Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2015年12月安東( 13 )

大邱 ⇔ 安東の移動について

安東のレポの最初に書いたように、安東に移動するには大邱経由が便利かなぁ?と思います。 (あ、釜山に飛んだ場合です。^^;)

調べてみると、釜山総合バスターミナルからバスで行く方法や海雲台からムグンファで行く方法もありましたが、時間的には一旦大邱に入って安東に移動するのが便も多いし一番早い気がします。

大邱⇔安東のアクセスについてちょっと書いておきますと・・・

*ソウルからのアクセスについてはこちらを参考にしてくださ~い。

a0140305_0275428.jpg
まず、KTXや金海空港からのリムジンバスで東大邱に着いたら、バスターミナルへ移動します。 (電車の移動については最後に書きますネン。)
a0140305_028332.jpg
ロッテリアの並びの大通りに沿ってバスがズラリと並んでいますが、そこじゃありませ~ん。 そのちょい後ろにある小さな中央高速バスターミナルになります。 入口はこんな感じ。
a0140305_0193929.jpg
中はこんな感じ。 ロッカールームはないようなのでご注意くださいませ。
a0140305_0291845.jpg
安東行きの発車時刻はこのようになってます。 우등は優等バス、고속=高速ですが一般バスのことかなぁ? 所要時間は約1時間40分です。(なぜか安東⇒東大邱は1時間20分になっていますが・・・^^;)

私はキムさんからピックアップしてもらったので、バスには乗らなかったんですが、出発前に調べてみると、バスはちょっと不便だなぁと思うことがありました。 電車はもっと不便なんですが・・・^^;
a0140305_034888.jpg
これが安東のバスターミナル。 2011年に安東駅の近くから移転してとてもキレイになっています。
a0140305_113464.jpg
でも、駅からはこんなに離れているのですわ〜!emoticon-0107-sweating.gif  コネスト地図
a0140305_0413439.jpg
バスターミナルの周りにはな~~んにもありませ~ん!^^; 

なので、安東に泊まる際は、レストランやホテルのある安東駅周辺などへ移動しなければなりません。 

駅まではタクシーだと約11分、6800ウォンほど。 バスだと30分くらいで行けますが、キムさんによると1時間くらいかかる場合もあるそうなので、時間に余裕をもっていた方が良さそうです。

もしくは、バスターミナルから直接河回マウルに行って民泊に泊まるか・・・? その場合、バスターミナルから村までは㊻バスで30分ほどで行けます。
a0140305_252094.jpg
安東ターミナルのチケット売り場
a0140305_253982.jpg
待合い室
a0140305_255042.jpg
コンビニもありますし
a0140305_26060.jpg
ロッテリアやレストランも数軒。
a0140305_261058.jpg
ロッカー。

参考までに安東から大邱行きのバス時刻表を貼り付けておきますね~。
a0140305_1145950.jpg
バスの時刻に関してはこちらでもご確認ください。 

KOBUS(韓・英) 検索時:大邱中央 대구중안(804) / 安東 안동(840)
a0140305_1333565.jpg
一番下に電車の時刻表がありますが、ご覧のように安東⇔東大邱は1日に3本しかありません。

 ☆ 安東発 10:25、12:35、21:45

 ☆ 東大邱発 6:15、15:04、16:30 

所要時間は約1時間50分。 バスより時間がかかりますが、安東駅⇔安東ターミナルの移動時間が省けるので、もし時間が合えばこっちの方が便利かもしれません。
a0140305_140589.jpg
安東は大邱からだと日帰りも可能です。 

私もまた安東へ行ってみたいと思っています。 

あ、もちろん大邱経由で~。emoticon-0142-happy.gif



by yukiful-xmas | 2016-01-18 01:00 | 2015年12月 安東 | Comments(0)

安東に行ってきました~! ⑫ 安東の宿

安東レポ、最後はお宿です。

今回はキムさんが宿もご紹介くださるというので、すんごく大助かりました~! 地方都市の宿の情報は少ないですから・・・

どんなところがいいですか? の質問に・・・

清潔ならば古くてもいいので、できればお安いところ!とお願いしました。 emoticon-0100-smile.gif
a0140305_210534.jpg
そこで連れて行ってくださったのが、安東ホテル (안동호텔)。 後ろ姿はキムさんです。

ソルビンやマンモスベーカリーから徒歩1分、繁華街のほぼ中央にあるのでとっても便利。 料金は50000ウォン。
a0140305_1252085.jpg
韓国観光公社や安東市から優秀なホテルとして認定を受けているようです。

ただ、バスタブのあるお部屋をリクエストしたら、60000ウォンとちょっとお高くなりまして・・・  

じゃあ、もう一件行ってみます?

