Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2017年4月江原道FAM( 20 )

韓国お寺巡りの旅 ⑨月精寺(월정사)で森林セラピー

旅の後半は、江原道にある3つのお寺へ行きました。
a0140305_02075076.jpg
江原道(カンウォンド)はここ。👆
a0140305_02024819.jpg
そして①月精寺、②百潭寺、③洛山寺と3つのお寺を回りました。

泊まったのは一番北にある百潭寺(ペクタムサ)です。

出発前、地図を見てビビりました。

ヒェ~~~、こんな情勢下、北朝鮮の近くに泊まるのかえ? 

でも、行くのはお寺だし、きっとお釈迦様が守ってくれるよね!

ってどこまでも前向き!


昼食の後に向かったのは・・・
a0140305_02314064.jpg
月精寺(ウォルジョンサ/월정사)

国立公園、五台山(オデサン)に建つ月精寺は、新羅時代から多くの仏教徒が訪れてきたお寺です。

金剛橋を渡り、仏の世界へ入りまーす。
a0140305_02314624.jpg
お天気も良くて、そよそよと吹く風が心地良~い♪

聞こえてくるのは、川のせせらぎと鳥の声だけ。

a0140305_02375100.jpg
渡ってきた金剛橋をふり返ってみました。
a0140305_02392590.jpg
お寺に入る前にモミの木の林道を歩くことになりました。

韓国の中でも「美しい森」として知られており、秋は紅葉がとてもキレイだとか・・・

千年もの間、月精寺を守ってきたことから「千年の森」とも呼ばれています。
a0140305_23450440.jpg
平坦で、地面が柔らかくて歩きやすーい!
a0140305_02403479.jpg
ここにあるモミの木の最高樹齢は300年、

平均樹齢80年という大木が1700本あまりも立っています。

空気が違うぞー!

空気が美味しいぞー!

a0140305_02492803.jpg
森のあちこちに森のアートがあります。
a0140305_02494742.jpg
これ、お釈迦様の手みたいでしょ?
a0140305_01044343.jpg
a0140305_02501781.jpg
中が空洞になった巨木。
a0140305_02565012.jpg
2006年の台風で倒れるまで最高齢のモミの木だったようです。

樹齢はなんと600年!(推定)
a0140305_00084922.jpg
近くで見るとけっこう迫力あるんですよ。
a0140305_02512061.jpg
 あ~~っ! リスちゃんがいる!
a0140305_02543653.jpg
よく見るとあっちにも、こっちにも。

カワイイネ~♪
a0140305_02573006.jpg
あや~~~! やっぱ熊も出ますかー!?
a0140305_00510438.jpg
村の神様を祀る城隍閣がありました。
a0140305_00543908.jpg

a0140305_02505527.jpg
そろそろ引き返しますよ~!と号令がかかり振り返ると・・・

あ。

いいな~!

せっかくなら、私もこんな👆シチュエーションで歩きたい♪

でも今世ではかなわぬ夢・・・

え? セバと?

やなこった~い!(笑)

a0140305_01404488.jpg

う~~~ん、気持ちいい~♪


これが森林セラピー? 森の不思議な力ですね。



月精寺(ウォルジョンサ)、つづきまーす!

by yukiful-xmas | 2017-05-08 00:29 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)

韓国お寺巡りの旅 ⑧コヒャンイヤギのアザミご飯

ジャンプ台を後にして・・・楽しみにしていた江原道のご飯の時間です。

以前、江原道在住のブロガーさんに「江原道で美味しいものは何ですか?」と尋ねたら

じゃがいも!

と返ってきました。

で、他には?

う~~~~~ん。

自然豊かな江原道、美味しいものがたくさんあると思うよ~。
a0140305_01044974.jpg
コヒャンイヤギ(고향이야기)

前から見るとごちゃごちゃっとしてますが・・・^^;
a0140305_02322423.jpg
こちらから上がっていきまーす。
a0140305_02324622.jpg
この手のパネルは良いお店の証明ですぞ!
a0140305_02351914.jpg
江原道の特産物が紹介されていました。

ほ~らこんなにある~!

