Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

逃避行だぜ、ソウル! ㉑仁川の濃い~夜

ジムに行ったら、ちょんまげにジャージ姿のお相撲さんが来てました。 もう九州場所のシーズンなんだ!! (@_@;) のんびり9月のソウルをUPしている場合じゃな~い! ちょっとスピードあげますネ!^^;

お散歩から戻ると、どっぷり日が暮れました。 もう十分お世話になったし、そろそろ失礼しようかなぁ~と思っていると、オンニがタクシーを拾いました。

「あらら~、オンニ~、 これからどこに~?」 と尋ねると、「月尾島(ウォルミド)へ行くわよ~。」

「え~~っ? 月尾島!? 」 (帰る気失せる・・・) 

そのままタクシーへスルスルスル~。 ^^;
a0140305_2485683.jpg
タクシーを降りると、そこはキラキラの遊園地!  東大門にあるクルクルの絶叫マシン「ディスコジャンプ」もありました。 もともとこちらが元祖だそうで、月尾島のディスコジャンプでDJをした人は、メジャーデビューすることが多いそうです。
a0140305_249236.jpg
遊園地の奥は文化通り。 一方は海、そしてもう一方はカフェやお刺身屋さんがズラ~っと並んでいます。 平日だったのでガラガラでしたが、週末は家族連れやカップルでかなり賑わうそうです。  
だたし、月尾島でデートをすると別れるというジンクスがあるそうです~。(>_<)
a0140305_2491022.jpg
海をはさんで仁川大橋が光の線に見えました。  仁川国際空港に続く仁川大橋は2009年に完成、世界で5番目に長い橋です。

仁川の代表的な観光地、月尾島(ウォrミド)をゆっくりのんびり歩きました。

a0140305_2492913.jpg月尾島からまたタクシーで戻りました。 そろそろおいとましなきゃね。 「ホテルはどっち?」とオンニに尋ねると・・・

「エッ? これからサムチを食べに行くわよ!」 

サムチ? 

サワラ?   

もしかして、サワラ横丁!? (*・∀・)  
a0140305_2493726.jpg
仁川では、サワラ横丁のサワラを食べると決めてました。

昼間、オンニの姪っ子ちゃんにサワラ横丁の場所を聞いたので、私がサワラ横丁に行きたがっているってことをオンニは知っていたのでしょう。

こっちよ~、とさっさと前を歩いて行きます。

a0140305_2494997.jpg
もう、こうなったら着いて行きます~。^^;

サワラ横丁と言っても、数件お店が並んでいる小さな一角でした。

← オンニたちが入ったのは、このお店。

あ、ここ、私が「巡・韓国」で見たお店だ! (^^)
a0140305_2495925.jpg
店内は地元の客で賑わっていました。

一人で来ようと思っていたけど、一人じゃなくてよかった~!
(このてのお店、一人だったら絶対浮いてたぁ・・・^^;)


まずは冷たいマッコリを!

a0140305_343569.jpgマッコリをマジ飲みするのは初めて~!(たいていビールで終わっちゃうし・・・^^;)

「マンネ(一番年下)の私がおつぎしま~す!」と注いだら、オンニがオヤオヤと渋い顔。

フィフィオンニが笑いながら、ビンをよ~く振って注ぎなおしました。 マッコリってよく振ってから注ぐものらしい。。。 最初に注いだ私の器(手前)は、上澄みだけで薄いでしょ。^^;
a0140305_2514363.jpg
カラリと揚がったサワラが登場! 油で揚げてあるのにぜんぜん油っぽくありません。 芳ばしくていい感じ~♪  特製のタレにつけていただきます。 オイチ~♪
a0140305_34714.jpg

a0140305_394232.jpgテンコ盛りのムール貝と海鮮チヂミも・・・

フィフィオンニがヤンニョム(タレのかかった)サワラもオーダーしてくれました。 ピリ辛もいいな~♪

(ピントがあってないのは、マッコリがまわってきたせいです。^^;)

仁川の海の幸、ごちそうさま~! (#^.^#)

参考までに・・・お勘定は全部で33000₩でした。 





Yucky 次、行くわよ~!  エエ~ッ!(@_@;)
by yukiful-xmas | 2012-10-30 17:55 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(4)

逃避行だぜ、ソウル! ⑳ハーバーパークホテル

仁川、夜の部に入る前に、ホテルのご紹介を・・・(^^)  今回私が利用したのは、ハーバー・パークホテル。  (前回の更新、一番下の写真に写っている背の高いビルです。)

a0140305_051496.jpg
お宿にお金をかけたくない私にしては、めずらしく豪華版!

