Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2015年11月落ち葉の大邱( 29 )

Merry X’mas!! 

ただいま!  安東から無事に戻りました~。
a0140305_082814.jpg
金海空港のクリスマスツリー
a0140305_09758.jpg
安東の繁華街にあったツリーです。

今年はホワイトクリスマスにはほど遠く、とても暖かなクリスマスでした。

a0140305_095710.jpg
そしてこちらは大邱の桂山聖堂(계산성당)  今年の秋、あきさんのお誘いでミサに出させてもらいました。
a0140305_023475.jpg
Xmasにはたくさんの人が訪れたことでしょう!



みなさん、ステキなクリスマスをお過ごしくださ~い!001.gif
by yukiful-xmas | 2015-12-24 23:26 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(6)

2015 落ち葉の大邱 ㉕ 爆食でエピローグ

落ち葉の大邱ツアー、最終回は爆食編!011.gif

行ったお店はすべておさらいコースです。

まとめてドド〜ッといきまする〜!
a0140305_2302864.jpg
まずはアンジランコプチャン通り。  ここでは大邱の元気を味わって欲しい!
a0140305_2305413.jpg
キム先生とメンバーのお友だちも加わって・・・
a0140305_232263.jpg
クニュクニュのホルモンをカリッと焼いて!ビールがすすむ君!003.gif
a0140305_2322572.jpg
いつも行くアンジの社長さん。 この笑顔に元気もらえます。
a0140305_2344146.jpg
腹ごなしにディープなお散歩、てくてく。。。

でもね〜、ちょっとやそっとじゃお腹空かないよね・・・008.gif
a0140305_2332065.jpg
と言いつつ、北城路名物のククスと練炭豚プルコギ

あ、別腹がもう1個あった!と再発見!012.gif
a0140305_2334422.jpg
炭より練炭!が北城路の流儀です。
a0140305_2355517.jpg
三次会は平和市場の砂肝料理。  まだ飲めるメンバーで!
a0140305_2363241.jpg
ツアー最終日は西門市場へ。
a0140305_2365781.jpg
朝ご飯はメンバーの熱烈リクエストでチャプサルスジェビ。 ホッとする味!
a0140305_2395115.jpg
そして、お名残惜しい最後の乾杯は・・・
a0140305_2401362.jpg
ソヨンホナッバッのムール貝ご飯。
a0140305_240392.jpg
評判の緑豆チヂミとドンドン酒も!サクサクだぁ!
a0140305_2461425.jpg
落ち葉の大邱ツアーはこれにて終了です!

構想一年。練りに練った計画は本番ではぐちゃぐちゃに!(笑)自腹をきって参加してくださった皆さん、本当にありがとう!

そして、最後はぶっとばしになっちゃいましたが・・・いつか番外編もやりますね。

最後まで読んで下さったみなさんにもありがとうございました。001.gif


明日から初めての安東編で〜す!


by yukiful-xmas | 2015-12-22 02:47 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(2)

2015 落ち葉の大邱 ㉔ 道東書院(도동서원)後編

道東書院に行く前に・・・

改めて「書院」について調べてみました。

「書院」は李氏朝鮮時代の私学のことで、儒教の講学と祭祀が行われていました。 勉強だけではなく祭祀が行われていたってことが重要なポイント。 公立学校の「郷校」は「孔子(中国の思想家)」が祀ってあるのに対し、書院は韓国人の偉大な儒学者が祀られていて、その儒学者にゆかりのある風光明媚な場所に建てられたようです。 道東書院だけでなく、安東の屏山書院や陶山書院なども、自然が豊かで人里離れたところにありますよね。 書院で学ぶことができたのは両斑と一部の金持ちの子弟だけ。 こんな山奥で儒学生たちはいったいどのように暮らしていたのかな~?と思いをはせてしまいます。039.gif



さて、道東書院に戻ります。 

儒学者金宏弼(キム・グェンピル)を祀る道東書院は、1568年ピスル山の麓に建てられましたが、壬辰の乱で焼失、1607年に現在の場所に再建されました。 

とても素朴なんですが、建築物としての価値や美しさはとても高く評価されています。  それではさっそく見てみましょう! 