ジャガイモ、高麗アザミ、ファンテ(干鱈)、キャッ松茸も!?
a0140305_02440497.jpg
販売もしてまーす。
a0140305_01585630.jpg
フロアの真ん中にデーンとストーブが鎮座してます。

今は冬眠中だけど、江原道の寒い冬には大活躍なんだろうなぁ。
a0140305_02312598.jpg
メニューはこちらでーす。
a0140305_02030228.jpg
店のおもてに日本語のメニューもあったので貼り付けておきます。

わ~、お肉が美味しそう♪ 111.png

でも、何と言ってもこのお店で有名なのは、高麗アザミの石窯ご飯(곤드레돌솣밥)です。(11000₩)
a0140305_02051024.jpg
でましたジャガイモ!(右上)

韓国ではジャガイモも赤くなるのね。^^;

そしてこの浅漬けのキムチ・・・なんて美味しい♪
a0140305_01230187.jpg
右にあるのはメミルチョンビョン(메밀전병)

そば粉でできた韓国春巻きです。

ふふふ~、これ好きなんですよね。
a0140305_01512437.jpg
おぼろげに写ったおぼろ豆腐。^^;

こんな食べ方は初めて! 牛のスープにお豆腐が入っています。

冷奴で食べるのと違って、身体が温まる感じ。
a0140305_01554358.jpg
テンジャンチゲは素朴な味わい。
a0140305_01534296.jpg
 20種類もあろうかというバンチャン。

野菜の種類がすごく豊富です。
a0140305_02453050.jpg
そして最後にコンドゥレパッ(高麗アザミご飯)。

地元産だけあって、すご~く良い香り!

香りだけじゃない、石窯で炊いたご飯ってほんっとーに美味しい!


matchino君がおもしろい話をしてくれました。

酔っぱらってぐでんぐでんになっていることを韓国語でコンドゥレマンドレ(곤드레만드레)って言うんです。

アザミ(곤드레)って背が高くなるでしょう?

で、ゆらゆら揺れる様子が、べろんべろんな姿に似てるから

あざみをコンドゥレ(곤드레)って言うらしいです

あらまぁ、かわいそうなネーミング!130.png
a0140305_01482342.jpg
海苔に包んで食べるのが、人気の食べ方。

う~~ん、美味しいです!

ソウルとは違う、大邱とも違う、江原道の素朴な味!

いいな、いいな、いいな~♪
a0140305_01385332.jpg
キム・ヨナちゃんも来店されてました。
a0140305_02351202.jpg
お店の前は舗装工事のまっ最中。

メインスタジアムが近くなので、オリンピックの開催中は大人気になりそうです。




178.pngコヒャンイヤギ (고향이야기)
江原道 平昌郡 大関嶺面 ヌンマウルキル 9
강원도 평창군 대관령면 눈마을길 9
℡ 033-335-5430
営業時間 11:00~20:00
※旧正月・秋夕(チュソク)の当日は短縮営業
店休日 第1、第3月曜日
金・土・日は要予約



by yukiful-xmas | 2017-05-06 00:46 | 2017年4月江原道FAM | Comments(4)

韓国お寺巡りの旅 ⑦アルペンシアジャンプ台を見てきました!

次に訪れたのは、アルペンシアスタジアム スキージャンプセンター。
a0140305_02254901.jpg
バスを降りるとジャンプ台がそびえるように立っていました。

ここが、オリンピックのスキージャンプ、ノルディック複合の会場になります。

a0140305_02160769.jpg
スタジアムの中に入っていきましょー!
a0140305_02265393.jpg
エントランスの顔ハメパネル。

a0140305_02182648.jpg
穴が小さすぎて顔がハマらない。  

これって子ども用?

a0140305_02214695.jpg
いやいや、この方ならちゃんと顔が出るかも。

浅田真央ちゃんもキム・ヨナちゃんも本当にお疲れ様!

一世を風靡した彼女たちの後に、どんなスターが現れるのか? 楽しみですね。

a0140305_22464912.jpg
さて、ここでのお楽しみは98mと125mの高さを誇るジャンプ台!

しゃかしゃかさんの記事を読んで

モノレールでジャンプ台の展望タワーに行くのをとっても楽しみにしていました!

なのに、上に上がる時間がないと~

一応朝から時間的に厳しいと聞かされていたので、半分諦めていたんですが、

「一応、モノレールの時間を確認しますね。」

キャッ! かすかな期待!

