Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

済州観光サポーターズツアー ⑧ 海女祭り

済州のレポに戻りま~す!  再スタートは「海女(あま)祭り」から。
a0140305_255540.jpg
今年で第7回目を迎える海女祭りは、10月17日 ~ 19日の3日間行われました。 私たちのツアーもこれに合わせて日程が決まりました。
a0140305_255193.jpg
会場にはズラリとテントが。 道路を挟んで左側は販売用のテント、右側はお客さん用のテーブル席になっています。
a0140305_2552878.jpg
プ~~~ン!と芳ばしい匂い! 1軒目はサザエの壺焼き!
a0140305_2553857.jpg
一皿5000₩ってことは・・一個100円!?  なんっちゅう安さ! メンバー、さささっと5人組を作って買いに走る~! 私たちのお皿は貝殻から身を出してくれました。 プリッとしてオイシイ!
a0140305_2572147.jpg
テントの中では海女さんたちがせっせと調理をしています。
a0140305_2573980.jpg
お客さんは朝からこの賑わい! もう、マッコリいってますね~!
a0140305_2573065.jpg
こっちはアワビ!
a0140305_257503.jpg
この写真を撮ったあと、みるみるうちに行列が・・・
a0140305_258139.jpg
どんどん流れていきますよ~。
a0140305_258922.jpg
カップに熱々のアワビ粥が・・・
a0140305_2582089.jpg
なんと試食! GET! 美味い!
a0140305_14767.jpg
ユッキーさんこっちこっち~! とtakatoroちゃんの声にひかれて、またまた列に並びました。 「もうここで締め切ります!」と係の人が言ってもアジュンマたちは何食わぬ顔。 押せ押せで前へ前へ・・・^^;  アジュンマパワーに巻き込まれ・・・  
a0140305_2584438.jpg
エッジョもGET! イワシのエキスはキムチ作りにはかかせませ~ん! お刺身は太刀魚。 ちょっと凍っていましたが・・・^^; これも試食! もうお腹がいっぱいです! もうすぐお昼ご飯なのに~!(>_<)
a0140305_259273.jpg
土産品のコーナーには済州の特産品みかん。
a0140305_2591365.jpg
こっちは何やら柑橘系のジュースですね。
a0140305_2592423.jpg
韓国ではよくゴマを買います。 よく見ないと中国産が多いのですが・・・ こちらは済州産!  にょきっと伸びた手は、シャッターと偶然の一致! これしか写真がなくて・・・^^;
a0140305_2593789.jpg
a0140305_127285.jpg
あまり知られていませんが、人参も済州の特産品のひとつ。 

人参のジャムやお菓子、お漬物など、たくさん販売されていました。 

私は珍しい人参のハンドクリーム(左端)を購入。 
(右の二つはイニスフリーのハンドクリーム、これは3日目に購入。)

ほのかに人参の香りがします。 

サラッとしてるけど手がとても潤います。 

もっと買ってくればよかった~!
a0140305_2595586.jpg
ヤバイ! 集合時間がせまってる! ・・・とtakatoroちゃんと「海女博物館」へダ~ッシュ!
a0140305_30798.jpg
展示室などダダダーっと見学! ああ、時間の配分をもっと考えればよかった!・・・ってか、もっとゆっくりしたかった! 半日でも1日でも楽しめそうです♪


a0140305_1392883.jpg最後に・・・

海女祭りの会場にこんなモニュメントがありました。

済州海女抗日運動記念塔

ん? 抗日運動って何? 

