Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014年4月大邱( 20 )

飲んだくれ大邱 ⑳ 薬ペクスッと参鶏湯 @クンナムチッ 

a0140305_1534851.jpg
朝ご飯の後は、薬令市の周辺をプラプラ・・・

お昼ご飯までにお腹を空かそう!(*^.^*)

← ターコさんと私。 

彦ちゃんがカメラを向けたので、すかさずポーズ!

a0140305_143542.jpg
ジンコルモクに入りました。

風情のあるヤクジョン食堂

ここも捨てがたかったけど、今回はパスになっちゃいました!

今度来たら行こうね~♪

a0140305_1444085.jpg

薬令門

門をくぐると薬令市韓医薬博物館があります。

なかなかおもしろい博物館なんですが・・・

どうせ 「博物館にビールある?」 って言うに決まってるからスルー! 

(今回の旅の目的は「食う・飲む・遊ぶ」だし、ゆっくり見る時間も無いし・・・^^;)
a0140305_1541257.jpg

熟年のバカップルズは韓方の足湯でノンビリ♪

旅も最終日になると、足や腰が疲れているので気持ちい~い!

私たちが座った直後、職員さんが韓方水を注ぎにこられ、ぷ~~~んと韓方の匂いがしました。
a0140305_145547.jpg
最後の食事はクンナムチッ(큰나무집)へ。 以前、達城郡のお店に行ったのですが、とても美味しかったので、今回は薬令市店へ。  

韓方を使ったお料理を食べてみたい!って方におススメ! 場所もとてもわかりやすいですよ。 韓医薬博物館の前のビル(土産品店)の2階、古い方の第一教会の隣です。 石碑の後ろが入口です。
 
a0140305_1464724.jpg

メニューはこちら。

ポスターの宮中薬ペクスッも気になりましたが・・・

薬ペクスッと参鶏湯を3つずつオーダーしました。
a0140305_147089.jpg
バンチャン アッサリ系が多いですね。 
a0140305_1471897.jpg
女性3人は参鶏湯を。 アワビがコロ~ンと入っています!  若鶏なので脂っぽくなく、身がホロホロ! 
a0140305_1473251.jpg
おやぢたちは薬ペクスッ(水炊き)を。 こちらはお皿ででてきます。 黒ゴマがタップリ! お塩を付けながらいただきますよ~。

参鶏湯を半分食べたところで夫とチェンジ! ちゃ~んとアワビも残しとったばい!(私って優しかろうがぁ・・・みたいな! 笑)
 
a0140305_253633.jpg
最後はお粥。 

これがまた優しい味で・・・穀物の美味さ!(^^)

大満足で大邱の旅終了で~す!
 
a0140305_1484019.jpg

------ クンナムチッ(큰나무집) ------
大邱広域市 中区 南城路 51-6
053-256-0709

さよなら大邱!
by yukiful-xmas | 2014-07-03 01:13 | 2014年4月 大邱 | Comments(2)

飲んだくれ大邱 ⑲ クギルタロクッパ

最終日の朝ご飯は、大邱10味の一つタロクッパ。   前回来た時、すっかりハマったもんね~。^^;

「美味しいから期待して~!」とスキップしながらハニル食堂へ。


が、 まさかの定休日! _| ̄|○


ちゃんと調べてメモってたのに、旅行中曜日の感覚がなくなってたぁ・・・ (☍﹏⁰)。

あわてて丸ちゃんに電話。「他に美味しいお店な~い~?」と聞いたら、「とても人気のお店がありますよ~!」と教えてくれました。
a0140305_115664.jpg
a0140305_1145053.jpg
クギルタロクッパ

お店の入り口には著名人のサインがビッチリ! 

人気のほどがうかがえます。
a0140305_1152044.jpg
店内の様子。(写真は帰りに撮りました) ちょっと前までほぼ満席。
a0140305_1154258.jpg
タロクッパ登場。(もうちょっとボコボコ熱い状態で持ってきて欲しかったな~!) ネギとニンニクがタップリ! 

過去記事にも書きましたが、大邱のクッパは釜山のテジ(豚)クッパと違って牛肉のクッパです。 どちらかというとユッケジャンみたいなお味なんですよね~。 ご飯と別々(タロタロ)に出てくるからタロクッパです。
a0140305_116323.jpg
せっかくだから、ソンジ(선지=牛の血を固めたもの)もチャレンジしてみる? とソンジ入りをオーダーしたら・・・
  
a0140305_118332.jpg
デカッ!

