Yucky's Tapestry

yukiful.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

逃避行だぜ、ソウル! ㉒タルトンネ博物館

ここでオンニのことを少しだけ。

オンニは仁川のチャイナタウンに住んでいる華僑です。 中国人だけど中国本土ではなく台湾出身だと強調しました。 若かりし頃、日本にいたこともあるらしく「東京を一人自転車で走り回ったのよ~!」って懐かしそうに話してくれました。

オンニとフィフィオンニの会話は中国語と韓国語のミックスなので、あまり聞き取れなかったのですが ^^; 時々日本語で解説してくれるのでとても助かりました。

オンニの家族は中華料理屋さんだけでなく、(3人で行った)カラオケ屋さんなども経営していて、このあたりでは名の知れた実業家でもあるようです。 

「仁川っていいところでしょう!?」と言うオンニは、自分が大好きな街を、私にくまなく見せよう!って思ってくれたようでした。 もうご遠慮しよう、と何度も思いましたが、オンニはとことん付き合ってくれる気なんだ、って途中で気づきました。 

帰り際、改めてお礼をいうと、「お礼なんて言わなくていいの。 だって、私たちが福岡に行く時は、Yuckyが私たちの案内をするんだから。」と優しい笑顔で言ってくれました。

そんなオンニに出逢うことができて、ホントにホントに幸せでした。



・・・で、最終日の朝。

なんとなく前夜の疲れが残ってますが・・・(笑)  まだまだ行きたいところがいっぱい残ってる~! 朝ご飯も食べずにお散歩開始。 ホントは腹ぺこだったのですが、ご飯屋さんが開いてない~! (>_<)  
a0140305_23523934.jpg
虹霓門(ホンイェムン)  虹のような形でくり抜かれたトンネルは、1906年に日本人が領地を拡大しようと掘ったもので、有形文化財に指定されています。 ドラマ「オールイン」にも登場したらしい。 なんか味があるよね~。
a0140305_2353744.jpg
済物浦倶楽部(チェムルポクラブ)  1891年ごろ、清や日本をはじめ、仁川に住んでいた外国人の社交の場。 ここはぜひとも見たかったのですが、朝早かったので、オープン前。 ザンネ~ン!
a0140305_23545162.jpg
旧日本人街で、やっと開いてるお店を発見!

朝からラーメンとキンパッ!(笑) 

厨房からトントンと野菜を刻む音が聞こえ、野菜タップリのラーメンが出てきました。 豪華玉子入り!  

キンパッは1個摘まんで、持ち帰りに。
a0140305_2355413.jpg
朝食後、タクシーをとばして行ったのは・・・

タルトンネ博物館

タルトンネ愛好家としては、ここは必須!(笑)


a0140305_23555021.jpg
タルトンネ=月に届くほど高い丘の上にある街

タルトンネだった場所に建てられた博物館は、名前の由来通り、急な坂の上にありました。

行きはタクシーだったからよかったけど、帰りは膝が笑いました。 ^^;

a0140305_23564159.jpg
入場料500₩を払って中に入ると・・・  1960~1970年代に使われていた物が展示してあったり・・・
a0140305_2357118.jpg
当時の街並みが再現してあります。 暗くてちょっと怖い感じ・・・^^;
a0140305_2357820.jpg
困窮した生活ぶりが伺えます。 紫色のライトのところは共同トイレ。
a0140305_11424184.jpg
日が暮れたので ^^; 家の中に入らせていただきましょう。
a0140305_11433164.jpg
ごめんくださりませ~! 
a0140305_15506.jpg
茶の間でプロレスを観戦中でした。  顔がリアルで、今にも動き出しそう・・・^^; 
a0140305_23582887.jpg
 a0140305_1273189.jpg ↑ 子どものころ遊びに行った親戚のおばあちゃんの家を思い出しました。 

