Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年3月ソウル ⑦2日目 Jinsunmiさんとソウルを歩く 後編

街歩きをする数日前、

「今朝の朝鮮日報にこんな記事が出てました〜!」と

Jinsunmiさんがカカオで送ってきてくれました。

「3.1(独立)運動から100周年の2019年までに、ディルクシャを復元し市民に開放する」

ディルクシャ(딜쿠샤)には行ってみたいと思っていたので、なんとタイムリーな記事!!
a0140305_02345994.jpg

ディルクシャは、3.1運動を初めて世界に報道したアメリカ人ジャーナリストが住んでいた洋館です。

追記:厳密にいうと本業は金鋼業の経営者、AP通信の臨時特派員として活動していたようです。
matchino君がコメントで教えてくれました。 matchino君、サンキュ♪ (5/3)


写真の人物が、当時ここに住んでいたアルバート・テイラー氏。

a0140305_02015556.jpg
ソウルの住宅地の中でひときわ目立つ煉瓦の洋館。

植民地時代、ソウルで一番大きな西洋建築物だったにもかかわらず、

誰が、なぜ建てたのか? 

長いあいだ謎でした。
a0140305_02023147.jpg
というのも、この家の持ち主であるアルバート・テイラー氏は

日本の植民地支配の様子を報道したため、日本政府により追放されてしまったから。

主がいなくなったディルクシャには、人が(勝手に)住むようになり(つまり不法居住)

今でも12世帯の人々が暮らしています。
a0140305_23152185.jpg
ちょうど10年前の2006年

アルバート・テイラー氏の息子がここを訪れ「ここは父が住んでいた家です」と証言し

ようやくディルクシャの全容がわかってきました。

a0140305_03192298.jpg
ディルクシャの裏側。 

かなり老朽化が進んでいます。
a0140305_02020468.jpg

玄関に恐る恐る入っていくと「外部者出入禁止」の張り紙が・・・

a0140305_02025181.jpg
Jinsunmiさんが以前描かれたディルクシャのスケッチ。

あらためて見ると、本当に素敵な建物です。

ソウル市はディルクシャを文化財に指定しており、

居住者の問題が解決すれば、復元が始まっていくのでしょう。

a0140305_02013865.jpg
なぜかラッピング?された車の横を通り過ぎ・・・ ^^;
a0140305_02021209.jpg
西大門独立公園に出ました。  公園の入口に独立門が見えます。
a0140305_02023961.jpg
独立門を左手にしばらく進み、右手の路地(岳洞/ムアクドン)へ入ると・・・
a0140305_02075349.jpg
そこはまたしてもゴーストタウン!
a0140305_02081905.jpg
ここも再開発が決まっていて、ほとんど空き家になっています。
a0140305_02090263.jpg
これはJinsunmiさんの6年前のスケッチなんですが・・・

以前は小さな商店があったのがわかりますね。 今はご覧のように空っぽ。。。
a0140305_02080904.jpg
その奥にあるクボンジャン旅館に、Jinsunmiさんが入って行きました。

この旅館のご主人とは顔見知りのようで・・・
a0140305_02110566.jpg
「すごく貴重な写真が展示してあるんですよ。」034.gif
a0140305_02174428.jpg
え~、ここはさっき通ってきた道?
a0140305_02173068.jpg
これも、さっき通り過ぎた独立門
a0140305_02120269.jpg
西門大刑務所
a0140305_02171354.jpg
西大門刑務所には多くの独立運動家や民主化運動家が収監されていました。
a0140305_02190811.jpg
a0140305_02193508.jpg
旅館のご主人が案内してくださることになりました。
a0140305_00075369.jpg
ここは「獄バラジ旅館通り」と呼ばれているエリア。

西大門刑務所に収監されている独立運動家の家族が面会に訪れた際、宿泊していた旅館街です。
a0140305_02202597.jpg
刑務所が移転してからは、だんだんと衰退し、再開発が決まったようですが・・・

それにしても雑然としてますね~。025.gif
a0140305_02201799.jpg
日本式の建物も多くみられます。
a0140305_02223836.jpg
崩れそうな家の屋上に上ってみました。 怖いよ~~~!!009.gif
a0140305_02230445.jpg
「この大きな壺(オンギ)は高価なものなんだけど・・・

重くて持っていけなかったのかねぇ。」
a0140305_02255786.jpg
シートを張った屋根から湯気が上っていました。 

まだ人が住んでいるのかなぁ?

再開発に反対する人もいるとのこと。
a0140305_02263212.jpg
私の帰国後、すでに工事が始まったようですが・・・

この街並みはいったいどんな風に変わっていくのでしょう?

そして再開発に反対する人たちの暮らしは・・・?


ここに行ってみたいな~と思ったのは、matchino君のブログがきっかけでした。

詳しくレポってありますので、興味のある方はこちらも読んでみてくださいネ。043.gif

韓国アート散歩

a0140305_14333469.png


by yukiful-xmas | 2016-05-03 00:43 | 2016年3月 ソウル | Comments(2)
Commented by matchino at 2016-05-03 12:00
おおー、やっとこの時の話が出ましたね!っていっても3月かあ。けっこう経っていたような感覚…。
ディルクシャのアルバート・テイラーさん、ジャーナリストであることに間違いはないんですが、本業は金鉱の経営です。
3・1独立運動を知らせたということを強調するためか、だいたいディルクシャ関係の記事にはジャーナリストとして紹介されてます。この新聞記事にはAP通信の「臨時特派員」となってますね。これが正確な感じです。
Commented by yukiful-xmas at 2016-05-03 14:52
☆matchinoさま
ありがとう~! 追記しました~!
matchino君の記事、参考にさせてもらっていましたが・・・
こんな立派な家を建てるのですから、財力もあったはず!
やっぱり実業家ってことも書いておいた方がいいですね。
matchino君が読んだ「カボチャのネックレス」も面白そうです。(笑)