げんこつ大!  

いくらなんでも~ (笑)


正直な感想を書きますと、私は前回行ったハニル食堂の方がだんぜん好みでした。

でも、韓国人にはクギルタロクッパが一番人気なんだって!

(ちなみに、韓国在住の日本人の丸ちゃんはハニル派!)

どっちが美味しいか興味のある人は、近いからハシゴして比べてみて~!!(笑)
a0140305_2265714.jpg


------- クギルタロクッパ (국일따로국밥)--------
大邱広域市 中区 前洞 7-1
053-253-7623
24時間営業(旧正月、秋夕を除く)

--------ハニル食堂(한일식당)--------
大邱広域市 中区 布政洞 54-5
053-254-0028
営業時間 7:00~22:00
by yukiful-xmas | 2014-07-01 01:02 | 2014年4月 大邱 | Comments(4)

飲んだくれ大邱 ⑱ 3日目もハシゴ~♪  いちごピンスも!

3日目のお夕飯は、チムカルビ! 20年来の友人に、これを食べて欲しかった!
a0140305_22512558.jpg
a0140305_2302483.jpg

ビール好きな友人たちにピッタリ!

ビールの後は百歳酒もいただきました。

みんなで長生きしなくちゃネ~!
 
a0140305_2381641.jpg
1月に東仁洞のチムカルビ通りに行きましたが・・・

私は西門市場のサンミ(サムミ)食堂のチムカルビの方がだんぜん好きです!

コッチョリキムチ(浅漬けキムチ)や水キムチも相変わらずの美味しさ。 

お肉がコッテリだから、サッパリと。
a0140305_22513990.jpg

〆は洗面器じゃなくてお鍋にご飯を入れてビビ~ン!  


旨いっ!(*^^*)

a0140305_021038.jpg
生のビーツをデザートに出して下さいました。(大根みたい・・・^^;)

さて、サムミ食堂のチムカルビですが、ブログを見て、たくさん人が食べに行ってくれました。

「娘と行ったら、子ども用に辛くないチムカルビを作ってくれました!」って。

こういう心遣いは嬉しいですよね。(^^)

a0140305_2364546.jpgこれを食べるために日帰りで大邱に行った友人も。

お持ち帰りまでしちゃったもんね~! ジップロップで持って帰る!はマジだったんだ!(笑)

ちなみに、熱々を持って帰ったら、生のお野菜が悪くなったそうで・・・^^; 予約したら冷凍していてくれるそうです。

最後に記念撮影! 

ごちそうさま~!


・・・って、これで終わるはずがない!

a0140305_22533968.jpg
東城路へGO!

ドラマ「ラブ・ライン」のロケがあったプルカンホープへ。

レトロ感漂うビアホール、この雰囲気、いいわ~♪

初めてのFAMツアーの時に来たお店。 懐かしい~。



a0140305_2253231.jpg
「あのさぁ、パッピンスが食べたいっちゃけど!」

「パ? なんじゃそりゃ?」 

プハァー(*^Q^)c[]  

「かき氷」って言ったら、酔っ払い君たちは全く興味を示さず・・・

じゃあ、心置きなくここで飲んでて~!

行こ! 行こ! 行こ! ε=ε=ヘ(;*゚∇。)ノ
a0140305_22531053.jpg
CAFE LUCIDへ。  閉店間際、ラストオーダーに間に合ってよかった~♪ (^^)v
a0140305_22525462.jpg
 いちごピンス!  