言っときますが、私だって、たまにはちゃんとしたホテルに泊まります!(笑)

実は、出発前、ネットで調べたのですが、私が泊まりたかったエリアは、2つのホテルしかヒットしませんで・・・^^; (もうひとつはパラダイスホテル) 

a0140305_052279.jpg韓国で一人一泊8000円は、ちょっとお高い気もしましたが・・・

仁川の滞在時間は1日しかないので、時間を有効に使いたい! お金より時間を優先させることにしました。 (そのかわり、ソウルではゲストハウスで節約。 ^^;)

観光するにはとにかく便利、私が行ったところは、全て徒歩圏内でした。 (*^^)v

a0140305_081774.jpg
2009年にオープンしたばかりなので、館内はとってもキレイです。

ただWifiが、ロビーと1~3階までの客室しか繋がらないのが難点。 ^^; (パソコンコーナーはありますが、台数が少ない!)

それから、全館禁煙なので、愛煙家の方は、予約の際、よ~くお考えくださいネ。(笑)
a0140305_053449.jpg
壁一面の窓からは、仁川の街が見え、開放的で気持ちのいいお部屋でした。

一人で利用するには、もったいないね~! (^^)


a0140305_054846.jpg
せっかくいいホテルに泊まったのに、

お部屋で過ごしたのは、たった7時間という。。。 ^^;

a0140305_055547.jpg
水回りはこんな感じ。

バスタブはなくてシャワーのみでした。

アメニティは普通に充実。
a0140305_0594258.jpg
夜遅く帰っても安心、だって、隣は警察署だから~。(笑) 反対隣は仁川日報という新聞社でした。
a0140305_062520.jpg
向かい側には、オシャレなアートプラットホーム(後でご紹介しますネ)。 その先には、韓中文化館があります。 空港までのバスはホテルのど真ん前から出てました。



落ち着いたお部屋でゆっくりとくつろげて、私的には大満足! 

でも、オンニはこう言いました。

「あのホテルはキレイだけど、高いでしょ? もっと安くていいモーテルがあるのよ~。 今度来る時は予約なしでいらっしゃい! 私がとってあげるから・・・」

ハイ、じゃ、そうしま~す! (^^)   

* オンニによると予約なしでも絶対泊まれるそうです。 知りたい方は、オンニのお店にチャジャンミョンを食べに行ってみてください。 きっと教えてくれますよ。 ^^; 





 
by yukiful-xmas | 2012-10-25 01:00 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(8)

逃避行だぜ、ソウル! ⑲仁川自由公園

a0140305_118324.jpg
仁川自由公園に入りました。

開港直後、外国人居留地に、外国人のための公園として造られた韓国初の西洋式公園。

できた当時は、「各国公園」、「万国公園」と呼ばれていたそうです。
a0140305_1282944.jpg

朝鮮戦争当時、アメリカ軍が最初に上陸したのが仁川だったそうで・・・

仁川上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍の銅像が建てられた後、「自由公園」という名前になったのだそうです。

逆光でお顔がよく見えませんが、マッカーサーさんで~す。 ^^;

a0140305_1242956.jpg
映画やドラマのロケも行われたようで、

『ラブ・レター ~パイランより~』 
『ヨコヅナ マドンナ』 
『ピアノ』 
『乾パン先生とこんぺいとう』 
『シティーホール』
『誘惑の技術』 
  

など、撮影されたようですね。 (^^)
a0140305_1315057.jpg
公園内の中央広場では、赤いTシャツ軍団がエアロビクスのエクササイズ中。  後ろの方では、一般人も自由に参加しています。  

ウズ・・  ウズ・・  ウズウズウズウズ・・・(>_<)   

とうとう私もやりました!(笑) 

エアロ歴は十数年になりますが、スタジオではなく、空の下でやるのは初めて! 気持ちい~い!

(フィフィオンニは電話中。)

a0140305_1384055.jpg
ここで、仕事を終えたオンニが、ワンちゃんを連れて再び合流しました。

かわいい~っ!