a0140305_14122973.jpg
まずは道東書院の正門というべき水月樓(スウォルル)  儒学生たちの憩いの場、購読空間でもありました。 
a0140305_14131818.jpg
今は銀杏で見えませんが、ここから見える洛東江(ナクトンガン)や平野の景色。 絶景なんでしょうね~。
a0140305_14134596.jpg
喚主門(ハンジュムン) 腰をかがめて入らなければならないほど小さな門です。 自然と頭を下げ謙虚な気持ちでくぐるよう、あえて低く造られています。
a0140305_1304859.jpg
喚主門には細かい細工も施されています。 頭上には「満開の花」、足元の石は「つぼみ」が。
a0140305_2244583.jpg
その奥には学びの場であった中正堂(チュンジョンダン)。  柱に真っ白な障子紙が張られているのは、太陽や月の光があたった紙が昼夜を問わず光を放ち、洛東江を通る船からもここがわかるように、との配慮から。

a0140305_14504129.jpg「Yuckyさん、ここに玉をくわえた竜がいるのよ!

こんな顔してるんだから!」

とウォンソプオンニ。 

もうもう、オンニったらお茶目なんだから。(笑)
a0140305_14321231.jpg
ホントだ! 美しい石垣に4頭の竜がいます。 洛東江(ナクトンガン)の水が氾濫しないようにと作られたもの。 ・・・ってことは守り神?

でもよ~く見ると如意宝珠をくわえているのは1頭だけ。 これだけが元々あった本物で、残りの3頭はあとから作られたものだそうです。 037.gif 
a0140305_14495534.jpg
このパッチワークのような石塀にはいつも見とれてしまいます。 写真より実物の方がもっともっとキレイなんですよね~。 そして赤い丸の中には花とリスが彫られています。
a0140305_1395292.jpg
右側の階段を上って、左側の階段を下がりなさい!と導いています。 上向きのリスは日の出を、下向きのリスは日の入りを象徴しているのだそうです。 
a0140305_14523138.jpg
中正堂(チュンジョンダン)の右側にある石のテーブルは、2月と8月の祭事の時に豚をのせる牲檀(せいだん)。

祭事に参列された方のブログによると、撲殺される豚の悲鳴がえんえん聞こえたそうで・・・ 撲殺? ううう・・・008.gif

そんな話を聞いているうちに、1人の男性が私の前にひょっこりと現れました。

あれ? 私、この人知ってる~!005.gif

でも、会ったことはないよなぁ?005.gif

なのに、なんで知ってるんだろう!?005.gif (と、かなり自分でも不思議でした 笑) 

でも数秒後・・・ わかった~! 某SNSでお友だちになっている解説士さんだ! 顔がわかるように顔本なのか? 

まぁ、はじめまして~!!003.gif  ↓ この方です。

a0140305_151555.jpg
ここから解説士のパク・イダル先生の詳しいお話を聞くことができました。  指をさしておられる軒の丸瓦は雄の瓦。
a0140305_1521380.jpg
土塀にはめ込まれているのが雌の瓦。 陰陽の調和をとって生命力を吹き込んでいるのだそうです。

そしてこの塀は土と石と瓦で5層になっており、その美しさから国の宝物に指定されています。 土塀が宝物に指定されたのは全国でも初めてなのだそうです。
a0140305_1533553.jpg
パク先生を囲んで。(私が上から撮ってます)

「道東書院は大邱で一番古い木造建築物です。 韓国で一番古いのは安東にある屏山書院 (ビョンサンソウォン)。 では日本で一番古い木造建築物は何ですか?」ととても流暢な日本語で。

汗タラリ~ン!  「法隆寺! ・ ・ ・ ですか?039.gif 」

「ハイ、そうです」  (あてずっぽ! ヤッタ―!って中学生でも知ってるか?012.gif
a0140305_153549.jpg
ここの銀杏と同じ年に、日本でも銀杏が植えられました。 その木はどこにあるでしょう?」