帰国後調べてみたところ・・・

昔、職場の無い済州の女性たちは、海に潜り生活を支えてきました。 しかし、1876年の不平等条約(江華島条約)により日本の漁民が朝鮮半島に進出すると、海女さんたちは外国に出稼ぎに行くようになり、特に日本の統治時代には、多くの海女さんたちが日本にやってきました。
 
しかし、日本の海女さんに比べ済州の海女さんたちの賃金は低く、労働条件が悪かったため、1930年にストライキ闘争が始まり、1932年に「済州海女抗日運動」が起こりました。

そういう歴史があったんだぁ。


「海女がいなかったら済州はなかった」 ガイドのアミさんの言葉です。

済州にとって海女さんはシンボルであり、経済を支えてきた大きな存在でもあるのです。

しかし、現在3000人ほどいると言われる済州の海女さんは、高齢化が進み、若い後継者がいないという問題もかかえています。

「海女祭り」には海女という存在をもっとアピールし、後世に繋げていきたい!という意図もあるのかもしれません。



--------------- 海女祭り ---------------
済州海女抗日運動記念公園内

海女博物館 (해녀박물관)
済州特別自治道 済州市 旧左邑 下道里 3204-1
064-782-9898
利用時間 9:00~18:00
休業日 第1月曜日


今回ご紹介するのは、takatoroちゃん。 

056.gif マシヌンゴ モッコシップンデ(*^з^*) おいしいもん食べたいねんけど(*^з^*)  

大邱仲間でもあり、FAMツアーでご一緒するのは4回目。 彼女のアンテナ力ってすごいな~っていつも感心させられます。

058.gif 取材協力:済州特別自治道 058.gif



by yukiful-xmas | 2014-11-02 17:57 | 2014年10月 済州島 | Comments(6)
Commented by あっちゃん at 2014-11-02 19:44 x
ユッキーさん、あんにょ~ん♪
済州旅、行きたいっ!!
ユッキーさんのブログを見てたらホントにそう思います^^
素晴らしい自然の風景&美味しい食べ物、最高ですね。
え?しかも黒豚ちゃんだけでなくアワビにサザエに太刀魚のお刺身ですって~!?もうたまらんです…(ヨダレ)←結局、風景より食べ物でした~!笑
Commented by 豊年満作 at 2014-11-02 21:59 x
済州海女抗日運動記念塔、これには気がつきませんでした
そんな歴史があったんですね
勉強になります

同じ場所に行って同じもの体験したはずなのに
やはり個人個人で違いますね
これがすごく楽しいです(^^)

Commented by ビョン at 2014-11-02 22:50 x
日本統治時代に、岡山や広島の漁民が韓国へ移民し、漁業をしていたことは知っていましたが、済州島の海女さんたちが日本へ出稼ぎに行っていたとは、知らなかったなぁ。
自主的だったのか、強制連行だったのか・・・微妙な問題ですね。
日本も韓国も、海女さんの後継者問題は深刻なのね。
豊富な海の幸を安価で美味しくいただくためにも、海女文化がいつまでも継続されますように。
Commented by yukiful-xmas at 2014-11-02 23:05
☆あっちゃんさま
あっちゃんアンニョ~ン!(*^^*)
済州は海の幸と黒豚かと思ってたけど、
意外や意外、お野菜やお米の美味しさの方がツボでした。
海女祭りはいいですよ~!
ビールとマッコリだけもっていけばお腹いっぱい海の幸が食べられますもん!
一緒に食い倒れたいね~!(笑) 
Commented by yukiful-xmas at 2014-11-02 23:09
☆豊年満作さま
海女祭りのアーチの右手にこの塔があったんですよ~!
「抗日」って文字が入っていたので、ちょっと気になっていたんです。

私もみなさんのブログを読んで、へ~~!とか ふ~~ん! とか・・・(笑)
私の知らないことがいっぱい書いてあるので、感心してます。
ホントにおもしろいですね。(*^^*) 
Commented by yukiful-xmas at 2014-11-02 23:20
☆ビョンさま
済州の海女さんたちは三重県や大阪などいろんなところに来てたみたい。
しかも日本の海女さんの3分の1の賃金で働いていたとか・・・
高齢化はかなり進んでいて、70代以上の人が3分の1以上で、
高齢の人は心臓麻痺などおこす人も少なくないってことでした。
最近の若い世代は、高学歴の女性も増えているせいか、なかなか海の仕事に就く人はいないみたいで・・・
海女の文化、継承して欲しいな~って私も思います。