Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2015 バラ色の大邱 ㉓九龍浦(クリョンポ)近代文化歴史通り つづき

日本人街のはずれには立派なお屋敷がありました。
a0140305_0535534.jpg
九龍浦近代歴史館(구룡포근대역사관)

今は「歴史館」になっていますが、もとは香川県から移住した橋本善吉さんのお屋敷だったところです。

橋本氏が浦項に移住したのは明治42年。 サバ、イワシなどの漁業で成功をおさめ、大きな漁船を何隻も持つほどに。 岡山県から移住してきた十河彌三郎と並び、九龍浦日本人村の名士と言われています。
a0140305_0541366.jpg
2階には続き部屋の和室になっていました。 書院造りの床の間や欄間など、純和風のたたずまい。 こんなところに伝統的な日本家屋があるなんて・・・
a0140305_0542914.jpg
手の込んだ細工が施されています。 日本人の大工さんも浦項に住んでいたのでしょうか? 
a0140305_0544334.jpg
子どもの頃、こういう天井を見ながら眠りについていました。 懐かしい~! ただ、壁の色は黒ではなかったと思うんですよね~。^^;
a0140305_0551561.jpg
これも懐かしいボッチャントイレ! ちり紙(し)がないよ~!(笑)  
a0140305_0545624.jpg
居間には白いマネキンのご夫婦。 浴衣にこたつ?  季節がバラバラ・・・  仏壇はリノベーションするにあたって日本から買ってきたものじゃないかなぁ?^^; 
a0140305_0561087.jpg
この時代にランドセル?  そしてハンガーにかかった着物がショボ~~!  あらあらあら・・・

つっこみどころ満載ですが・・・(笑) 

でも、香川の貧しい漁師が新天地を求めて韓国に渡り、努力の末に財をなし、豊かな生活を営んでいたことはよ~くわかりました。 
a0140305_0562172.jpg
そろそろお腹がすいてきたので、昼食を食べることにしました。 大通り沿いには蟹さんの看板を掲げたお店が何軒もあります。

うひょ~、カニちゃ~ん!!041.gif  

でも、バスの運転手さんや道で会ったおっさんたちが「この辺のお店は高いよ~!」って言うもんだから・・・

一番ちっこい食堂に入りました。(笑)
a0140305_0564770.jpg
普通の家かと思ったわい! 家の奥からアジュンマが出て来て「ハイ、ここに座って座って!」
a0140305_057521.jpg
メニューに料金がにゃ~い!(怖っ!)   オルマエヨ~?と聞いてからテンジャンチゲをオーダーしました。 

たんにケチったのではなく、あとで竹島市場でガッツリ蟹やお魚を食べるつもりだったのです。 この時はね・・・^^;  
a0140305_0572065.jpg
隣の台所(の冷蔵庫)からおかずがいろいろ出てきました。 (お台所は丸見え!) 港町だけにお魚が多いですね~。
a0140305_057393.jpg
チゲはとても美味しかったです。 でも、この定食で7000₩ 大邱なら5000₩ かなぁ?^^; 


腹ごしらえが済んだところで・・・そろそろ次の場所へ移動しま~す。









バスが来る時間まで、ひゃんりちゃんとtakatoroちゃんにわがままを言って、一人で歩いてみることにしました。

このまま九龍浦を去ってしまうのは、なんとなく惜しい気がして・・・

a0140305_058059.jpg
日本人街から一歩中へ入ると、そこは静かな住宅地です。 
a0140305_0581320.jpg
先ほどの日本人の家に比べると質素な家が並んでいます。
a0140305_0582897.jpg
塗り替えられた壁の色は、どこも淡いパステル調。
a0140305_0584135.jpg
人の営みも感じられ・・・
a0140305_0585654.jpg
私は観光地より、やっぱり普通の景色が好きだわ~!
a0140305_0591368.jpg
せっかく浦項まで来たのにね。(笑)
by yukiful-xmas | 2015-07-10 00:59 | 2015年5月 バラ色の大邱 | Comments(2)
Commented by たまねこ at 2016-12-04 19:59 x
浦項の九龍浦近代歴史館にも行きたいと思っていたので、ブログとても参考になります!大邱から友鹿と浦項を一日でめぐる(なにせ3日間の休み)とちょっと無謀かな、、、と考えていますが、下調べを入念にやって是非実現したいです。ありがとうございます!
Commented by yukiful-xmas at 2016-12-05 02:03
☆たまねこさま
3日間で広範囲に動かれるのですね~。
友鹿は鹿洞書院に行かれるのでしょうか?
もしそうなら先月下旬に行った友だちから工事中で閉まっていたと聞いています。
インフォメーションなどで、工事が終わっているかどうか確認してみてくださいネ。
それから浦項は大邱からKTXですぐですが、
着いてからの移動はバスの本数が多くありません。
時間に余裕を持っておいた方が良さそうですよ。(^^)