Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 11月 22日 ( 1 )

こんにちは!忠清道 ㉒公州編 百済王国とは

忠清道(チュンチョンドウ)の旅、もうしばらくお付き合いくださいね。
a0140305_00301467.jpg
ここからは2回目のFAMツアーになります。
a0140305_00302032.jpg
1回目のFAMはブロガーは4人だけでしたが、今回はブロガーが十数名、

そのうちの半分が、昨年の慶北FAMのメンバーだったから

一年ぶりの再会に出発前から賑やか~! ^^;(右端が私)
a0140305_02332635.gif
では、さっそく仁川空港からバスに乗って、忠清道へカジャ~!
a0140305_02355542.gif
バスに揺られること約2時間、(トイレ休憩があったので)

公州市(コンジュシ/공주시)に入りました。
a0140305_00312001.jpg
人口約13万ののどかな街です。

公州で思い浮かぶ食物は栗ときな粉餅くらい? ^^;

なんといっても三国時代の百済の古都だったことで有名です。

が、しかし・・・

歴史音痴の私は、そもそも百済がようわから~ん!105.png

a0140305_01252478.jpg

レポを始める前に、ざっくりと歴史の復習をしますと・・・



4世紀~7世紀ごろ、朝鮮半島では小国家が統一され、

百済、新羅、高句麗の3つの王国ができ、激しい争いが続いていました。

それが三国時代。(このへんは歴史の授業で習ったぞ!)


その中でも百済は日本ととても密接な関係があって、

この時代に仏教や文字、土木技術などが日本に入ってきてるんですね~。

そして、百済が滅亡する際には、日本から2万7千人あまりの援軍が百済を助けに行っています。

邪馬台国、大和政権の時代ですよ。

そんなに多くの日本人が海を渡っていったなんて・・・

信じられます?146.png


百済は滅亡する際、1週間も燃え続けたため、建物は何も残っていないのですが、

公州、扶余、益山にある百済の遺跡がユネスコ世界文化遺産に登録されました(2015年)。


ということで忠清道のレポの後半は、百済の歴史に迫りますネ!


でも、ここまで書くのにどっと疲れたので(歴史弱い・・・)

実際のレポは明日から始めま~す!^^;




by yukiful-xmas | 2017-11-22 08:19 | 2017年10月 忠清道 | Comments(0)