Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年アルムダウン大邱 ⑮シティツアーバス ピスル山コース その1

大邱2日目は楽しみにしていたシティツアーバスの琵瑟(ピスル)山コースに行きました。

昨日書いたように、インフォメーションのスタッフと大邱のシティツアーバスを運営している大邱観光協会のおかげで乗れることになりまして・・・・

幸せ~♪ 感謝です。 016.gif



シティツアーバスの郊外に行くテーマコースは、曜日ごとに路線が決まっています。

私が参加した琵瑟(ピスル)山コースは、火曜日と金曜日に運行されています。

東大邱駅のバス乗り場を10時にスタートです。(新南駅からは9時半スタート)
a0140305_00524120.jpg
朝ご飯に東大邱駅でキンパを買って乗り込みました。

(朝ご飯を食べに行こうと思っていたお店がことごとく開いてなくて・・・^^;)

座席に座ると、私のために派遣されたガイドのキム・ソナさんが隣の席にきてくれました。

日本に住んでおられたそうで、日本語ペラペラ。

ショートカットでスマートで・・・今日一日お付き合いいただけるなんて、嬉しい~!

「はじめまして~! 今日はよろしくお願いします。 とりあえずキンパでもいかがですか?」 モグモグ・・・
a0140305_00522868.jpg
バスは快調に走り出しました。 市街地をぬけ、のどかな光景が広がり・・・
a0140305_00525906.jpg
高速に乗ってしばらく行くと・・・うわ~、なんだあれは~!?005.gif
a0140305_00531169.jpg
高層マンションのようです。 
a0140305_00593650.jpg
玄風(현풍)というところのPAに停まりました。

え? もうトイレ休憩?
a0140305_00595582.jpg
と思ったら、

ハイ、こちらですよ~!とPAの隣にある公園へ案内されました。
a0140305_02203215.jpg
足裏マッサージみたいな坂を上っていくと・・・
a0140305_01011134.jpg
玄風(ヒョンプン)の守護神と言われる樹齢500年の欅の木がありました。

玄風には二つの高速道路を繋ぐジャンクション兼インターチェンジができているのですが、
その工事の際、ブルトーザーがこの欅に向かうと、何度も何度もエンジンが止まってしまい、
ブルトーザーを置いたまま工事を進めたのだそうです。

それって御神木のパワー?
a0140305_02142224.jpg
公園の展望台は洛東江(ナクトンガン)を眺める絶景スポットになっています。

おーおーステキな景色! でも、冬は寒過ぎます〰!
a0140305_01013397.jpg
トリックアートもありまして・・・ オイ、こら、つまむな~!(笑)

みんなで遊んだあと再びバスへ乗り込みました。
a0140305_01075738.jpg
窓の外はカッキカキに凍った洛東江(ナクトンガン)
a0140305_01074377.jpg
次の目的地の道東書院の道しるべが見えてきました。
a0140305_01080871.jpg
着いた!
a0140305_01082759.jpg
道東書院

樹齢400年の銀杏の木、あいかわらず堂々として見事だ~!

前回来た時 は黄色い葉をたわわにつけていたのに、ぜんぶ落ちてしまっています。
a0140305_02561026.jpg
道東書院の正門でもある水月楼

の上からパチリ!

あれ? いつもは立入禁止の札があるのに、今日はない!  ので、ちょちょっと失礼して・・・ ^^; 
a0140305_02574580.jpg
a0140305_01094134.jpg
う~~~ん、何度来てもいいな~! 道東書院!!

by yukiful-xmas | 2016-03-21 00:50 | 2016年2月 大邱 | Comments(2)
Commented by rinrin-world at 2016-03-21 19:49
>トリックアートもありまして・・・ オイ、こら、つまむな~!(笑)

きゃ~~! おもしろい^^
Yuckyさんらしいですよ~ん

ここは紅葉時期の大銀杏が見事ですね!
500円で連れてきて頂けるって素晴らしいツアーです^^
Commented by yukiful-xmas at 2016-03-21 23:53
☆ rinrin-worldさま
はい、道東書院は秋はみごとです。
シティツアーバス、あとで書きますが、料金はもっとお安くなるんですよ~。(20%引きに)
4000₩でこれだけ回れるのですから、本当におススメです。
曜日ごとに行先が違うので、行きたい場所と旅行の日程がうまくあえば、
利用しない手はないですね。

トリックアートは他にも写真があるのですが、これが一番マシだったの~!(笑)