答えは写真に出てますね。 へ――――――――――っ!!005.gif
a0140305_1553620.jpg
再び銀杏をぼんやり眺め・・・
a0140305_1512932.jpg
道東書院をあとにしました。  写真はお借りしてます。 左にいるのは丸ちゃんと私。


ユネスコの世界遺産に認定されるかも、という話もでています。 私は好きだなぁ道東書院!
056.gif 道東書院(도동서원)
  大邱広域市達城郡求智面道東里35
  (대구광역시 달성군 구지면 도동리 35)
  道路表記
  大邱広域市 達城郡 求智面 求智西路 726
  (대구광역시 달성군 구지면 구지서로 726)
  053-617-7620 
  利用時間  3月~9月 10:00~18:00  10月~2月 10:00~17:30
  コネスト地図

道東書院はとてもいいところなんですが、遠いから行くのが大変!008.gif 

毎週月曜日に運行しているシティツアーバスを利用するのが一番いいと思います。 でも月曜日だけっちゅうのはちょっと厳しいですね。^^;

【シティツアーバス 琵瑟山コース】
 • 運行コース:半月堂⇒玄風郭氏十二旌閭閣⇒道東書院⇒琵瑟山自然休養林⇒俞致坤将軍護国記念館⇒達城洑⇒半月堂
 • 運行時間:月曜日 10:00~16:00(1日1本)
 • 所要時間:約6時間
 • 出発場所:半月堂 現代百貨店横断歩道前
 • 料金:大人 5,000ウォン、外国人(宿泊施設の宿泊券所持者)4,000ウォン  

*シティツアーバスの運行状況は随時変わりますので、HPやインフォメーションセンターでご確認ください。
 2016年11月現在は次のようになっています。 
☆HP (⇦クリック)

  • 運行時間 09:30 ~ 17:00(1日1回運行)
  • 搭乗場所 新南駅2番出口 シティーツアー乗り場(09:30)
  • 東大邱シティーツアー乗り場(10:00)
  • 運行日程 火、金運行
  • 定休日 元旦、秋夕(8月15日)
  • 料金:大人 5,000ウォン、外国人(宿泊施設の宿泊券所持者)4,000ウォン




a0140305_1562258.jpg
公共の交通機関を利用する場合は・・・

地下鉄1号線の終点大谷(대곡)駅まで行き・・・

【タクシー利用】 乗車時間52分、料金:21,800ウォン (コネスト検索)
   
【バス利用】 
 地下鉄大谷駅①出口バス停から達城5(달성5)のバスに乗車 
 ヒョンブン市外バスターミナル (현풍시외버스터미널)で下車 (1時間) 
 達城4(달성4)に乗り換えて 道東書院(도동서원)バス停で下車 (45分)
    *コネスト検索です。 詳しくはインフォメーションでご確認くださ~い!

 金ちゃんさまより情報をいただきました。

 テグの西部バスターミナルから、玄風(ヨンプン)行きバス乗車(料金 300-700円)
 玄風バスターミナルから、タスシーで5分(料金 約700円、所要時間約1時間) だそうです。

 金ちゃんさま、貴重な情報ありがとうございました。

   

by yukiful-xmas | 2015-12-22 01:18 | 2015年11月落ち葉の大邱 | Comments(4)

2015 落ち葉の大邱 ㉓ 道東書院(도동서원)前編

精進料理を作りながら・・・ ねーねー午後はどこに行こうか? と丸ちゃんとスケジュールの相談をしてました。(笑)

雨の影響で、ツアーのスケジュールが大きく狂っていたのです。

ウ~~~ンと考えてみました。 

3秒ほど!(笑)   

やっぱりあそこしかないよね!045.gif

桐華寺から道東書院に向かうことにしました。 
a0140305_2491241.jpg
こんなコースは通常ありえません。 だって大邱の端から端へ移動ですから!003.gif