いちごの季節ギリギリでした。  疲れた身体に甘~いいちごミルク!  ウフッ!(#^.^#)

a0140305_2205484.jpg

-------- CAFE LUCID (카페 루시드)--------
大邱広域市中区公平洞70-2
053-422-7020
12:30~23:00 (L.O. 22:30)

--------- プルガンホープ(불칸호프)---------
大邱広域市中区公平洞55-34 
053-427-0473
by yukiful-xmas | 2014-06-28 00:51 | 2014年4月 大邱 | Comments(6)

飲んだくれ大邱 ⑰ アヤン(峨洋)橋汽車道 (아양교기찻길)

a0140305_1193923.jpgそろそろ日も暮れかかってきました。

市街地に戻る途中、旧大邱線に架かる峨洋(アヤン)橋に立ち寄りました。

旧大邱線は1917年に開通、2008年までセメントや石炭などの物資を運ぶ鉄道でした。

線路の移設に伴い、アヤン橋を撤去する話もあったそうですが、文化遺産として保存されることとなり、昨年新たな観光名所として蘇りました。
a0140305_162599.jpg
キレイに生まれ変わったアヤン橋。 全長277m。 歩いて渡れるようになってます。
a0140305_164077.jpg
足元を見ると・・・ 線路じゃ~!o(@.@)o   線路の下の河も見える!
a0140305_174980.jpg
橋の途中はガラス張りの展望台になっています。 カフェもある~♪ 
a0140305_183340.jpg
河の上でティータイム♪ (お茶が飲めない2人組は、またもやコンビニに泡を買いに行ってます。 ^^;)
a0140305_184820.jpg
お夕飯の前だというのにワッフルもオーダー。 ^^;
a0140305_193824.jpg
ゆったりと流れる琴湖江(금호강)を眺めながら・・・  鉄道マニアにおススメ! 

夜はライトアップされてキレイなようです。 次回は夜に来ようっと! 
a0140305_1182275.jpg
---峨洋(アヤン)橋汽車道 (아양교기찻길)---
地下鉄1号線「峨洋橋駅」(東大邱駅から2つ目)で下車、徒歩6分
24時間通行可 カフェは午前10時~午後11時まで
by yukiful-xmas | 2014-06-21 02:00 | 2014年4月 大邱 | Comments(0)

飲んだくれ大邱 ⑮  オッゴルマウル(옻골마을)・・・の現実

続いてはオッゴル村。

数ある大邱の観光地の中で、とても好きなところです。 

三方を山の緑で囲まれた村には昔の風情が残っており、慶州の両班(ヤンバン)崔(チェ)氏の子孫が、今も静かに暮らしています。
a0140305_1514879.jpg
a0140305_1481456.jpg( ↑ セバ撮影)


まずは村のお散歩から。

白やピンクのお花が咲いて、キレイです~♪

しっとりと村の雰囲気を味わったあとは・・・
a0140305_15236.jpg
a0140305_1521319.jpg韓服を着せてもらって写真撮影。

珍しく夫婦でツーショット!

ギャーギャー、キャーキャー、やかましかぁ。

解説士の先生(とてもおキレイ♪)もあきれ顔!^^;


それにしても、お髭のザイパパ( ↓ 左)、韓服が似合い過ぎます。(笑)
a0140305_1522544.jpg
a0140305_2191695.jpg

a0140305_1542817.jpg今まで何度も訪れたオッゴル村ですが・・・

今回は悲しい現実を目の当たりにしました。

村のあちらこちらで古い家を取り壊し、新しく建て替えています。

もちろん、韓屋造りなのですが、やはり何かが違うのです。
a0140305_1525269.jpg
村の歴史は400年になろうとしてます。

家の老朽化も進み、今の時代、昔の家に住み続けるのは大変なことでしょう。

でも、あの風情を残して欲しい!


なんとか、なんとかならないの~!? 


------- オッゴルマウル(옻골마을)----------
大邱広域市 東区 屯山洞 386
(대구광역시 동구 둔산동 386)

お問い合わせ (053)983-1040/1380

アクセス  
 ★ バス①   → 一般 : 東区3
 ★ バス②③  → 一般 : 618、805、808、836、 980 東区1-1、東区2、東区3




by yukiful-xmas | 2014-06-20 02:16 | 2014年4月 大邱 | Comments(2)

飲んだくれ大邱 ⑮ 不老洞古墳群 (불로동 고분군)

a0140305_2325837.jpg次に向かったのは・・・

不老洞古墳群(불로동 고분군)

まずは入口で解説士さんの説明を聞きます。

大邱東区の不老洞にある古墳群は、ひとつの規模が高さ4m、直径15~20mほど。

三国時代につくられたものだそうです。

a0140305_2321823.jpg

古墳の配置案内図。

ひとつひとつは小規模ながら、古墳が200個以上もあるんですよ~。 
a0140305_2333265.jpg
では、古墳に向かってGO!  
アホチンな私は、バスの中でスニーカーから草履に履き替えており・・・ 草履ばきでズルこけながら、一番後ろを必死でついて行ってます。^^;
a0140305_2334230.jpg
古墳がポコポコ・・・
a0140305_2342772.jpg
ポコ ポコ  ポコ  ポコ   すごいすごい、いっぱいある!