「次のモノレールがでるまでまだ時間がありまして・・・やっぱり無理です~!」

_| ̄|〇 ガックリ・・
a0140305_01194701.jpg
下から見るだけ・・・は、ザンネンすぎる!
a0140305_00342780.jpg
で、ここ、着地部分はサッカーのグラウンドになっているんですね~!
a0140305_02212759.jpg
代わりに、スキー博物館を見学しました。
a0140305_01152944.jpg
昔のスキーの道具やかつて活躍したスキー選手の話など、

解説士さんのおもしろいお話を伺いながら見学しました。
a0140305_01073119.jpg
でも、ホントはこれから行く月精寺の解説の方が得意なんですって!

ご一緒したかったです~!

a0140305_01225407.jpg
最後に、スタジアムの外からもう一度ジャンプ台を見学しました。

ひゃ~、あんなところから滑りおりるなんて・・・

ジャンプの選手ってすごいワ~!!

アルペンシアスタジアム・スキージャンプセンター
(알펜시아스타디움・알펜시아스키점프센터)
江原道 平昌郡 大関嶺面 水下里 240-19
강원도 평창군 대관령면 수하리 240-19
℡ 033-339-0410
モノレール運行時間 8:30~22:00




by yukiful-xmas | 2017-05-04 01:30 | 2017年4月江原道FAM | Comments(2)

韓国お寺巡りの旅 ⑥オリンピックの開催地 ピョンチャンに行って来ました!

ツアー2日目はソウルから江原道(カンウォンド)へ。

私の江原道のイメージは、すご~く田舎でのどかなところ、なんですが、

あんなステキなお寺があるなんて・・・思ってもみませんでした。

それはおいおい書くとして・・・

なんと言っても、江原道=平昌(ピョンチャン)オリンピックではないでしょうか?
a0140305_00544164.jpg
来年2月に開かれる冬季オリンピック!

今回はその会場を見せてもらえることになりました。
a0140305_02125575.jpg
ソウルを抜け江原道に入ると田園風景が広がってきました。

のどか~♪

高速道路が拡張されて、バスはスイスイ走ります。

これまでソウル⇆江原道は道路が渋滞することが多かったそうですが、

オリンピック開催に向けて高速道路が整備されています。

a0140305_02205547.jpg
新しい高速道路「第2嶺東高速道路」「ソウル襄陽高速道路」も開通予定。

現在途中まで完成してます。^^;

また、KTXもオリンピック線(仮称、ソウル⇆~江陵)が開通し、8月には新しい駅も開業予定です。

これによってソウルから平昌までのアクセスは、鉄道で1時間、車で1.5時間とかなり短縮される見込みです。

(公社さんの資料をお借りしてます。<m(__)m>)
a0140305_02130286.jpg
平昌に近づくと、オリンピックの文字があっちこっちに見えてきました。

地元の意気込みを感じますね~。
a0140305_01263146.jpg
ソウルを出て約2時間、平昌休憩所に到着しました。

ここで一旦トイレ休憩です。
a0140305_02134704.jpg
サービスエリアもピッカピカ!
a0140305_01272650.jpg
レストランとコンビニ
a0140305_01271302.jpg
ダンキンドーナッツ
a0140305_01274548.jpg
オリンピックのマスコットかな?

雪ん子、カワイイ♪

a0140305_02140017.jpg
オリンピックグッズもいろいろできてますね~。

それから、写真は撮っていませんが、オリンピックに来る外国人への考慮から、

トイレの紙屑入れは撤去されていました。
a0140305_02113795.jpg
あ、これは売店に売っていたくるみ饅頭。

旅行社の方に分けていただきました。 

ホクホクで美味しい~♪
a0140305_02391196.jpg
大関嶺ICで高速を下り、
a0140305_02394816.jpg
平昌の街に入りました。

オリンピックに向けて、町全体が工事中。
a0140305_02404833.jpg
オリンピック開催時にはなんと7万室のホテルが必要になるそうで、

急、急、急ピッチでホテルの建設が進んでいます。
a0140305_02401855.jpg
それでも、ぜんぜん足りないらしく、既存のホテル、モーテル、民宿はすでに値段が高騰しているとか。