移動時間(約1時間半)はうってつけのお昼寝タイムになりました。 お腹いっぱいだし、よく歩いたし・・・ウトウト・・・014.gif
 
道東書院にバスがすべりこむと、車内で奇声が・・・  キャ~~~~~ッ! キャ~~~~~ッ!
a0140305_3324912.jpg
樹齢400年の銀杏の木を目の当たりにして、ヨンソン先生が大興奮!(笑)  スゴ~イ! スゴ~イ!
a0140305_313254.jpg
見事!    
a0140305_3283377.jpg
a0140305_3164830.jpg
高さ25m、幹の回りは約8.7m。
a0140305_3291731.jpg
この姿を見れるのは、この季節だけ。やっぱりここに来て良かったぁ!
a0140305_13325776.jpg
今年もこの銀杏に会えて嬉しい!
a0140305_329286.jpg
朝鮮五賢の一人、儒学者キム・グェンピル(金宏弼)先生が祀られていることから、この銀杏の木は「キム・グェンピルの木」とも呼ばれています。 
a0140305_13442366.jpg
木のすぐ後ろには、記念碑も。
a0140305_14224655.jpg
「どうしてここに銀杏の木があるのかわかりますか?」 

? ? ? 023.gif

「孔子が初めて弟子に儒教を説いたのが銀杏の木の下だったんです。  それで、書院には銀杏が植えられることが多いんですよ。」 

とあとで解説士の先生が教えてくださいました。

道東書院(ドトンソウォン/도동서원)は、屛山書院、玉山書院、紹修書院、陶山書院とならぶ韓国5大書院(朝鮮王朝時代の私学)の一つです。

さっそく中に入ってみましょう!
    
つづく。 001.gif



by yukiful-xmas | 2015-12-20 23:32 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(0)

2015 落ち葉の大邱 ㉒ キム先生の精進料理教室@桐華寺

ツアー4日目は八公山にある桐華寺へ。 
a0140305_2192097.jpg
紅葉が真っ盛り~!  
a0140305_220459.jpg
雲に乗って天から舞い降りてきたような・・・と言われる桐華寺入口磨崖佛坐像(동화사입구마애불좌상)様にご挨拶して・・・
a0140305_2312979.jpg
お寺の中にある精進料理体験館に到着。
a0140305_2314522.jpg
森の緑に囲まれて、ここにいるだけで心も身体も癒される~♪
a0140305_222502.jpg
お料理教室の前に桐華寺を見てまわることにしました。
a0140305_221447.jpg
雨に洗われた森はそれはそれは美しく・・・
a0140305_223638.jpg
菊祭りの花に囲まれた統一薬師如来大仏様にも会えました。
a0140305_326612.jpg
*桐華寺に関しては過去記事でもご紹介しています。 参考までに 2012.11  2013.11  2014.4  2014.11①  2014.11② 2015.5① 2015.5②
a0140305_2232736.jpg
お寺を一回りしたらお料理教室開始です。 キム先生よろしくお願いしま~す!
a0140305_301123.jpg
まずは作り方の説明から
a0140305_226317.jpg
下準備もばんたんでした。  おおお~、レンコンはこうやって色付けをするんですね~。
a0140305_2244914.jpg
まじめに作っていたので作業中の写真がほとんどなく・・・^^; もう盛り付けに入っています。

ありました~! スマホに入っていました。  こんな風に作業しました。 (一部メンバーの写真をお借りしてます。)
a0140305_2132995.jpg
a0140305_2134554.jpg
a0140305_214594.jpg
a0140305_2251651.jpg
丸ちゃんとウォンソプオンニも手伝ってくれました~。
a0140305_2275461.jpg
今回習ったのは・・・  ごぼうの柚子茶和え   * 料理の名前は私が勝手につけてます。^^;
a0140305_2284131.jpg
カラフル蓮根チヂミ
a0140305_229459.jpg
昆布のチヂミ
a0140305_2293281.jpg
エゴマ粉入りクレープ巻き巻き九節板(クジョルパン) 
a0140305_2295410.jpg
こうやって撮ってます。(笑)
a0140305_3142736.jpg
先生が準備してくださっていたおかずも加わり・・・
a0140305_3392855.jpg
こんなに豪華になりました~!  精進料理なのでお肉や魚は使っていませんが、物足りなさは全くありません。 ヘルシーで美味しい~!
a0140305_2301293.jpg
弾丸で釜山旅行にきていたbusan-loveちゃんとMちゃんも飛び入りで参加してくれて、とっても賑やかなお教室になりました。 キム先生、ありがとうございました~!



