Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

韓国お寺巡りの旅 ⑫百潭寺 食べる瞑想(먹기 명상)

百潭寺(ペクタムサ/백담사)に到着しました。

百潭寺は、西暦647年、新羅の時代に慈蔵によって建てられたお寺で、

雪岳山の最高峰、大青峰(テチョンボン)からお寺まで、潭(水たまり)が100個あることから

百潭寺という名がついたそうです。


いや、もうホント・・・よくぞこんな山奥まで来たもんだ!

a0140305_02051221.jpg
私たちの乗ったワゴン車は橋を渡ったところで停まりました。

まず、目に飛び込んできたのは・・・
a0140305_01541611.jpg
石!

参拝に来た人が、願いをこめながら、積み上げたものです。

まぁ、これは韓国ではよく見かけますよね。


でもね、ここには・・・
a0140305_01565386.jpg
川を埋め尽くす程、たーーーーくさんあるのです!

ポコポコポコと、まるでつくしが地面から生えてきたかのように。
a0140305_01555819.jpg
見渡す限り一面! 
a0140305_01572366.jpg
圧巻です!

んで、ここ、空気がキレイ!

緑がキレイ!

美しい自然と共に、たくさんの「人の想い」がここにあるのですね。
a0140305_02205659.jpg
テンプルステイ担当のスタッフが出迎えて下さり、

さっそく、今晩泊まるお部屋へ。
a0140305_02235174.jpg
奥の青いシートがかかっているのが私たちが泊まる建物です。

瓦を葺き替えるのかな? お寺を全面的に改築しているようでした。

「皆さんが来られる前に完成する予定だったのですが、雨で工事が遅れまして・・・」

と、説明がありました。

a0140305_03101430.jpg
かなり古い建物です。

創建以来、何回も火災にあい、現在の建物は1957年に再建されたもの。 

でも、外観とはうらはらに・・・

a0140305_02265262.jpg
中はキレイにリノベーションされていました。

お布団と棚があるだけ、もちろんテレビやパソコンなんてありませーん。
a0140305_03090388.jpg
ありがたいことに、お部屋にトイレとシャワーがついていました。 

良かったぁ!
a0140305_03121869.jpg
こちらの建物は食堂です。

新しく建てられたのでしょうか?

a0140305_03135830.jpg
中はピッカピカ
a0140305_03141215.jpg
右の「百潭室」というお部屋で、お夕飯をいただくことになりました。
a0140305_03194203.jpg
奥の厨房で手作りされたおかずがズラリと並んでいます。

お寺なのでお肉やお魚はありませんが、思っていたより豪華です!
a0140305_03185206.jpg
順番におかずをお皿に盛っていきます。
a0140305_03210334.jpg
a0140305_03215184.jpg

左奥から山芋の輪切り、チャプチェ、梅のコチュジャン和え、山菜の天ぷらに海苔にキムチ

 黄色いのはパイナップル!?だと思って2つもとったらたくわんでした。
a0140305_03263913.jpg
お汁は江原道らしくジャガイモのスープ。 

ジャガイモの甘味たっぷり、ホックホクです!
a0140305_03255659.jpg
食べる瞑想(먹기 명상)

食事も修行の一つなのかもしれません。

でも、お喋りしながら、楽しくいただきました~!

a0140305_03274678.jpg
食器は自分で洗って片づけます。
a0140305_03273725.jpg
食堂の横にはハンアリも並んでいました。

お味噌やお醤油など調味料もお寺の手作りなんですね。

とても美味しくいただきました。



百潭寺で検索したら、15年前のテンプルステイの記事 がヒットしました。

食事やお部屋など、今とは違って本当に質素です。

テンプルステイも時代の流れと共に、すいぶん変わってきているようですね。



百潭寺 (백담사)
江原道 麟蹄郡 北面 龍垈里 690
강원도 인제군 북면 용대리 690

江原道 麟蹄郡 北面 百潭路 746
강원도 인제군 북면 백담로 746
℡ 033-462-6969




by yukiful-xmas | 2017-05-12 00:14 | 2017年4月江原道FAM | Comments(0)