Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年6月の大邱  ⑯大邱の壁画村 タルソントソンマウル 前編

ソウルや釜山によく行ってたころ、

壁画村が楽しくて、あちこちのタルトンネに行ったものです。

でもね、近頃はどこもかしこも壁画だらけ!

正直、もう飽きちゃったな~なんて思っていたのですが、

大邱在住のブロ友ちゃんの写真を見ていたら、すごくステキで・・・

行ってみたくなりました。 こちらでーす!👇
a0140305_23411978.jpg
タルソントソンマウル イヤギコルモクキル (달성토성마을 이야기골목길)

タルソン公園の横を通り過ぎて大通り沿いを進むと、モニュメントが見えてきます。
a0140305_23413834.jpg
ここから入りま~す!

(ここじゃなくてもどこからでも入れるんですけどね・・・^^;)
a0140305_23414702.jpg
達城(タルソン)公園の西側一帯に壁画村ができているようです。
a0140305_23422713.jpg
今まで行った壁画村とは一味違うような・・・

だんだんワクワクしてきたぞ!
a0140305_23430378.jpg
最初は地味目の壁画が続き、
a0140305_23433404.jpg
森に入りました。(笑)
a0140305_00382317.jpg
細い路地の奥に民家の庭があったりして・・・
a0140305_00402883.jpg
途中、絵がなくなって、どっちに行ったらいいの~?

と迷いながらテクテク進むと・・・
a0140305_23441956.jpg
インフォメーションセンターがありました。

ちょっくらオジャマ。
a0140305_23445161.jpg
汗だくの私を見て、ボランティアの方が冷たいお茶をだしてくださいました。

 ありがとうございまーす! 生き返った~!112.png
a0140305_23451547.jpg
ボランティアの方が案内してくださることになりました。
a0140305_23455161.jpg
「この絵は廃材などを利用してあるんですよ。」
a0140305_23460239.jpg
よ~く見ると・・・

花火はつま楊枝でできています。
a0140305_23461787.jpg

こっちへどうぞ~!
a0140305_23470932.jpg
昨年(2016)6月に「タルソントソンマウル祭り」が行われたようです。 

大邱の市長さん(左から2人目)も観に来られたのですね~。

今年も第2回目が開催されています。 

a0140305_23552619.jpg
ボランティアさんが写真をたくさん撮ってくださいました。

ふふっ、触覚が生えたよ!

a0140305_00013964.jpg
花を咲かせているのは葡萄の木。
a0140305_00005086.jpg
ひょろっとしているように見えますが、樹齢30年!

上から見るとすごく立派な木なんですね~。
a0140305_00024690.jpg
3階建ての高さもあるナツメの木も!
a0140305_00033017.jpg
ここからはカワイイ絵が続きます。
a0140305_00040017.jpg
a0140305_00041602.jpg
a0140305_00122980.jpg
トトロもいた!



なにせ写真がたくさんあって・・・

トルソントソンマウル、づつきまーす!


# by yukiful-xmas | 2017-08-05 01:23 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑮大好きなあの味が・・・

つづいては西門市場へ。
a0140305_01231437.jpg
あいかわらず火災にあった4地区は塀で囲まれたままですが、
a0140305_02053317.jpg
どうやらガレキの撤去が終わったようで、また少し明るさを取り戻していました。
a0140305_02072643.jpg
しばらく市場を散策して、
a0140305_01232619.jpg
軽くお昼を食べようと小さな食堂がひしめく2地区の地下に潜りこみました。
a0140305_02092814.jpg
ひえ~、どこもいっぱい!

お手頃な市場のグルメが楽しめるとあって2地区の地下は超人気ですね~。


人混みが苦手なので・・・

これまた久しぶりにサムミシクタンへ行ってみることにしました。

*以前は「サンミ」と書いていましたが、サムミの方が近いかな?

美味しいチムカルビを食べたくなると、このお店へ来ていましたし、

大邱に行かれる方に、自身をもっておススメしていたお店です。
a0140305_01272314.jpg
ひゃ~久しぶり!



ところが・・・
a0140305_01252608.jpg
チムカルビ(13000₩)をオーダーしたら、

「一人分なら20000₩です!」と。

へッ!? 以前からそんな値段設定でしたっけ?