なので、旅行社さんは、ソウルに滞在して新しい高速道路で平昌に行ってオリンピック観戦

というツアーを考え中なんだそうです。
a0140305_02154460.jpg
車窓から見えるのは、オリンピックのメインスタジアム。

ここを拠点にスポーツの祭典が繰り広げられるのですね。

何から何までオリンピックムードの平昌。

オリンピックが無事に開催されるためにも、早く今の状況が落ち着いて欲しいものです。



by yukiful-xmas | 2017-05-03 13:07 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)

韓国お寺巡りの旅 ➄パルコンヤン(발우공양)の精進料理

お夕飯の時間でーす。
a0140305_03465789.jpg

ご飯の前に、テンプルステイ総合情報センターで

大韓仏教曹渓韓国仏教文化事業団のお坊様から事業の説明がありました。
a0140305_00130953.jpg
この事業団の上層部はすべてお坊様、国から支援を受けながら、

1700年の歴史をもつ韓国の仏教やお寺のことをもっと広く知ってほしい!

という目的で活動しておられます。

事業団のHPはこちら

私もこれまで韓国のお寺にはいくつも行きましたが、

今回訪れたお寺や寺院が、思っていた以上にすばらしいところだったので、

このブログを通してみなさんに少しでも知っていただけたらな~と思っています。




さて、お夕飯は同じビルの中にあるパルコンヤン(발우공양へ。

曹渓寺が運営する精進料理の専門店です。

パルコンヤンは漢字で書くと鉢盂供養

僧侶が食事をする、修行の一環として食事をするという意味だそうです。

a0140305_03550111.jpg
こちらにはお料理教室のツアーで来たことがあり、6年ぶりの訪問です。

懐かしい~! 106.png

その間にミシュランガイド一つ星を獲得!(すご~い!146.png

昨年リニューアルされて、高級感のある個室でいただけるようになっていました。
a0140305_03473337.jpg
お店員さんは緑のコスチュームです。

日本語でお料理の説明をしてくださいました。
a0140305_03490015.jpg
左から、ヨモギのコングクス、水キムチ、プチトマトの野イチゴ(覆盆子)の酵素漬け

コングクスの説明の時「マメ」が「マユ」に聞こえて一瞬ギョッ!としましたが(笑)

とっても優しい大豆のお味でした。110.png

トマトは甘い味付けでほのかにベリーの香り、水キムチにはニンニクは使われていません。

他にも香りの強い、ニラやネギなども精進料理には使われません。


a0140305_03491167.jpg
ムッの和え物

甘酢が程よい味付けで、今まで食べたムッの中で一番美味しかったかも。
a0140305_03493038.jpg
チャプチェ

伝統的なチャプチェは春雨を使わず、お野菜のみで作るんですって。
a0140305_03493616.jpg
春野菜のコッチョリ

コッチョリとは即席の和え物やサラダのことで

何種類かの野菜をゴマやコチュカルでシンプルに和えてありました。

ホロ苦さがあって春を感じます。
a0140305_03214483.jpg
揚げ椎茸のコチュジャン和え

椎茸を油で揚げると弾力のある歯ざわりになって、お肉を食べたような満足感!

a0140305_03513246.jpg
椎茸冷麺
a0140305_03520385.jpg
お花のお餅、豆腐焼き、緑豆のジョン、餃子(タレ)

ゴボウのコチュジャン和え、レンコンの酢漬け
a0140305_03392678.jpg
蓮の葉ご飯とテンジャンチゲ

白菜と大根のキムチにレンコン、セリ、桔梗のナムルがついてきました。

器はお坊様が使われる漆塗りの物が使われています。

a0140305_03464786.jpg
デザートにはシッケとヨモギ餅

冷たいシッケがお腹にいきわたる~♪ 

これでコースは終了、お肉やお魚がなくても充分満足、お腹いっぱいです!

味付けには、お寺で手作りされた調味料が使われていて、

どれも身体にす~~っと馴染んでいくような味付けでした。


メニューには禅食、願食、念食、喜食という4つのコースがあり、

季節によって内容が変わるそうです。

私たちがいただいたのは願食(ウォンシク/원식)というコースで45000₩。

大邱の価格に慣れているので、やっぱりソウルは高いなぁと一瞬思いましたが、

ミシュランの一つ星が5000円以下でいただけるのですから、

そう考えると決して高くありませんね。


韓国のお寺で伝承されてきた伝統的な精進料理を堪能させていただきました。110.png

a0140305_01351090.jpg
179.pngパルコンヤン(발우공양
ソウル特別市 鍾路区 郵征局路56 (堅志洞)
서울특별시 종로구 우정국로 56 (견지동)
℡ 02-2031-2081 02-733-2081 (日本語可)
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00
店休日  毎週日曜日、旧正月、秋夕(旧盆)の連休
HP 
※3日前までに要予約







夜食♪
by yukiful-xmas | 2017-05-02 01:47 | 2017年4月江原道FAM | Comments(2)

韓国お寺巡りの旅 ④韓国精進料理文化体験館

曹渓寺を後にして、安国駅の方へ向かいました。
a0140305_03044466.jpg
仁寺洞、久しぶり~! 