犬のお散歩開始で~す。

(なんかジモティになった気分・・・^^;)
a0140305_0532155.jpg散歩中、突如私の携帯が鳴りました。

誰だろうと思ったら、なんと弘大のカステラ屋さんkisekiのイケメン君でした。(名刺を渡したんだった!^^;)

長崎にカステラの勉強に行きたいとのこと。

よ~く知ってるカステラ屋さんがいるよん。 遊びに勉強しにいらっしゃ~い!

a0140305_1251812.jpg
こちらは、石汀楼(ソッチョンヌ)と呼ばれる東屋風の休憩所。

展望台からは仁川港や市街地が一望できます。
a0140305_1254326.jpg
わ~っ! やっぱり港町の景色が好き! 長崎に生まれ育ったせいかなぁ? 
a0140305_1362261.jpg
夕陽に映える石汀楼(ソッチョンヌ)。
a0140305_1255531.jpg
静かに沈む太陽をしばらく眺めました。 キレカ~♪
a0140305_126178.jpg

仁川に来てよかったぁ!

オンニ、ホントにありがとう!



(・・・でも、これからが本番なのです! ^^; )

 

by yukiful-xmas | 2012-10-23 22:04 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(6)

逃避行だぜ、ソウル! ⑱仁川開港ヌリギルを歩く

仁川は、1883年の開港後、世界各国からの船で賑わっていました。 私が歩いた仁川中区庁一帯は、「仁川開港ヌリギル」と呼ばれ、西洋式の建築物や日本と中国にゆかりのある遺産が沢山残っています。

オンニの店に戻る道中、小さな見どころを通ったので、私と一緒に仁川のプチ観光を楽しんでくださいませ~!
a0140305_21422554.jpg -- 新浦文化通り--

新浦市場に隣接し、ファッション、コスメ、ブランドのショップやカフェなど、一通り揃った繁華街です。

「仁川の明洞」とも言われるそうですが、そのわりには・・・? ^^;  

でも、開港当時は時代の最先端だったのでしょうね。

素通り~! 
a0140305_21432376.jpg
-- 中区庁(の塀) --

太平洋戦争時には約1万人の日本人が仁川に住んでおり、ここには元日本領事館があったそうです。

その後、新築されて、仁川市庁として使われ、今は中区庁になっています。
a0140305_21435359.jpg
その塀には、昔の写真や・・・
a0140305_22292489.jpg
観光地や名物のモニュメントなどがありました。
a0140305_21534754.jpg
-- 旧日本人街 --    あ、日本のお家だぁ! 懐かしい~!

a0140305_2154886.jpg
「これ、にせもの、にせもの」と、オンニが日本語で。 (オンニは少しだけ日本語が話せます。)

昔のままの建物ではなく、日本家屋風にあとから建てられたってことかな?

← 「これはネ、い~~、い~~、い~~ ほら、日本の昔の総理大臣・・・」

「い~~? 伊藤博文?」

「マジャ!(そう!) ここ、伊藤博文の事務所だったの。 今はタバン(茶屋)になってるのよ。」

「へ~~~~、まさかカフェになろうとは、伊藤博文も思っていなかったでしょうね~。 ^^;」
a0140305_23381878.gif

a0140305_21452272.jpgお店の前まで来ると、オンニは仕事に戻りました。

私もお礼を言って去ろうとしたら、フィフィオンニが私の腕を優しく掴み、自分の家に連れていくではないですか・・・

イヤイヤイヤイヤ・・・ 初めて会ったばかりですよ!? ^^;

これで、初めて会う人の家に上がりこむのは4回目となりました。(この夏一回増えたという・・・^^;) 

a0140305_21491729.jpgフィフィオンニは、オンニと一緒で台湾の出身の華僑です。 私とはあまり会話が成立しませんで・・・。 ^^;

それで、家で何をしたかといいますと・・・ 

ネイル! (笑)

日本では絶対選ばない色で、遊んでもらいました!

