Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

慶尚北道FAMツアー ⑩ 河回村 つづき


次に行ったのは養真堂というお屋敷。
a0140305_12554652.jpg
大儒学者、柳雲竜の住まいだった豊山柳氏の総本家。

村で一番古いお屋敷だそうです。

年に何回もチェサ(法事)が行われているんですって。

この村のお嫁さんはたいへんだろうなぁ。
a0140305_23312108.jpg
さささ・・・とお向かいに移動しまして
a0140305_12562435.jpg
忠孝堂

当時の総理大臣だった柳成竜の宗家

狭く粗末な家で亡くなったので、その門下生と地域の人たちが追慕の意を込めて建てたのだそうです。

ぶら下がっている白い紐は、石段を上がる時につかまる紐だそうで

これを掴んでヨイショッ!って上がるんですね。

普段人前で靴を脱ぐことのないエリザベス女王が、
靴を脱いで上がられたというので、世界中がビックリしたそうです。
a0140305_12563088.jpg
エリザベス女王が植樹されたモミの木もありました。

隣の木は・・・最近来た人が植えた木で・・・

ああ、誰だったっけ!? ^^;

a0140305_12570330.jpg
敷地内には博物館もあり、柳成竜が書いた文禄慶長の役の時の記録も残っているそうです。
a0140305_12570809.jpg
ここにもまた御神木が。

ここで見るものすべてが長~い歴史を感じさせますネ。
a0140305_23551915.jpg
中を覗いておりますが・・・(笑)

ここは俳優のリュ・シウォンの生家です。

リュ・シウォンさん、いろいろあって、大変みたいですが・・・008.gif
a0140305_00020468.jpg
門の横にある穴に温泉ちゃん が手をつっこもうとしています。

施し穴と言われて、科挙を受けるゾンビ(学生)たちの支援のために、
この穴にお金やお米が入れられていたそうです。

温泉ちゃんの手、入るかなぁ?(笑)
a0140305_00203307.jpg
もう、歩いているだけでワクワクします。

芙蓉台(プヨンデ)に向かっていると・・・
a0140305_00204292.jpg
こんな方たちにお会いしました。

観光客へのサービスで、こういう恰好をしておられるのだそうですが・・・
a0140305_00205402.jpg
絵になるなぁ。
a0140305_00260577.jpg
風水によって植えられたという松林を通って河のほとりへ。
a0140305_00280562.jpg
今回は渡し船に乗ることができました。
a0140305_00284509.jpg
芙蓉台が近づいてきます。
a0140305_00593897.jpg

あの~、舟を返しちゃっていいんですか?(焦)

いーんです!

帰りは対岸までバスが迎えにきてくれるんですって。
a0140305_00285853.jpg
あの景色を観るために、ちょっと上らなければなりません。

ふ~~~っ!  

一汗かきました~!

でも
a0140305_00324744.jpg
これが見たかった~!

村が一望!

絶景かな、絶景かな!

河回村は本当に世界の遺産です!


文化観光解説士さんの予約  (財)安東祝祭観光組織委員会 82-54-856-3013
河回村観光案内所 82-54-852-3588
文化観光解説・通訳案内 82-54-840-6974
安東河回村管理事務所 82-54-854-3669 



*慶尚北道観光公社さんから招待していただいたFAMツアーの旅行記です。



by yukiful-xmas | 2016-09-14 00:57 | 2016年9月 慶尚北道 | Comments(2)
Commented by rinrin-world at 2016-09-15 23:16
懐かしー!と思いながらハフェマウルを拝見しています
上から見下ろすハフェマウルは絶景ですよね~
もう一度緑が多い季節に行ってみたいと思いながら早数年!
村全体がタイムスリップしたようでした
Commented by yukiful-xmas at 2016-09-15 23:53
☆ rinrin-worldさま
りんりんさんの安東の記事を読みながら、ハ~~~ッ!とため息をついてましたよ~。
何年前になるのかしら?
そろそろ韓国へおでかけしてみませんか?

それより、そろそろくんちのシャギリの音が聞こえていることでしょうね。
今年は、うちの実家は踊り町です。
くんち、帰りた~い!