶対転んでなるものか!と思いながら歩きました。

男性メンバーのサービスショット!

せっかくやってくれたから載せておこう!(笑)
a0140305_2353268.jpg
お昼ご飯はここからすぐのペカッシクタン(백합식당)というハマグリ料理のお店へ。 お腹すいていたのかな?  jinsunmi さんの足取りが軽やか~♪ (笑)
a0140305_2354613.jpg
バンチャンにカンジャンケジャンが登場! これがまた絶品でして・・・ 今まで食べたカンジャンケジャンの中で、№1の味。 しかも、おかわりできるっていうからウレシー♪

しかし、ここでアクシデント! あまりの美味しさにカニの甲羅にガブリ!とかぶりついたら、歯がかけちゃった。 (>_<) 帰国後、歯医者さんへ直行! (笑)  
a0140305_2355880.jpg
ハマグリ鍋(백합탕) 小30000₩  ハマグリをこんなに食べていいの~!? セリとハマグリって合う合う~。 
a0140305_2361113.jpg
ハマグリの石窯ご飯 そのままパクパクいきたいところですが・・・
a0140305_2362758.jpg
野菜と混ぜてビビンバに! 味付けは控え目に、ハマグリの味が生きてます。
a0140305_2363995.jpg
そしてこちらはハマグリのお粥。 優しい~潮の香り。
a0140305_2365157.jpg
お店の人の対応もよく、とても美味しいお店なので、メニューを載せておきますね。 ちなみに私たちがオーダーしたのはハマグリのお粥(백합죽) 10000₩とハマグリの石窯ご飯(백합돌솥밥)12000₩、そしてハマグリ鍋(백합탕) 小30000₩。

いずれも詳しい情報はビョンちゃんのブログを参考にしてくださ~い。 地図や電話番号、扶安へのアクセスなども載っています。

☆ チャントパッチッ

☆ 故沙浦(コサポヘビョン)海水浴場・彩石江(チェソッガン)

☆ ペカッシクタン(백합식당)




by yukiful-xmas | 2013-11-10 08:38 | 2013年10月 大邱・全羅北道 | Comments(3)

秋の韓国第1弾 ⑩ ビョンちゃんツアー2日目 昼の部 @南原市 

ビョンちゃんツアー2日目。 
a0140305_1555557.jpg
朝はコンナムルクッパ(豆もやしのスープ)からスタートです!  全州に来たら、やっぱりこれを食べなくちゃ! 三百家(삼백집)の 玉子は温泉玉子じゃなくて目玉焼きでした~! (他店のコンナムルクッパは玉子にスープと海苔を入れて、最初に食べました。  )   
a0140305_156319.jpg

a0140305_2332940.jpg4月のオフ会と同様、ゲタさんが運転手兼ガイドをつとめてくれました。 

ワゴン車の中はにぎやか~。 

Kさんがゲタさんのために持ってきた石川さゆりやオフコースが流れています。 懐かしか~♪

1時間ほどで、目的地の南原市に到着しました。

a0140305_22354014.jpg
広寒楼苑(광한루원)という庭園公園へ。 妓生(キーセン)の娘と両班(貴族)の息子の身分を越えた悲恋の物語「春香伝」にちなんだ公園です。

ヒロイン春香の人形が、あまりに可愛くないので、リアルかわいい子の写真を載せてみました。(笑)
a0140305_1591834.jpg
こちらは肖像画。 やっぱ、春香さん、びっじ~ん!!
a0140305_311434.jpg
ドラマ「屋根部屋の皇太子(プリンス)」にも登場した「広寒楼」や・・・
a0140305_257084.jpg
牽牛と織女の天の川の悲話を「春香伝」にかさねた愛の橋「烏鴉橋(オジャッキョ)」。  春香館という資料館も見学しました。 お天気もよくていい気持ち~♪
a0140305_215379.jpg
a0140305_2185612.jpgお昼ご飯は智異山高原黒豚食堂(지리산고원흑돈식당)という黒豚の焼肉店へ。

咲いた、咲いた、黒豚の花! お肉が新鮮、キレーッ!

「済州の黒豚より美味しいですよ!」

おっしゃる通り!!

マジで美味しい~!
a0140305_22845.jpg
a0140305_2133937.jpg
噛めば噛むほどジュワ~~~~~~ッ!っと豚の旨みが広がります。

この黒豚、かなりヤバイ!!(≧∇≦)

「美味しい、美味しい!」と盛り上がっているさなか、南原市の副市長さん(背広)が突然ご挨拶に。 (ブロガーのツアーに副市長さんがわざわざ来てくださるなんて、ビョンちゃんすごい!)

日本語が堪能なお店の社長さん(赤エプロン)はとても楽しい方でした。

a0140305_265046.jpg
ついついビールもすすみまして・・・・

昼間っからこのペース。 ^^;

・・・っていうか、ビョンちゃんはじめ、みんなすごく呑み助なんだよなぁ!(笑) 


ご飯の後は、国楽の聖地(국악의 성지) へ。 

初秋のさわやかな風がそよぐ中、川のほとりでバンソリを聴きました。 

パンソリ(판소리)とは、19世紀に人気のあった朝鮮の伝統的民族音楽で、口伝えに歌いつがれてきたもの。 1人の歌い手と太鼓の奏者によって奏でられる物語性のある演奏で、ユネスコの無形文化遺産にもなっています。 

観衆は、合いの手を入れながら演奏を盛り上げていくらしいのですが、これがなかなか難しい!(>_<)  最初にちょこっと練習して、歌い手さんが目くばせしてくれました。

バンソリは私も初めて!  動画でどうぞ!



バンソリを堪能した後は、最後の目的地、九龍瀑布(구룡폭포)という滝へ。
a0140305_2038391.jpg

a0140305_20385019.jpg
ちょ、ちょっと、ビョンちゃ~ん! 

ここ、下りていくのぉ? 

下りたら上らんといかんや~ん!! (>_<)

無理無理無理無理・・・・・

・・・腰に不安があるからな~ ^^; と思いつつ、みんなにつられて下りていくと、

オエ~ッ! 吊り橋揺れる~! (>_<)


下まで行くと素敵な滝がありました。 

こちらも動画で! ただし3秒!^^;

a0140305_20415769.jpg
行きはよいよい帰りは地獄!  なんと階段500段! そして↑ こんな道を歩きます。

ゼイゼイ(||´Д`)ハーハー(;;;´Д`)  やっとこさ、バスへ。

膝が笑ったところで、昼の部終了! 全州へ帰りま~す。


時間の都合でぶっとばしのレポですみません。^^;  

お店、場所などの詳しい情報はビョンちゃんのブログを参考にしてくださ~い。 一緒に旅をしていると、ビョンちゃんの熱心な取材ぶりに感心させられます。 そして充実したレポに脱帽!^^;

☆ 三百家(삼백집)・広寒楼苑(광한루원) 
☆ 智異山高原黒豚食堂(지리산고원흑돈식당) 
☆ 国楽の聖地(국악의 성지)
☆ 九龍瀑布(구룡폭포)



by yukiful-xmas | 2013-11-03 22:31 | 2013年10月 大邱・全羅北道 | Comments(8)