もし、たくさんリクエストがあれば、来年もキム先生のお料理教室を開催しようかなぁ?ともくろんでいます。 福岡でやるのもいいし、思い切って桐華寺に習いに行くのもいいな~! な~んてね!043.gif

まだず~っと先になると思いますが・・・具体的に決まりましたら、ブログでお知らせいたしますね~。

帰り道・・・
by yukiful-xmas | 2015-12-18 01:17 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(6)

2015 落ち葉の大邱 ㉑ 海金剛(해금강)でふぐ三昧

3日目のお夕飯は・・・  ふぐ! 016.gif

ここから雑誌SPURのライターKさんがツアー参戦です! 

待ち合わせに便利なように、駅の近くでお店を探したら、あった、あった、ありました!

モーテルの真ん前!!
a0140305_0554310.jpg
海金剛(ヘグムガン/해금강)  

知る人ぞ知るふぐの名店。 単なるふぐの専門店ではなく、「ふぐ料理名家 (복요리명가)」と銘打っておられます。

一階のテーブル席は満席。 予約してもらって良かった~! 奥の個室を確保してありました。
a0140305_23443698.jpg
参考までにメニューをのっけときます。  
a0140305_23441479.jpg
ひと悶着あってオーダー完了!003.gif  大人数だといろいろ食べられるからウレシ~♪
a0140305_2347765.jpg
料理が来たら撮影タイム!   (-p□)q☆パシャッパシャッ☆

ハイッ! それではいきますよ!
a0140305_0574855.jpg
    041.gif 041.gif 041.gif コンベー! 041.gif 041.gif 041.gif
a0140305_23545513.jpg
バンチャンには大邱の特産物レンコンや大邱10味の一つ、ふぐの皮のムチムフェ(中央)が登場。
a0140305_181760.jpg
ふぐの天ぷら(복튀김) 20000₩  揚げたてをホクホクでいただきましょー!
a0140305_184168.jpg
ふぐの甘酢あんかけ(복탕수) 25000₩  酢豚のふぐバージョン! 
a0140305_191882.jpg
2段になったしゃぶ鍋(복일품2단 샤브전골)  2人前30000₩  3人前45000₩  4人前55000₩  
a0140305_045825.jpg
1段目は蒸し焼き。 ふぐの切り身とふぐの旨味を吸ったお野菜をワサビをつけていただきました。
a0140305_193195.jpg
下の鍋に凝縮されたスープが溜まり・・・
a0140305_195388.jpg
さらに韓方を使った特製スープを加え、ムール貝やエビなどの魚介類、そしてククスを投入していただきます。 

ヒエ~~~~ッ!おいしぃ~!011.gif  それにしてもエビがうまいこと箸にのっかってますね~!(笑)

これは辛いものが苦手なメンバーのための特別メニュー。 お店の人にお願いして作ってもらいました。
a0140305_020518.jpg
こっちはノーマル。 ピリ辛です。
a0140305_0265212.jpg
大邱10味のひとつ、ふぐプルコギ(복불고기) 1人前13000₩ 辛そ〜〜!
a0140305_1251442.jpg
辛〜~~っ! でもすんごく美味しい! 辛いだけじゃない、ふぐの旨味が活きてる〜! もやしとセリのしゃきしゃき感がスゴイ。
a0140305_1103184.jpg
八公山ミナリマッコリ(팔공산 미나리 막걸리) 珍しいセリのマッコリ。 この辛さにはマッコリがピッタシ! 
a0140305_0364862.jpg
グビグビいってるkanapukちゃん(右)とクールに飲んでるともこりあんさん。037.gif
a0140305_0432614.jpg
プルコギの〆はポックンパッ。
a0140305_1111318.jpg
・・・をおかずにしてご飯を食べるkanapukちゃん!(笑)
a0140305_1114086.jpg
文句なしに美味しかったし、楽しかった~!  041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif
a0140305_1152775.jpg

056.gif  海金剛(ヘグムガン/해금강)
 大邱広域市 東区 新岩4洞 277-32
 대구광역시 동구 신암4동 277-32
 053-954-2323
by yukiful-xmas | 2015-12-17 01:06 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(10)

2015 落ち葉の大邱 ⑳ 女子旅は楽し~♪

ヨンサランで食時をした後、東城路へ移動しました。

ハヌルホスで東京のkananpuk2ちゃんと合流してさらにパワーアップ!