「慶州の古墳に比べたら小さいでしょう? 慶州のは王様のお墓、大邱のは家来のお墓だと思ってくださいネ」って丸ちゃんが申し訳なさそうに言いましたが・・・

なんのなんの~! こんなポコポコ見たことない!  しかもこんな街中に! 
a0140305_234953.jpg
古墳群のすぐ前は、普通~の住宅地が広がっています。 a0140305_2353664.jpg


着ぶくれ軍団、古墳の上で記念撮影!


ところで彦ちゃん(帽子着用)、どこ見てんの~!?(笑)

大邱広域市東区不老洞 산 1-17
대구 동구 불로동 335외 148필지

<アクセス>
市内バス101、101-1、401、八公1番を利用
不老洞天主教会で下車、徒歩5分

今回の洗濯物のある風景
by yukiful-xmas | 2014-06-16 00:53 | 2014年4月 大邱 | Comments(0)

飲んだくれ大邱 ⑭ 自然染色博物館(자연염색박물관)   

どんどん酒で軽くほろ酔い!*:ヽ(*´∀`)・*:・゚” で向かった先は自然染色博物館。 

大邱では文化解説士さんや韓定食のお店の人など、草木染めの服を着た人をよく見かけます。 繊維産業の街だし、染色も盛んなんだな~って思っていたけど博物館まであるとは!(°▽°)

実は染色や機織りが大好きで、自分でも10年ほどやっていました。 とても根気のいる作業なので、目がついていかなくなって10年でスパッと辞めちゃったんですが、ブログのタイトルTapestry(つづれ織り)は、布を織る代わりに、自分の人生を織っていこう!って意味でつけました。(^^)

私はここに来るのを楽しみにしていたのですが・・・ 

「染色博物館? ビールでも飲みながら待っとくけん!」とセバと彦ちゃんはバスに居残り。 全く興味無さげ。^^; ハイハイご随に!
a0140305_224104.jpg

ヨンジン村と書いた石碑の前でバスを降りました。


道が細くてバスが入らないので、ここから歩いて行きます。
a0140305_2242168.jpg
のどか~♪

畑の中をのんびりテクテク・・・

草木染めの材料が豊富に有りそう!

a0140305_2513555.jpg

5分ほどで到着!

うるさいのがいないので、とても快適なお散歩でした。(笑)
a0140305_327435.jpg
外観の写真を撮り忘れたので、韓国公社様にお借りしました。 ^^;

サーモンピンクの煉瓦張り、土塀も素敵です。

では、さっそく中を・・・
a0140305_2281346.jpg
まずは糸。 草や木で染めた色って化学染料にはない優しさがありますね~。 シルクだから光沢があってキレイ~♪
a0140305_1226660.jpg
グリグリグリーンな韓服。 里見八犬伝の「仁義礼智忠信孝悌」の文字? と思ったら後半がちょっと違うね。^^;
a0140305_122384.jpg
こちらは刺繍をあしらってあります。 高貴な方がお召しになっていたのでしょうね~。
a0140305_12262118.jpg
ポジャギ
a0140305_12202832.jpg
藍染めもいい~♪
a0140305_2303485.jpg
a0140305_2305081.jpg
キムチっ子の手作り作家、HUEちゃんが作るモービルみたい!
a0140305_2344284.jpg
a0140305_2324467.jpgシフォンみたいな透け感がステキ!


