Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 12月 08日 ( 1 )

こんにちは!忠清道 ㉜扶余編 定林寺址

世界遺産 百済歴史遺跡地区の3つ目は・・・

百済の重要な寺院の址、

定林寺址(ジョンリムサジ/정림사지)

です。
a0140305_01125255.jpg
中国から伝わった仏教は、百済の時代に発展し、

扶余にはたくさんのお寺が建てられました。

その中でも街の中心部にある「定林寺」は、とても重要な寺院でした。
a0140305_01132539.jpg
これは定林寺址博物館にある定林寺の模型です。

発掘調査を元に1/12の大きさで再現されています。
a0140305_01142416.jpg
門の奥を覗くと五層石塔(오층석탑)が見えますネ。
a0140305_01333726.jpg
これが本物。

百済が滅びる時、扶余の街は延々7日間も燃え続け、石塔だけが残りました。

a0140305_01344079.jpg
すすけたように見えるのは、戦火の痕かなぁ?

大きな水害の時も、ここは高台になっているので、水に浸かることはなかったそうです。
a0140305_01351483.jpg
石に文字が彫ってあるのが見えますか?

これは、百済に勝った唐と新羅の連合軍の唐の大将が

勝利の言葉を残したものです。

つるもとさん曰く「唐の自慢が書いてあります!」105.png
a0140305_02543200.jpg
(博物館の資料)

肉眼では大きな文字しか見えませんが、もっといろいろ書いてあるんですね~。

この文献から当時の百済の人口が620万人だとわかったそうです。

なぬっ? 百済人ってそんなにいたのか~!!147.png
a0140305_01393556.jpg
石塔の比率の解説図

均等のとれた八頭身をしています。

ちなみに調べたのは日本人だそうな・・・
a0140305_03505174.jpg
この石塔は、百済の華やかな時代と滅んでいくさまをじっと見てきたのですね。



石塔のちょっと先には・・・
a0140305_01391304.jpg
定林寺址石仏坐像(정림사지석불좌상)

高麗時代に造られたものです。

ユーモラスなお顔立ちで、うす笑いを浮かべたような・・・
a0140305_01391993.jpg
でね~、この方絶壁ちゃんなの。

こらっ! 絶壁って言うなー!

と言ってるように見えるのは私だけ? ^^;

174.png定林寺址(정림사지)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 定林路83
(충청남도 부여군 부여읍 정림로 83)
忠清南道 扶余郡 扶余邑 東南里379
(충청남도 부여군 부여읍 동남리 379 )
観光案内所 +82-41-830-2330

定林寺址博物館
℡ 041-832-2721
利用時間 夏季(3月~10月)9:00~18:00
    冬季(11月~2月)9:00~17:00
入場料 大人1,500ウォン
休館日 1月1日、旧正月、秋夕

by yukiful-xmas | 2017-12-08 09:23 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)