ブラブラ歩きたいな~と思いながらパチリと写真だけ。
a0140305_03045177.jpg
韓服体験のお店が増えたのかしらん?

景福宮のあたりでは、こういうカップルや女の子たちを何組も見かけました。
a0140305_03181122.jpg
ソウル、ソウル~♪とワクワクしながら目的地に到着しました。

こちらです。👆

韓国精進料理文化体験館(한국사찰음식체험관)

1枚目の写真の向かい側にあります。
a0140305_03051116.jpg
階段を上って2階が入口です。

韓国仏教文化事業団の精進料理チームが2015年12月にオープンした施設で、

精進料理のさまざまな展示、体験、教育プログラムなどを運営しています。

a0140305_01584027.jpg
笑顔のステキな女性のお坊様が中を案内してくださることになりました。

(左の女性は韓国仏教文化事業団 のキムさん)

ではさっそく中を見てみましょう!
a0140305_02005238.jpg
まず、入ってすぐのところは教育スペース。

講義などを受けれるようになっています。
a0140305_03055900.jpg
棚には精進料理に関する本や道具や食材なども飾ってあります。

その反対側には展示スペース。
a0140305_03071251.jpg
お寺のお台所を再現してあります。
a0140305_03081602.jpg
a0140305_02171084.jpg
キムチやテンジャンを作っているところかな?
a0140305_03090179.jpg
すごく重そうな真鍮のお鍋
a0140305_03092193.jpg
こちらはお坊様が使う食器です。
a0140305_03122242.jpg
デザインはシンプルで、大きさの違うお皿が何枚も重ねてあり、これが一人分の食器だそうです。
a0140305_03122925.jpg
お菓子を作る木型

a0140305_03211063.jpg
これで食材に色をつけるんですね。
a0140305_03163906.jpg

四季折々のお料理のポスターも貼ってありました。

これは春のお料理です。
a0140305_03094334.jpg

乾燥させたお野菜

精進料理では普通なら捨ててしまう皮の部分も丁寧に洗って乾燥させて無駄なく使います。

a0140305_03112598.jpg
これ何だと思います?

答えは茄子。

お寺には茄子がたくさんなっているそうです。

茄子は大好物! 乾燥茄子、どんな食感なのか?食べてみたいなぁ!!
a0140305_03120834.jpg

展示物も興味深かったのですが、いやもう、このお坊様がとても素敵で!

声を聞いているだけで、癒されてくるような・・・

仏の道を歩んでおられる方はやはりどこか違いますね。
a0140305_03220795.jpg
これは食材ではありませーん。

水につけて笠が開いた松ぼっくりをお部屋に置いておくと加湿器になるんですって!

これは知りませんでした!

a0140305_03131693.jpg
このマシンなんですが、興味のあるお料理をタッチすると・・・
a0140305_03134087.jpg
レシートみたいなレシピが出てきまーす! 
a0140305_15092234.jpg

ALL韓国語。^^; 
a0140305_03154810.jpg
お坊様がハドン茶というお茶を煎れてくださいました。高級なお茶だそうですョ。
a0140305_03142329.jpg
2日がかりで作られたというさつま芋のお菓子も。
a0140305_03145954.jpg
緑茶より苦味の少ないアッサリしたお味でした。

お茶をいただきながら仏様のことを考え、揺らいだ心を落ち着かせる、

のが、茶道の極意。

お茶椀を横に置くと「もう結構です」をあらわすそうです。

お坊様に煎れていただいたお茶、とってもありがた~くいただきました。

a0140305_03063828.jpg
最後にすご~く立派な調理室を見せてもらいました。 

ここで精進料理を習うことができます。
a0140305_03162129.jpg
メールや電話で予約をすればどなたでも受講できます。

お料理体験は1万(1種類)、2万(2種類)、4万(5種類)₩のコースがあり、

空いていれば当日参加もOK!