撮影中の私。(丸ちゃんが撮ってくれました)

日本だと当然のように撮影禁止ですが、韓国はおおらかでいいな~♪
a0140305_2311891.jpg

機織りの道具や・・・

a0140305_3203288.jpg

染料になる樹皮や実なども展示してありました。

自然の色の美しさ・・・

人の手のなせる技・・・

目と心の保養をさせてもらいました。(^^)
a0140305_2313791.jpg

「コンビニがないけん、ビール買えんかった~!」といつの間にやら飲兵衛の2人も来てました。

ハイハイ、どうどう・・・

次、行きまひょ~!(^^)



------------自然染色博物館(자연염색박물관)------------
大邱広域市東区中大洞467番地
(대구광역시 동구 중대동 467번지)
053-981-4330
開館時間:9:40~18:00(月曜休館)
入場料:大人3,000ウォン、11~18歳2,500ウォン、5~10歳1,500ウォン
アクセス:大邱地下鉄1号線「峨洋橋駅」下車。101-1番バスからタクシー利用。
HP:http://www.naturaldyeing.net/

私たちは見るだけでしたが、藍染めなどの体験もできるようです。(^^)
by yukiful-xmas | 2014-06-13 01:13 | 2014年4月 大邱 | Comments(4)

飲んだくれ大邱 ⑬ 茶友山房(다우산방)  

大邱のレポに戻りま~す!

桐華寺(トンファサ)を後にして、ケーブルカーで八公山へ!  
a0140305_026599.jpg
空気がオイスィ~♪  でも、空気を食べてもお腹いっぱいにならんしね~。^^;  お腹を満たしにカジャカジャ~! 

八公山の中腹に、韓定食の美味しいお店があるとの情報を得て、行ってみることに・・・ここはどこ?ってところでバスを降りました。 
a0140305_1555729.jpg
茶友山房(다우산방/タウサンバン)   な~んもない田舎道に看板見っけた!
a0140305_22256.jpg
a0140305_223611.jpgお庭に入ると壺がズラリ!

化学調味料は使わず、調味料は全て手作り。  天然酵素(桑の実、五味子、トックリイチゴ、リンゴ、プラム、カリン、)と天然調味料(標高、煮干し、エビ、クルミ、松の実、アーモンド、百年草粉、松の花粉、赤さつまいも粉など)を使ったお料理なんだって!

写真の塩は95年物!! (@_@)


a0140305_224794.jpg
お庭からすでにワクワク♥

ご自宅も兼ねたレストランへ入りま~す!



a0140305_0502272.jpg
入口のポスター。

妊婦さんはお食事代が10%OFF!

お腹だけ見ると私も妊婦みたいなんだけど(笑) もちろん割引はありまへ~ん。^^;

料理人の奥様は、糖尿病のお舅さんの介護やご自身の病気(乳ガン)を克服するため食事療養を研究し、ソウルのユン・スクチャ韓国伝統飲食研究所で薬膳、宮廷、精進料理を学ばれたそうです。

では、さっそくお料理をご紹介しますネ!  一番安い「蓮の葉定食」3万₩  のコースです。(5万₩  もありま~す) ^^;  
a0140305_262257.jpg
カラフル韓定食! キレイ~! サラダのドレッシングは3年物の桑の実のソースで、奥の深~い甘酸っぱさ! 3種のジョンは左からキムチとセリとレンコン。 レンコン独特の歯触りが残っています。 セリは八公山の名産品ですからね~。
a0140305_263124.jpg
カラフル大根! もちろん天然成分で着色してあります。 
a0140305_264081.jpg
大好きなドゥブソン(두부선)  お豆腐を蒸したものですが、薄味ながらもしっかり味がついています。
a0140305_265054.jpg
もち米の中身は鶏の胸肉に高麗人参を加えた贅沢なミンチボール。 
a0140305_27435.jpg
ヒラメは油でカラリとあげて、特性ソースをからめてあります。
a0140305_271438.jpg
ポッサム(ゆで豚)は柿、梅、山椒の珍味添え。 エゴマの葉で巻いて。
a0140305_272480.jpg
カルビチム
a0140305_273670.jpg
シレギ(시래기/乾燥した大根の葉)の一品
a0140305_291889.jpg
a0140305_293597.jpg自家製のドンドン酒。(2万₩)

味が深い! 美味しぃ~!

梅酒みたいにフルーティ!