少しくらいなら高くでも仕方ないけど、7000₩も高いなんて!

しかも、以前はほとんどが地元のお客様だったのに、

(たまたまだったかもしれませんが)大陸からのお客様に様変わりしています。

う~~む。。。121.png

a0140305_01234792.jpg
バンチャンも明らかに違いました。

楽しみにしていたコッチョリキムチが出てこない!
a0140305_01264820.jpg
そしてチムカルビの味も!

私が期待していた「あの味」とはほど遠く・・・

以前お店を仕切っておられたアジュンマの姿も見えないし、

代替わりしたとは聞いていましたが、

もしかして経営者が変わってしまったのでしょうか?


大好きな食堂だっただけに・・・

残念だぁ!

カムバック、サムミ!

かえってきて~!



伝統の味を長年守っていくのは、本当に大変だと思います。

大好きな大邱の味!

いつまでも変わることなく後世に伝えていってほしい!

と、切に願ってやみません。

# by yukiful-xmas | 2017-08-03 00:52 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(4)

2017年6月の大邱 ⑭冷麺の名店 釜山安麵屋

6月の大邱、最終日でーす。

a0140305_01305010.jpg
今回の宿は、以前よく利用してたラブウェイモーテル。

東大邱駅の近くなので、地方に行く時は便利です。

ちょっと前に「フロントの対応が悪かった」という某SNSの書き込みを読んだのですが、

フロントの方は相変わらず優しかったです。

おそらく別の人だったのでしょうね。
a0140305_01310205.jpg
ちょっと古くてビラビラですが、平日30000₩は嬉しい~♪ 
(カード払いは35000₩)

窓から東大邱の線路が見えるところがとても気に入っています。

モーテルの詳しいレポはこちらです。 

a0140305_01444452.jpg

さて、最終日の朝は、ゆっくりスタートしました。

前夜、浦項から大邱に戻ってきたのが夜の10時を回っていまして・・・

ダレとも約束がなく、一日フリー!

たまにはこんな日もいいなぁ。


バスでチンタラ移動してたら、お腹がグーとなりまして(笑)

懐かしいこちらのお店へ入りました。

a0140305_01175042.jpg
釜山安麺屋(부산안면옥)

大洞麺屋カンサン麺屋とならんで大邱三大冷麺のひとつと言われる名店です。

なんと3年ぶり! 

過去記事はこちらです。
a0140305_02372862.jpg
玄関に繋がる通路にはお店の歴史が書いてありまして、
a0140305_01175858.jpg
このお鍋は「豊基産の高麗人参を使用してますよ~」とアピールしてます。
a0140305_01183146.jpg
久しぶり~!
a0140305_02250803.jpg
 奥のお座敷に陣取りました。
a0140305_01201417.jpg
いただくのはもちろん冷麺!

水冷麺にしようか? ビビン麺にしようか?っていつも迷っちゃうんですが、

ここのビビン麺はかなり辛かった記憶があるので、水冷麺にしました。

a0140305_01202604.jpg
まず出てくるのが温かい牛のスープ

これが美味しいんだなぁ!

冷麺の前に温かいスープで胃を温めるのは、きっと理にかなってるに違いない!
a0140305_01184460.jpg
大根の甘酢漬けもちょうどいいお味です。
a0140305_01203223.jpg
きました~ん!

コロンと玉子が入っているように見えますが、

裏返しにすると半玉です。^^;
a0140305_02484102.jpg
ハサミでチョキチョキ麺を切り、

器の底から混ぜてみたら、スユッ(柔らかく茹でた肉)が出てきました~!
a0140305_01215439.jpg
ミンチボールも!


「久しぶりに釜山安麺屋に行ってみようかなぁ」と大邱の知人に話したら

「あそこは雉(キジ)肉を使っていることで有名なのよ」と言うので、

お店の人に尋ねてみると、

「昔はそうだったんですけどね。雉は高くなったので豚のお肉を使っています」

とのことでした。 

昔の味を食べてみたかった!