後でわかったのですが、オンニは、自分の仕事が終わるまで、私のめんどうをみるよう、フィフィオンニにたのんでくれていたのでした。  
a0140305_23385660.gif

しばらく休んだ後、フィフィオンニは再び私を連れ出しました。 
a0140305_21545757.jpg
-- 清・日租界地境界階段 --  階段の中心から左側が中国(清租界)、右側が日本(租界)なのだそうです。 街もこの階段を境に、チャイナタウンと日本人街に分かれています。 灯篭の形が中国式と日本式で違うのがわかりますか?  階段の上にあるのは孔子像 ↓  並んで立つと海と港が一望できます。
a0140305_21551090.jpg
a0140305_21553588.jpg
  -- 三国志壁画通り --

「三国志」に登場人物が150mもの壁に描かれています。

釜山駅の近くにもあったなぁ。
a0140305_21555156.jpg
a0140305_215637.jpg
-- 仁川華僑中山学校--   夕焼けが好きだからUP! (#^.^#)

 
by yukiful-xmas | 2012-10-22 01:34 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(6)

逃避行だぜ、ソウル! ⑰新浦市場(シンポシジャン)を食い倒す!

ペッパン(白飯)でたぬき腹になった後、ぷらぷら歩いて仁川のお台所、新浦市場へ。 

開港当日は地元の人だけでなく、中国人や日本人御用達の市場だっただけに、ここならではのおもしろい物がありました。  
a0140305_291451.jpg

a0140305_284564.jpg「これ、美味しいよ!」ってオンニが買ってくれました。

中国風ピロシキみたいな肉まん。 

皮にはゴマがたっぷり!

パリッとしたピザ生地みたい、芳ばしいんですぅ。 

ウヒョ~、オイシ~♪ 
a0140305_29433.jpg
これはどこの市場にもありますが・・・オンニ行きつけのティギム屋さん。 「Yuckyは辛い物が好きだから、コレどう?」って、唐辛子入りを1本買ってくれました。 魚のすり身に刻んだ青唐辛子を練りこんで、油で揚げて、はさみでチョキチョキ・・・ アツアツを頬張る! ウマ~イ!(^^)

a0140305_294191.jpg
華僑によりもたらされた中国伝統のお菓子で、コンガルパンというのだそうです。

メロンパンくらいの大きさかな?

中は空洞になっていて、サクサクッとしています。 

ほのかに甘くて素朴な味。

(ここでは買わず、後でオンニがくれました。)  
a0140305_295222.jpg
何? 何? 長~い行列ができている。  

ここは、もしや・・・

「巡・韓国」で見たタッカンジョンの有名店、「元祖新浦タッカンジョン」???

a0140305_2102345.jpg
カリッと揚げたての鶏の唐揚げに、甘辛ソースをからめています。

この光景、番組の中でも観たなぁ。

新浦市場といえば、タッカンジョン!ってくらい有名なようですが、30分は並ばないと買えないらしく・・・(>_<)

でも、逃すはずないタッカンジョン! 
a0140305_210746.jpg

a0140305_2104333.jpg「あそこは有名、ここは無名、でも、味は変わらないのよ~」って、オンニが別のお店に連れてってくれました。 

実は、これ試食用。 みんなワシワシ食べているので、私も~! 

1個と言わず、2~3個食べました。 ここにビールがあったらなぁ。(笑)

新浦市場の名物、ただでいただいちゃいました。^^; 
a0140305_2102894.jpg
オンニは他にチヂミも1枚買ってくれました。 (バックに入れてたジップロックが役立ったぁ!)

市場の味を、惜しみなく味あわせてくれて、ホントに感謝!

どれも食べかけなんですが、残りは日本へ持ち帰りました。

ああ、もう、胃がはちきれそう・・・(>_<)

新浦市場、おもしろかった!  ごちそうさま~♪

by yukiful-xmas | 2012-10-20 12:43 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(8)

逃避行だぜ、ソウル! ⑯ミョンウォルチプの白飯(ペッパン)

a0140305_033836.jpg泰臨鳳(テルミボン)を後にしてホテルにチェックインをすませました。(ホテルのレポはまた後日。)

そして、移動用のしょたくれた服から、手持ちの中で一番よそ行きっぽい服に着替え、再び「泰臨鳳」へと向かいました。 



ホテルからオンニのお店までは、徒歩数分。 

 ↓ この坂を上って左に折れて、大きな木のあたりがオンニのお店です。

なんか、い~でしょ~? この坂! (^^)
a0140305_0431928.jpg
 a0140305_04104.jpgオンニを待つ間、オンニの姪っ子ちゃんが私の相手をしてくれました。 

明るくって、とってもカワイイのだぁ!