どんどん飲める~ ♪^-^)_□ 

モザイクの下は幸せいっぱいの笑顔!
a0140305_274924.jpg
ご飯はレンコンの葉で包んだ蓮の葉ご飯
a0140305_275859.jpg
同じご飯なんですが蒸し方で色が違ってくるそうです。他にも紅人参などを入れた栄養ご飯もオーダーできるそうです~。
a0140305_281246.jpg
キレイ~♪  かわいいお花は羊羹です。
a0140305_282114.jpg
女性には桃のお茶、男性にはビーツのお茶を。

a0140305_21021.jpg

a0140305_295273.jpg社長さんのコレクション

朝鮮時代や新羅時代の物など、とても価値があるそうで・・・ 

何故かアレ(写真右上)のコレクションも多数!^^;

トイレには500年以上前の骨董品の瓦が・・・

(奥様がトイレまでついてきて説明してくださいました。^^;)
a0140305_2102035.jpg帰り際、お料理教室用のキッチンを見せて下さいました。

受講料をお尋ねしたら・・・

一般が15万ウォン、宮中料理20万ウォンとやや高め。^^; 5~6種類教えていただけて、お食事も楽しめるそうです。 

時間は2時間+食事タイム。 (時間は調節可)


「蓮の葉定食」といっても宮廷料理も含まれていて、とても美味しいお料理でした。 帰ってきてからの情報で、レンコン料理分野で大邱東区の5味に選ばれたそうです。

最近、福岡で韓国の方とお会いする機会が多いのですが、「大邱のお料理? 塩っ辛くない?」と首をかしげる韓国人が多いです。 なんでなんで~!? 大邱のご飯、め~っちゃ美味しいのに! 少なくとも日本人の口には合うと思いま~す! お願い、私を信じて~!(笑)



--------茶友山房(다우산방/タウサンバン)---------
大邱広域市 東区 中大洞 122番地
053-983-1999

要予約! 予約はメールでできます。(奥様が少し日本語を話されます) 
✉ khss1727@hanmail.net

【行き方】
東大邱駅、地下道2停留所(東大邱駅から右出に出て階段を下った左手)から101-1のバスに乗車(約50分)
パゲサ(終点)で降りて徒歩約13分。

帰り道はお店の前からバス101(東大邱駅行)が出ています。
by yukiful-xmas | 2014-06-07 01:06 | 2014年4月 大邱 | Comments(12)

飲んだくれ大邱 ⑫ 桐華寺(トンファサ) 

気が付けば、大邱のレポが150を越えまして・・・とうとう大邱が釜山を抜いた~!
でも、実を言うと、これだけ大邱に行ってるのに、大邱の一番の見どころにまだ行けていないのです。 ('_')

a0140305_1123394.jpgそれは、八公山にある巨大な仏像・・・

カッパウィ 

今回は、なんとしてもカッパウィに行くぞ~!とハリキッテいたのですが・・・ 

またしても腰が・・・il||li (-ω-` )ショボーン il||li  

← 写真はネットからお借りしました。
a0140305_016420.jpg予定にはしっかり組んでおりまして・・・前夜セバとホテルの部屋で話し合い。

「無理せんどこ!」とアッサリ! (話し合いは2分で終了! ^^;)

出発前、「カッパウィ、カッパウィ・・・」とさんざん言っていたので、

「残念!の写真を撮りましょう!」と丸ちゃんが撮ってくれた一枚!⇒

カッパウィ~!と泣く私!(T_T)

標高850m! しかし、これをレポらないと大邱レポは私の中で終結しない! 

リベンジするぞ~! ねーねー誰か一緒に登らない? キツイってヨ~!!(笑)


a0140305_1224059.jpg


・・・ってことで、予定変更。 大好きなお寺桐華寺へ。 3日目はバスをチャーター、丸ちゃんがアテンドしてくれました。  桐華寺については過去記事でどうぞ。 その1 その2 

a0140305_0163518.jpg
丸ちゃんの勧めで、まずは案内所へ。 「日本語の上手なスタッフがいるんですョ!」

真ん中の背の高い女性が、桐華寺の案内員イ・ソンミンさん。 

一緒に回ってくれることになりました。



「お寺に入る前にあちらの山を見てください!」  
a0140305_0165580.jpg
a0140305_021122.jpg「人の顔に見えませんか?」

見える~っ!!(°▽°)

いびきかいて寝とる!!(笑)


ソンミンちゃんの説明は続きます。

ソンミンちゃんの日本語はとてもキレイで丁寧、わかりやす~い! それに何より、めっちゃいい人~! 


