Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ソウル&マッコリツアー ⑦昌信洞を歩く その2 安養庵(アニャンアム)

昼食もすみ、いよいよ昌信洞(チャンシンドン)へGO!  

「まず、ここなんですけど・・・」とmatchino君
a0140305_026226.jpg
塀の向こうに見えるのは大きな岩盤! 

matchino君のブログによると『昌信洞は「トルサンミッ(石山の下という意味)」と呼ばれ、昔は採石場で、朝鮮総督府や旧ソウル駅、旧ソウル市庁舎などを建てる石がここから運ばれた』のだそうで・・・  

なるほど。 それにしてもデカい岩!(゜.゜)
a0140305_2513739.jpg
塀の中は、なんと安養庵(안양암/アニャンアム)というお寺。
a0140305_252322.jpg
生活感が漂っておりますが・・・ ^^;
a0140305_305244.jpg
正面には大雄殿
a0140305_2545991.jpg
中でハルモニたちが熱心に拝む姿が・・・ お経を唱える声も聞こえてきます。
a0140305_335715.jpg
右手には冥府殿

実はこのお寺なんですが・・・朝鮮末期から集められた彫刻、仏像、工芸品などがそのまま保管されている貴重な仏教寺院で、2004年にソウル市によって韓国美術館別館寺院博物館として正式に登録された。

つまり、寺院全体が文化財!

・・・ってことを、帰って来てから知ったという。。。

あ~~~ん! ここまで来ながら、なんも見てない!  _| ̄|〇
 

しか~し、一番貴重な物だけは見逃していませんでした! (*^^)v
a0140305_331521.jpg
左にある観音殿。 オモ~ッ! 背後はすごい岩盤! 中に岩がはみ出ているんじゃないの?
a0140305_085194.jpg
ハイ、その通り! しかも、観音様の姿になって! 
a0140305_334392.jpg
ズ~~~~~~~ム!  磨崖観音菩薩坐像

岩に掘られた観音様は高さ3.53m、朝鮮末期の磨崖仏の研究に重要な資料として評価され、ソウルの有形文化財第122号にも指定されているのだそうです。 あぁ、よかった、これだけでもちゃんと見れて・・・

a0140305_341933.jpg
「お寺の裏に登ってみましょう!」  上る途中、振り返ってパチリ!
a0140305_343366.jpg
と撮影している間に置いてけぼり! 待って~~~! ゼイゼイ(||´Д`)ハーハー(;;;´Д`)
a0140305_344138.jpg
急な階段を上ると・・・ こんなところに畑が!?
a0140305_351570.jpg
もしかして、この穴は防空壕?
a0140305_3678.jpg
東大門のすぐ近くにこんなところがあるなんて・・・
a0140305_362681.jpg
そろそろ下ろう。
a0140305_1473433.jpg
a0140305_37227.jpg
matchino君が言う通り!  おもしろいところだ昌信洞(チャンシンドン)!
a0140305_1491937.jpg


------------- 안양암(安養庵)-------------
ソウル特別市 鍾路区 昌信洞 130-2
서울특별시 종로구 창신동 130-2

[道路名住所]
서울특별시 종로구 창신5길 59-2 (창신동)
by yukiful-xmas | 2014-09-17 01:32 | 2014年7月 ソウル・唐津 | Comments(2)
Commented by もふもふ at 2014-09-18 13:29 x
ソウルにこんな場所があるんですねー!!
ミーハーな場所しか行ったことないので、少しディープな!?ソウル、見てみたいデス♪

こちら、岩山にそって建っているんですね??
なんかすごい迫力&街中とは思えない(*゜Q゜*)
そして文化財なのに適度な?生活感もオモシロイですね。
Commented by yukiful-xmas at 2014-09-19 01:20
☆もふもふさま
こういうのって、あまり興味のない人もいるかもしれませんが・・・  (^^;
私たち3人とも路地とか壁とか瓦が好きなので、
ワ~ワ~キャ~キャ~昌信洞はかなりおもしろかったです。
この先まだまだおもしろいところがあるんですよ。
でも、それも好き好きがあるかもしれませんが・・・
もふもふさんも、たまにはディープな世界に飛び込んでみませんか?(笑)