まずはお茶でも~!と行ったカフェで延々待たされ・・・ すっかり時間をくっちまっただぁ!025.gif

移動したのはそのお向かいにあるThe Banhada。 
a0140305_024303.jpg
テーブル席もありますが・・・
a0140305_0244851.jpg
アジュンマ軍団は奥座敷へ。(笑)  このお席、落ち着くんだなぁ。001.gif
a0140305_0234171.jpg
タルギピンス(딸기빙수)  なんとまだ11月(初旬)だというのにもういちごがでてました。 いちご大好きなtakatoroちゃんがパクッと食いついたのはいうまでもありません。037.gif 
a0140305_024155.jpg
こちらはイチゴのダックワース! みんなでツンツンつつきながら・・・043.gif  出始めなのに甘~い♪

a0140305_11511061.jpg

-------The Banhada(더 반하다)--------
大邱広域市 中区 東城路4キル 96
(대구광역시 중구 동성로4길 96)
℡ 010-8584-7992

この後は恒例のアレ!
by yukiful-xmas | 2015-12-15 12:00 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(4)

2015 落ち葉の大邱 ⑲ やっぱり美味しい!ヨンサランの韓定食

つづいてご飯~!

みんなのリクエストが多かったヨンサランへ。 

ブログにこのお店を紹介した直後、大邱仲間が行ったのですが、相当気に入ったらしく、「次の日も行ってきたよ~!」と。 2日連続行っちゃうかぁ!?037.gif
a0140305_2241471.jpg
お店はここです。 ヨンサラン(연사랑)

みんなでガヤガヤ入っていくと、個室に通されました。

部屋に案内しながら、お店のアジュンマが日本人だと気付き・・・

「お部屋で寝ないで下さいよ〰!034.gif」と。 

へ?005.gif

どうやら、さっきの大邱仲間が、食後にドタ~~っと寝ていたらしく・・・ こら〜〜〜っ!(笑)

  【解説】 大邱仲間が行った時、急な冷え込みで寒さで体力を消耗していたそうです。
a0140305_2231474.jpg
メニューです。 せっかくなのでコースにしようかと思ったんですが、一番高い韓定食(20000ウォン)との違いは、トッカルビがついてるかいないか、ってことだったので韓定食でいいかな?ってことになりました。
a0140305_30462.jpg
まずはカンパ~イ! 午前中よく歩いたので、ま〜あビールの美味しいこと!012.gif

めんどくさいと思いますが、お料理ダダダーといきますので、スクロール、クルクルしてください。
a0140305_2243256.jpg
まずはチゃプチェ! 私が今まで食べた中で一位か二位に美味しいチヤプチェです。
a0140305_2322320.jpg
もやしの和え物
a0140305_2323597.jpg
ニラとエホバとキムチのチヂミ。
a0140305_2324722.jpg
a0140305_2341514.jpg
ドレッシングは果汁とエゴマがたっぷり!
a0140305_2343467.jpg
ここでもサーモンにはマヨネーズです。  醤油欲しい~!^^;
a0140305_235160.jpg
写真上は水饅頭みたいな食感。 下のジョンは衣に色がついてます。 色付けはニラとビーツかなぁ?
a0140305_2351796.jpg
ポッサム ツルニンジンがついてます。
a0140305_2354355.jpg
ちょっと記憶が定かじゃないんですが・・・キノコのお粥、だったかな? クリーミーで美味しかったです。
a0140305_2355919.jpg
お野菜たっぷりのカルビチム
a0140305_2362060.jpg
コダリ焼き 真ん中の一番美味しいところはもう誰かが食べちゃってます。 撮影用に頭を並べました。 ^^;
a0140305_2363435.jpg
テンジャンチゲもいいお味。
a0140305_2365034.jpg
そして蓮の葉ご飯。
a0140305_237747.jpg
最後にカボチャのシッケ。
a0140305_2373819.jpg
「写真撮るよ~!」と言ったら、蓋をもってポーズ!(笑)
a0140305_2372216.jpg
ほぼ食べ尽くしました! (笑)  や~っぱり、ここ美味しいわ~! 