通訳が必要な場合はお願いできるそうです。

また10人以上だとメニューの相談にも応じてくれて、特別プログラムも組んでくださいます。
(3日前までに要予約)

メールでの予約、お問合せはこちらから 

a0140305_14593830.jpg
最後に丸い形の冊子をいただきました。
a0140305_03394151.jpg
トンチミ、蓮の派ご飯など写真付きの精進料理のレシピが8ページもついています。

これはなかなか良いですよ!

精進料理に興味のある方はぜひ行って見てくださいネ。
a0140305_03405655.jpg
179.png韓国精進料理文化体験館(한국사찰음식체험관)
ソウル市鍾路区安国洞175-3 安国ビル新館 2階
서울시 종로구 안국동 175-3 안국빌딩신관 2층
℡ 02-733-4650
営業時間 10:00~19:00
休業日 月曜日、旧正月、秋夕(旧盆)の連休、祝日

詳しい情報はこちら 👇(英語/韓国語) メニューやスケジュールなども確認できまーす。


by yukiful-xmas | 2017-04-30 08:41 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)

韓国お寺巡りの旅 ③曹渓宗(조계사)

チェックインをした後は、第一の訪問地、曹渓宗(チョゲサ / 조계사)へ向かいます。
a0140305_00324077.jpg
大好きな清渓川を通り過ぎ・・・
a0140305_00325800.jpg
光化門広場の世宗大王にバスの中からご挨拶して・・・
a0140305_00330506.jpg
景福宮の前にはお釈迦様の誕生日を祝って塔のオブジェができていました。

まもなく曹渓宗(チョゲサ)に到着!

他のメンバーは何度も来られたことがあるようでしたが、私は初めての訪問です。

お寺なので郊外にあるのかと思ったら、仁寺洞のすぐ近くにあるんですね。
a0140305_00320526.jpg
曹渓寺(チョゲサ / 조계사)は韓国仏教の最大宗派(曹渓宗/チョゲジョン)の総本山、

つまり、ここが韓国の仏教の中心地とも言えます。
a0140305_00334405.jpg
一柱門をくぐって俗世から仏の世界へ。
a0140305_00341836.jpg
一柱門の横の外国人案内所があって、日本語のパンフレットもいただけますし
ボランティアの方が日本語で案内してくださるそうです。(無料)

この日はこの方にお世話になりました。
a0140305_00413380.jpg

門をくぐり河を渡りまーす。
a0140305_00352636.jpg
圧巻!

お釈迦様の誕生を祝って天を覆うように燃灯(提灯)が飾られています。
a0140305_00361523.jpg
何か模様が描いてあるように見えますが、
a0140305_00362855.jpg

上から見ると文字になっているようです。
a0140305_00364074.jpg

こういう意味ですよ~ってスマホで教えていただきました。

提灯で描かれる言葉は、毎年変わるそうです。
a0140305_00354578.jpg

樹齢500年を超えるという白松。

白松は成長が遅く繁殖力が弱いことからすごく貴重な木なんだそうです。

天然記念物第9号に指定されています。
a0140305_00373668.jpg
そして本堂である大雄殿
a0140305_00382709.jpg

大雄殿の前で「灌仏儀式」といって子どもの仏様に柄杓で3回お水をかけました。

お水をかけながら、煩悩が消え、善業(ぜんごう)をつみ、すべての衆生を救済することを祈りましょう!

という立札は後で気付いた!105.png 

な~んも考えずにお水をかけてるところ。 👆
a0140305_00403701.jpg

大雄殿の中には大仏様が三体祀られています。

残念ながら今回中には入りませんでしたが、金色に輝く大仏様が見えました。
a0140305_00524267.jpg
カラフルな提灯の奥には白い提灯が飾られていました。

白い提灯は亡くなった方を祀ってあるのだそうです。
a0140305_00414836.jpg
大雄殿の前にある槐(エンジュ)の木。

樹齢450年以上と言われており、木の周囲は4mもあってすごい風格!
a0140305_00420222.jpg
幹のところからは隠れて見えないんですが、

離れてたところから見ると、空に悠々と枝を広げていました。
a0140305_02040065.jpg
その横にはお寺の創健100周年(2009年)に建てられた8角10重の石塔。
a0140305_00410466.jpg
大雄殿の奥の極楽殿にも入らせていただきました。
a0140305_00425302.jpg