emoticon-0155-flower.gif 安東ホテル (안동호텔)
  慶尚北道 安東市 三山洞 103-3
  (경상북도 안동시 삼산동 103-3) 
  054-858-1166

a0140305_1404472.jpg
ギャラリアモーテル(갤러리아모텔)。 

さっきのモーテルから徒歩数分、繁華街の端っこにあります。 ちょっと古い感じですが、ここも韓国公社からいいお宿の指定を受けています。 入口にGood Stay(公社認定)のステッカーがあると、なんか安心!emoticon-0144-nod.gif
a0140305_1413930.jpg
フロントはこじんまりとしていてエレベーターはありません。
a0140305_1433667.jpg
お部屋はこんな感じ。 ちゃんと窓もあります。(笑)
a0140305_1442978.jpg
ここに限らずですが・・・ 韓国のモーテルにはたいていバスタオルがないのが難点。emoticon-0124-worried.gif必要な方は持っていきましょう!   あとは一通りそろっていました。
a0140305_14446100.jpg
冷蔵庫のお水とジュースはもちろん無料。
a0140305_145444.jpg
バスタブもついてます。 これで40000ウォンなので、宿にお金をかけたくない派にとっては充分かなぁと思います。

emoticon-0155-flower.gif ギャラリアモーテル(갤러리아모텔)
  慶尚北道 安東市 東部洞 203-1
  (경상북도 안동시 동부동 203-1)
  054-853-3377

ギャラリアに連泊してもよかったんですが、最近宿探しっておもしろいな~と思っているので、二日目はいつものように自分の足で宿を探すことに・・・
a0140305_1484828.jpg
まず行ってみたのが高麗ホテル(고려호텔)。 この近辺ではピカイチ! チムチルバンのフロントのハラボジが「安東に知り合いが来たら高麗ホテルをすすめてるよ」とおっしゃるので行ってみました。
a0140305_14911100.jpg
スタンダードのお部屋が50000ウォン。 このレベルで50000ウォンは嬉しい~! ただ、この日はお高い部屋しか空いていないということで・・・emoticon-0101-sadsmile.gif フロントマンの対応もすごく良かったので、今度来たらここを利用しよ~と思っています。

emoticon-0155-flower.gif 高麗ホテル (고려호텔)
  慶尚北道 安東市 東部洞 116-1
  (경상북도 안동시 동부동 116-1)
  054-843-2000
a0140305_1463183.jpg
高麗ホテルを出て、スーツケースを引きずっていたら、隣のモーテルのアジョッシから声をかけられました。

「部屋を探してるの? 35000ウォンを30000ウォンにまけるから、うちに泊まらない?」 

「よっしゃ3万ウォンなら手をうちます!」と即決。   隣にセブンイレブンもあるしネ~。
a0140305_1464859.jpg
ムナ(文化)モーテル(문화모텔)  ここもエレベーターはありません。emoticon-0107-sweating.gif
a0140305_147926.jpg
前日に泊まったギャラリアモーテルよりちょっと狭いかな? 
a0140305_1481768.jpg
バスタブはなくシャワーだけです。 でも、お風呂は夕方済ませていたので問題なし。 (安東温泉までは徒歩1~2分) 
a0140305_1474979.jpg
こちらも宿にお金をかけない主義の方ならOKかと思います。

emoticon-0155-flower.gif ムナ(文化)モーテル(문화모텔)
  慶尚北道 安東市 東部洞 119-4
  (경상북도 안동시 동부동 119-4)
  054-857-7001
 
a0140305_1514411.jpg
それからキムさんのお知り合いがやっておられるゴタヤ ゲストハウス (Gotaya Guesthouse)を見せていただきました。  同じビルの1階でLet’s Go!Cafe というカフェがゲストハウスのフロントも兼ねています。 
a0140305_152643.jpg
女性用のお部屋はピンク! 男女別、2段ベッドで4人、6人、8人部屋があります。 料金は1ベッド20000ウォン台(たしか26000ウォン? ウル覚えでごめんなさい。 ^^;)、お部屋によって若干お値段が違っていました。
a0140305_1533752.jpg
各お部屋にキッチンが付いていて・・・
a0140305_156346.jpg
広さも充分! 8帖くらいはあったかなぁ? ここにテレビもあるので、ゆっくりくつろげそうです。
a0140305_2481427.jpg
そして洗濯機までお部屋についていました。 

すみません肝心な水回りの写真を撮り忘れてしまいまして・・・シャワーのみだったと思います。 ^^;  

オーナーさんはこれまで世界各国旅をして回った旅の上級者。 ご自身の経験からこのゲストハウスを作られたのか?すごく行き届いているなぁと思いました。 まだ施設も新しいので、ゲストハウス派の方にはおススメです。 
a0140305_2552513.jpg

emoticon-0155-flower.gif ゴタヤゲストハウス (Gotaya Guesthouse)
   慶尚北道 安東市 東部洞205-17
   (경상북도 안동시 동부동 205-17
   010-4367-0226

*料金はいずれも現地価格です。 
a0140305_11524240.jpg
安東駅の回りにはモーテルやホテルがいくつもあります。 お祭りの時期やハイシーズン以外なら、フラリと行っても宿に困ることはなさそうです~。emoticon-0144-nod.gif
by yukiful-xmas | 2016-01-16 01:01 | 2015年12月 安東 | Comments(2)