ご先祖様の写真はリアル写真。 靴をぬいで板の間まで上がれます。 


← かまど炊きのお台所。 

何を作っているのでしょう?
a0140305_23583675.jpg
ご飯ですよ~!  ちゃぶ台の食事は質素です。
a0140305_23572599.jpg
お店屋さんもあったんですね。 昔の駄菓子屋さんみたい。
a0140305_23581569.jpg
床屋さんもありました。 (写真左下)カウンターにぶら下がっている細長い革、懐かしい~。 これでカミソリをシャッ、シャッって砥ぐんですよ~。若い人は知らんやろうけど・・・^^;
a0140305_2358482.jpg
当時の写真 ↑ や・・・  絵 ↓ も展示してありました。
a0140305_23585814.jpg
a0140305_2356040.jpg
博物館を一歩出ると、近代的な高層ビルが立ち並んでいました。

昔、ここがタルトンネだったとは思えない。。。  

「時の流れ」を感じた瞬間でした。


----- 水道局山タルトンネ博物館 --------
仁川広域市 東区 松現洞 163
(천광역시 동구 송현동 163)
032-770-6131
営業時間 9:00~18:00
休業日 月曜日、1月1日・旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
ホームページ  www.icdonggu.go.kr/museum
地下鉄1号線東仁川(トンインチョン、Dongincheon)駅 4番出口 徒歩12分
(仁川駅周辺からタクシーで10分くらいです。)

<よけいなお世話>
館内はやや暗目、さらに20分に一度照明を消して夜の雰囲気を出しています。 私はたまたま夜の設定時間に行ってしまったようで、ちょっと恐い雰囲気でした。 気の小さい方は、昼間のタルトンネを見学することをおススメしま~す。^^; 
by yukiful-xmas | 2012-11-01 12:03 | 2012年9月ソウル・仁川 | Comments(12)
Commented by ビョン@全州へ向かうリムジン at 2012-11-01 14:32 x
オンニ、大金持ちっぽいね。
韓国の人って日本と違って、社交辞令を言わないそ、オンニは旅費もじゅうぶんにありそうだから、間違いなく福岡に行くんじゃない?
へぇ~、yuckyさんにぴったりの博物館があるのね。
どのマネキンもなんだか怖いわ(苦笑)
深川や上野にある下町風俗博物館を思い出すなぁ(東京ローカルネタw)
Commented by tabineko-hanzou at 2012-11-01 21:39
台湾出身のオンニ、本当に素敵な人達!
オンニ達との素敵な出逢いに読んでいても楽しくなりました~
おもてなしの心と優しさも感じます。
台湾も大好きです。韓国とは又全然違う魅力なのだけど・・・
たぶん日本の古き時代に近い感じ?ノスタルジック漂う場所も多く
親日家の方も多く本当に親切にして頂く事が多くて・・・
あちこちで、もらいもの(食べ物)いただく事も多いです(笑)癒しの国です。

タルトンネ博物館へ行かれたんですね~
タルトンネの歴史も詳しく知ることが出きそうですね!人形が少し怖い?(笑)
壁の穴の開いたところから見える、モノクロ写真もいい感じですね♪

サワラ横丁行ってみたい~~美味しそうです!!
私も揚げたやつと、タレバージョンの両方が食べたいです♪♪






タルトンネ博物館
Commented by yukiful-xmas at 2012-11-01 22:10
☆ビョンさま
バスの中からコメントサンキュー♪
もう、全州だよね~。

おっしゃるとおり、オンニは、旅費の心配はないと思いま~す。
ぜひ福岡へ来て欲しいわ~。
その時はどこへ案内しようか妄想してます。(ビョンさんもおいで~!)

タルトンネ博物館、私にピッタリですと?
きゃ~!(>_<)  実は、別の意味で怖かったの。
(書けないけど・・・ ^^;)

ところで、キムジャンいつですか?
(メールで聞けよ!って話だけど・・・笑)
Commented by yukiful-xmas at 2012-11-01 22:30
☆tabinekoさま
2人のオンニ、とってもきさくで温かい人たちでした。
私も台湾大好き♪
近年は韓国ばかりで台湾には行ってないですが、
16歳と22歳のころ(つまり大昔)、台南市でホームステイを経験しました。
今行くと、またぜんぜん違うでしょうね。
しばらくは台湾に行く予定がないので、たびねこさんのブログで
台湾旅行を楽しませてもらお~っと。(笑)

タルトンネ博物館は、確かに歴史や資料を見るにはいいかもしれません。
しかも、ここはコネストさんによると1960~1970年代の資料なので、
比較的新しいタルトンネなのかな?って思います。
せっかく仁川に行くのだから行ってみましたが、
正直、博物館を見学するよりタルトンネを歩いてる方が
ず~っと楽しいです。(笑)