冷麺にはそれぞれ好みがあると思いますが・・・

私はここの冷麺、スープが優しくて好きだなぁ。

a0140305_02204465.jpg
174.png釜山安麺屋(부산안면옥)
大邱広域市中区国債報償路125キル 4
대구광역시 중구 국채보상로125길 4
℡ 053-424-9389
営業時間 11:00~21:30
営業期間 4月1日~秋夕の前日
営業期間内は無休

ノボテルアンバサダーの前、大信両替所の隣でーす。

*一年のうち半年しか営業していませんので、ご注意くださいね!101.png




# by yukiful-xmas | 2017-08-02 07:52 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(2)

やってしまいました~!(涙)

ブログの画面右側にある大邱情報の「大邱のグルメ」を編集していたら

間違えて消しちゃいました。(大泣)

これまで行ったレストランや食堂を何年もかけてまとめていたのに・・・

ええ~ん、ありえ~ん!103.png


でも、これを参考にしてくださる方が多かったので、

もう一度つくり直します。(自分の覚え書きのためにも!)


ちょっと時間がかかるかもしれませんが

がんばりまーす!104.png



# by yukiful-xmas | 2017-08-01 00:05 | 大邱情報 | Comments(10)

2017年6月の大邱 ⑬浦項の海雲台 迎日台海水浴場 

コムタンを食べた後、再び迎日台海水浴場(영일대해수욕장)へ戻ってきました。


この日はホントにあっち行ったりこっち行ったり・・・^^; 

私は時間の都合でタクシーをバンバン使っちゃったんですが、

竹島市場からは200、105、176、600番などのバスが頻繁に出ています。
a0140305_01115634.jpg
海雲台の海岸みたい!

迎日台海水浴場は1750m続く砂浜で、夏は避暑地として賑わいます。

ちょうど今頃、10万発の花火が打ち上げられる浦項国際花火祭りも行われます。

*今年(2017年)は7月26日から30日まで開催。
a0140305_01300335.jpg
ちょこっとだけど壁画も描かれていました。その向こうには・・・
a0140305_01143556.jpg
車の屋台も出ています。

楽しそう~♪ でももうコムタンでお腹いっぱい!
a0140305_01141603.jpg

浦項に伝わる神話に出てくる延烏郎(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)

虎尾岬(ホミゴッ)には2人の像がたっていました。
a0140305_01142428.jpg

こちらは、文禄の役・慶長の役で秀吉と戦った李氏朝鮮時代の将軍、李舜臣(イ・スンシン)。

ソウルの光化門広場にもありますが、浦項のイ・スンシンは刀ではなく「筆」を持っています。

「独島(ドクト)を守るには歴史を学ぶことが重要だ」という意味が込められているそうで・・・^^;

浦項は独島に行く船が発着する所なのでここに建設されたそうです。ひえ~~っ!
a0140305_01162136.jpg
ここらでちょっと一休み
a0140305_01163567.jpg

潮風にあたりながら、暗くなるのを待ちまして・・・
a0140305_01201925.jpg

さ~て、そろそろお散歩再開しようかなぁ。
a0140305_01203099.jpg

これでーーーーす! 

この夜景が見たかったの!

対岸に見えるのは製鉄工場POSCOの光。

キラキラ輝いて、ステキ~♪
a0140305_01230745.jpg
観光客にも人気のスポットになっていますが、

なんとなく年齢層が高いところが浦項っぽい?(笑)
a0140305_01204650.jpg

迎日橋(ヨンイルギョ)という橋を渡り・・・
a0140305_01205496.jpg

迎日台(ヨンイルデ)へ。

韓国初の海の上の楼閣です。
a0140305_02304972.jpg
夜は恰好のデートスポットですね。♥ 
a0140305_01222848.jpg
ここから見る日の出は格別なんだそうです。
a0140305_01232434.jpg
ハ~~ッ、素敵な夜景にウットリ!
a0140305_01225115.jpg