安東に行ってきました~! ⑪ 安東ヨロカジ

河回マウルから安東駅に戻った時にはすっかり日が暮れていました。

さぁ、何を食べよっかにゃ~?emoticon-0122-itwasntme.gif

安東の人に聞いたら、安東は牛肉が美味しいよ~!と。 

安東韓牛って有名みたいですね~。
a0140305_1525413.jpg
シゴルチャントクッパッ (시골장터국밥)  出発前、ネットで見つけたこのお店に入ってみました。 
a0140305_1531243.jpg
お肉からお米、キムチまで全て国内産にこだわっておられるようです。
a0140305_0594222.jpg
お店の入口付近はテーブル席、奥は座敷席になっています。 お夕飯にはちょっと早い時間だったので、ほとんど貸切状態。 
a0140305_1535788.jpg
ジャントクッパ(장터국밥)をオーダーしてみました。 ジャント(장터)とは市場のこと。  市場で食べられていた庶民の味ってことかなぁ?  それにしても、このスープ、めっちゃ美味しい~。  クタクタのネギとやわらかく煮込まれた大根がタップリ!
a0140305_1532750.jpg
もちろんお肉はホロホロ・・・

ソンジ(血の塊)も入っていました。

コクのあるスープにソンジ・・・

どっかで食べた味だなぁ?emoticon-0138-thinking.gif

と思ったら・・・ あ、大邱10味のタロクッパにとてもよく似た味ですね~!

一気にいただいちゃいました。

ホ~~~ッ ε= (*^o^*)  あったまった~!

emoticon-0155-flower.gif シゴルチャントクッパッ (시골장터국밥)
  慶尚北道安東市南部洞148-6
  (경상북도 안동시 중구동 148-6)
  054-859-9898

キムさんとの約束まで、まだ時間があるので先にお風呂をいただくことに・・・
a0140305_1573040.jpg
安東温泉スパランド (안동온천스파랜드) 駅から看板が見える距離。 安東にはここ一軒だけってことですが、なかなかキレイ~♪
a0140305_1575438.jpg
フロントにはキレイな日本語を話されるハラボジがいらっしゃいました。
a0140305_1262559.jpg
浴室に・・・ 
a0140305_158620.jpg
洗面所。
a0140305_1312934.jpg
沐浴 6000₩  チムチルバン 9000₩  (写真はネットからお借りしてます。)

チムチルに泊まる場合、問題は充電なんですが、コンセントはいくつかありましたし、売店の人に尋ねたら、もしあいてなかったらこっちで充電してあげるわよ!と言ってくれました。 ここなら泊まれそう。

emoticon-0155-flower.gif 安東温泉スパランド (안동온천스파랜드)
   慶尚北道 安東市 雲興洞 141-26
   (안동시 운흥동 141-26번지)
   054-857-8118

a0140305_1424184.jpg
そしてマンモス製菓(MANMMOTH) というパン屋さん。 韓国版ミシュランに載った有名店。 韓国の三大パン屋の一つで、創業は1974年、 オーナーさんはなんと日本でパンの修行をされたそうです。 

キムさんの会社の女の子が「とてもおススメなんですョ~!emoticon-0142-happy.gif 」 とすすめてくれまして・・・
a0140305_1461445.jpg
そして、チムタクを食べに行った時にパンをプレゼントしてくれました。 日本語で書いたお手紙を添えて・・・ あ~も~、その気持ちが嬉しい~!emoticon-0140-rofl.gif 

夜、モーテルでむしゃむしゃ・・・小麦粉のいい香りのする私が大好きなハード系のパンでした。 安東にはこんなに美味しいパンがあるんですよ!って私に教えたかったのでしょうね。emoticon-0142-happy.gif
 
韓国三大パン屋といえば去年の夏に大田で食べた聖心堂(ソムシンダン)のニラパンもそうでした。 あと一つは群山の李盛堂だそうです~。emoticon-0100-smile.gif

emoticon-0155-flower.gif マンモスベーカリー(맘모스베이커리)
   慶尚北道 安東市 南部洞 164-1
   (경상북도 안동시 남부동 164-1)
   054-857-6000

a0140305_25493.jpg
小さな繁華街なので全て徒歩圏内で~す。 
by yukiful-xmas | 2016-01-14 01:08 | 2015年12月 安東 | Comments(0)

安東に行ってきました~! ⑩ 河回マウル 後編

河回マウルをぐるりと取り巻くように流れる洛東江(ナクトンガン)。
a0140305_1205710.jpg
水面に映る山や空には透明感がありますね。
a0140305_071474.jpg
後方には風水の教えにより植えられたという赤松の林が見えます。
a0140305_073316.jpg
向こう岸には芙蓉台(ブヨンデ)という小高い丘。 ここから見下ろした村の景色は絶景というので、ぜひ行ってみたかったのですが、渡し船が運行していませんで・・・ とてもとても残念でした。
a0140305_075552.jpg
簾のような干し柿  
a0140305_081478.jpg
ふと見るとワンコちゃんがお昼寝中。 起こさないようそ~っと歩きました。
a0140305_083247.jpg
立ち枯れになりかけた花が土壁に色を添えています。
a0140305_085836.jpg
時間の許す限りただただ歩きました。
a0140305_092145.jpg
まさに遺産と言うにふさわしい場所だなぁと思います。 (2010年8月1日ユネスコ世界遺産に登録)
a0140305_094351.jpg
遠くに目をはせると、墨絵のような山々。  冬ならではの美しさ。
a0140305_0101044.jpg
一人旅は寂しい時もありますが、自分とその場所が向き合えるから大好きです。  
a0140305_0104824.jpg
バス停の前の土産品店。 買い物はしませんでしたが・・・
a0140305_0113010.jpg
バスを待つ間にお茶をいただくことにしました。 この時の気分は菊花茶。
a0140305_0132154.jpg
塀の役目をしているかように、茶屋の庭に積み上げられた壺。
a0140305_0115275.jpg
a0140305_0155836.jpg
村の散策はこれにて終了。  