ヨンサランの韓定食、みんなも満足してくれたかなぁ? 043.gif
a0140305_35373.jpg

056.gifヨンサラン(연사랑)
   大邱広域市 達西区 梨谷洞 1202-17
   대구광역시 달서구 이곡동 1202-17
   053-588-0113
   11:30 ~ 22:00
   コネスト地図はこちら

by yukiful-xmas | 2015-12-14 01:21 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(8)

2015 落ち葉の大邱 ⑱ 秋の仁興村(イヌンマウル)

次に向かったのは仁興村(인흥마을/イヌンマウル)。

嶺南地方の両班、文一族が19世紀半ばにつくった村です。 村人の住宅(9棟)や文庫など、伝統家屋がひっそりと建っています。

ここには数回来ていますが、やっぱり秋が一番!

だってパンフレットにのっていた秋の風景がそれはそれは美しく・・・
a0140305_22535939.jpg
これだぁ! この景色!
a0140305_22542048.jpg
村の手前に綿の畑が広がっていました。  綿の花がはじけてる~!
a0140305_2254327.jpg
この村を作った文永樸の祖先、文益漸は元(中国)から綿を持ってきたことで知られています。 筆の柄に種を隠して持ってきたそうな・・・ その綿によって、温かい衣服が作れるようになり、綿は韓国全土に広がっていきました。
a0140305_2305160.jpg
村の入口のシンボリックな銀杏の木。
a0140305_2311753.jpg
村へ入ると、昔のままの素朴な景色。 村の人々は農業を営みながらここで暮らしています。
a0140305_23333762.jpg
若者は都会に出て行くそうですが、長男は必ずや村に戻り、家を継がなければならないそうです。 
a0140305_23112235.jpg
土のにおいのする土塀と瓦
a0140305_23332269.jpg
秋がとっても似合うんだなぁ。
a0140305_23294580.jpg
瓦の間から小さな木の芽がニョキニョキ・・・かわゆいですネ。 壁に描かれているのは牡丹の花。
a0140305_23164315.jpg
村の客人をもてなしていた寿峯精舎(スボンヂョンサ)   今は村の集会所として使われています。
a0140305_2317190.jpg
門には亀の閂(かんぬき)。 亀は長寿と守護の象徴です。 うふっ、2匹の亀が向き合ってる♪
a0140305_2335410.jpg
廣居堂(クァンゴダン) 一族の学びの場だったところ。
a0140305_23352139.jpg
解説士さんがいろ~んな話をして下さいました。(ALL韓国語なのでちんぷんかんぷん!^^;)  

それより、この木、スゴイね~!
a0140305_2335392.jpg
黒い竹もありました。 珍しい!
a0140305_23355882.jpg
小高い丘から見える民家の庭。 
a0140305_23361287.jpg
村の左右両面には樹齢100年を越える松の木が植えられています。 風水で縁起をかつぐためのもの。  (天然保護林、記念物大249号) 
a0140305_23374034.jpg
仁寿文庫(インスムンゴ)を見せていただけることになりました。
a0140305_2338560.jpg
村の創始者文永樸が集めた約2万冊あまりの本と文献のコレクション  
a0140305_0333357.jpg
ユネスコの文化遺産海印寺の「八万大蔵経」みたいですね。 一文字一文字、人の手で彫られているのですからスゴイとしか言いようがありません。 
a0140305_23382714.jpg
桐の箱に入って大事に大事に保管されています。
a0140305_0325692.jpg
a0140305_0331386.jpg
これこれヨンソン先生! 触っていいの~?