そして観音殿へも。
a0140305_00430129.jpg

a0140305_02105909.jpg
みなさん、本当に熱心に祈っておられますネ。
a0140305_00445668.jpg
ソウルの中心にこんなお寺があったなんて・・・

この歳になると、お寺って心がやすまるなぁって思います。
a0140305_00454361.jpg

お夕飯をいただいたレストランから夜の曹渓宗を見下ろすことができました。

地上にある極楽みたいな・・・

ビルの谷間に光り輝いて、本当に美しい。
a0140305_00491725.jpg

灯りが灯るとお釈迦様も愛らしさが増しますね。
a0140305_00492356.jpg

4月のこの時期、韓国を旅行するにはいい時期かもしれません。
a0140305_02484607.jpg
177.png 曹渓寺(チョゲサ / 조계사)
ソウル特別市 鍾路区 堅志洞 45
(서울특별시 종로구 견지동 45)
℡ 02-768-8600






by yukiful-xmas | 2017-04-29 08:24 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)

韓国お寺巡りの旅 ②1日目のお宿 Tmark Grand Hotel 明洞

バスが走り出して15分。

まずは、こちらのレストランでお昼ご飯です。
a0140305_02280747.jpg
名品館(명품관)

仁川広域市 中区 雲西洞 2796-2
(인천광역시 중구 운서동 2796-2)
℡ 032-746-9233
a0140305_02281570.jpg

空港新都市ICからすぐのところにあって、

ツアーの時に空港に行く前に立ち寄るレストランって感じ。

中は広くて個室がいくつもあります。

その中の一つに通されました。

まずはツアーのスケジュールの説明や自己紹介などありまして・・・
a0140305_02324387.jpg
カルビタンをいただきました。

お肉がホロホロでスープも美味しかったです。

このツアーは精進料理が多いから、今のうちにお肉お肉・・・
a0140305_02282582.jpg
バンチャンの右の緑色のとコールスローみたいなのは、どちらも野菜ではなく海藻。

海藻はNGなので、え~~~ん、食べられな~い!145.png

真ん中の赤いのは何かの塩辛で、美味しかったのでおかわりしちゃいました。111.png



再びバスに乗ってトロトロ~っとしている間にホテルの駐車場に到着しました。
a0140305_02351224.jpg
Nソウルタワーがすぐそこに見えています。
a0140305_02330641.jpg
 Tmark Grand Hotel 明洞 (티마크그랜드호텔 명동)
a0140305_02331893.jpg
夜はこんな感じです。
a0140305_02332922.jpg
ムフッ! 久しぶりにモーテルではなくテル  嬉しい~♪
a0140305_02341699.jpg
フロントも窓じゃない!(笑)
a0140305_02340802.jpg
ロビーに
a0140305_02335824.jpg
ホール

ホテルマン君は日本語も少~し話せます。

しかも結構イケメン!
a0140305_03345638.jpg
もちろんWi-Fiもあります。

カードキーが入っていた袋にパスワードが書いてありました。
a0140305_02344398.jpg
スタンダードツインのお部屋です。

広すぎず狭すぎず・・・どちらかというとコンパクトな方かな?

スーツケースは充分に広げられます。
a0140305_02345124.jpg
a0140305_02342220.jpg
水回りは清潔感があるし、アメニティも一通りそろっています。
a0140305_02343209.jpg
お風呂に鍵がかからなかったんですが、問題な~し!
a0140305_02350436.jpg
このホテルはなんと言っても立地がいいなぁと思いました。

地下鉄4号線の会賢駅(ソウル駅と明洞の間)3番出口がすぐ目の前、

コンビニや食堂もあるし、前の大通りを渡ると南大門市場です。

明洞や南山も徒歩圏内。

でもでも・・・

一番気に入ったのはビュッフェの朝ご飯!
a0140305_02475850.jpg
レストランは2階にありま~す。
a0140305_02434631.jpg
a0140305_02441542.jpg
シリアルも種類が多いし
a0140305_02455881.jpg
a0140305_02452771.jpg
サラダも~!
a0140305_02462845.jpg
パンプディングが美味しかったです~♪
a0140305_02465766.jpg
パンに
a0140305_02485887.jpg
おかずがいろいろ
a0140305_02493743.jpg
麺もあるし
a0140305_02500878.jpg
a0140305_02482712.jpg
お席は134席でひろびろ、椅子もゆったり座れるタイプです。
a0140305_02504463.jpg
これを食べた後、デザートプレートも。