何回もふり向いて見ちゃう!
a0140305_01231646.jpg

もう一度この夜景を目に焼き付けて・・・

大邱へ戻りました。


浦項、楽しかった~♪


# by yukiful-xmas | 2017-07-31 02:47 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑫浦項 竹島市場(チュットシジャン)

つづいては竹島市場(죽도시장)へ。
a0140305_00250996.jpg

東海岸で最大の伝統市場です。
a0140305_00320441.jpg
活気がありますーーーっ!
a0140305_00273429.jpg

とにかく何でも新鮮なんですが、なんといっても海の幸! 
a0140305_00485442.jpg
 アワビ~~~♪(全部で5万₩)
a0140305_00490105.jpg
エビちゃん♪(15000₩) 
a0140305_00541697.jpg
たこの丸茹で!!(3万₩)と驚くほど安い~!
a0140305_00284944.jpg
あ、これはいらない、苦手なホヤ!(右)105.png
a0140305_00292629.jpg
干物に
a0140305_00294983.jpg

こちらはクジラの専門店のようです。
a0140305_00310119.jpg

海産物のお店だけで2000店舗もあるそうで、

うわ~、すごいなぁ~!と歩いていると・・・
a0140305_00331868.jpg

テレビのロケをやっていました。
a0140305_00350283.jpg

なになに? 何食べてんの? と野次馬に混じって見物してたら、
a0140305_00333622.jpg

グイ~ッと押されてエキストラで食べるハメに!151.png

アジュンマの隣で海藻のこんにゃくみたいなのをワシワシ食べました。(笑)

もう放映は終わったかな~?
a0140305_00363615.jpg

靴の修繕屋さんもいたりして・・・
a0140305_00380883.jpg

そして、このディープな路地をぐんぐん進んで・・・
a0140305_00373432.jpg

インフォメーションで勧められたこちらのお店へ。

ピョンナムシクタン(평남식당)

65年の伝統をほこる北朝鮮式コムタンの専門店です。
a0140305_01295181.jpg
店頭でしこまれているスープ、

毎朝午前2時から作るんだそうですよ~。
a0140305_00404541.jpg
まずはカクテキをいただきながら喉を潤して・・・
a0140305_00400402.jpg

きましたコムタン!(10000₩)

落とし卵が入るのが北朝鮮式の特徴だそうで・・・

ちょうどいい具合に半熟になっていました。

やや白濁したスープは、濃厚そうですが、臭みがなくてアッサリしてます。

味はついていないので、お塩を入れて。
a0140305_01453586.jpg
そしてこのお肉! はんぺんみたいに柔らか~い!110.png

なかなかおいしかったです~!
a0140305_02005042.jpg
174.pngピョンナムシクタン(평남식당)
慶尚北道 浦項市 北区 竹島洞 156-1
경상북도 포항시 북구 죽도동 156-1
054-247-9124
営業時間 8時00分~20時30分
店休日 第一、第三日曜日


174.png 竹島市場(죽도시장)
慶尚北道 浦項市 北区 竹島市場13キル13-1 (竹島洞)
경상북도 포항시 북구 죽도시장13길 13-1 (죽도동)
営業時間 8:00~22:00
休業日 第1・3週目の日曜日(水産物の外販場は第2日曜日)


本当は浦項名物のクァメギとズワイガニもいただきたかったんですが・・・

どちらもシーズンOFFでした~! 

ザンネン!!103.png

# by yukiful-xmas | 2017-07-30 00:44 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑪浦項(ポハン)名物ムルフェを堪能!

浦項と言えば

九龍浦(クリョンポ)にある近代文化歴史通り  

韓国最東端の虎尾串(ホミゴッ)

が有名ですが・・・

2年前に行ったので今回はパス!

(青い文字から過去記事にとびます)

そしてもう一つ忘れてはならないのが、韓国最大の鉄鋼企業POSCO(浦項製鉄)です。

そのポスコの工業地帯を眺めるクルーズ船に乗りた~い!
a0140305_01242765.jpg
インフォメーションで調べたら、クルーズ船の出航時間は11時、14時、16時。

この時すでに3時を回っていたので、乗り遅れたら大変!と

タクシーを飛ばしました。


が、平日で乗客がいないから運休だと・・・ 

エ~~~ン!103.png



気を取り直して、食べ損なっていたお昼を食べにこちらのお店へ。
a0140305_01321403.jpg
ファニョフェッチッ(환여횟집)

インフォメーションで「浦項名物のムルフェを食べるなら絶対ここ!」って教えてもらいました。
a0140305_01381980.jpg
テレビにもいっぱい出てるようです。
a0140305_01385217.jpg
メニューはこちら。