帰り際、村の長老(?)がきれいな日本語で 「日本外史も読んでないのにここに来て何がわかる!」と何度も何度も言っていました。 すみません、何のことだか・・・σ(^_^;)

*日本外史・・・江戸時代後期に頼山陽が著した国史の史書
a0140305_0342093.jpg
時がゆっくりゆっくり流れている村でした。

056.gif 仁興村(인흥마을/イヌンマウル)
  大邱広域市 達城郡 花園邑 本里里 401-2
  (대구광역시 달성군 화원읍 본리리 401-2)
  電話:053-631-8686
  コネスト地図

仁興村へ行くには・・・

058.gif大邱シティツアーバスを利用すると便利です。

【歴史探訪コース】
• 運行コース:半月堂⇒国立大邱博物館⇒仁興村⇒大邱近代歴史館⇒大邱薬令市韓医薬博物館⇒半月堂
• 運行時間:火曜日、金曜日 10:00~16:00(1日1回)
• 所要時間:約6時間
• 出発場所:半月堂 現代百貨店横断歩道前

運行状況が随時変わりますのでこちらでご確認くださいね。

058.gif836番市内バス(一日に10本)

058.gif地下鉄1号線大谷駅(終点)で下車、1番出口のバス停から달성2(達城2)に乗車、본리1리(本里1里)で下車。 バスは本数が少ないのでご注意ください。
*地下鉄1号線は延長されています。終点ではないので乗り過ごしのないようにご注意ください。(2017年2月28日追記)


 
 
by yukiful-xmas | 2015-12-11 03:16 | 2015年11月落ち葉の大邱 | Comments(2)

2015 落ち葉の大邱 ⑰ 紅葉のピスル山

大邱3日目。 いよいよ本格的なツアーのスタートです。 (これまでのはツアーのオマケです。 ^^;)

でも、朝からあいにくの雨!057.gif  いや、水不足の大邱にとっては恵みの雨です。057.gif
a0140305_2315150.jpg
丸ちゃん、ウォンソプオンニ、それから韓国語のヨンソン先生も加わってバスが走り出しました。(写真は途中で撮ったもの) 

車内、めっちゃ賑やか♪ 041.gif

行先はピスル山。 大好きな大見寺(テギョンサ)を目指します!
a0140305_184863.jpg
山道にさしかかると・・・ どひゃ~霧!  この分だと大見寺は雲の上?  ・・・とワクワク053.gif
a0140305_1291838.jpg
だって大見寺ってこんなところにあるのですから!(2015年1月に撮影)
a0140305_1191615.jpg
丸ちゃんとウォンちゃんが管理事務所に、バスの乗り入れの許可をもらいに行ってくれたんですが・・・

「Yuckyすわ~ん、今日はバスで頂上に登るのは危険だそうです。 濡れた落ち葉でタイヤがスリップしやすいそうで・・・ どうしますぅ?008.gif 」

ええ~っ!005.gif  ここまで来て!?  なんとかならんのか~い!002.gif 

でも、即決しました。 もし事故でもあったら大変ですから!(大粒の涙)

引き返すバスの中で、ヨンソン先生が、

「頂上まで行かなくても、ここで充分! ほら、こんなにキレイ! 016.gif

・・・ってことで、バスを降りて撮影会!

a0140305_1404373.jpg
場所は琵瑟山自然休養林 (비슬산자연휴양림)というところです。
a0140305_1544645.jpg
a0140305_147334.jpg
a0140305_1482725.jpg
a0140305_148122.jpg
a0140305_15036100.jpg
写真は一部メンバーの写真を借りています。 <(_ _)>
a0140305_1561140.jpg
写真を撮りながら、よく笑いました~♪
a0140305_2392770.jpg
a0140305_1553472.jpg
「チュノ」、「大王の夢」などのロケ地でもあるんですね。
a0140305_2145730.jpg
a0140305_2344022.jpg
a0140305_2152884.jpg
下りたところにある消災寺 (소재사) もキレイでした~!  

056.gif 琵瑟山自然休養林 (비슬산자연휴양림)
   大邱広域市 達城郡 瑜伽面 龍里 山10
   053-614-5481
   コネスト地図
by yukiful-xmas | 2015-12-09 02:28 | 2015年11月 落ち葉の大邱 | Comments(6)