サワラ横丁は、活気があって楽しかったです。
味は海雲台のゴカルビのサワラ版って感じでしょうか?
サワラなので、あっさり食べれましたよ。
たびねこさんもぜひぜひ~♪ (^^)

Commented by nakachan02 at 2012-11-01 23:13
ココだったんですね~~!!
私・・・・写真見ただけでその感じがわかるかも!って思いました。
あ!ココなのね~~~って。
ヤバイですね。でも、どうしてか恐いもの見たさで行ってしまうかもです(笑)
でも!
タルトンネは、どこの地区でも庶民的で楽しい生活をしてるという雰囲気ですよね^^
ソウルの街の中でもそんな街に遊びに行ってみたいな~~って思います。
Commented by シュドー at 2012-11-02 01:46 x
げっ!仁川まで行っといてタルトンネ博物館はリサーチ不足でした。しまった!
でも仁川のちょっとしたタルトンネは探険してきましたw 駆け足だったけど。
日本に帰ったら詳しく報告しますねーwww
Commented by miu---miu at 2012-11-02 15:51
yuckyさん こんにちは♪

野菜たっぷりの卵入りラーメン
とっても 美味しそう♥

オンニとフィフィオンニとの出会い(*^_^*)
すごいですね
地元の方との 濃ゆい夜(^^♪
旅の醍醐味ですね

タルトンネ博物館
ディープな感じで ちょっと怖い(笑)
↑ 書けないけど、別の意味で怖かったってのが
とっても気になります(笑)
Commented by yukiful-xmas at 2012-11-02 23:37
☆nakachan02さま
わかりますかぁ? 
共同トイレの下の写真、ポスターの貼ってある路地なんですけど・・・^^;

私が見てきたタルトンネは、壁画で再生化をほどこしたところなので、
実際のタルトンネってこんな風だったんだなぁって思いました。

それから、こんなところでなんですが・・・
忘年会の件、来週早々にご連絡いれま~す。(^^)


Commented by yukiful-xmas at 2012-11-02 23:40
☆シュドーさま
遅かったか。。。(笑)
これ見たら、シュドーさん、絶対行きたくなるだろうと思ってあわてて更新したのに・・・
でも、ほんまもんのタルトンネに行って来られたんですね。
仁川にもあるなんて、リサーチ不足でした~! しまった!(笑)
レポ、楽しみにしてますよん♪

Commented by yukiful-xmas at 2012-11-02 23:47
☆miu---miuさま
ラーメンはインスタントなんですけど、こうやってお野菜が入っていると
辛さがやわらいで食べやすかったです。
でも、朝からラーメンはちょっときつくて、全部は食べきれませんでした。
(なんでラーメンなんてオーダーしたのか・・・ ^^;)

オンニとは、こんなに長時間一緒に過ごすことになろうとは思っていませんでした。
ただ、チャジャンミョンを食べた後、お見送りにきてくれただけなのにね。

気になりますか~?
想像してみてくださ~い!(笑)
Commented by みょんマ at 2012-11-03 01:17 x
あ~~~! これこれ!
待ってましたよ~♪
やっぱしその雰囲気、ワクワクぅ、面白そ~(^^

思ってたら。
気になるコメントが。。。
分かるような分からないような。

ともあれ、正月明けに”仁川メイン”で飛ぶか飛ばないかどうしようか~・・・
最後までYuckyさんのレポから目が離せません★

Commented by yukiful-xmas at 2012-11-03 15:27
☆みょんマさま
わお~! お正月明けに仁川の計画がおありなんですか?
ソウルとは一味違う仁川、なかなかよいですよ~。
でも、私が行ったところはほんの一部で、松島の近代的な国際都市、
富平市場など、まだまだ素敵なところがありそうです。
特に富平市場は、オンニのおススメで、
ファッションなら東大門より、富平市場が絶対いい!そうです。

タルトンネ博物館なんですが、
実は悪寒がはしりまして・・・(言っていいのかなぁ?)
風邪をひきかけていたのかもしれませんが・・・(笑)
理由はよくわかりませ~ん。 (>_<)