手にしているのはキビ団子。 

手土産に、ひじんちゃんからいただいた岡山のキビ団子を一箱おすそわけ。 

(ひじんちゃん、ごめんね~! あとは全部私が食べたから。 ^^;)
a0140305_1353042.jpgレジの近くに有名人のサインや写真が何枚も飾ってありました。

真ん中のタレントさんは、日本のバラエティ番組で見たことあるな~。 (名前がでてきませんが・・・^^;)

ちなみに右がオンニです。 (ね~、めっちゃ優しそうでしょ?)

休憩時間に入ったオンニは、さっそく私を街へ連れ出してくれました。
a0140305_034358.jpg
お店を出て坂を下ると、東京の国立第一銀行だった建物がありました。 その後、朝鮮銀行として使用されていたそうです。
a0140305_0344422.jpg
こちらは、長崎に本店のある18銀行だった建物。 現在は仁川開港場近代建築展示館になっています。 ↓
a0140305_0345067.jpg
a0140305_15126100.jpg
日本第58銀行だった建物もありました。

このあたりには日本人街があったようで、今もこのように街のあちこちに当時の日本の面影が残っています。



ここで、簡単に仁川市の説明を。

仁川広域市は人口270万人、ソウル、釜山につぐ第3の都市。 1883年に開港した頃は、韓国の政治・経済・外交の中心として栄えていたそうです。

ソウルとは地下鉄で結ばれているため、ソウルのベッドタウンでもありますが、私が歩き回った中区は、昔の面影が残るのんびりしたところでした。
  

a0140305_0351499.jpg歩き始めて数分後、「ここでご飯食べるわよ~」とオンニ行きつけのペッパン屋さん「ミョンウォルチブ」へ。 

わたくし、ちょっと前にチャジャンミョンを食べたばかりなんですけど~ ^^;  でも、しっかり食べれます~!(笑) 

ペッパンとは、漢字で書くと「白飯」ですが、ご飯+チゲ+おかず各種の定食のことです。

ワ~イ、白飯、食べてみたかった~♥

あ、ご紹介が遅れましたが、オンニのお友だちも私に付き合ってくれることになりました。

(欧陽菲菲さんみたいなヘアスタイルなので、フィフィオンニと表記させていただきますネ。 ) 
a0140305_0352567.jpg席に着くと、まずは、白菜と唐辛子、そしてつけて食べるお味噌(コチュジャン入り)を自分でとってきます。

唐辛子をポリポリ食べていたら、「あら、日本人なのに辛い物、平気なの~?」って。 

どうやらオンニは辛いものが苦手みたい・・・ ^^;

a0140305_0353826.jpg
キムチチゲも自分で注ぎます。

注ぎ方が悪かったのか、私の器には野菜しか入ってないのに、オンニの器にはお肉がゴロゴロ・・・

「あれ? お肉も入ってたの?」って聞いたら、フィフィオンニが自分のお肉を私に分けてくれました。

優しぃ~! (^^)
a0140305_0354725.jpg
これがペッパン。 オンニのおススメだけあって、どのバンチャンも美味し~! ほっとする家庭の味で、一人前4000₩。

ちなみに、ここは一番年上のフィフィオンニのおごりでしたぁ。

ごっつぁんで~す! (初対面なのに・・・ いいのか私!? ^^;)


------- ミョンウォルチプ(명월집)--------
仁川市中区中央洞3街4-49
(인천시 중구 중앙동3가 4-49)
032-773-7890
7時40分~20時
定休日:日曜日

*旧日本銀行のある通りをまっすぐ新浦市場の方へ行ったら、右手にあります。



by yukiful-xmas | 2012-10-18 23:47 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(10)

逃避行だぜ、ソウル! ⑮チャイナタウン&チャジャン麺(ミョン)@仁川

ソウル4日目。  

今回旅の後半は、ソウルから飛び出そうと思ってました。 でも、どこへ行ったらいいのやら? 束草、江陵、利川、扶余・・・まだまだ行きたいとこだらけ!