ここが村の中にあるバス停です。 


参考までにインフォメーションでもらったバスの時刻表を貼り付けておきますね。


アンダーラインが引いてあるバスは、屏山書院に行ってから市内に戻ります。


くれぐれも乗り遅れないように!(笑)
a0140305_0133776.jpg
2時間ほど歩いたので、シートに座るとトロトロ~っと沈んでいきました。 emoticon-0113-sleepy.gif  安東駅まで一休み。。。



emoticon-0155-flower.gif  安東河回村 (안동하회마을)
    慶尚北道安東市豊川面河回里
    (경상북도 안동시 풍천면 하회리)
    河回村管理事務所 : 82-54-854-3669
    河回村観光案内所 : 82-54-852-3588
    文化観光通訳ガイド : 82-54-840-6974
    HP (日本語)





by yukiful-xmas | 2016-01-12 01:15 | 2015年12月 安東 | Comments(6)

安東に行ってきました~! ⑨ 河回マウル 前編

さぁ、いよいよ河回村(ハフェマウル / 하회마을)へ入っていきます!

ハフェマウルは安東の両班、柳家の人々が先祖代々600年も暮らしている民俗村。 朝鮮時代の姿を残し、昔ながらの家々が今も静かに建っています。
a0140305_203481.jpg
村に入った瞬間オヨヨ~!emoticon-0104-surprised.gif だってそこは別世界。
a0140305_205993.jpg
時が止まっている・・・がまさにピッタリ!
a0140305_142539.jpg
入口から左方向に歩き出すと、村に一軒しかないという食堂がありました。
a0140305_110849.jpg
ご飯はもう食べちゃったけど、ちょっとだけ失礼しますね~。(ダレもいなくて良かった!^^;)  チムタクに塩サバ定食、パジョンやマッコリ・・・
a0140305_01819.jpg
もしまた来たら、今度はここにしようかなぁ。
a0140305_1104123.jpg
畑の横を通って行くと・・・
a0140305_141954.jpg
村外れに教会が・・・ クリスマスのイルミネーションも質素です。
a0140305_1414155.jpg
素朴な煉瓦の塔! この鐘の音を聞いてみたいなぁ。
a0140305_1444855.jpg
この辺まで来て決めました! インフォメーションでもらった資料、見るのや~めた!(笑) なんちゃらかんちゃらの説明よりも、身体でこの村を感じたい!
a0140305_1495753.jpg
庭先にあった石でできた粉ひき。 今でも使われているのでしょうか?
a0140305_1514694.jpg
湯気を見るとホッとする。  人の営みに温かさを感じた瞬間。
a0140305_265999.jpg
ぐんぐんぐ~んぐん歩きます。
a0140305_1585359.jpg
村の中では珍しいオレンジ色の壁。
a0140305_2121022.jpg
忠孝堂  文禄の役の時の総理大臣、柳成龍の住居。
a0140305_2122013.jpg
奥に資料館があるの知らなかった~。 (>_<)
a0140305_2123320.jpg
養真堂 儒学者柳雲龍の住居だった家で、
a0140305_2124523.jpg
河回村で最も古い河回村を代表する建物です。
a0140305_2254245.jpg
a0140305_226794.jpg
a0140305_23233.jpg
スーパーもなければコンビニもない・・・バス停の近くのお茶処と土産品店の他には小さなお店が一軒だけ。
a0140305_235685.jpg
洛東江(ナクトンガン)沿いの桜並木に出ました。 (ああ、春は素敵だろうなぁ!)  河は村を囲むように大きなS字で流れていて、河回(ハフェ)はそこから付いた名前だそうです。
a0140305_249723.jpg
河沿いに楽古斎(ラッコジェ)という民泊を発見! 

ここに泊まった友人が「めっちゃ良かった~!」と興奮して話すのを、当時はクールに聞いていました。 今や私の韓国熱が、あの時の彼女を上回っているかもしれません。 ^^;


河回マウル、長くなるので後半はまた次回。
by yukiful-xmas | 2016-01-11 01:21 | 2015年12月 安東 | Comments(8)

安東に行ってきました~! ⑧ 河回マウルのその前に・・・

a0140305_3315877.jpg親切なリュウさんご夫妻は、見ず知らずの私を河回マウルまで連れてってくれました。 

道中「ここは〇〇だよ~!」と解説付きで。

河回マウルの案内板の前で記念撮影をしてお別れです。

短い時間でしたが、リュウさんのことは私の記憶から消えることはないでしょう。

せっかく村の入口まで送っていただいたのですが、地図や資料をGETすべく、手前にあるインフォメーションまで一旦戻ることにしました。
a0140305_232010.jpg
インフォメーションには、日本人の女性スタッフがいて、いろいろと教えてくれました。

まず、入村料が要りますよ~と。emoticon-0133-wait.gif 

村の案内もお願いしたいところですが、一人の観光客にはついてもらえないとのこと・・・(涙) 

「それよりお腹ペコペコなの。 とりあえず食事をしたいんだけど・・・」

「それなら1.2キロ離れた食堂街に行かれた
方がいいですよ。emoticon-0100-smile.gif

あちゃ~!  1.2キロも? 

