Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年3月ソウル ⑥2日目 Jinsunmiさんとソウルを歩く 前編

ちょっとあいだがあいてしまいましたが、ソウルのレポの続きです。

ソウル2日目は、ソウル在住のお友だちJinsunmiさん(日本人)がソウルの街を案内してくださいました。

これがと~っても楽しかったの。001.gif
a0140305_01374657.jpg
「長い街歩きになるからトイレをすませちゃいましょ!」ってことで、西大門駅のファジャンシルへ~。
a0140305_01380274.jpg
「Yuckyさん、この写真見てみて!」とトイレの前の写真を。

1900年代の西大門付近の様子です。

「たった100年でこんなにも変わるんですね。 005.gif
a0140305_02164405.jpg
地上にでると、近代的な赤十字病院とサムソン病院が並んでいます。
a0140305_01441043.jpg
サムソン病院の一角にある京橋荘(キョンギョジャン/겅교장)へ。(史跡第465号)

1938年、統治時代に建てられた建物で 

独立運動家、金九(キム・グ)の私邸であり、臨時政府の庁舎でもありました。

京橋荘という名前は西大門の近くにあった「京橋」という橋の名前からついたそうです。
a0140305_01432676.jpg
1階は臨時政府の要人たちが独立後の混乱した政局をとりまとめた会議室や応接室になっています。
a0140305_01441790.jpg
この方が金九(キム・グ)氏。

1940-1947に臨時政府の首席を務めた人です。
a0140305_01443185.jpg
2階は、キム・グ家の居住スペース。 純日本式です。 

a0140305_01443806.jpg
彼はここに約4年間住んだのち、1949年に暗殺されてしまいます。

窓にものものしい銃弾の跡が・・・

(と思ったら再現されたものだって。^^;)
a0140305_01444914.jpg
京橋荘を出て、右の路地へ入りこむと・・・
a0140305_01510569.jpg
ありゃりゃ~、再開発が始まっちゃたのね〜。
a0140305_01453779.jpg
このあたりは、食堂街だったところ。すでに廃墟になっています。
a0140305_01452922.jpg
イタリアンレストランだったのかな? 

うわ~ん、素敵な建物なのに・・・ 

ビフォーアフターにたのめばまだまだ使えそうですよ~。
a0140305_01514037.jpg
こんな味のある光景も崩されていくんですね。。。
a0140305_01542018.jpg
ゴーストタウンの中にステキなカフェがありました。 カフェっていうより喫茶店かなぁ?
a0140305_01525848.jpg
マスターが「コーヒーは出せないけど見学ならいいよ。」と中へ入れてくださいました。
a0140305_01533770.jpg
なんて心やすらぐ空間でしょう。 懐かしいというか・・・

(頭の中でガロの「学生街の喫茶店」が流れていました。 笑)
a0140305_01532042.jpg
このお店は一旦閉めるけれど、一年後に再開する予定だそうです。
a0140305_03065178.jpg
よかった~! その時は珈琲も飲ませてくださいね。



 狭い路地から広い通りに戻りさらに進むと、煉瓦のステキな洋館がありました。
a0140305_02002491.jpg
作曲家ホン・ナンパ(洪蘭坡/ 홍난파)の家。

Jinsunmiさんはちょっと前にもここに来られたらしく管理人の方と顔見知りのようでした。

「あの~、ホン・ナンパさんってどんな方ですか?」

「韓国では知らない人がいないくらい有名な音楽家ですよ。 日本で言えば滝廉太郎みたいな・・・」

すごくよくわかりました!(笑)
a0140305_02003697.jpg
ホン・ナンパ氏は、独立運動家でもありましたが、自分の夢をかなえるために来日、東京音楽学校で音楽を学びました。

そのために親日家とも言われ、韓国の音楽の教科書に彼の曲がのることはなかったそうです。

すみません、訂正します。

昔は教科書に載っていて、誰でも知っていたが、親日派扱いされてから教科書から消えましたが、
今はまた載っているそうです。043.gif


a0140305_02010349.jpg
この方はホン・ナンパ氏のお孫さんに当たる方。 

とてもお優しいお顔をしておられました。
a0140305_02010686.jpg
ピアノで「鳳仙花」という有名な曲を弾いてくださいました。You Tube でどうぞ~!





a0140305_02012258.jpg
ホン・ナンパの家からさらに進みますが・・・長くなるのでつづきは次回。



by yukiful-xmas | 2016-05-01 03:51 | 2016年3月ソウル | Comments(6)
Commented by kumikokumyon at 2016-05-01 08:13
すでに帰国されてたのですねー、GW中ご滞在かと(笑)
ビートル、安すぎ!!そちらからだとお手軽でいいですね。
3月のソウルも寒そう・・・、再開発はやむを得ないかもしれませんが
大きなビルばかりが乱立するのは止めて欲しいですよね。
Commented by はるる at 2016-05-01 12:24 x
お帰りなさ~い(#^.^#)
西大門・・もちろん行ったことはないのですが(笑)、
明洞からそんなに離れてないところなんですね。知らんかった・・・
再開発、まだまだ続くんでしょうが、昔の建物が大好きな
私としてはとても寂しいです(ToT)
壊すのではなく、保存する再開発ってできないのかな~?
Commented by yukiful-xmas at 2016-05-02 01:49
☆kumikokymyonさま
ただいま~! (^O^)/
あはは~、長期滞在は体力的にちときついです~。
今回は4泊5日だったんですが、2日経ってもまだ足がパンパンです。
ホントにHちゃんはすごいわ~♪(笑)

3月はまだ半分冬でしたが、この日は穏やかなお天気で
少しも寒さを感じませんでした。
韓国の再開発、どこも進んでいるようですね。
大邱でも、そんな話が出たんですが、
「人が来なくなってこのままでは街が衰退してしまう、再開発は致し方ない」
とおっしゃってました。
どう、開発していくか? ですよね。



Commented by yukiful-xmas at 2016-05-02 01:59
☆はるるさま
私もこのあたりを歩くのは初めてだったのですが、
なかなかおもしろかったですよ~。
京城荘はその文化的価値が認められて数年前に公開されるようになったようです。

はるるさんも古い建物がお好きなんですね~! 
私もできるだけ残して欲しいな~と思います。
造り直すより保存の方が大変かもしれませんが、
時を経たものには味や趣や重みがありますものね。
むやみな再開発にはちょっと待った~!って言いたいですよね。^^;


Commented by matchino at 2016-05-03 12:26
すみません!二つ訂正させてください!
まず、キョンギョジャンですが、「京城荘」じゃなくて「京橋荘」です!
それから洪蘭坡さんの歌ですが、昔は教科書に載っていて、誰でも知っている歌だったんですが、親日派扱いされてから教科書からなくなったんです。今はどうなのかと思って子供たちに訊いてみると、今は載っているそうで、子供たちももちろん知ってましたよ。
細かくてすみません!
Commented by yukiful-xmas at 2016-05-03 16:17
☆matchinoさま
ヌオオオオ~~~ッ! とんでもない間違いをしてますね。(>_<)
教えてくれてありがとう! 訂正しました~!

そしてお子ちゃままで取材協力してくれて・・・ありがとう!
ホン・ナンパさんは韓国の人みんなに愛される歌を作った人なんですね。
でも、日本人による拷問がもとで、若くして亡くなってしまったなんて・・・
ピアノを弾いてくださったお孫さんは、私にも優しい笑顔を見せてくださいましたが、
それを思うと胸が痛いです。