a0140305_0221014.jpg
大雄殿の扉の彫刻。 見事! 三種類のお花があるそうで・・・ 
a0140305_23132862.jpg
菊と牡丹と・・・あとも一つ忘れちゃった~!  ^^;
a0140305_0222113.jpg
a0140305_0223454.jpg大雄殿の柱は、あえて自然の形のままで造ってあるそうです。 

やっぱり、説明を聞きながらだと、細かいところにも目が行きますね~。


ひこちゃん & ソンミンさん

「アドレス交換したやろ!?」(爆!)


a0140305_0224918.jpg
そして、統一薬師如来大仏様! 

「写真ではなかなかこの迫力が伝えられない」と言ったら、写真に詳しいひこちゃんが撮り方を教えてくれました。 「一部を写して、その大きさを想像させるんだよ」   なるへそ・・・   こんな感じ? 
a0140305_023274.jpg
大仏様の前にある統一祈願大殿  「入ってみましょう!」   エエ~ッ ここ、入れるの? 知らんかったし・・・
a0140305_0231348.jpg
a0140305_027670.jpg天井、スゴイ!


統一祈願大殿の中からは、大仏様が目の高さに見えるんですね~。

さらに、ひこ先生の写真の授業は続きます!


a0140305_0234081.jpg
こんな感じで撮ってみた・・・ けど、どう!?  なんかイマイチ・・・(ーー;)
a0140305_0235144.jpg
記念撮影! ハイ、パチリ! (デブなのは、寒いから手持ちの服を着こんでるから! だよ~!^^;)


さて、桐華寺でお世話になったイ・ソンミンさんですが、どなたでも案内して下さるそうです。 ただし、案内所に一人の時はブースから離れられないのと、あと、「お休みの日はできません!」 って。

特に団体で案内を希望される方は、前もって連絡いただければ助かりま~す!とのことです。

案内所の電話番号 082-53-985-0980
メール sunmin7777@gmail.com

電話もメールも日本語で大丈夫です。桐華寺に行ったら、ぜひ、ソンミンちゃんに声をかけてみてくださ~い! 案内所は駐車場の上のところにありますヨン。
a0140305_23565146.jpg

--------------- 桐華寺(동화사) ------------
大邱東区道鶴洞 35番地(八公山中腹)
대구 동구 팔공산로 201길 41 (도학동)
利用時間  08:00~17:00
入場料   一般 2,500ウォン  青少年 1,500ウォン  小学生 1,000ウォン

市内からのアクセス
   *急行1番座席バス、八公1番一般バスに乗車。所要時間40分。10分おきに運行
   *東大邱駅 - 徒歩約10分 - パティーマ病院 - 急行1番利用(所要時間45分) - 桐華寺
   *東部停留場 - 地下鉄1号線(安心方向) - 峨洋橋駅下車 - 急行1番(35分所要) - 桐華寺
   *北部停留場 - 市内バス利用旧韓日劇場到着 - 急行1番(1時間所要) - 桐華寺

大邱シティツアーバスを利用する手もあります!

• 八公山循環コース
運行時間:9:30~17:00、1日1本運行
運行日時:火曜日~日曜日、週6日運行(月曜日およびソルラル(旧暦1月1日)と秋夕の当日は運休)
出発場所:半月堂 現代百貨店前(9:30出発)、東大邱駅前の大邱シティツアーバス乗り場(10:00出発)
コース案内:半月堂 ⇒ 東大邱駅 ⇒ 不老洞古墳群(東区工芸展示館) ⇒ 方字鍮器博物館 ⇒ 桐華寺 ⇒ 大邱市民安全テーマパーク ⇒ 東大邱駅 ⇒ 半月堂

大邱シティツアーバスのHPはこちら ☆
by yukiful-xmas | 2014-05-30 00:15 | 2014年4月 大邱 | Comments(6)

飲んだくれ大邱 ⑪ 大邱でハシゴ~!

美味しいランチ(ビール付)は大満足!  でも、もう夕方や~ん!!(>_<)   

日が暮れる前に、さっ、歩くよ~!