すると先ほど別れたリュウさんご夫婦がトイレ休憩をされていまして・・・ずうずうしくお願いして、再び乗せてもらうことにしました。  「たびたびすみませ~ん。emoticon-0111-blush.gif
a0140305_142994.jpg
食堂街の入口で下してもらい、リュウさんと二度目のさよならをしました。 

1人になって食堂街をブラブラ・・・ 安東名物のチムタクか塩サバ定食、あとはククスのお店がほとんどです。 
a0140305_143460.jpg
私が入ったのはチョンギワ民俗食堂 (청기와민속식당)というお店。 看板に「ホッチェサパプ(헛제사밥)」という安東の郷土料理が書いてあったのです。
a0140305_1475586.jpg
店内の様子。 中央には薪ストーブがド~ンとあって、いかにも田舎の食堂って感じ。一組のアジョッシたちがマッコリを飲んでいます。 ふふふ〜♪
a0140305_1481483.jpg

a0140305_1433559.jpgでも、厨房にはダレもおらず、子守り中のハルモニが一人だけ。 あれま!

「あの~、食事を作ってもらえますか? 私が子守りをしてますから!」

・・・ってことで、ハルモニが準備をしてくれている間、子守り中。(笑)

ああ、うちのジャガに会いたくなる~!
a0140305_1483139.jpg
ハルモニの温かい手料理が運ばれてきました。 ホッチェサパプ定食。(10000₩)  直訳すると「ニセモノの祭祀のご飯」という意味です。 

安東に住む両班(貴族)が、祭祀の時の豪華な食事を食べたがり、祭祀でもないのに作らせたことが名前の由来。

祭祀用なので唐辛子とニンニクを使わないのが鉄則だそうで、麦ごはんのピビンバもコチュジャンではなくアッサリとした醤油味でした。

せっかく安東に行くので食べてみたかったものの一つなんですが、 安東在住の知り合いは、自分たちはあんまり食べんよ~!と。 ^^;  やっぱりニンニクと唐辛子タップリの方が好きなのかなぁ? 優しい味なので私は好きだけどなぁ。
a0140305_1514369.jpg
食堂街の入口に河回マウルの入村料を払うところがありまして、ここでチケットを買いました。
a0140305_152111.jpg
大人3000ウォン也! 
a0140305_1521223.jpg
このチケットを見せればシャトルバスに乗れます。 お客さんがいっぱいになると発車、さっきのインフォメーションのところまで連れてってくれました。
a0140305_1525192.jpg
村に入る前に、インフォメーションの近くにある河回別神グッタルノリ伝授館 (하회별신굿탈놀이전수관)に寄って仮面劇を見ることにしました。

「午後2時から仮面劇があるよ。」とキムさんに聞いていたのです。 
a0140305_1533060.jpg
この日は雨がちらついていたので、地下のお部屋で仮面劇が演じられました。 
a0140305_1531026.jpg
韓国語がよく聞き取れればおもしろいのでしょうが・・・emoticon-0175-drunk.gif 15分ほどで退散。emoticon-0125-mmm.gif
a0140305_138578.jpg
さぁ、長年の念願だったた河回マウルへいざ出陣!  あ~、ワクワクする~emoticon-0152-heart.gif

つづきま~す。

a0140305_3255594.jpg

by yukiful-xmas | 2016-01-09 13:18 | 2015年12月 安東 | Comments(0)

安東に行ってきました~! ⑦ 屏山書院 (ビョンサンソウォン/병산서원)

屏山書院経由、河回マウル行きのバスは順調に走り出しました。

最初の目的地は屏山書院 (ビョンサンソウォン/병산서원)。 

1613年に高名な儒学者、柳成龍や弟子たちが建てた朝鮮時代の私学で、柳成龍の位牌が安置されています。 文禄・慶長の役で焼かれたため1607年に再建されました。 自然にとけこむようにたたずむ書院は、韓国で最も美しい木造建築物といわれています。(文化財指定:史跡第260号)


出発して約1時間、河回(ファフェ)マウルの入口にバスが停まりました。

あれ? 屏山書院は通り過ぎたの?emoticon-0104-surprised.gif

あわてて運転手さんに尋ねたら、これから行くから乗ってなさい!とのこと。 一旦河回マウルを通り過ぎ、それから屏山書院へ行くようです。
a0140305_1493654.jpg
河回マウルを過ぎると、どんどん山奥へ入っていきます。
a0140305_1501675.jpg
舗装してないガタガタ道。。。 洛東江(ナクトンガン)が見えてきました。 河回マウルから屏山書院まで15分くらいだったでしょうか?   

屏山書院に到着し、バスを下りる時に運転手さんが言いました。

「バスは12時10分に出るからね。」

「え? ここで20分停車するんですよね?」

「いや、12時10分に出発するよ」

到着が15分も遅れたのに、バスは定時に出るってこと?  そ、そんな~!時間がなさすぎる・・・emoticon-0107-sweating.gif 

しかたなく「わかりました、12時10分ですね!」としかと確認! 