オーダーは迷うことなくムルフェを! こっちの人が言うと「ムレ」って聞こえます。


ムル=水、フェ=刺身でムルフェ。

元々は、この地方の漁師さんたちが船の上で食べていたお料理で、

二日酔いでも食べやすいように!と

刺身を氷とコチュジャンで食べるようになったのがムルフェの始まりとか・・・

a0140305_01485162.jpg
お刺身は養殖のヒラメと天然のメイタガレイだそうです。

その上に梨、きゅうり、ネギ、ゴマ、ピーナッツ、松の実、海苔がトッピングしてあって、
a0140305_01501399.jpg
シャーベット状になったコチュジャンベースのお出汁をかけます。
a0140305_01522684.jpg
このジャラジャラが甘酸っぱくて、爽やかな味なんですよね~。
a0140305_01533348.jpg
お素麺も投入して・・・
a0140305_02514938.jpg
見た目グチャグチャでごめんね!105.png

梨がたくさん入っているのがわかりますか~?
a0140305_01562524.jpg
シオナダ~♪

2年前に初めてムルフェを食べた時、このざん新な食べ方に感動しまして・・・

刺身にはワサビ醬油が一番!だと思っていますが、

これは同率一位をあげたい!
a0140305_02104114.jpg
アラで出汁をとったメウンタンもうんま~~~っ!102.png
a0140305_02245650.jpg
大邱銀行のBest of Best にも選ばれてますー!
a0140305_02274498.jpg
帰り際、店先でテンジャンを仕込んでおられました。

調味料も手作りだなんて嬉しいですね。

ごちそうさまでしたー!101.png



174.pngファニョフェッチッ(환여횟집)
慶尚北道 浦項市 北区 斗湖洞 190-9
경상북도 포항시 북구 두호동 190-9
(慶尚北道浦項市北区海岸路 189-1)
℡ 054-251-8847
営業時間 10:00~20:30
年中無休



# by yukiful-xmas | 2017-07-28 00:32 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑩浦項(ポハン)へ

3日目の午後は浦項へ。

なぜ浦項かというと、この前日に山の方(栄州)に行ったので、

海に行ってみようかな~!と。(めちゃ安易!)

浦項はここ👇でーす。
a0140305_00574062.jpg
浦項に行くのは2回目です。 (1回目のレポはこちら 

前回は、たった34分で着いちゃうっていうんでKTXで行ったのですが、

今回はバスで行くことにしました。
a0140305_02313925.jpg
地図でわかるように鉄道の浦項駅は街の中心部からちょっと離れているんですよね。

今回私が行きたいところは、竹島市場と遊覧船だったので、バスの方が便利かなぁ?と。

なお、浦項市内にバスターミナルは二つありまして、

大邱からのバスが到着するのは

浦項市外バスターミナル(浦項ターミナル)になります。
a0140305_00393349.jpg
東大邱ターミナル (東大邱駅複合乗換センター/동대구터미널 동대구역복합환승센터)からバスに乗りまーす。

ビルが大きすぎて全景が写りましぇん。^^;
a0140305_00400209.jpg
浦項行きの時刻表

本数が多いので予約なしでも大丈夫!
a0140305_00403235.jpg
これがチケットです。 料金は7000₩、所要時間は約70分。
a0140305_00430132.jpg
一般バスだから乗り心地は普通でした。^^;
a0140305_02320930.jpg

東大邱のターミナルで買ったレンコン入りどら焼きを頬張っているうちに・・・

(これ、小さくて、私にはちょうどいいサイズ)

a0140305_00444815.jpg
浦項市外バスターミナルに到着しました。

a0140305_00485415.jpg
ターミナルの内部
a0140305_00492442.jpg
ターミナルを出る前に帰りのバスの時刻を確認!

帰りは何時になるかわかんないので、最終バスの時刻をチェックしたら夜の11時までありました。

ゆっくりできるわ~!
a0140305_00495352.jpg
浦項市外ターミナルの全景
a0140305_00502387.jpg
ターミナルの前にあるインフォメーションセンターに駆け込んで・・・
a0140305_00534980.jpg
情報収集です。

日本語は通じませんが、とても親切に教えてくださいました。
a0140305_00530428.jpg
下調べがあまりできてなくて行き当たりばったりでしたが、

プランがまとまりました~!

