Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

百済の歴史が残る街 公州へ ⑨ 国立公州博物館(국립공주박물관)

百済25代王、武寧王と王妃が埋葬されていた武寧王陵(ムリョンワンヌン)。

そこから発掘された遺物は全部で108種、2906点にも及びます。

国立公州博物館には王と王妃の金冠や金製の冠装品などが展示されていました。
a0140305_116946.jpg
この人が武寧王(무령왕)。  

あっ、これだ!005.gif
a0140305_124895.jpg
冠についている鳥の羽のような装飾品!

公州駅にあったあった! 
a0140305_1204516.jpg
これこれ!045.gif  

a0140305_00350091.jpg
駅だけでなく、いろんなところで見かけました。
a0140305_1283093.jpg
そして、これが・・・
 
本物!? 

武寧王の在位は502年~523年。 約1500年前の物がこんなにも輝いているなんて・・・
a0140305_1354875.jpg
墓誌石(ぼしせき)

これがとても重要でして・・・

墓誌石に武寧王の生没年が刻まれていたのです。

日本書紀の「武寧王が加唐島(佐賀県)で生まれた」とする年代と、

この墓誌石に刻まれた年代がみごとに

一致!

武寧王が佐賀県の加唐島で生まれた!という仮説が一段と真実味を増しました。 

そして、さゆりちゃんたち研究チームの調査も

武寧王は加唐島で生まれたであろう!という結果に至っています。

う~~~む! これはすごい!009.gif

a0140305_13424.jpg
王陵の守り神の(想像上の)動物や
a0140305_02290882.jpg
銅製の靴
a0140305_1345542.jpg
枕と足座(右)
a0140305_00483942.jpg

そして、数々の装飾品 
a0140305_1362664.jpg
a0140305_1365347.jpg
a0140305_1372659.jpg
キラキラ 072.gif
a0140305_1383387.jpg
食器
a0140305_138156.jpg
a0140305_02281234.jpg
そして、王と王妃の棺(復元された物です。)

この棺は、日本でしか採れない「金松の木」でできています。
a0140305_1145181.jpg
博物館の前に植えられている金松の木。

やっぱり百済と日本は昔から繋がっていたのだわ。。。
a0140305_1405917.jpg
さゆりちゃんの知り合いで案内ボランティアをされている黄先生。

貴重なお話をたくさん聞かせてくださいました。

国立公州博物館

いや~~、見応えありでした!043.gif


056.gif 国立公州博物館(국립공주박물관)
  忠清南道 公州市 観光団地キル34
  (충청남도 공주시 관광단지길 34 )
  +82-41-850-6300
  利用時間  平日:9:00~18:00
          土日・祝日:9:00~19:00
          土曜日(4月~10月):夜間開放(9:00~21:00)
          毎月最終水曜日(文化のある日):9:00~19:00
  休業日  月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日休館)、1月1日
  ホームページ

by yukiful-xmas | 2016-02-15 01:13 | 2015年12月 公州 | Comments(2)
Commented by kumikokumyon at 2016-02-15 12:03
韓国の博物館って撮影OKなのがすごくうれしいですよね。
ソウルの国立博物館でも不思議なほど保存状態の良い展示を沢山見ました。
こちらもすごい内容ですね、時間をゆっくり取って見に行きたいです。
慶州の博物館では時間が足らず走り回ってみた苦い思い出があります。
こちらに書いちゃっていいかな、お嬢様来月でしたね。楽しみですね。
おめでとうございます!!
Commented by yukiful-xmas at 2016-02-15 23:11
☆kumikokumyonさま
ソウルも慶州も見応えありでしたけど、ごらんのとおり公州も負けてません。
おもしろかったです。
歴女のくみょんさんはウルウル、もえもえになるかも~。(笑)
ソウルから1時間ですし、古墳、公山城、博物館が近くに集まっているので
観光もしやすいと思います。
くみょんさんには特におススメ~♪

ハイ、こちらでも大丈夫です。
へみこの披露宴がせまっていて、何かとバタバタしています。
今年の春は、あんまり遊べないかも~!(泣)