一緒に下りた韓国人のナムジャが手をパーにして 「オンリー 5ミニッツ!」 emoticon-0128-hi.gif
a0140305_1522642.jpg
ひぇ~、ほれ、急げ~!!  

立ち止まっているのはシャッターを押す瞬間だけ。 後は走る~!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ.
a0140305_153458.jpg
バタバタと復禮門をくぐり
a0140305_153594.jpg
一番見たかった晩対楼(マンデル)
a0140305_1542492.jpg
自然の形のままの力強い柱。 パシャパシャパシャ・・・(-p□)q☆パシャッパシャッ☆
a0140305_154443.jpg
木を削って作った重厚な階段。 残念ながら中には入れませんが・・・
a0140305_155441.jpg
自然と調和してなんてステキなんでしょう!
a0140305_1552912.jpg
奥に進むと中央に立教堂(イッキョダン)、ここがメインのお教室。 東の明誠齋と西の敬義齋は学生たちの寄宿舎だった建物です。
a0140305_1554883.jpg
ここから多くの学者が生まれたのですね~。
a0140305_1565110.jpg
ふり返ってパチリ! 向こうにそびえているのは屏山。

ここまで来たところで、車が走り去る音が聞こえてきました。 

え”〰〰〰〰〰〰 っ!? もしかして〰? emoticon-0104-surprised.gif

あわてて案内所に駆け込むと「ええ、バスはもう出ちゃったわよ~。」

ギャ~、オットケ~ッ!? (時計を見たら12時10分。ちゃんと時間を確認したのに・・・)

バスは一日に3本しかありません。 次のバスは午後3時。 ここで3時間待つってかぁ?

案内所のアジュンマにどうしたらいいの?って尋ねたら・・・

「河回マウルまで歩く? 約5kmだから1時間半くらいで行けるわよ!」

そんな~っ!(腰がもたんし・・・) 

あ、タクシー!! ・・・なんて、こんな山奥にいるはずない! 

一緒に置いてけぼりをくらったMr.オンリー5ミニッツにバスが行ってしまったことを告げると、最初から河回マウルまで歩くつもりだったと。 「だってたった5分じゃ見れないでしょう?」

カメラを持った旅人のMr.オンリー5ミニッツはすご~く感じのいい青年で、腰痛持ちじゃなかったら、河回マウルまでご一緒するのに。(笑)

それにしても困った・・・emoticon-0107-sweating.gif

するとそこにドンピシャなタイミングで1台の車がやってきました。 下りてきたのは一組の中年夫婦。

(o^皿^o)ニパッ♪

案内所のアジュンマに、

「すみませんが、私は韓国語が下手なので、あの人たちに私を車に乗せてくれるようたのんでいただけませんか?」 

いつものように旅の恥はかき捨て・・・emoticon-0114-dull.gif

するとアジュンマは車から下りてきた中年夫婦に事情を話し、頭を下げてくれました。 アジュンマ、ありがとう~!

私に目をつけられた不運なご夫婦は最初とまどっておられましたが、すぐに車の後部座席を片付け始めました。

おおおお・・・チョンマル チョンマル コマスミダ~!emoticon-0140-rofl.gif

「でも、今来たばかりだから屏山書院を見学してからね。」 

どうぞどうぞごゆっくり~!  あ~、助かった~!emoticon-0142-happy.gif 
a0140305_158067.jpg
やっとゆっくり写真が撮れるようになりました。(笑)  こちらは神門。  
a0140305_158143.jpg
a0140305_1585142.jpg
a0140305_159677.jpg
a0140305_1592519.jpg
これな~んだ?
a0140305_1594653.jpg
答えはこれ! 下働きの使用人達が使用していたもの。
a0140305_202452.jpg
ゆるやかなカーブを流れる洛東江(ナクトンガン)。 白い砂浜には色とりどりの野鳥が遊びに来てました。
a0140305_144566.jpg
そしてまたまた乗ってしまった知らない人の車。(笑) 河回マウルまで送っていただきました。 旅先での親切、身に染みます。  
a0140305_205280.jpg
大変お世話になったソウル在住のリュウ・ムンソンさんご夫妻。 夫婦水入らずで安東の旅を楽しんでおられました。 「ブログ、見ますね。」と言ってくださいました。 この場を借りて、心から感謝申し上げます。 정말 감사합니다! 

emoticon-0155-flower.gif 屏山書院 (ビョンサンソウォン/병산서원)  
  慶尚北道 安東市 豊川面 屏山里 30番地  
  (경북 안동시 풍천면 병산리 30번지)
  HP(日本語)
  コネスト地図
  
by yukiful-xmas | 2016-01-08 01:02 | 2015年12月 安東 | Comments(18)

安東に行ってきました~! ⑥ シティツアーバス & 巡回バス 

安東は観光地がそれぞれ離れているので、個人で回るのはちょっと大変。 と前々から聞いていまして・・・

ツアーを探してみましたが、なかなか私に合うツアーがなく・・・

そこで今回もシティツアーバスを利用することにしました。

シティツアーバスについてちょっと書いておきますと・・・

安東市のHPにシティツアーバスの紹介があるのですが、ネット情報と実際とではちょっと違っているようでした。 

   ☆ 大型バス ➡ 中型車

   ☆ 料金 18000₩ ➡ 28000₩

   ☆ 集合時間 10時 ➡ 9時30分

シティツアーバスの予約、問い合わせ先はこちら。 

   ☆ 慶尚北道観光案内所 82-54-852-6800 (日本語可)

