Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年春の大邱 牡丹の花咲くころ ①道東書院

それでは今日から4月の大邱レポを始めます。

今回は久しぶりにビートル利用。

釜山港から釜山駅までのシャトルバスの中で日本人のアジョッシと席が前後になりました。

お互い一人旅なので「どこに行くんっすか~?」なんて話していたら・・・

「そういえば、私の知り合いにもよく大邱に行く人がいるんだよね。北九州の人だけど。」

「ふ~~ん、北九州から大邱へ? もしかしてSちゃん!?」と言ったら、

「あれ? なんでわかったの?」

いやはや、世間は狭いです!003.gif 
 

a0140305_18454711.jpg
KTXで東大邱まではあっと言う間。早めにドアのところまで移動しました。

あら、ドアの横にこんなお席が・・・

助かるにぃ!043.gif
a0140305_18460169.jpg
東大邱駅で丸ちゃんが出迎えてくれました。

キャハ、駅の柱で充電してるし・・・(笑) 



まずは常宿のラブウェイモーテルにチェックイン!

お昼を食べ損ねていたので、駅で買った麻薬パンをロビーでパクパク食べていたら・・・
a0140305_18461050.jpg
「おやおや、そんなところで食べていないで中にお入りなさい!」

とモーテルのアジュンマがフロントの奥の部屋へ招き入れてくれました。

こ、こんなところでランチを食べるとは~!!(笑)

 ↑ 久しぶりの麻薬パン

麻薬のように中毒になってしまう美味しさだから麻薬パンと呼ばれています。

いまや大邱から飛び出して全国区で有名なパンになりました。

正直、最初に食べた時は美味しさがわかんなかったんですが、2回目にしてわかった!

コーンがビッチリ! しっとり甘くてオイシイ~♪041.gif



そうこうしているうちに解説士のパク先生がモーテルにお迎えに来てくださいました。

パク先生は毎週土曜日に道東書院で解説士をされています。

秋のツアーの時 に初めてお会いしたばかりですが、熊本の地震の際、真っ先に「大丈夫ですか?」と
メッセージをくださいました。 本当に嬉しかったです。

そして「去年、先生のブログで見た道東書院の牡丹の花をどうしても見たい」と言うと
「私が車で案内してあげますよ!」と言ってくださったのです。

ありがた~い!

そして急遽、丸ちゃんも道東書院の取材のために、同行することになったのでした。
a0140305_19180153.jpg
道東書院に行く前にタランチェ(다람재)の丘へ立ち寄りました。 

タランチェは「リスの丘」という意味です。

パク先生の後ろにいるのは先生の息子さんで、この日はずっと車の運転をしてくださいました。

日本語もとてもお上手!
a0140305_18472274.jpg
タランチェから見下ろす道東書院。 ナクトンガンも見えます。

「先生、どうしてここはリスの丘っていうんですか?」

「昔このあたり一帯に、リスがたくさん住んでいたんじゃないでしょうか?」

なるほど。

「ここのリスはセホと呼ばれていて、漢字で書くと細い虎と書きます。

セホ(세호/細虎)はいろんな論文に出てくるのですが、はっきりしたことはわかっていません。

龍のように想像上の動物だったのかもしれませんね。」
a0140305_18484861.jpg
タランチェから車で数分、道東書院に着きました。 (道東書院についてはこちらで~!)

樹齢400年の銀杏が青々とした若葉をつけていました。

何度見ても圧倒される~~~!

そして癒される~~~!

a0140305_18492667.jpg
学生たちが儒学を学んだ中正堂
a0140305_02041491.jpg

「土台を丈夫にするために、石をわざとちぐはぐに組み合わせてあるんです。」

この石垣にはいつも見とれちゃいます。
a0140305_02061806.jpg
これまでリスだと思っていましたが、正確にはセホなのだそうです。
a0140305_00490407.jpg
中正堂に向かって右側の建物。 丸い柱との四角い柱が2本ずつ。
a0140305_18562607.jpg
向かい側の建物には3本の四角い柱がたっています。

丸い柱は天をあらわし、四角い柱は地をあらわしています。
天の柱の多い建物に先輩が、柱の少ない建物に後輩が寝泊まりしていたそうです。
a0140305_18495695.jpg
そして、中正堂の裏には、私がずっとずっとず~~~~っと見たかった牡丹の花が咲き誇っていました。
a0140305_18493128.jpg
花言葉のとおり「高貴」で「王者の風格」を感じさせる花ですね。