それでは浦項のプチトリップに出発しま~す。

# by yukiful-xmas | 2017-07-27 01:16 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑨ホッコリおふくろの味 オンマソンシクタン

キム・グァンソク ストーリーハウスを出て、
a0140305_23373621.jpg
キム・グァンソク通りをプラプラ・・・
a0140305_23075562.jpg
以前お買い物にハマったLounの2号店ができていました。
a0140305_02434341.jpg
1号店はお洋服中心だけど、こっちはカワイイ小物が充実してます。
a0140305_00502945.jpg
そしてキム・グァンソク通りの隣にあるパンチョン市場。
a0140305_02302102.jpg
市場の周りにはちょっとディープな路地があったりします。

その一角にある小さな食堂へ。

アジュンマの手作りのおかずが美味しい!と聞いてやってきました。
a0140305_02315174.jpg
お店に入るとそこはお台所。

アジュンマがせっせとおかずを作っています。

実はキム・グァンソク ストーリーハウスに行く前に寄ったのですが、

「まだ、やってないよ! 11時過ぎてから来なさい!」とつっけんどんにあしらわれ・・・105.png

また来たよ~!101.png
a0140305_02325363.jpg
メニューを眺めていたら、

「サムパッにしなさい!」と、またまたつっけんどんに!(笑)

サンパッはお野菜で巻き巻きして食べるご飯のことです。

「じゃ、それで!」と素直に従います。
a0140305_02334479.jpg
お米、キムチ、お肉、イカは国内産のようです。

壁かけの扇風機がいいでしょ?
a0140305_02344227.jpg
しばらくすると、アジュンマが次々とおかずを運んできました。

お野菜タップリ! とってもヘルシー!

アジュンマの言うことをきいて正解だったかな?

a0140305_01115720.jpg
オンマソン(おかあさんの手)という名前通り、おふくろの味・・・
a0140305_02364182.jpg
大好きな鯖のお煮つけも。
a0140305_02371202.jpg

そしてサムパッ。 

この野菜にはテンジャンチゲの具をのせてネ!
a0140305_02384198.jpg

キャベツにはこのタレをつけるのよ! 

と、あれやこれや食べ方のご指導がありまして・・・

覚えるのが大変なのよ~。^^;
a0140305_01355229.jpg
お客さんは常連客が多いみたいで、

一見怖そうだけど、本当は面倒見のいいアジュンマなのかもしれません。
a0140305_02393290.jpg

アジュンマに電話がかかってきて大音量で話し始めました。
a0140305_02414438.jpg

すると、さっきまでアジュンマと話していたアジョッシがこっちを見てニッコリ!

「若いころは仕事でよく日本に行ってたんだよ!」と昔話に花が咲き、

「おっ、それは大邱の不老マッコリですね!」と言うと、
a0140305_02411486.jpg

コマスミダ~! いただきや~す!126.png


帰る間際、トイレに行って戻ってくると「お勘定はすんだわよ」と。

えっ、アジョッシのおごり~!?150.png

出逢ったばかりなので、本当に恐縮なんですが・・・

これまでの経験では、韓国ではこういう時「いえ、結構です、申し訳ないです~」ってお断りすると

逆に怪訝な顔をされることが多いんですよね。

年上の方のご厚意はありがたく受けることにしています。

アジョッシ、ありがとう~!106.png
a0140305_02423036.jpg

私がお店を出てからも、こっちから行くんだよ~と見送ってくれました。

こんなふれあいが旅の醍醐味!