   ☆ (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013

   ☆ 安東市庁観光産業課 82-54-840-6395

そしてひとつ問題なのは、5名以上の予約が入らないとバスが出ないということ。(HPには10名以上となっています。) 私が予約をお願いした時は、他の予約が入っていないので、バスは出ないだろうとのことでした。emoticon-0106-crying.gif

でも、ギリギリになってやっと他の予約が入り、なんとか乗れることになったのですが・・・

「シティツアーバスは見る時間に制限があるからなぁ。Yuckyさんは見たいところをゆっくり見る方がいいんじゃない?」というキムさんのアドバイスで・・・

それもそうだ! と考えなおしシティツアーバスをキャンセルし、巡回バスを利用することにしました。

a0140305_1302724.jpgでもね。

キャンセルしたのがツアー前日の夕方。

急遽プランの立て直しってかぁ?emoticon-0144-nod.gif

(勇気あるぞ私! 笑)

まずは行先を絞りました。

河回マウルは必須!

そして屏山書院 に行こうー!

a0140305_3185168.jpg
河回マウル行きの巡回バスには、1日に3本だけ屏山書院に行くバスがあります。

赤のラインを引いたバスが屏山書院へ行くバスです。

バスは屏山書院で20分間停車し、それから河回マウルへ行くというので、それを利用することにしました。

最初、朝一のバスに乗ろうと思ったのですが、あまり早いと河回マウルは開いてないとのことなので、2本目の11時に乗ることにしました。

(でも、あとでよくよく考えたら、朝一でも大丈夫なようです。 ^^;)
a0140305_058835.jpg
河回マウル行きのバスは46番。 大通りをはさんで駅の反対側にバス停があります。
a0140305_0573929.jpg
キンパ天国(김밥천국)が目印。
a0140305_0584487.jpg
ハイ、このバスです。
a0140305_059078.jpg
46の横に병산서원(屏山書院)って書いてありますネ。 なんかちゃっちいけど・・・^^;
a0140305_3463320.jpg
予定通り乗り込みました! それではいってきま~す!

つづく
by yukiful-xmas | 2016-01-06 03:57 | 2015年12月 安東 | Comments(6)

安東に行ってきました~! ⑤ 安東駅で 안동역에서

朝食後、バスの時間まで安東駅の回りをテクテク・・・こんな時間が大好きです。
a0140305_058714.jpg
まずは駅の広場から。

駅を背に眺めた景色。通りの向こうには食堂やキレイなモーテルがいくつもあります。
a0140305_12974.jpg
石碑がありました。 「안동역에서(安東駅で)」という歌の歌詞が書いてあります。 どんな歌かなぁ?と思いYouTubeで調べてみたら、韓国でよく耳にするトロット(ド演歌)。 

初雪の日に会おうと約束した人が来ない・・・朝からず~っと待っているのに、雪が膝まで積もってきたのに ♪ と切ない恋心を歌っています。

極寒の安東でそんなに人を待たせるなんて、さっさとあきらめた方がいいよ~!

と言いたくなりますが(笑)大ヒット曲なのでしょうね。
a0140305_0583831.jpg
駅の構内はこじんまり。 コンビニが一つあるだけです。 朝の通勤時間なのに静か~。
a0140305_059169.jpg
待合い室ではアジョッシたちがおとなしく恋愛ドラマを観てました。(笑)
a0140305_114335.jpg
駅前の「靴の病院」
a0140305_1155762.jpg
駅の隣の警察署。 奥にある古い家は日本式家屋?と気になったりして。
a0140305_0592999.jpg
その先にはバス停があり・・・
a0140305_102581.jpg
その後ろにちょこっと壁画が描かれています。 タイトルは「鈍行列車の追憶」
a0140305_105964.jpg
みんな必死で働いて、トロトロ〜っと寝ちゃったのかな? 気持ち良さそう・・・
a0140305_124317.jpg
壁画の先にある低い土手をのぼると線路にでます。
a0140305_13774.jpg
線路は続くよどこまでも。 。。 のどかでいいなぁ!  

ここからまた駅に戻って、反対側も歩きました。
a0140305_134985.jpg
廃車になった電車に描かれているのは安東出身で李氏朝鮮の儒学者「退渓(テゲ)」 
a0140305_142965.jpg
1000ウォン札の人なんだ!emoticon-0142-happy.gif
a0140305_145346.jpg
残念ながら電車の中には入れませんでした。
a0140305_152212.jpg
再び線路を眺めていると、matchino君が気になっているという給水塔が見えました。 「味があるから行って見て~!」ってメッセージをもらったけど・・・ 遠いよ!(笑)
a0140305_155160.jpg
a0140305_26527.jpg
道路側には補修中の五重塼塔(오층전탑)

← 養生幕の中はこんなものらしいです。

(写真はネットからお借りしました)