ただ、政治的に不安定な時期だったので、(観光するのに支障はないと思いつつ)遠出は避けることにしました。  

そして、行き先として選んだのは・・・お隣の仁川(インチョン)広域市! (めちゃ近い! ^^;) 「巡・韓国」という番組を観て、行ってみたいな~と思っていたのです。 
a0140305_15511316.jpg
地下鉄でソウルから約1時間。 終点仁川駅に下り立ちました。 

(地下鉄1号線って、乗ってきても降りる人が少なくて・・・終点近くの駅までず~っと座れませんでした。 バスの方が楽だったかなぁ・・)

a0140305_15512280.jpg
駅の広場には「韓国鉄道誕生駅」のモニュメントが。

仁川駅って韓国で最初にできた鉄道の駅なんですね。 

韓国最初の鉄道、ソウルへ延びる京仁(キョンイン)線が全線開通したのは1900年だそうです。
a0140305_15512661.jpg
駅の真ん前、ドーンとチャイナタウンの石の門が目に飛び込んできました。 先にホテルにチェックインと思ってましたが、横断歩道を渡るとそこはもうチャイナタウン。 まっ、いいか、そのまま行っちゃえ~!
a0140305_15513548.jpg
しまったぁ! だらだらの上り坂。(>_<)  スーツケースを引きずってひ~こら上っていきますと・・・
a0140305_15514048.jpg
今度はチャジャン麺(ミョン)のモニュメント。 そうです!ここ仁川はチャジャンミョン(ジャージャー麺)発祥の地。 仁川で「絶対食べなければいけない物」の一つなのだ!
a0140305_15515569.jpg
目指すお店はどこだろう?とウロウロウロウロ・・・  チャイナタウンは赤と黄色が目立ちます。   
a0140305_1552966.jpg
「チャジャンミョン通り」と呼ばれる賑やかな一角。 よかった、今度は下り坂! それにしても、目指すお店はまだ見えない・・・
a0140305_17245216.jpg
中華風の壁や庭、東屋が整備された「韓中園」という公園を通り過ぎると・・・
a0140305_1765072.jpg
a0140305_1553757.jpgあったぁ! やっとたどり着きました。 中華料理の「泰臨鳳(テリムボン)」。

(入るなり) 「ビ、ビールを~!」

スーツケースを引きずって歩くこと30分。 その前に地下鉄で立ちっぱなしの1時間で、ヘロン、ヘロン。。。

早くガソリンを投入しなければぁ・・・と思いつつ、写真を忘れないブロガー魂!(笑)

a0140305_15531935.jpg
昼間っからグビグビ~ッと失礼します!

プハァー(*^Q^)c[]  

チャジャンミョンにはたくわんと玉ねぎが定番。

生の玉ねぎにお味噌をつけて・・・ コレ、美味しぃ~!
a0140305_15532591.jpg
     きた! これぞ、本場のチャジャンミョン!

a0140305_1285698.jpg麺に春醤(チュンジャン)と呼ばれる真っ黒いタレをしっかりからめて・・・

いっただっきま~す!

甘めで上品な味付けなので、合間に食べるたくあんと味噌玉ねぎが塩気のバランスをとってくれます。
 

ただ、トッピングはカイワレよりキュウリの方が好みかな~! ^^; 

a0140305_1554531.jpg
今や、韓国ではとってもポピュラーで、出前の王様的メニューのチャジャンミョン。

開港当時、仁川に出稼ぎに来ていた中国人が食べていたのが、韓国人の労働者の間に広がっていったのだそうです。

むふふ・・・とても満足! 

(写真は店内の様子)

a0140305_1552311.jpg福顔のオーナーさん(右)が、見送りに出てきてくれました。

これからホテルへ向かうと言うと、途中まで送ってくれて・・・

「一人で来たの? よかったら私が仁川を案内してあげるわよ。」

こんな時、日本では、たぶんこう答えます。

「ありがとうございます。 でも、お店がお忙しいでしょうから・・・」

でも、韓国では違いました。 ^^;

「カムサハムニダ~!(以下省略!)」 


これが、仁川のオンニとの出逢い。 そして、楽しい仁川の旅が始まったのでした。 (^^)
by yukiful-xmas | 2012-10-17 12:37 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(18)

逃避行だぜ、ソウル! ⑭Cafe aA @三清洞

景福宮の西から東へ(タクシーで)移動しました。(そろそろ腰が・・・^^;)
a0140305_234455.jpg
久しぶりの三清洞(サムチョンドン)。 やっぱりこの雰囲気いいですね~♪
a0140305_2345486.jpg
a0140305_235129.jpgでも、聞こえてくるのは日本語ばかり。 ^^;



雑誌(?)の撮影中かな~?

モデル君は(マッチ棒のような・・・)さすがのスタイル!
a0140305_235195.jpg
おおお、三清洞に壁画がぁ!?

(ショップの女の子に聞いたら、去年の冬に描かれたそうです。)

う~~~~~~ん!