いい思い出はいつまでも心に残るんだよね。102.png

a0140305_02484005.jpg
174.pngオンマソンシクタン(엄마손식당)
大邱広域市 中区 達句伐大路446キル 30
대구광역시 중구 달구벌대로446길 30
℡ 053-422-4751
営業時間 11:00~


# by yukiful-xmas | 2017-07-26 00:26 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)

2017年6月の大邱 ⑧キム・グァンソク ストーリーハウス(김광석 스토리하우스)

6月のレポに戻りまーす。


まずは国民的歌手 キム・グァンソクを偲ぶ壁画の道「キム・グァンソク通り」から。

大邱のパンチョン市場で生まれ、31歳という若さでこの世を去ったフォークシンガー、キム・グァンソク。

「韓国の尾崎豊」とも呼ばれています。

私は大邱に行くまでキム・グァンソクさんのことを全く知りませんで・・・ ^^;

韓国語の先生に「キム・グァンソクってそんなに有名なんですか?」って聞いたら、

「彼を知らない人は韓国人ではありませんネ!」という答えが返ってきました。
a0140305_02310488.jpg
ここ数年オシャレなカフェやショップがどんどん増え、

彼を知らない若い世代の人たちも遊びにきています。(写真は昨年9月撮影)

そんなキム・グァンソク通りに今年6月

「キム・グァンソク ストーリーハウス」がオープンしました。
a0140305_01532642.jpg
ハイ、ここでーす。
a0140305_01534724.jpg
キム・グァンソクの遺品100点あまりが展示してあります。
a0140305_01543256.jpg
地上2階、地下1階、延べ床面積180㎡、ご遺族の方が運営しておられます。
a0140305_02395630.jpg
内部はこんな感じでーす。

(この写真はネットよりお借りしてます。<m(__)m>)
a0140305_03145722.jpg
1階奥にはキム家のリビングルームが再現されており、

エプロン姿のキム・グァンソクさんが迎えてくれます。^^
a0140305_03170243.jpg
直筆の日記帳や
a0140305_03104616.jpg
子ども時代の写真
a0140305_03100348.jpg
家族との写真なども展示されています。
a0140305_01581425.jpg
こんなカワイイ子をおいて、どうして逝っちゃったの~?(涙)
a0140305_01563798.jpg
CDや記念品などのショップもありまーす。
a0140305_02010212.jpg
お2階へ上がりましょう~!

壁一面のライトでできた絵。 (ブレてるんじゃないよ!^^; ) 
a0140305_01592515.jpg
懐かしいLPレコードやジャケット
a0140305_02011680.jpg
a0140305_02121240.jpg
コンサートのポスター
a0140305_01594706.jpg
ドラムやギターなども展示されています。
a0140305_02004286.jpg
a0140305_02250207.jpg
コンサートの前の打ち合わせの資料

ライブは1000回を突破したそうです。
a0140305_00515995.jpg
ヘッドホンをつけて歌を聴くこともできます。
a0140305_02111970.jpg
オープン直後だったのでお客は私ひとり、ソファでゆっくり聴くことができました。

係の方が説明してくれたり、写真を撮ってくれたり・・至れり尽くせり。

YouTubeで観たことはあったんですけど、こんな風にゆっくり聴くのは初めてかも。

  なんて澄んだ声!

優しいバラードが心地良く身体の中を流れていきます。  
a0140305_02015413.jpg
もっと聴いてみたくなって、ショップでCDを買っちゃいました。101.png

彼が生きている頃に発売された物は全て完売だそうで、復刻版です。
a0140305_02022446.jpg
コーヒーをいただいて
a0140305_02480097.jpg
ツーショットで記念撮影
a0140305_02483084.jpg
あとでここに貼っておきますから!ってことだったので、

モザイク無しの私の写真も貼ってあると思います。怖いもの見たさの方はどうぞ!(笑)

a0140305_01513985.jpg
彼のことを知らない方も多いと思いますが、

キム・グァンソク通りへ行ったら、ぜひ覗いてみてくださ~い。

a0140305_01533336.jpg
場所はキム・グァンソク像のある側(写真1枚目)から入って行き、通りの最後を右折

シティツアーバスの停留所の近くです。

a0140305_03395600.jpg
174.pngキム・グァンソク ストーリーハウス(김광석 스토리하우스)
 大邱広域市中区東徳路8キル14-3 
대구광역시 중구 동덕로8길 14-3
℡ 053-423-2017
開館時間 10:00~18:00
休館日 元旦 秋夕

入館料はオープン記念でしばらくは無料ですが、あとで有料になるそうです。105.png


# by yukiful-xmas | 2017-07-24 15:31 | 2017年6月大邱・栄州・浦項 | Comments(0)