これ何だろう?と調べていると、この塔にまつわる愛のお話がでてきました。

解放前の冬、ある駅員が安東駅で気を失って倒れている女性を見つけました。手厚く介護をしているうちに2人の間に愛が芽生え、五重塔のところで逢瀬を重ねつつ愛を深めていきました。しかし、この駅員は独立運動家で、日本の警察に追われるようになったため満州に逃げることに・・・ その時ここに2本の桜を植え「この桜が枯れないうちは大丈夫だから心配するな」という言葉を残して彼女の元を去っていきます。その後朝鮮戦争が勃発、なかなか会えない2人でしたが、最後はなんとか再会を果たし・・・というお話。

安東駅で恋人を待っている・・・というさっきの歌はこれだったのか!?emoticon-0108-speechless.gif
a0140305_172795.jpg
でも、この時は「これ、なんだろな~?」くらいで五重塔を通り過ぎたんですよね。emoticon-0122-itwasntme.gif

さらに駅裏を歩きます。
a0140305_165479.jpg
小さいカフェがありましたが、開いてない・・・
a0140305_18825.jpg
表通りにでました。 Homeplusがデデ〜ンと。のぞきたかったけど時間なし!
a0140305_184455.jpg
そろそろバスに乗りこみます。

つづく



안동역에서 (安東駅で)

바람에 날려버린 허무한 맹세였나
첫눈이 내리는 날 안동역 앞에서
만나자고 약속한 사람

새벽녘부터 오는 눈이 무릎까지 덮는데
안오는건지 못오는건지 오지않는 사람아
안타까운 내 마음만 녹고 녹는다
기적 소리 끊어진 밤에

어차피 지워야 할 사랑은 꿈이었나
첫눈이 내리는 날 안동역 앞에서
만나자고 약속한 사람

새벽부터 오는 눈이 무릎까지 덮는데
안오는건지 못오는건지 대답없는 사람아
기다리는 내 마음만 녹고 녹는다
밤이 깊은 안동역에서

기다리는 내 마음만 녹고 녹는다
밤이 깊은 안동역에서

by yukiful-xmas | 2016-01-05 01:02 | 2015年12月 安東 | Comments(6)

安東に行ってきました~! ④ もう一つの安東名物 カンコドゥンオ(塩サバ)

安東2日目。

朝ご飯は、安東の名物塩サバ(カンコドゥンオ/간고등어)って決めてました!
a0140305_0204556.jpg
一直食堂(イルチッシクタン/일직식당)

ネット検索で一番にヒットする有名店。 キムさんたちに聞いてみても、このお店がいいですよってことなので、素直に決定。 キムさんの会社の隣なので、お店を探す必要もありませんでした。
a0140305_0211491.jpg
「李東三の家」?  とうぞうさんってダレ?
a0140305_028120.jpg
ハイ、この方。  塩サバ作りのイ・ドンサム(이동삼)名人です。 目分量で塩漬けしても、すべてピタッと同じ塩梅につかるんだそうです。

この名人のおかげで、安東塩サバがブランド化したと言っても過言ではなさそう。 現在は息子さんがお店を仕切っておられます。
a0140305_0282770.jpg
メニューはこちら。 塩サバ定食9000₩。 塩サバにしてはちょっと高い? 福岡の方が断然安い~。 でも他のお店でもこれくらいが相場のようで、河回マウルの近くの食堂ではもっといいお値段でした。
a0140305_1264812.jpg
有名店のわりには、お客さんが少なく・・・地元の人は家で食べますよね~。
a0140305_0414964.jpg
ハイ、これがカンコドゥンオ定食。 サバ、でかい!emoticon-0104-surprised.gif 
a0140305_0294525.jpg
安東塩サバは、水揚された直後ではなく、ちょっと発酵してきてから塩漬けにするのだそうで・・・お肉でもお魚でも、腐る直前が美味しいっていいますものね。 身が熟成しているからか普通の塩サバより色が黒っぽく見えます。 ほどよく脂が落ちていて、旨味が凝縮されてるって感じ。emoticon-0142-happy.gif こんなデカいの食べきれな~いって思ったけど、ペロリと平らげちゃいました。

ちなみに塩サバは私の大好物。 食べる時はここの塩サバオンリーです。 とさりげなくご紹介!(*^^)v

a0140305_0434724.jpg写真を撮り忘れてしまいましたが、食後にシッケをいただきました。

なんとな~くピンクっぽいかな?って思ったんですが・・・

普通シッケって、うるち米やもち米でできてますが、安東のシッケは唐辛子、生姜、甘くてあっさりした大根を使ってつくるのだそうで・・・見て見てこの赤さ!

残念ながら帰国後に知りまして・・・emoticon-0106-crying.gif

ここのお店のはこんなに鮮やかな赤い色ではなかったので、なんとな~く飲んじゃった!

シッケは次回、再チャレンジ!

安東の塩サバ、堪能させていただきました~!emoticon-0100-smile.gif
a0140305_2283453.jpg

emoticon-0155-flower.gif 一直食堂(イルチッシクタン/일직식당)
     慶尚北道 安東市 雲興洞 176-20, B1F~1F
    (경상북도 안동시 운흥동 176-20, B1F~1F)
    道路名住所
    慶尚北道 安東市 慶東路 676, B1F~1F
    (경상북도 안동시 경동로 676, B1F~1F)
    電話番号054-859-6012
    営業時間8:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
    年中無休



by yukiful-xmas | 2016-01-04 01:25 | 2015年12月 安東 | Comments(6)