先にコースを紹介しますと、おおよそこんな感じで歩きました。
a0140305_3262656.jpg


a0140305_32588.jpgしゅっぱ~つ! ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

「・・・って、どこ行くと?」

「大邱近代歴史館!」

「近代歴史館にビールある?」 

ヒコ~ッ!! (x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ 

← 飲みたいだけの2人組!

a0140305_351254.jpg
ノボテルの裏手をテクテク歩き、慶尚監営公園(경상감영공원/キョンサンカムヨンコンウォン)へ。 

以前も書きましたが、朝鮮時代、大邱は四方を城郭で囲まれていて、その中央には王から派遣された観察使が司法や行政を行う役所(監察府)がありました。 その跡地を保存するために造られたのが、慶尚監営公園(キョンサンカムヨンコンウォン)です。
a0140305_35359.jpg
今は市民の憩いの場、なぜか年齢層の高~い公園です!(笑)  熟年? 初老? の仲睦まじいカップルを何組も見かけました。 それとは対照的に、パートナーを見向きもしない日本人夫婦 × 3! ^^; 
a0140305_3612.jpg
公園を通リ抜け大邱近代歴史館(대구근대역사관/テグクンデヨクサグァン)へ。  詳しくは過去記事で~! 

前回、ここをレポッた時、歴史館の学芸員、ビョン・ソンホ さんという方からコメントをいただきました。 「明後日また行きます!」とお返事をしていたので、いらっしゃるかしら~?と思いながら入っていくと、ウロウロする挙動不審な男性を発見! ビョンさん、見っけ~!(笑) 待っていてくださいました~♪ 若くて長身のビョンさんにお目にかかれて嬉しかったです。 しかも、コメントをいただいて2日後に会う、というのはこれまで最速! 

なのに、なんと写真撮り忘れ~! ああぁぁ、私としたことが・・・ _| ̄|〇

ビョンさんはステキなブログもされています。 韓国のステキな写真がいっぱいですよ~!
「Wondering Soul in mortal Body 」 
a0140305_363498.jpg
歴史館を出て北城路をめざします。 この前とは違うコースを通ったのでちょろっと迷子。^^;  手製靴通りに出たみたい・・・ 
a0140305_37409.jpg
ほらほらディープなヨインスク通り!(勝手に命名!^^;)     * ヨインスク(여인숙)・・・旅人宿
a0140305_374936.jpg
ヤンキー通りに入りました。  ここでクイズ! 3人のうちセバはどれでしょう?  問い合わせあり!(笑) 
a0140305_38889.jpg
a0140305_381969.jpg今回の「ディープ№1!」はこの路地かも~!



その前で、歌うヒコちゃん!(笑)
a0140305_382969.jpg
1月に(全州にひとめぼれの)ビョンちゃんとおったまげながら見上げた空中室外機! ねぇねぇ韓国!(・・・と話しかける!) いくら地震が少ないとはいえ・・・安全管理、地震対策、ちゃんとした方がいいんじゃない!? 
a0140305_384217.jpg
「早く飲ませろ~!」の無言の圧力!?  タクシーで平和市場へ。 大邱名物の砂肝料理でビール開始再開! 「水を得た魚」のような、ビールを得たおやぢたち!^^; 
a0140305_391456.jpg
a0140305_392774.jpg再びタクシーで新川へ。 最初にレポッた観燈遊戯(カントゥンノリ)へ。 

復習しま~す!観燈遊戯(カントゥンノリ)とはお釈迦様のお誕生日を祝う提灯祭りのことですよ~! (^^)!

パパ組とママ組で分乗したら、あっちとこっちに降ろされて、なかなか出会えずウロウロ・・・

なんとか落ちあい、提灯見物をしているうちに、寒さで酔いが醒めちゃいました。


ハイ、飲み直し~!
a0140305_3102052.jpg

アンジランコプチャン通りへ。


相変わらず活気があるな~!

やっぱりアンジ(안지)さんが一番人気?

a0140305_393671.jpg
大邱のマクチャン(ホルモン)、ジュワ~~っとな!!
a0140305_394546.jpg
美人の社長さんが温かく迎えてくださいました。 (お顔が切れててごめんなさ~い!) お店の方が顔を覚えててくださって、嬉し~! だってもう何回も来たもんね。(笑) 
 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
by yukiful-xmas | 2014-05-24 00:48 | 2014年4月 大邱 | Comments(10)