壁画は大好きだけど、三清洞には要らない気がする・・・
a0140305_2353114.jpg
su・te・ki Seoulさんのブログでみていた cafe aA に入ってみました。 
a0140305_2354069.jpg
ブログで見た通り、とってもsu・te・ki ! (#^.^#)
a0140305_2354744.jpg
パスタなどのお食事もできるようです。 
a0140305_2361156.jpg
テラス席でコーヒーを。063.gif  風がそよそよと気持ちい~い!
   

a0140305_2362227.jpg実は、aA に入ったのには、もう一つ理由がありまして・・・

ソウルって、思った以上にWifi が繋がらず・・・^^;     

タルトンネや市場は仕方ないとして、電車の中も、ダメ!(;_:) 韓国人はみんな携帯を見てるのになぁ。

Cace aA では思った通り、Wifiが繋がりました。 ひじんちゃんと連絡をとりたかったので、よかった~!

日本からのメールもいくつか届きました。 

「冷蔵庫の掃除したよ!」と長男からも。  こら、現実に戻さないで~!(>_<) 

a0140305_237499.jpg


お夕飯は、私とひじんちゃん、そして彼女の留学仲間3人の女5人で。 (皆さん、主婦なのに1ケ月近くもソウルに滞在なんて、羨ましぃ~!)  待ち合わせは彼女たちの語学学校がある合井。 やっぱり人気があるのかなぁ? どのお店もいっぱいで、なかなか入れませんでした。
a0140305_2372751.jpg
歩き回ること数十分。 やっと入れたお店で、タッカルビとプデチゲをぎにぎしく囲みました。 
a0140305_2374220.jpg
5人ともほとんど初対面だったにもかかわらず、ぺちゃくちゃと話がはずみました。 たまには賑やかなのもいいなぁ!


楽しいひとときを過ごし、皆さんとはここでお別れ。 

翌日に備えて早めに退散することにしました。

ひじんちゃん、日本でまた会おうね~!

------------- Cafe aA ------------
ソウル特別市 鍾路区 昭格洞 55
電話番号 : 02-722-1211
年中無休
営業時間 : 12:00~24:00




そして・・・
by yukiful-xmas | 2012-10-14 13:35 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(14)

逃避行だぜ、ソウル! ⑬弁当カフェ@通仁市場

a0140305_1171326.jpg
ソウル、3日目。 (まだ、3日目 ^^;)

弘大→ケミマウル→西村と歩いて・・・お腹すいたよ~!

つまみ食いでもしようかな~と西村の真ん中へんにある通仁市場(トニンシジャン)へ入ってみました。

どんどん突き進んで行くと・・・
a0140305_1172975.jpg

この奥のテーブルで、女の子たちが、美味しそう~にお弁当を食べているのを発見!

(写真は後で撮りました。)

a0140305_1174034.jpg

看板に「トシラクCAFE」と書いてあります。

トシラク=弁当

弁当カフェ!? (@_@)

なんだかおもしろそう~!

興味津々で階段を上っていくと・・・

a0140305_8564981.jpg食堂になっていました。

みんなお弁当を食べています。

ワ~イ! ここで食べよ~っと! (^^)

a0140305_118095.jpgまず、ここのシステムなんですが・・・

5000₩を払って、金貨とプラスティックの弁当箱をもらいます。 

それを持って市場に下りて行き、お惣菜屋さんでこの金貨と引き換えに、容器におかずを詰めていくのだそうです。

(●⌒∇⌒●) わーい オモロ~~~イ!!
a0140305_118680.jpg
この看板のあるお店なら、どこでもOK!

おかずによって金貨が1枚だったり、2枚だったり・・・

通仁市場はそんなに広くはないのですが、お惣菜屋さんは充実しているようでした。 

さっそく、お弁当箱を持ってウロウロ、ウロウロ・・・
a0140305_1181926.jpg
こちらはチヂミ屋さん タレも用意してありました。 金貨2枚をビンにチャリ~ン!
a0140305_1182611.jpg
マンドゥに・・・
a0140305_1184649.jpg
種類豊富なお惣菜  
a0140305_1185282.jpg
デザートの餅菓子や・・・
a0140305_118586.jpg
ドーナツまで! 他にも焼き魚やトッカルビ、チャプチェ、キンパなどなどなど・・・いろいろあって、選ぶのが大変!

