Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年5月 ソウル&忠清南道 ②出発~ 宋山里古墳群

2日目と3日目は、公州、扶余、青陽を巡るツアーに参加しました。

場所はここで~す。 ↓
a0140305_03351155.jpg
1500年の歴史をほこる百済の文化に触れてみようや〜! 

というマスコミ関係者&ブロガー対象のツアーです。   
a0140305_02525409.jpg
パワーブロガーだなんて、名前負けしてますが・・・^^;

以前からよ~く存じていた本物のパワーブロガーさんや、
ソウル大学の先生もいらっしゃって、大いに刺激を受けました。

参加者のほとんどが在韓で「通訳は要らないですね~?」って!

ゲゲッ!!046.gif

でも、心配には及びませんで、コリアトラベルのOさんがバッチリフォローして下さいました。042.gif
a0140305_02340963.jpg
ソウルからの移動は、前回はKTXを利用しましたが、今回はバスをチャーターしてありました。

目的地までの2時間半、ワクワクして眠れな〜い!016.gif



まずは公州から~!

公州へ行くのは昨年の12月に続いて2回目です。 

再訪したいと思っていたので、こんなに早く念願かなって嬉しい~♪

人口は約13万、自然が豊かでのどかなところです。
a0140305_02364944.jpg
最初に訪れたのは、宋山里古墳群(송산리고분군

公州が百済(346~660年)の首都だったころの王族の墓が残っています。

古墳が発見されるまではただの森だったそうですが・・・
a0140305_02365914.jpg
今年の春から人形劇の上演が始まりました。 小学生が歴史のお勉強中。
a0140305_02370785.jpg
おーーーーい、こらこら!

勉強せんと、脱走して遊んでる子がいますよ~!037.gif
a0140305_02472966.jpg
まぁ、こんなお山があると遊びたくなる気持ちもわかるんだけどね。^^;

真ん中の山が、1971年に発見された百済第25代目の王、武寧王(무령왕/ムリョンワン)のお墓です。
a0140305_02473874.jpg
現在は保存のため、古墳の内部には入れなくなっていますが、

宋山里古墳模型館でレプリカを見ることができます。
a0140305_02482267.jpg
日本人の解説士さんが詳し~く解説をしてくださるので、どんどん興味がわいてきます。 

ほうほう・・・027.gif



5号墳、6号墳と見学し・・・
a0140305_02521158.jpg
武寧王の古墳の内部へ。

この部屋の東側に武寧王が、西側に王妃の遺体が安置されてあったそうです。

古墳の内部は煉瓦でできており、長方形のお部屋に天井はアーチ型、

セメントの代わりに石灰が使われており、水による腐食を防いでいるのだそうです。
a0140305_02522374.jpg
壁にある玉葱型の窪みは、明りをとるための油皿が置いてあった場所。
a0140305_02490734.jpg
煉瓦には蓮の花の模様が彫られています。
a0140305_02142282.jpg
こちらの煉瓦は、中国の硬貨を型押しして作られたもの。

武寧王が中国と親しかったことがわかります。

他にも細かい細工や工夫が施されていますが、何より神秘的な煉瓦の美しさにみとれてしまいます。レプリカとは言え・・・^^;
a0140305_02511355.jpg
このかたが百済の第25代の王様、武寧王(ムリョンワン・462-523年)

身長が180cm以上もあり、お顔立ちもキレイだったとか。

優れた軍事力で百済を強国にし、国を繁栄させ、国民にも愛されていたそうです。

最も興味深いのは「日本で生まれた」という説があること。
生誕地とされる佐賀県の加唐島では「百済武寧王生誕祭」というお祭まであるようです。

a0140305_02512374.jpg
古墳と共に発見された墓誌石(ぼしせき)
a0140305_02513314.jpg
これによって、この古墳が武寧王のものと断定され、王の生没年が判明しました。
a0140305_02514313.jpg
発見された当時のままが再現されています。


時間の都合でちょっと駆け足の見学になってしまいましたが・・・^^;

ここはかなり見る価値ありです!
a0140305_02455441.jpg

056.gif宋山里古墳群(武寧王陵)
忠清南道 公州市 王陵路 37-2
(충청남도 공주시 왕릉로 37-2)
041-856-0331
9:00~18:00(入場は30分前まで)
休館日 旧正月・秋夕(チュソク)
公州市外バスターミナルからタクシーで10分

*事前予約をすれば、日本語による無料ガイドもありま~す。



by yukiful-xmas | 2016-05-29 01:17 | 2016年 5月 ソウル・忠清南道 | Comments(0)