ハ~~~ッ!(ため息) キレ~~~~! 
a0140305_18495069.jpg
階段にもセホがいました。
a0140305_02303999.jpg
「瓦に萬歴33年と彫ってあるのが見えますか?」
a0140305_02311869.jpg
「萬歴は中国の暦で、西暦1605年のことです。この建物ができた年を彫ってあるんですよ。」
a0140305_18540881.jpg
再び中正堂に戻って窓から見える牡丹の花を撮影中。

先客のアジュンマたちが「ここから撮るといいわよ~」と教えてくれています。
a0140305_02392318.jpg
写真を撮っているうちに靴下が真っ白になってしまいました。 

そして床のいたるところに黒い点々・・・

「ん? これは?」

「あ、それはネズミの糞ですネ。」 044.gif

せんせー、それ早く言ってよ~~!!008.gif
a0140305_18531400.jpg
壁の穴から撮る牡丹。 この穴は撮影スポットです。(笑)
a0140305_02385192.jpg
中正堂から入口を見下ろしたところ。

「向こうに流れる洛東江(ナクトンガン)の向こう側には伽耶文化(土と鉄の文化)があり、

川の手前には新羅文化(石と金の文化)がありました。

大邱の文化は伽耶と新羅の文化がミックスされているんです。」
a0140305_03272404.jpg
ここではゆったりと時が流れています。
a0140305_18485826.jpg
道東書院 大好きなところです。

056.gif道東書院 (도동서원)
  大邱広域市 達城郡 求智面 道東里35
053-617-7620

  道東書院のアクセスについては過去記事を参考にしてください。 



by yukiful-xmas | 2016-05-10 01:40 | 2016年4月大邱 | Comments(4)
Commented by ぴよぴよ at 2016-05-11 02:36 x
こんばんわ、
麻薬パン、この前3月に初めて食べました
東大邱駅で買ってソウルへ向かうKTXの中で頂きました。
が、実は中身がコーンだと知らなくてびっくりしたんですよー。

お店で、私の偽?韓国語?で 人気あるのは?って聞いたら
これをって言われて買ったのが 麻薬パンでした。
びっくりして完食したけど、次も買ってみますね!
東大邱駅のこのお店、親切でちょっと感動したんです。
あ~また行きたい
Commented by rinrin-world at 2016-05-11 21:23
釜山のターミナルから歩いて地下鉄まで移動してたけど
新しくなったら歩いて行けるところに地下鉄はないのですか?
シャトルバスで移動するのが面倒だなー!と思って・・・
初歩的な質問ですみません

それにしてもいろんな顔を見せてくれる道東書院ですね~
紅葉は最高ですが、新緑の季節も気持ちよさそう♪
北海道のコーンパンも凄く美味しかったですよん
麻薬パンのコーンの部分はバターかなにかに絡めてあるのですか?
北海道のはコーンだけだったので興味津々
Commented by yukiful-xmas at 2016-05-12 00:21
☆ぴよぴよさま
ぴよぴよちゃんも麻薬パン、食べたのね~! (*^^*)
私も最初び~~っちりのコーンにビックリしました。
この前はほっかほっかのできたてだったので、さらに美味しかったですヨン♪
この前、このパンのことをちょっと調べてみたんですが、
あまりの人気ぶりに、本当に麻薬が入ってないか?警察が調査に入ったそうです。
嘘のような本当の話だそうですよ。(*^^*)
Commented by yukiful-xmas at 2016-05-12 00:28
☆ rinrin-worldさま
新しいターミナルからは草梁駅か釜山駅が最寄になるんですが、
歩けないことはないです~。
・・・で、この前釜山駅からターミナルまで歩いてみたんですが、
ターミナルのビルは目の前に見えているのに、徒歩だと10~15分くらいかかったかなぁ?
スーツケースもあるし、汗だくになりました。
次はもう歩かんばい!(笑)

道東書院、本当に気持ちが落ち着きます。
四季折々・・・次回は百日紅の花が咲く夏をねらってみたいです。

麻薬パンのフィリングは、コーンクリームの缶詰めみたいなやつです。
北海道のも食べてみたいわ♪