お店のアジュンマに「サービスしてネ~!」とお願いしたり、「そんなに食べきれ~ん!」ってご遠慮したり・・・ 店先でお昼寝中のアジュンマもいました。 「オネガイ、オキテ!」 ^^; 

食堂に戻って、ご飯をもらおうとしたら、「あれ?金貨、全部使ったの!?」と言われました。 ご飯用に2000₩分の金貨をとっておかなきゃいけなかったみたい・・・(>_<)

2000₩分金貨を追加してご飯をGET! (やっぱりご飯がないとねぇ・・・ ^^; )  
a0140305_1114320.jpg
         ジャ~ン、お弁当の出来上がり!  

a0140305_1132345.jpg
7000₩(約500円)で、このボリューム!  男子ご飯並みですね!? ハイ、また食べ過ぎ~! (>_<)

ちなみにトッポッキは通仁市場名物のキルム(油)トッポッキといって油で炒めたトッポッキでした。
a0140305_253611.jpg
a0140305_255072.jpg ↑ 自分の弁当を食べながら、やたら、周囲の弁当が気になる~。 ^^; 


店内はセルフサービスです。 食べ終えたら、所定の場所に食器を運んでお片付け。  

市場を食す!のトシラクCAFE! 

あ~、楽しかった~♪


おまけ
by yukiful-xmas | 2012-10-11 01:36 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(16)

逃避行だぜ、ソウル! ⑫西村(ソチョン)を歩く 

ケミマウルを後にして向かったのは、景福宮の西側にある西村(ソチョン)エリア。 
(*孝子洞(ヒョジャドン)、昌成洞(チャンソンドン)、通義洞(トンイドン)、通仁洞(トンインドン)、楼上洞(ヌサンドン)、楼下洞(ヌハドン)、体府洞(チェブドン)などを含む一帯。)

景福宮の東側にある北村(プッチョン)が両班(貴族)の街ならば、西村(ソチョン)は中人(チュイン)と呼ばれる中間層の人々や一般庶民が住む街だったそうです。   
a0140305_0381037.jpg
ここを歩いてみたかった! 婦人雑誌ではお馴染みの光景。 北岳山(プガッサン)を正面に景福宮の塀が続いています。
a0140305_0381665.jpg
しばらく歩くと、景福宮の迎秋門がドーンとあらわれました。 やっぱり風格があるな~。
a0140305_0383152.jpg
西村は、北村ほど観光地化されておらず、路地の奥には人々の生活感も漂っていました。
a0140305_0533186.jpg
「朝鮮近代を代表する芸術家や文豪が、西村に作業室や下宿を構えた」

そのなごりもあってか、カフェやアトリエ、ギャラリーも点在しています。

絵を展示しているギャラリーを通りかかりました。 中には入らず、窓越しに絵を観賞。^^;
a0140305_1553497.jpg
古いただずまいがなんとも素敵で・・・「流歌軒」という看板の店に入ってみました。 
a0140305_225993.jpg
a0140305_0395671.jpg天井が高く、木の趣あるブックカフェになっていました。 中庭に面したスペースで冷たいオミジャ茶を。 う~ん、いい感じ♪

中庭を挟んだL字型の建物には、写真が展示してありました。 

もともと写真家さんの自宅だったところをリノベーションして、ギャラリーにしてあるそうです。

a0140305_0402277.jpg
喉が潤ったところで、再びテクテク・・・

すると、警官がウロウロいるエリアにさしかかりました。

祈りをささげているおばあさんや、旗を掲げて何かを訴えている男性が立っています。

なんだかものものしい雰囲気・・・ 足早に通り過ぎてパチリ!

地図をみたら、中国大使館。 やっぱり!(>_<)
a0140305_0403047.jpgしばらく行くと観光バスがズラ~っと停まっていました。

大統領の住まいでもあり、執務を行う青瓦台(チョンワデ)。  ・・・の近くの「青瓦台サランチェ」という韓国の広報館みたいな施設のようです。(そういえば、「イラ韓」で河本君が行ってたなぁ。)

バスの台数からして混み合っていることは間違いないので、思いっきりパス! 

a0140305_0411436.jpgここへ着いた頃には、2時半をまわっていました。

お昼ご飯を食べそこなってる。 (>_<)

吸い寄せられるように、またまた市場へ・・・

「通仁市場」

ここがまたおもしろかった!

続きま~す。

by yukiful-xmas | 2012-10-09 13:26 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(6)