食べ過ぎるのは当たり前!(笑)


 ――  Tour de Goumet (ビュッフェ) ――
朝食 7:00~10:00
大人 23100₩  子ども 11550₩ 

*ランチやディナービュッフェもありまーす。

a0140305_03190119.jpg
179.png Tmark Grand Hotel 明洞 (티마크그랜드호텔 명동)
ソウル特別市 中区 会賢洞1街 194-15
℡ +82 2 2283 – 3000
チェックイン 14:00
チェックアウト 12:00

ホテルのHPはこちら👇


ホテルの予約サイトをみてみたら平日ダブルルームで6000円台からあるみたいです。

ここはまた利用したいなぁ!


by yukiful-xmas | 2017-04-28 08:36 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)

韓国お寺巡りの旅 ①プロローグ

春の大邱のレポがまだ残っておりますが・・・^^;

先日行ったFAMツアーのレポから書いていきたいと思います。

今回も誘ってくださったのはコリアトラベルさん

ツアーの主催者は韓国仏教文化事業団というところです。

1700年の歴史を誇る韓国の仏教文化を伝承し、

寺院巡礼、テンプルステイ、精進料理などを広く紹介していこう!

という目的で2004年に設立されました。


お寺や精進料理は好きだからいいんですけどね・・・

でも、テンプルステイはね~!

朝早~く起きて、座禅とか組んで、修行なんてやらされるのかなぁ?

ビール飲めないよね~!

なんて思いながら参加したんですが・・・

思いがけなくすんごく良かった!

爽やか~な清々しい気持ちになって帰ってきました。

a0140305_01081713.jpg
集合場所は仁川空港のDカウンターの前。

「担当者がコリアトラベル新聞を持って立ってますから~!」

というメールの通り、ホントに新聞を持って待っててくれてました。(笑)


ご紹介しまーす!

今回のアテンド役、コリアトラベルのMatchino君です。

彼とはもうかれこれ4年のお付き合いになりまして・・・

2013年の大邱のFAMツアーでご一緒して、そのご縁でコラムも書かせていただいてます。

韓国アート散歩を書いているブロガーでもあり、

彼がアテンドするマチノアルキというソウルのマニアックな街歩きは、私の回りで定評があります。

あ、これは趣味の部類ですけどネ。

本来のお仕事は記者さんなので、こうしたツアーのアテンドは初めてということで、

ちょっと緊張気味のようですな。
a0140305_01434908.jpg
参加者は9名、私の他にブロガーが2名、あとは旅行社の方々です。

ブロガーさん以外は「はじめまして!」の方ばかり。

不穏な情勢だったので、キャンセルの方もいらっしゃったようですが・・・

いたしかたないですね。
a0140305_01084767.jpg
スタッフも含めて10名くらいなのに、こんなに大きなバスがきました。
a0140305_01091702.jpg
ゆ~~ったり座って、まずはソウルに向かいます。

ひゃ~、ソウル、久しぶり~♪

a0140305_02261662.jpg
ソウルの天気は快晴!

ツツジは満開です。
a0140305_02245858.jpg

ギリギリ桜も咲いていました。

さー、ツアーに出発しまーす!




by yukiful-xmas | 2017-04-27 01:13 | 2017年4月江原道FAM | Comments(2)

江原道に行って来ましたー!

ブログをお休みしている間に、江原道(カンウォンド)のお寺巡りに行ってきました。


a0140305_18151688.jpg

a0140305_18151726.jpg

a0140305_18151700.jpg

a0140305_18151854.jpg

a0140305_18151817.jpg

a0140305_18151903.jpg


FAMツアーだったんですが、江原道って素晴らしいところがたくさんあるんですね。

初めてのテンプルステイも体験して、身も心もリフレッシュ!

癒されました〜。

詳しいレポはまた後ほど。

a0140305_18443936.jpg


これから大邱へ向かいまーす!



by yukiful-xmas | 2017-04-21 18:02 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)